TOP
大槻心理科學總研
 │ ├ 過去 DIARY
 │ ├ 研究 LAB.
 │ └ 展示 GALLERY

対面診察室 BBS
接続負荷実験室 LINK


總合Infomation案内
いきなり思い立ち、誰にも知られることなくひっそりとオープン:1999.10.27  当研究所へようこそ。貴殿の接續を歓迎します。 絶版同人誌一部取り扱い[Dlsite.com]
TOP / 大槻心理科學總研 / 過去 DIARY / 研究 LAB. / 展示 GALLERY / 対面診察室 BBS / 接続負荷実験室 LINK
2016/06/11(Sat)
出会いと別れ。
それが不可分なものであることを、俺たちはつい忘れがちだ。
そしていつも、それを前者ではなく後者の場面で思い出す。


東京へ出て、初めて住所を変えようとしている。

新宿から葛飾へ。
築年は古いがリノベーションされており、安く広い。
新しい生活がなにかを変える契機になれば良いかと、思い切った次第だ。

が。

紹介情報でも普通に「光対応」的な文言があり、
また普通、今時、この巷においてインターネッツは必須というか必定というかベーシック。
油断していたところ、なんかの間違いでこのマンションヌの野郎、光回線未対応と判明。
嘘じゃん! 騙された! 他の住人どうしてんだよ!(年寄りばかりであんまネットしてない模様)

ながらくフレッツ光にお世話になっていたが、
マンション側の都合でジェイコムへの乗り換えを余儀なくされそうな状況である。

それ自体は別にいいのだが──

嗚呼、schrodinger@ah.wakwak.com。我が公式メルアド。
ついにお前とお別れなのか。

もっぱら迷惑メールしか来てないけど。
長い付き合いだったな。

もっぱら迷惑メールしか来てないけど。


2016/05/06(Fri)
チャウ・シンチー版『西遊記』。hulu視聴。

ハゲ散らかしているおっさんが孫悟空(著しくバイきんぐの小峠)というのもそうだが、とっぱなの妖怪に襲われる村のシーンからもうチャウ・シンチー節全開(いたいけな幼女が……)でお子様トラウマ必至ムービー感あるけど娯楽性の高さはさすが。


2016/01/13(Wed)
過去に書いたテキストより。 [2004/01/08(木) 23:04]
Bowie追悼。


http://www.lyricsplanet.com/index.php3?style=lyrics&id=31307

デヴィッド・ボウイの「Space Oddity」って曲がある。


 地上管制室より トム少佐
 地上管制室より トム少佐
 プロテイン錠を服用の上 ヘルメットを着用せよ

 地上管制室より トム少佐
 カウントダウン開始 エンジン始動
 発火装置確認 君に神のご加護を

 地上管制室より トム少佐
 やったぞ 大成功だ
 君がなにを着てるかさえ 新聞のネタになるぞ
 そろそろカプセルを離れる時間だが

『こちらトム少佐 地上管制室へ
 今ドアから踏み出すところだ
 ひどく不思議な心地だよ
 星々も今日は違って見える

 地球から遠く
 こうして僕はブリキ缶に座っている
 惑星は蒼く
 僕に出来ることはなにもない

 遥か10万マイルも旅してきたが
 とても気持ちは落ち着いている
 操舵は この船に任せてもよさそうだ
 妻に とても愛していると伝えてくれるかい』

 地上管制室より トム少佐
 回路が死んでいる 異常発生だ
 応答せよ トム少佐
 応答せよ トム少佐
 応答せよ トム少佐
 応答せ……

『月から遠く
 こうして僕はブリキ缶に座っている
 惑星は蒼く
 僕に出来ることはなにもない』


宇宙へ出た英雄が、
事故で地球へ戻れなくなり空を漂う、という歌だ。
(トム少佐が単に通信回路を自分で切った、という説もあるが正解はしらない)

これだけでも切ないのに、
この曲には10年を経てオチがついている。

ボウイの10年後の曲、「Ashes to Ashes」では

http://davidbowie.com/users/tomosk/ashes2.htm


> 古い歌にうたわれた
> あの男のこと 覚えているかい
> ちょっと噂を地上管制センターから聞いたんだが
> いやいや ホントかどうかは知らないが

> 灰は灰に 臆病者は上機嫌に
> 今 僕らは トム少佐は薬中で
> ハイになってよろよろ天国気分で
> 最悪の状況だと知ってしまった


なんとトム少佐はヤク中になっている。

事故から生還できたはいいがその後凋落したのか、
そもそも宇宙へあがってはいないのか、
やはり自分で回路を切っただけだったのか。

ボウイは長く過去の自分に苦しめられたスターだ。

10年という歳月による物語の侵食、
そしてそれを経たトム少佐の悲劇。

それでも、今日も「Space Oddity」を聞く。
宇宙に浮かぶトム少佐を想うだけで涙が出る。
諦観と孤独の漂う、美しい歌だ。

(そしてこの話に、オチはない)


2015/12/31(Thu)
ああ……今年も、今年もおわってまう……。


2015/06/27(Sat)
【ネタバレあり注意】 自分が他人の時間を喰って生きる種族であったことを思い出した。
実にしばらくぶりに『長靴をはいたデコ』の感想をいただいた。
うれしい限り。

そこで、ひとつ鋭い質問をもらった。

ヒロインたちの名前にこの質問への答えと同じ意味(※)があることはあちこちで触れているが、この切り口からは自分でも触れることを忘れていた。
よってささやかな防備録としてここに記しておくことにする。


Q:
どうして茜だけエロシーンがないのですか?

A:
デコ劇中劇『ホスト☆聖夜』のヒロインであり、また同編唯一の女性である茜にだけは何故かエロシーンがない。
これはエロゲ制作におけるせめてもの責務として女性キャラには基本、エロシーンを用意する大槻としても珍しい事なのだが──つまり、『ホスト☆聖夜の世界がエロゲではなく現実』である事の示唆のひとつとなっている。

※:
『長靴をはいたデコ』女性キャラはおおむね『エムM×Sエス』という過去作品のヒロインと名前がかぶっており、やはり現実ではないことの示唆となっている。

茜自体は『エムM×Sエス』の茜と同一人物の可能性アリ(結局おおざっぱ)。


2015/03/11(wed)
たとえば短波、ってヤツがある。

こいつは地球の電離層……とかなんとかいうまあ、卵の内側の薄皮によく反射するので、宇宙の外側にはでていかない。

そのかわりに、中間施設無しで地球の裏側にだって届く。

この地球の表面同士、宇宙線地球号とやらの船員同士での通信にしか向かない、ごく内輪向けの電波だ。

そんなもんは時代遅れで、
卵の殻の外側には衛星が浮かび、海の底にはふてえケーブルが伸び、いろんな帯域のいろんな手段があって。

だから、実際のとこはなんだっていいんだけどな。
けどまあ、イメージはそんな感じだよ。

俺がお前たちに手を差し出すときに思い描くのは、地球の内側を跳ねまくるたくさんの光の筋だ。
地球と宇宙とまではいかない薄い薄い表面をはねる、まぶしい光の洪水さ。

多少減っちまったかもしれないけどな。
けど、忘れてくれるなよ。

水がでない地域も増えているようだ。
発電所が落ちちまったトコも多い。

テレビはあらかた死んだ。
ネットもさすがに切れた。

ラジオもやっぱり……たいがいは喋らなくなっちまってる。

けどな、俺の唄は遠くまでとどくぜ。まだ喉は死んでねえ。
72億人に届くとは云わねえがな。72人くらいは軽いもんだ。

お前らはまあ、俺みたいにはいかないだろうな。

だからまあ、だれかひとりに。
そうだな。できればそいつとガキでも作って、計でふたりに唄ってやりなよ。
それだけで、72は216になる。

もうちょっと増えりゃ、まあ72億には足りねえけどよ。
寂しくはないだろうよ。

短波はたったひとつだって、地球の裏側まで届く。

お前に聞く意志があるなら、どこからだって、どこへだって、手をのばしてやる。

もし自分が宇宙のそとにでたらどうするって?

そんときゃそんときだ。
そこまで届くくらい、でかい声でうたってやるさ。

真空?
しらねぇよ馬鹿野郎。ハートで聞け。

見おろしてみろよ。
地球の表面で跳ねてる光がひとつ、絶対にみえるはずだぜ。


2015/02/28(Sat)
書くネタがないので
さっき整理してたらでてきた、「蠅声の王」の企画段階でのプロトタイプテキスト(試し書き)を貼っておこう。

本編でほとんどそのままで使ってるかも。
最初、カインが主人公的な感じだった。あとカザトが男だったり(女っ気がなさすぎたので変えた)。

蠅声さんは、BLがあるBLがある云われる度に「でも吸血鬼モノってこんなもんでしょ」と思ってたけど、しかし一番最初に書いたのがコレだったのであんまり表だって反論できない(笑)。以下。



「どうした」
「お食事の準備中、指を切ってしまいました」
スッ。
左腕を上げ、主人公に指を差し出す執事。
「なんのつもりだ」
眼鏡の奥の瞳が、残酷な歓びにうっすらと細められる。
「血が出ました。
カイン様、傷口を舐めてくださいますか」
ポタリ。
その指先で脹れ上がった血が、白いクロスへと落ちる。
汚れとは言い難い鮮やかな色が、単色しか映さぬ万華鏡の様に沁み広がる。
「グールになりたいのか」
「ご心配なく。
私が純潔(バージン)であるのは御存知の筈だ。
それとも、怖いですか?
私が不死を手に入れるのは」
「………………」
執事がゆっくりと、唇が触れあう程に主人公へと顔を近づける。
「私は待っているのですよ。
貴方が私を『抱擁』(だ)く事を。
それにより私は力を手に入れる。貴方を正面切って滅ぼす力を」
「………………」
「如何ですか。
私の血を、貧者がスープを貪るように召し上がることに御興味は?」
「……あまりあなどるな。犯し、その後存分に吸い上げる手もある」
「………………」
しばらくの沈黙の後、慇懃に頭をさげ、つと下がる執事。
「……失礼致しました。
それでは……お食事になさいますか?」
「ああ。彼女に。
私にはワインを」
「かしこまりました」
「カイン……様?」
ヒロインがわずかに狼狽する。
主人公と執事により、眼前で演じられた光景が受け入れがたかったのだ。
「気にするな」
主人公は事もなげに言った。
「少々、憎まれている」


2015/02/16(Mon)
生存報告
日々を生きるためにいろいろしつつ、
未来を生きるためにいろいろしているのでった。

とりあえずはけっこう忙しくしておるのですがしかし、
基本シングルタスクの人間がマルチタスクでモノを考えなきゃいけないというのが地味に厳しい。

今は潜伏期間なのだけど、ここが踏ん張り時でございます。

こういうちょっと特殊なサービス業をやっていると、
人に忘れられるというのが一番怖くて。

それでムダにツイッタとかつぶやいてしまうわけですが、
正味なら作ったモノだけで語るのが理想だものね。

本分を忘れずに生きてゆきたい。


2014/12/31(Wed)
そろそろ、ア・バオア・クーで一年戦争最後の戦いが始まろうとしている頃。


2014/12/13(Sat)
「それをやりとげる意志と、チャンスをください」
師走ですよ。どういうことだ。
いつもそうだけど、来年はものすごく勝負の年になりそう。

毎年祈る事がある。

これが困ったことにチャンスはくる。たぶん、たいていの人に。
だからあなたにもそれが来るように。

つかみ取るタイミングがわからないなら、いつでもまわりに聞けばいい。
聞く人がいないなら俺に聞くといい。

ひとに親切にするのはそんなに嫌いじゃないんだ。
あんたもだろ?

ただ、じぶんから押し付けるのが苦手なだけで。


2014/11/23(Sun)
そういやねー。なんだか大槻さんがあぼぱ復活を快く思わず邪魔をしくさっている的言説を吹聴している人が一部におるそうで幾人かの人が心配してくれたのだけど……うーん、人格攻撃はいいとして言説として内容が事実から乖離しすぎているので、連休のどさマギで少しばかりこの場に記載しておこうか。続

正直を云えばむしろ今のプレイモアから面白いモノが出てくれれば話のネタにはできるし先輩(?)としてデカい顔はできるしダメならダメで話のネタにはできるし先輩(?)としてデカい顔はできるしで良いことづくめなので──心底どうでもいい。“謎”の陰謀論者の人には大安心していただきたい所。続

俺を含め、浦和雄旗下にあった旧あぼぱMENが気にしているのは自分たちがつくった過去の作品の権利がまったく関係のない第三者のもとに収められてしまっている現実だけで、自分たちが関わっていない外箱にはホントに興味がない。これは気持ちがいいほど一貫していて、見たとこ誰も別に怒ってない。続

むしろ生暖かい目で「どーんといこうや(やってみせろ)」くらいに思うのが我々であり、不思議な緊張感であんまり強く結ばれていないが背中は任せられるけれど協調性は皆無の心強いけど目が死んでいる仲間たちであり、それこそが旧あぼぱMENである。続

そういう意味では現あぼぱは悪手を打ちまくっていて、ブランドとしての旧あぼぱの名を利用したいならたとえば旧メンバーに体験版を送りつけて感想を書かせるなりと抱き込むなり巻き込むなり……それは旧メンバーに媚びるのではなく「旧あぼぱが好きだったユーザに対し」手を広げる為にするとかさあ。続

少なくとも俺がプロデューサならそうした。本田君使っときゃいいだろってのがまずアレ。センス。これも旧メンバーへの筋とかではなく、それらを識る、ターゲットである、潜在顧客である、将来の宣伝力である今これを見ているあなたに対する筋であり、それをして初めて「あぼぱ」の名が生きるからだ。続

つーかそもそも戦闘力(フォロー)三桁そこそこの俺の発言でどうにかなるような紙装甲ならそれは俺が何かしなくても何をしてもダメなのであり何を気にしてるんだソイツ何かみえてんのか的な。倶楽部Dね。いいゲームであることを祈ってます。ただし本田君は放課後校舎裏な。

こちらからは以上です。


2014/11/03(Mon)
さっき、頑張ってスマホから色々書いたんです。

最近メインパソコンの不調もあってツイッタ以外がご無沙汰だけど、
まあこれがガラケー派の大槻さんもあかん程度にはiPhone使いやすいよ的なワリと長文を。

……消えおった。



スマホやっぱりウンコだわ。
パソコンの汎用性と即応性ったらないわ。

わーん。早くパソコンなんとかなーれ。


2014/07/31(Thu)
たとえばテロや地震、放射能。
誰かの死、世界の悲惨。

不謹慎ネタを好んでやるつもりはないが、
過剰に避けるつもりはもっとないので結果的にギリギリの縁を歩くことはある。

誰かを傷つけるつもりはないが、
誰かに傷すらつけられない言葉が何かを成せるとも思っていない。

基本、どっちでもないのだ。
いずれにせよ、読む人間が好きに正邪を読み取るのだし。


2014/06/20(Fri)
最後に仕掛けのある物語が好きだ。

あまり時代じゃない。
例えば『シックス・センス』は、
あのタイミングじゃなきゃネットバレであそこまでヒットしなかっただろう。

自分も、大オチを最後にもってくる話を描くことが多い。
あまり時代じゃない。

でも好きだな。
また、そういう話を作って、
チェシャ猫みたいに笑いたいもんだ。


2014/05/17(Sat)
新語提唱
そのレイヤーさんはぜんぜん可愛らしいのだが、
一度引退しつつ復活したこともあり
常より己を「BBA」「珍装者」と云ってはばからぬのであった。

冗談で「後期珍装者か……」

と洩らしたところ、望外の支持をえる。しっているか。

と云うわけで“後期珍装者”、

(C)大槻涼樹

ということで各位様にはお願いいたします(?)。


 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
Mailto:schrodinger@@@ah.wakwak.com(@を2個削レ!)

壱拾八歳未満ノ閲覧ヲ禁ズ。
If you are younger than 18, You mustn't browse after next page.

當頁は、縦八百×横六百光点以上の總天然色環境にて御覽顛くことを前提に制作されて居ります。
接續は自由となって居ります。連絡無用。御随意になさつて下さゐ。但、知己に関しては要連絡の事。



Copyright (C) Suzuki Ohthuki/Psy-Walken All Rights Reserved.














[TOP]
shiromuku(hu1)DIARY version 3.04