| Bottom | Home | Article | Bookshelf | Keyword | Author | Oxymoron |

Cyber Rules

Cat: ECO
Pub: 1999
#: 9901b

Thomas M. Siebel & Pat House of Siebel Systems

99831u/17z25r

Title

Cyber Rules

サイバー・ルールズ (eビジネス戦略)

Author

THOMAS M. SIEBEL & PAT HOUSE

トーマス・M・シーベル & パット・ハウス
Published

August1999

1999. 8
Why?
  • CRM is a key word for the interactive eCommerce on the Web.
  • Cf: "Virtual Selling" by Thomas Siebel
  • Web上の双方向のeコーマースにとってCRMはキーワードとなっている。
  • 参照: "バーチャル・セリング" 同著者
Summary
要約

>Top

1. MISSION CRITICAL

  • Business activity on the Internet is barely five years old, yet in that short span of time it has grown from a smattering of electronic storefronts to a massive infrastructure, planetary in its reach and unparalleled in human history for its ability to rationalize and intensify commercial enterprise.
  • Five years, and the number of business Web sites is already doubling every two months....
  • Amazon.com's leader Jeff Bezos says, "We're still in the Kitty Hawk era of electronic business.
  • The next generation will be simply extraordinary. The Internet has the ability to transform the planet, and we are already seeing the beginnings of that transformation.
  • It has been estimated that if the Internet subsumes even as little as 15% of normal commerce, we will see massive failures of conventional local businesses, whose high overhead and lack of variety will render them noncompetitive......
  • In the process thousands, perhaps millions, will be put out of work - even as great opporunitties beckon to the survivors.

1. ミッション・クリティカル

  • インターネットのビジネス活動はたったの5年間の歴史しかない。しかしこの短い期間に少数の電子店舗から、地球全体をカバーして商業活動を合理化・活性化しながら空前の大インフラへと成長を遂げた。この5年間ビジネス用ウェブサイトは2ヶ月毎に2倍になっている。...
  • 「しかし現在はまでeビジネスは帆船時代である。」(Jeph Bezos, Amazon.com)
  • 次世代は驚くべき時代を迎えるだろう。インターネットは地球を変える力があり、この改革はすでに始まっている。..
  • インターネットが従来型産業の15%しか奪わないとしても、それだけ高まれば従来のローカルビジネスは、高い間接費と乏しい多様性のために競争力がなく、数多く潰れてしまうであろう。
  • したがって、これまで何千年もの間確立していた商業ルールが根本的に再定義され、この過程では何百万もの人が職を失うが、生存者には更なるチャンスが待ち受けているだろう。

 

  • How will companies survive in this superconnected world?........Three suggestions:
    • First, become technoliterate.
      Within the next ten years at the most, a deep competitive divide will become established between a technological elite and everybody else... It does mean that the management of your company's information systems must be recognized across the board as mission critical.

    • Second, be patient.
      The infrastructure - the Internet's immense grid of wires - is developing gradually, like TV did in the early 1950s. It will slowly but inexorably begin to provide more bandwidth, more power, more reliability, more security, more privacy - and the most extensive business opportunities in world history.

    • Third, and most important, remember your customers. Success will come to those who ask not "How can I make a killing off the Web?" but "How can the Web help me serve my customers better?" Whatever the technofuture ends up looking like, you've not to do whatever it takes to keep your customers successful. Without that commitment, even a T3 line is a dull tool.
  • The e-Business train is hurtling toward that horizon at amazing speed....
  • "It's not easy, it's not cheap, and it's not optional." That is a sobering lesson, but an exiting one. If you're ready to take it to heart - welcome aboard.
  • 企業は、すべてが接続された世界でどうすれば生き残れるのだろうか...についての3つのアドバイス:
    • 第一に技術に詳しくなること。
      今後10年以内には技術エリートとその他の者との間に深い溝が出来る。情報システムの管理が不可欠の要素であることを役員共通の認識としなければならない。

    • 第二には辛抱強くなること。
      インターネットは1950年代始めのテレビ同様、徐々ではあるが確実に、ネットワークの伝送量、安全性、プライバシー機能を向上し、歴史上比類のないチャンスが到来する。

    • 第三に、そして最重要なことは顧客を忘れないこと。
      「ウェブを使ってどんな大儲けをしようか」ではなく、「ウェブを使うと顧客サービスをいかに向上できるか」を考える者が成功する。未来がどのようになろうとも、顧客を成功させるために必要なあらゆることをすべきである。このような意気込みがないとT3(45Mbps)ラインですら意味のないツールとなる。
  • eビジネスという列車は信じられないスピードで未来に向かって進んでいる...
  • インターネットに対応することは、簡単でもないし安くもない。しかし、やらないという選択肢はない。これは目の覚めるような教訓であるが、刺激的でもある。この教訓を十分心に留めておく用意があるのであれば、eビジネスの世界へようこそと言いたい。
Comment
  • This is the second book written by the two cofounders of Siebel Systems, forcussing at how to survive in Web era, showing practical business cases with persuasive figures.
  • The above is mostly quoted from the last chapter of the book.
  • 米国Siebel System社の共同創設者2人による第2段の著書である。今回はWEB時代に焦点を当てた実践的なCRMソリューションを展開している。多くの数字は説得力がある。
  • 上記、引用した部分はほとんど最終章の結論となっている。

| Top | Home | Article | Bookshelf | Keyword | Author | Oxymoron |