August 15, 2011

1-3→1-8→7-8

[参考] 阪神タイガース公式サイト 一軍試合日程・結果
2011年8月14日 対ヤクルト戦 神宮

T|002010005|8
S|000001006|7

エライ試合になりました(汗)。

9回表に一挙5得点を挙げ7点リードで迎えた9回裏、福原が登板。しかし・・・。

四球→遊ゴロ→ツーラン→四球。そして一ゴロのベースカバーなくヒット。
更にヒットが続き一死満塁で藤川球児に継投。しかし・・・。

三振で二死満塁。あと一人の場面で中フライでゲームセットと思いきや、落球。
走者一掃で2点差。更に暴投で二塁ランナー生還で1点差。更に、三ゴロを弾いて
同点のランナー出塁。更に更に、一塁ランナー盗塁で同点のランナーがスコアリング
ポジションに。そして・・・。

ここでバッターを三振に抑えてゲームセット!長い長い試合がようやく終わりました。
とりあえず、勝ててホントに良かった(大汗)。

大量リード時の気の緩みが原因?とも考えられますが、こういう場面での守備固めが
守備固めになっていない、ってのも問題なのかなと感じます。試合状況、選手の適性など
難しいところでもあるわけですけどね。このあたり、問題意識を持たないとまた同じことに
なりかねませんからね。

この試合、今後のシーズンの行方にどう影響するか?ある意味キーになる試合になった
かもしれません。
(と、言うわけで、とりあえず備忘録的に書き留めておきました。)

Posted by HIDEchan at 10:00 PM | コメント (4441)