カレル・チャペック著
   =プラハ・カレル大学哲学科卒業論文・博士論文=

【造形芸術鑑賞における美学の客観的方法】


T.基本的問題
  1.美的主観主義
  2.美学における心理学主義
  3.心理学主義の不十分さ
  4.美学における客観主義の三種の要求

U.美的印象
   1.構造主義的側面
   2.機能主義的側面=感情移入
   3.美的印象と美的対象

V.美的判断
  1.美的判断の主観性
  2.美的判断の超個人的有効性
  3.美的判断の規範性
  4.普遍的有効性に対する要求
  5.美的判断の客観性

W.美的価値
  1.価値の相対性
  2.価値の規範性
  3.価値の批評
  4.美的価値の客観的要因

X.美的対象
  1.美的行動の三つの型
  2.要約

Y.美的理解(序)
  1.美学の客観的方法
  2.美学の個人化の方法
  3.批評的方法

Z.美的客観主義の領域
  0.序
  1.芸術と自然
  2.自然の美の主観性と芸術的美の客観性
  3.反論の批評

[.客観的な美的認識
  1.芸術の批評
  2.芸術の歴史
  3.芸術に関する普遍学
  4.客観的美学

 
 注釈

 文献
  1.美学史
  2.芸術に関する美的、普遍的学、等々
  3.心理学
  4.価値、対象、体系哲学、その他、についての理論
  5.芸術の歴史