B. 1.429

| Bottom | Home | Article | Bookshelf | Keyword | Author | Oxymoron |

>Virus1 News

World News about Covid-19, etc.

Cat: SCI
Pub: 2021
#2101

translated by Kanzo Kobayashi

21811u
Title

World News about Covid-19, etc.

世界のコロナウイルスほか関連ニュース

Index
  1. Covid-19 Update:
  2. How safe takeaways and supermarket deliveries?:
  3. 1.06 Capitol Insurrection: Washington Post (9 Jan 2021):
  4. Insurrection day: The Guardian (9 Jan 2021):
  5. President Biden's Inauguration Speech:
  6. When will the Covid-19 pandemic end?:
    1. Recent Developments And Thier Impact on Timelines:
    2. Probability of Herd Immunity:
  7. What are the Brazil, South Africa and UK Variants? (BBC):る:
    1. Coronavirus Variants:
  8. SARS-CoV-2 Variant Classifications and Definitions, CDC:
    1. Variant of Concern:
    2. Variant of High Consequence:
  9. Statement of the WHO ' on AstraZeneca vaccine:
  10. Double mutant: What are the risks of India's new variant:
  11. MIT reserachers say time spent indoors increases risk:
  12. WHO praised US decision to support temporay waiver of IP on Covid-19 vaccines, 5 May 2021:
  13. A Sports Event Shouldn't be a superspreader, 11 May 2021:
  14. Tokyo Olympics: Why doesn't Japan cancel the Games?:
  15. What scientists know about the B.1.6.17 Coronavirus:
  1. コロナウイルス感染データ:
  2. 出前や配送サービスは安全か:
  3. 議会占拠事件: Washington Post (2021/1/9):
  4. 議会占拠の日: The Guardian (2021/1/9):
  5. バイデン大統領就任演説(2021/1/20):
  6. Covid-19感染はいつ収束するのか:
    1. 最近の開発状況とスケジュールへの影響:
    2. 集団免疫の可能性:
  7. ブラジル・南アフリカ・英国型の変異株とは何か? (BBC):
    1. 変異株とは:
  8. ウイルス変異株の分類と定義 (CDC):
    1. 重大な変異株:
    2. 重大な影響をもたらす変異株:
  9. WHOのAstraZenecaワクチンに対する声明:
  10. 二重変異: インドの新型変異株のリスク:
  11. MITでの研究; 室内滞在時間が感染リスクを増大さる:
  12. WHOは、米国のコロナワクチンの一時的な著作権放棄を支持:
  13. スポーツイベントは、コロナの超拡散者であってはならない: 2021/5/11:
  14. 東京オリンピック: なぜ日本は大会を中止しないのか?:
  15. コロナ変異種B.1.6.17について判明したこと:
 
  •  The time during stayin home gives us worthful reading time. might be good techers for us to consider our way of life.
  • The best strategy of Covid-19 is to infect all population and render humans harmless; but it is not clear whether they would intend to  that direction.
  • ステイホーム期間中は、有意義な読書時間を与えてくれる。ウイルスは、我々にとって人生の過ごし方を教えてくれる良き教師かも知れない。
  • ウイルスにとっての最善の戦略は、全ての人口に感染し、しかも人間を無害化することなのに、その方向に向かっているかは不明である。
Tag
; B1.1.7; B1.351; B1.427; B1.429; Double mutant; E484Q; ; ; L452R; NAb; N440K; P1; ; ; ;
Original resume
Remarks
  • Source: https://www.worldometers.info/coronavirus/
  • # Country
    Total cases (1000) Total deaths
    (1000)
    Case
    /1M pop
    Death
    /1M pop
    Population
    (M)
    Sep 13 Jan. 10 Sep 13 Jan. 10 Sep 13 Jan. 10 Sep 13 Jan. 10 2020
      World 225,591 90,040

    4,646

    1,933 28,941 11,551 596 248 7,812
    1 USA 41,853 22,687 677 381 125,563 68,330 2,034 1,149 333
    2 India

    33,264

    10,451

    442

    151 23,824 7,535 317 109 1,391
    3 Brazil

    20,999

    8,075 586 202 97,961 37,853 2,738 950 214
    4 UK 7,226 3,017

    134

    80 105,782 44,326

    1,964

    1,188 68
    5 Russia

    7,158

    3,379

    193

    61

    49,026

    23,150 1,325 421 146
    6 France 6,905 2,767

    115

    67 105,507 42,346

    1,765

    1,034 65
    7 Turkey 6,658 2,317

    59

    22

    77,942

    27,320 701

    -

    85
    11 Spain

    4,497

    2,050

    85

    51 104,279 43,845

    1,813

    1,109 47
    12 Italy 4,559 2,257 129 78 76,322 37,373 2,153 267 60
    14 Germany 4,087 1,914 93 41 48,595 22,810 1,107 489 84
    20 Peru 2,161 1,032 198 38 64,470 31,081 5,930 1,151 33
    26 Japan 1,639 273 16.7 3.9 13,011 2,163 133 31 126
    80 S.Korea 274 21 2.3 1.1

    5,347

    1,326 46 21 51
    109 China 95 85 4.6 4.6 66 61 3 3 1,439

>Top 1. Coronavirus: How safe are takeaways and supermarket deliveries? -  BBC News by Victyoria Gill, Science correspondent, BBC NEws, 8 Jan. 2021:

  • With pubs, restaurants and cafes nearly all closed because of lockdowns across the UK, there's been a growth in takeaway and delivery of food and drink.
    But what are the Covid-19 risks?

  • Can Covid be sprfead by food or its packaging?:
    • Covid-19 is a respiratory illness - it's mainly spread by droplets of fluid that come out of an infected person's nose and mouth, which can then be breathed in by people nearby. This is thought to be the main way people catch the virus.
      There is little direct evidence of people catching the virus from droplets that have ended up on objects (such as food or food packaging) - although it's difficult to gather this evidence so we can't rule it out as a route of transmission.
      Reputable chains and good restaurant kitchens are most likely to be geared towards professional, hygienic food preparation, meaning there would be minimal risk from a freshly cooked takeaway meal.
      Deliveroo and Just Eat have issued guidance on how their riders can stay safe and make food deliveries without touching restaurant packaging.
  • Should I eat with my hands?
    • If you get a takeaway delivery, the risk of packaging contamination can be minimised.
      "Empty the contents [into a clean dish], dispose of the packaging into a refuse bag and wash your hands thoroughly before you eat," advises Prof Sally Bloomfield, of the London School of Hygiene and Tropical Medicine.
      "Take food out of a container with a spoon and eat it with a knife and fork - not your fingers."
      It might be better in the current circumstances to order hot, freshly cooked food, rather than cold or raw items. The Food Standards Agency does stress the risk from food is low and "there is no reason to avoid having ready-to-eat food delivered if it has been prepared and handled properly".
      For the most cautious and vulnerable though, careful preparation and cooking may be reassuring.
      "With a pizza for example, if you wanted to be really safe, you could even pop it into the microwave for a couple of minutes," Prof Bloomfield adds.
  • How safe are supermarket deliveries?
    • Delivery slots permitting, a home food drop is less risky than a trip to a supermarket as you will avoid other shoppers.
      Any risk would be the possible contamination of food or packaging - handled by other people - or from the delivery driver.
      You could leave a note on your door asking drivers to ring the bell and step back, but Prof Bloomfield says there's no such thing as "zero risk".
      "For contained or packaged goods, either store them for 72 hours before using them - or spray and wipe plastic or glass containers with bleach [carefully diluted as directed on the bottle].
      "For unwrapped fresh goods, which could have been handled by anyone - wash thoroughly under running water and leave to dry," she adds.
    • Prof Alison Sinclair, a virology expert from the University of Sussex, adds: "There should be no more risk from using online deliveries than using a friend or volunteer to collect groceries for you."
      Some experts also advise using plastic bags only once during this pandemic.
  • But if I do go to the supermarket?
    • Coronavirus spreads when an infected person coughs small droplets - packed with the virus - into the air. These can cause an infection if they are breathed in, or potentially if you touch a surface they have landed on.
      So going shopping and mixing with other people does carry a risk. That is why social distancing - keeping at least 2m (about 6ft) from others - is so important, and many shops are enforcing it.
      Supermarkets can provide an "ideal setting" for virus transfer, says Prof Bloomfield. "Many people are touching and replacing items, checkout belts, cash cards, car park ticket machine buttons, ATM payment buttons, paper receipts etc... Not to mention being in the proximity of several other people."
      There are ways to offset these risks:
      • Wash hands for 20 seconds with soap and water, or with alcohol-based hand sanitiser before and after shopping
      • Treat surfaces as if they may be contaminated, meaning you avoid touching your face after handling shopping trolleys, baskets, packages and produce
      • Use contactless payment methods ❑

1. BBC記事 (2021/1/8):

  • 英国では、パブ、レストラン、カフェなどほとんど全てロックダウンで閉鎖され、飲食は持ち帰りと出前が伸びている。コロアンウイルスのリスクはどうだろうか?
  • コロナは食物や包装で感染するか?
    • コロナは呼吸器系の病気であり、主として感染者の鼻や口から出る飛沫により、その時近くにいた人が吸い込むことで感染する。これはウイルスに感染する主な原因と見られている。
      食物や包装など物に付着したウイルスから感染するという直接の証拠は、ほとんどない。それは感染ルートとして確かだという証拠を集めるのは難しいからである。
      評判の良いチェーン店でやレストランのキッチンの設備は、ほとんどがプロ仕様の衛生的な食事準備がされており、新鮮に料理された持ち帰り食品は、まずリスクはない。DeliverooやJust Eastのデリバリーサービスは、レストランの包装に触らずに配送するようなガイダンスをしている【Deliveroo/Just Eat: 英国発の欧州で展開するOnline delivery service】。
  • 手で食べるのはどうか?
    • 出前サービスの場合、包装が汚染されているリスクは最小限化されている。熱帯医療衛生のLondon SchoolのSally Bloomfield教授によれば、"清潔な皿に移し替えて、包装は捨てた上で、食事前に手をよく洗うようにして、容器からスプーンで料理を取り、手ではなくナイフとフォークを使った食べるように"という。現状では、冷めた生の料理より、温かい新鮮な料理の方が望ましい。食物標準局は、食物からの感染リスクは低いとしており、"適切に準備されて配送された料理を避ける理由はない"としている。十分注意を払い、周到に準備された料理を確実に行うことが前提となるが、"例えばピザの場合、もっと安全にしたかったら、電子レンジで数分間加熱するのもよい"としている
  • スーパーマーケットの配送は安全か?
    • 配送時間の問題はあるが、家庭への配送置きは、他の購入客との接触を避けられるのでリスクは更に少なくなる。運転手など他人が触れることなる料理や包装が汚染されるリスクは皆無ではない。配達者にドアベルを鳴らしたら離れて待つようにとのメモを置くのもあり得るが、Bloomfield教授によれば、これでも"ゼロリスク"ということではなく、"料理や包装は、消毒散布を行って72時間経過しないとリスクゼロにならない。包装されていない食料は、誰が触れたかわからないので、流水で完全に洗って乾かすことをすべき"という。
    • Alison Sinclair教授(Sussex大学のウイルス学者)は、"オンライン配送は、友人などに頼んで野菜を買う場合と比べてリスクが高い訳ではない"という。専門家のアドバイスとしては、この感染の時期には、プラスチック袋を使用すべきとしている。
  • それでもスーパーマーケットに行くべきか?
    • コロナウイルスは、感染者が咳をした小さな飛沫にウイルスが付着して、空中に漂い感染が広がる。これらの飛沫を吸い込み、あるいはそれが落下した表面にふれることで感染し得る。従って、ショッピングに行き、他人と交わることによるリスクがあり、それが社会的距離ということで、2m以上他人から離れることは重要で、多くの店ではそうするにしている。スーパーマーケットは、ウイルス感染にとっては"格好の場所"となっていると、Bloomfield教授はいう。"多くの人達が触れて、食料をあれこれ交換したり、会計に並んだり、キャッシュカードや駐車場のボタン、領収書などに触れることになり、他人との近接状態になることは言うまでもない。"と指摘する。これらのリスクを避ける方法としては、
      • 買い物の後は、石鹸を使って20秒間手洗いするか、またはアルコール消毒をする。
      • 他人が汚染した手で表面を触ったかも知れないということで買い物車や籠や包装を触った後では顔に触れない。
      • 非接触の支払手段を利用する。❑

>Top 2. 1.06 Capitol Insurrection: The Washington Post, Jan. 9, 2021; by Craig Timber, Drew Harwell, Spencer S. Hsu:

  • Police let most Capitol rioters walk away. But cellphone data and videos could now lead to more arrests.:
    • Think rioters walked away scot free? Not so fast, say police with potent technology ready to name names.
    • Authorities looking to prosecute the mob of Trump supporters who overran the U.S. Capitol on Wednesday stand to get powerful help from cellphone records, facial recognition tools and other technologies to assist in the identification of anyone who was there that day.
    • The Capitol, more than most buildings, has a vast cellular and wireless data infrastructure of its own to make communications efficient in a building made largely of stone and that extends deep underground and has pockets of shielded areas. Such infrastructure, such as individual cell towers, can turn any connected phone into its own tracking device.
      Phone records make determining the owners of these devices trivially easy. Congressional investigators and federal prosecutors can also identify devices and users who may have connected wittingly or automatically to congressional guest WiFi networks — unless rioters made a point of deactivating their devices or leaving them behind during the takeover.
    • The countless hours of video — much of it taken by the rioters themselves and uploaded to social media — also offers an ideal data set for facial recognition. Many scenes were captured from multiple angles, with good lighting, over several minutes. Few people wore masks. While facial recognition technology often struggles to reliably identify people with dark skin, the large majority of the Trump supporters who entered the Capitol on Wednesday appeared to be White.
    • “Some people were being very blatant and flippant about it, smiling for the camera — those people are going to be very easy to find,” said Doug Kouns, a retired FBI special agent and founder of the Indiana-based private-investigation firm Veracity IIR. “I worked with the bureau for a long time, and when I watched that play out I got the same hollow feeling in my stomach as on 9/11: How is this happening? They’re going to use every resource they can to bring these people to justice.”
    • Video of rioters walking away untouched after the takeover enraged many around the country hoping to see consequences for those who broke the law while apparently seeking to disrupt the certification of President-elect Joe Biden’s victory. The contrast was especially striking, many critics said, after the aggressive, heavily armed crackdowns against protesters in May and June after the killing of George Floyd.
    • But leaving the scene without arrest is not the same as escaping criminal charges. D.C. and federal authorities have made clear their determination to investigate the catastrophic security breakdown and prosecute many of those involved.
      “This investigation has the highest priority of the Department of Justice. We have literally hundreds of prosecutors and agents working from three command centers on what is really a 24-hour a day operation. It is active, it is fluid, it is evolving,” said Principal Assistant U.S. Attorney Kenneth C. Kohl of Washington on Friday.
    • FBI Washington Field Office chief Steven M. D’Antuono said, “Just because you’ve left the D.C. region, you can still expect a knock on the door if we find out you were part of criminal activity in the Capitol.”
    • Privacy advocates have warned that such a dramatic event could prompt an expansion in the use of the surveillance technologies in a way that could erode civil rights. But the investigation highlights how government officials already have broad legal authorities to use them how they see fit.
      Justice Department officials have said that federal investigators are using tools such as facial recognition to help analyze a weighty amount of photos, videos and other evidence. The FBI declined to comment about what investigative technology it might use after the killing of George Floyd.
    • But U.S. prosecutors, for example, were able to identify 15 security guards for Turkish President Recep Tayyip Erdogan who were allegedly involved in a melee in May 2017 outside the Turkish ambassador’s residence in Washington through the aid of videos taken of the incident.
    • The Capitol also has extensive security cameras constantly trained on key spots. Federal prosecutors charged and convicted Libyan militants who attacked U.S. facilities in Benghazi, Libya, in September 2012 by linking their phone calls and cell location information to individuals who were captured on footage breaking into and roaming through a diplomatic compound, images gathered by U.S.-government owned security cameras.
      Efforts to get cellular, WiFi and video data could be complicated by the constitutional boundaries between executive-branch prosecutors and the congressional leaders who have authority over the Capitol. But given the shared interest in investigating Wednesday’s incident thoroughly, that’s unlikely to be a serious barrier, said Stephen Vladeck, a constitutional law professor at the University of Texas. The goal for Congressional leaders will be to allow evidence to be collected without creating a precedent that could enable future surveillance of legislative business.
    • “It’s a soft separation-of-powers issue,” Vladeck said. “It’s about norms, not hard and fast rules.”
    • Amateur sleuths already have worked to identify those captured in publicly available video. An Instagram page is crowdsourcing this task, and investigative reporting group Bellingcat has requested video for cataloguing.
    • In some cases, people identified publicly already have lost their jobs or suffered other consequences, including arrest. One rioter who was photographed wearing his company ID badge in a lanyard around his neck was quickly fired. The Justice Department on Friday announced 13 charges against rioters suspected in the breach, which FBI director Christopher A. Wray said in a statement was “an affront on our democracy.”
    • The ability of law enforcement to use similar tools is significantly more profound because of the availability of cell-tower records and the ability to subpoena photos and video. The commercial-grade facial recognition technology available to police also can compare images to those in government databases, including from state driver’s license records and criminal files to dramatically increase the potential for clear matches. ❑

2. 2021/1/6議会占拠事件: ワシントン・ポスト (2021/1/9) by Craig Timber, Drw Harwell, Spencer S. Hsu:

  • overrun: 侵略、荒らす
  • blatant:  露骨な、見え見えの
  • flippant: 軽薄、冗談交じりの
  • advocate: 擁護者
  • melee: 乱闘
  • hard and fast: 厳格な
  • sleuth: 探偵、刑事
  • affront: 侮辱
  • subpoena: 召喚状
  • 警察は、ほとんどの議事堂への暴動者を立ち去らせてしまった。しかし今後、携帯電話のデータと映像からより多くの逮捕者が出ることになろう。
    • 暴動者は何の咎めもなしに立ち去れるのか。いずれは、警察はそれらの名前を特定する技術的手段を有している。
    • 水曜日(1/6)に米国議会を制圧したトランプ支持の群衆は起訴されると見ている当局は、携帯電話の記録、画像認識、その他の技術によってその日そこにいた人物を特定できるとしている。
    • 議事堂は、多くのビル群からなっているが、広範な携帯および無線データのインフラが整っており、多くは石でできている建物内でも効率的な通信が可能であるのみならず、地区別のセルラー基地局のようなインフラは、どこで接続された携帯電話をも追跡デバイスに変えて追跡できる。携帯電話記録によって、これらの端末の所有者を容易に特定することが可能である。議会の捜査官と連邦検察官は、デバイスとその所有者を、デバイスを切っているか、または突入の間背後に置いていない限り、議会のゲストWiFiネットワークに自動的に接続したかを特定できる。
    • 何時間ものビデオ撮影、その多くは暴動者自身で撮影されSNSに投稿されたものもあり、それらは画像認証のデータとなり得る。多くのシーンは、複数の角度から撮影され、光量も十分あり数分間以上もある。ほとんどがマスクをつけていない。画層認識技術は、しばしば暗褐色の皮膚の人の認識への信頼性がでてくるが、議会に突入した大多数のトランプ支持者は白人だった。
    • "一部の人たちは露骨に冗談交じりでカメラに向かて笑っており、それらは容易に見つけられる"とDoung Kouns元FBI特別捜査官で、現在はインディアナ州の市立探偵会社Veracity IIRの創始者は語った。"私は捜査局で長年働いてきており、"あの有様を見て、9.11の時、私は胃に感じた同じ痛みを感じた。どうしてこのようなことが起こったのか。当局はこれらの連中を裁判にかけるためにどのようなリソースでも使おうとするのに"と。
    • 議会を制圧した後の我が者顔の暴動者の映像は、全国の多くの国民を激怒させ、明らかな法律違反を行ったことや、バイデン次期大統領の勝利の証明を妨害しようとすることに対する責任追及への期待が高まっている。これは5月6月のGeorge Floydが殺された後の抗議者たちに対し、攻撃的に重武装で制圧した時に様子と非常に対照的であると多くの批評家が指摘している。
    • しかし逮捕せずにその場を離れることは、刑事告発を逃れることと同じではない。D.C.地区と連邦当局は、壊滅的なセキュリティ崩壊について調査し、その関係者の多くを起訴するという決意を明らかにした。"この調査は司法省にとっては最優先事項である。我々は3つの部局に文字通り何百人もの検察官と代理人を抱えており、一日24時間体制で活動は活発で、かつ進化している"と、ワシントンのKenneth C. Kohl検事長は、金曜日(1/9)に語った。
    • FBIワシントン地区事務所のSteven M. D'Antuonoチーフは"あなた方D.C.地区を離れたすぐ後に、議会での犯罪活動に加担したとして我々はあなた方を見つけてドアをノックすることになる"と語った。
    • プラバシー擁護派は、このような劇的な事件は監視技術の拡大を加速し、市民権を侵食することにつながりかねないと警告する。しかし、捜査が強調しているのは、政府当局者は適切と思う広範な方法をすでに持っている点である。司法省の役人が言うには、連邦捜査員はすでに画像認識を使って膨大な写真、ビデオその他の証拠を分析している。FBIは、George Floyd殺害の後で使われるようになった捜査技術についての論評は避けた。
    • しかし、例えば米国検察官は、2017年5月にワシントンのトルコ大使居住宅の外での乱闘に加担したトルコのエルドアン大統領付の15人の警護員を、事件の映像から特定することができた。
    • 議会には、重要な拠点には常にセキュリティカメラが広範に設置されている。連邦検察官は、2012年9月にリビヤのBenghaziでの米国施設を攻撃してきたリビア軍人を、彼等の携帯電話とセル位置情報を使って個人を特定し、外交官建物を通過したことを追跡し、米国政府のセキュリティカメラ映像と合わせて、個々人を特定して訴追した。携帯電話、WiFi 、映像データを入手することは、検察当局と議会に関わる権限を持つ議会指導者との間で憲法上の問題として複雑化する可能性はある。水曜日の事件は、(捜査上)それほど深刻な障害にはならないだろうと、テキサス大学憲法学のStephen Vladeck教授は言う。議会リーダーとしては、将来の立法作業の監視の前例とならないように証拠を収集することについては許可するだろうという。
    • "それはいわば権限分離の問題であって、規範に関わることで、それほど厳格な規則の問題ではない"とVladeckと語った。
    • アマチュア探偵はすでに公開された映像を基に人物の特定作業を行っている。インスタグラムのページはこのためのクラウドソースとなっており、調査報道グループのBellingcatはカタログ作成用の映像を要求している。
    • ある場合には、人々はすでに仕事を失ったり、その他逮捕されるなど影響がすでに出ている。ある暴徒は、会社のIDバッチを首の周りの紐に巻きつけているのを撮影され、直ぐに会社を解雇された。司法省は金曜日に、違反の疑いのある13名の暴徒を発表し、FBIのChristopher A. Wray局長は、"その行為は我々の民主主義に対する侮辱である"と声明を行った。
    • 同様のツールを利用することに対する法的強制力の問題は、携帯基地局の記録の入手できるのか、また、写真や映像を提出を求められるのかという問題は、さらに深刻な問題を含んでいる。商用の顔認識技術は、警察に利用されていて、政府のデータベースの画像、運転免許証の記録、犯罪者の記録と照合することで明確な照合が劇的に増えている。❑

>Top 3. Insurrection Day: when white supremacist terror to the US Capitol: by Julian Borger in Washinton, The Guardian, 9 Jan 2021:

  • Witness say Trump was oblivious to the gravity of the situation as five died, Congress was violated and his vice-president faced the very real possibility of being lynched.
    • If there was one single moment when the veil of American resilience crumbled and the Trumpist assault on democracy turned into an invasion, it arrived just before 1pm on Wednesday.
      That was when a group of pro-Trump militants burst through a flimsy outer barrier on the north-west side of the Capitol building and advanced on a secondary barricade guarded by four frightened police officers, dressed only in basic uniforms and soft caps.
    • One of the officers can be seen resting his hands on the barrier in as casual a manner he can manage, in an attempt to defuse the confrontation. He clearly had no idea what was coming.
      On the other side, a young man in a white hoodie and a red Make America Great Again cap, pulls at the metal barricade but it holds. Then an older man, also red-capped but in full military uniform, takes the youth by the shoulder and whispers something in his ear as the swelling crowd around them chants “USA”.
      Ten seconds later, the crowd pushes together, the metal fortification collapses, and the Capitol police officers are overwhelmed. The crowd surges past rushing towards the great white domed building atop Capitol Hill.
    • The protest has turned into an insurrection, breaching the home of US democracy, for the first time since the British army set it on fire in 1814.
      Even those who had warned in vain of the Trump crowd’s criminal intent were stunned at how quickly the nation’s defences buckled. This was America’s “shining city upon a hill” but only the thinnest blue line was there to guard it at the crucial hour.
      It later turned out that the Capitol police had turned down offers of support from the national guard, only calling for reinforcements when it was too late. The plan was to act as relaxed and low-key as possible, presumably so as not to irritate the crowd.
    • The contrast with the mass deployments of over 5,000 troops for the Black Lives Matter protests in the summer could not have been more glaring. Then, Washington resembled a city under occupation.
      On Wednesday, it was close to defenceless.
      This appeared to be deliberate, at least in part. Donald Trump was not about to let the federal government go to war with “his people”, who he had invited to the nation’s capital in a last-ditch effort to reverse his emphatic election defeat, due to be certified by Congress on Wednesday.
    • The broader issue was race. The protesters in the summer were largely Black, infuriated by repeated police killings of unarmed Black civilians. The mob which stormed the Capitol was almost entirely white.
      Efforts to build a concerted government response to the growing white supremacist terrorist threat had been stymied for years in the absence of political will and money. The warning signs along the road to Wednesday’s attempted putsch, the dress-rehearsal occupations of state capitols and a foiled plot to kidnap the Michigan governor, not to mention the activities of the Proud Boys and other far-right factions, were mostly ignored.
      The heedlessness was hardly surprising given that the commander-in-chief was leading the calls for sedition. He responded to extremist rallies against Democratic governors by tweeting out encouragement for his followers to “liberate” those states.
    • In his effort to somehow upend his resounding defeat in November, he summoned the faithful by Twitter for a “StopTheSteal” rally to reverse the result. “Be there, will be wild!” he promised.
      Tens of thousands answered the call from around the country. Some drove all night, in part to avoid the price of a hotel. Some, like Texan real estate broker Jenna Ryan, arrived on a private jet with a group of friends, saying she was on the way to “storm the Capitol”.
      Ryan later posed with a smile and a V-for-victory hand sign in front of the smashed windows of the Capitol building and declared it “one of the best days of my life”. After a wave of condemnation, she issued a statement saying she did not condone violence and was “truly heartbroken for the people who have lost their lives”.
    • The crowd that converged under the giant needle of the Washington Monument was a carnival mix of red-hatted Maga aficionados, men dressed like commandos, and a sprinkling of apocalyptic cults. A pair of women in scarves held yellow signs saying “Women belong in the kitchen” and ”Fake Christians Go to Hell”. Over the years, Trump has built a broad church for the aggrieved, for which the only doctrinal requirement has been loyalty to its high priest.
    • Thousands of people filled one side of the mound under the monument and spilled on to Constitutional Avenue across from the Ellipse, an oval park in front of the White House where a stage had been set up, protected by bulletproof glass.
      The choice of music on the sound system seemed deliberately melancholic, including Elton John’s Funeral for a Friend, the My Heart Will Go On theme from Titanic, and In the End, by Linkin Park, in which the repeated refrain is: “I tried so hard and got so far. But in the end it doesn’t even matter.”
      The tempo picked up with the Village People’s Macho Man to introduce the warm-up act, 76-year-old Trump attorney Rudy Giuliani, who called for the election to be resolved through “trial by combat”.
    • A smartphone video of the Donald Trump Jr filmed inside the marquee backstage showed him and his girlfriend, Kimberly Guilfoyle, giddy with excitement. Guilfoyle breaks into a hip-thrusting dance and then shouts into the camera: “Have the courage to do the right thing! Fight!”
    • Trump’s 74-minute speech began close to noon, and was a grab-bag of familiar resentments against the media (the “enemy of the people”), Democrats, “weak Republicans” and his latest target, his own deputy, Mike Pence, who had minutes earlier declared to Congress he had no power to reverse the election result.
      “We’re going to have to fight much harder and Mike Pence is going to have to come through for us,” Trump declared. “If he doesn’t, that will be a sad day for our country.”
      He told the thousands of people before him to march down Pennsylvania Avenue the mile and a half to the Capitol, to put pressure on Congress “peacefully and patriotically”. But in an address that used the words “fight” and “fighting” 20 times, from the mouth of a leader who had consistently winked at violence by his followers, it had the weight of a caveat tacked on as an afterthought.
    • The crowd was certainly primed for conflict, after years of hyperbole and demonisation of enemies by their leader, who had convinced them he was their solitary hope in a looming existential struggle.
      Kasey Botelho, a young woman from Rhode Island sitting under one of Washington’s many cherry trees with her boyfriend Mike, speculated on what would happen if Congress did not bend to the president’s will.
      “Honestly, I’m not 100% sure, because the supreme court failed us. I think Trump’s only option he really has left is to call military action into it because he has the right to do that,” she said. “I think we’ve waited enough and dealt with enough shit … to go through with it, get it over with.”
    • Jacobb Lake, a contractor who had driven overnight with his teenage son from Joplin, Missouri, was standing on Constitution Avenue with a handmade sign bearing the insignia of the QAnon conspiracy theory subculture, and declaring “My vote is not for sale. This will not be forgotten.”
      He had an even more dire prediction than Botelho for America’s future if the effort to overturn the election failed, and Biden took office.
    • “World war three,” Lake said, adding that the nation “might split up”.
      Trump had said he would accompany his supporters to the Capitol but as soon as he finished speaking, he left in his motorcade for the 100-metre drive back to the White House.
      Some of the crowd peeled away and scattered across the city, but many thousands made their way across the lawns of the National Mall heading eastwards towards Congress.
      By that time, the day had already taken on a much darker hue.
    • Two pipe bombs had been found at Republican and Democratic party offices near Congress and the assault on the Capitol had begun. Those who had gathered there in the morning were a harder-edged crowd than the Ellipse – more male with a lot more paramilitary gear. Someone had hung a rope noose on a frame on the Capitol grounds, and the vocabulary was noticeably more violent.
      “I heard at least three different rioters at the Capitol say that they hoped to find Vice-President Mike Pence and execute him by hanging him from a Capitol Hill tree as a traitor,” Jim Bourg, news pictures editor in Reuters’ Washington bureau, recalled on Twitter. “It was a common line being repeated. Many more were just talking about how the [vice-president] should be executed.”
    • 1106noosecongress.jpg
    • Some of the gathering mob turned on journalists, demanding to know their affiliation, and in several cases attacking them. Some were thrown to the ground, and one photographer was thrown off a low wall.
      As it became clear they would not be fired upon, the attackers gained in confidence. A few scaled a wall up to a terrace and then used scaffolding to climb higher still, where they could start smashing windows. By 2pm, they were inside the building.
      Members of Congress had been holding a joint session in the House of Representatives chamber to certify the electoral college results – something that was a half-hour formality in normal times but which had been prolonged by the objections from Trump loyalists.
      Vice-President Pence, in the chair for the session, was abruptly whisked out of the room by his security detail and a security officer strode into the centre of the chamber to declare an emergency. Plainclothes officers rammed a wooden chest against the main door to the chamber and drew their pistols.
    • Senators and representatives in the well of the chamber were ushered out of a back exit, while members and press in the gallery were told to duck down and don the gas masks kept in bags under each seat. Lisa Blunt Rochester, Democratic representative from Delaware, began to pray out loud for “peace in the land, peace in this country … right now in the name of Jesus … Protect America.”
      The tiled corridors outside the chamber were filling up with insurrectionists. Some police officers kept up efforts to contain them, while others simply gave up and even waved them through. At least one policeman was caught on camera taking a selfie with an insurgent.
    • One man unfurled a Confederate flag, a reminder that the US had its own long history of political violence which has snaked above and below the surface for decades and was now strutting unashamed in broad daylight in the heart of political power.
      Finding the main door to the House chamber blocked, a group of rioters found their way to a side entrance, smashing the glass out of the doors leading to the Speaker’s Lobby.
    • One man unfurled a Confederate flag, a reminder that the US had its own long history of political violence which has snaked above and below the surface for decades and was now strutting unashamed in broad daylight in the heart of political power.
      Finding the main door to the House chamber blocked, a group of rioters found their way to a side entrance, smashing the glass out of the doors leading to the Speaker’s Lobby.
    • First through the breach was Ashli Bobbitt, a 35-year-old air force veteran from San Diego. She had once been an Obama supporter but during the Trump era, had been drawn into a parallel culture of QAnon conspiracy theories. Wearing a Trump flag around her waist and a Stars and Stripes backpack, video footage shows her climbing through the damaged wooden door, ignoring the shouted orders from inside to retreat, when a plainclothes police officer emerged from an office on the other side and shot her once in the neck. She fell backwards on to the floor and died, soon afterwards at about 2.45pm, illuminated by the mobile phones of other rioters filming her last moments.
    • [The US Capitol police officer Brian Sicknick, 40, who died defending the building. Photograph: US Capitol Police/Reuters]
      Elsewhere in the building a Capitol police officer, Brian Sicknick, was fatally injured in a melee with rioters, reportedly by being attacked with a fire extinguisher. He died of his wounds on Thursday night. Three other people died of “medical emergencies” in the course of the breach, at least one of them from a heart attack, bringing the full death toll to five.
    • Back in the White House, the president and his aides were transfixed by the unprecedented scenes they could see on their television screens. The Washington Post cited an aide as saying Trump was “” by the spectacle. He saw the rioters as fighting for his cause but found them aesthetically distasteful and “low-class”.
      According to this account, the president was characteristically focused on his own grievances: that Pence had betrayed him, and that his followers were being judged more harshly than the anti-Trump demonstrators in the summer. He refused to condemn his own people, despite the desperate pleas from his erstwhile allies on Capitol Hill to call off the assailants.
    • When Trump was finally persuaded to send a calming presidential message, it was on his terms. He began by repeating his groundless claim that he was the victim of a fraudulent election. He told people to go home but added: “We love you; you’re very special.”
      Witnesses said he was oblivious to the gravity of what had occurred: the five deaths, the unprecedented violation of Congress, the irrevocable damage to America’s reputation and the very real possibility his vice-president could have been lynched in response to Trump’s vilification.
    • It was only after White House counsel, Pat Cipillone, made clear to Trump the extent of his legal liability for the storming of the Capitol, that Trump adjusted his tone in a second video on Thursday night, finally conceding defeat in the election two months earlier, and denouncing the insurrection.
      By then, the backlash had already begun. Congress had certified the result, his congressional supporters were being shunned by fellow Republicans, Facebook and then Twitter banned him indefinitely and Democrats prepared for a second impeachment, likely to begin this coming week.
    • The Trump era is not quite over, however. There are still 10 days of this presidency left, and reports from the Oval Office suggest he no longer feels chastened, regretting having agreed to an orderly transition. He has flatly refused to attend his successor’s inauguration on 20 January. No one who knows Trump is betting he will now just slink quietly out of the back door of history. ❑

3. 議会占拠の日: 白人至上主義者が米国首都を恐怖に: by Julian Border, The Guardian, 2021/1/9:

  • fire in 1814:  Battle of Blandensburg
  • MAGA: Make America Great Again
  • caveat: a warning against certain action, 一般的警告
  • prime: prepare, 火薬を詰める
  • hyperbole: 誇張
  • demonisation: 悪魔化
  • loom: appear as a vague (threstening) form
  • insignia: 記章
  • dire: fearful
  • noose: 首吊り縄
  • scaffold: 足場
  • whisk: take somewhere suddenly
  • ram: roughly force sth into place
  • usher: guide somewhere
  • don: put on clothing
  • unfurl: 旗を広げる
  • strut: 気取って歩く
  • breach: 防御線の突破口
  • melee: 混戦、乱闘
  • plea: 口実、抗弁、嘆願
  • erstwhile: かつての
  • assailant; 攻撃者
  • vilification: 中傷
  • shun: 避ける
  • impearchment: 弾劾
  • slink: move smoothy こっそり逃げ出す
  • 目撃者によれば、トランプは5人死亡したことの事態の重要性に責任がある。米国議会は襲撃され、彼の副大統領がリンチされそうになった。
    • アメリカの回復力のベールが引き剥がされ、トランプ派による民主主義冒涜が1/6水曜13:00の襲撃へと変わった。トランプシンパの軍は、議会ビルの北西部塀に突入し、4名の警備警察(通常の制服とソフト帽の)が守る第2のバリケードに進軍した。
    • 事務官の一人は、塀に手をかけて支えて衝突を防ごうとしているのが目撃された。彼には、何が置きたのかわからない様子だった。他の方では、白いフードを着て"Make America Great Again (MAGA)"の赤帽を被った若い男が、金属製のバリケードを引っ張っていた。さらに同じく赤帽を被り軍服を着た年配者が、その若者の肩を引き寄せ何か囁きながら、群衆に対して"USA"を叫ぶようにした。数秒後に、群衆が塊となり、金属製の防護柵は壊され、議事堂守備警察は圧倒された。群衆は、白いドームのある議事堂ビルに向かって突進した。
    • 抗議の群衆は、暴徒化し、1814年に英国軍によって焼き討ちされて以来、初めての出来事となる米国民主主義の象徴を突破した。トランプ支持の群衆の犯罪性を警告してきた人たちでさえ、国家の防衛線がいとも簡単に破られたことに驚いた。これは米国の丘に建つ輝ける街だったが、決定的な時間にそれを守るには細い青い境界線があるだけだった。その後、議事堂警察は、州兵からの支援を拒んでおり、手遅れになった場合の支援を頼んでいたことが判明した。この計画は、最も緩慢な計画で、おそらく群衆を挑発しないことを想定してた可能性がある。
    • 昨年夏のBLM (Black Livers Matter)の抗議の際には、5,000人の軍隊を配置していた時と対照的で、その差は明らかである。あの時のワシントンは占領下の街のようだった。比べて1/6の水曜日は、ほとんど無防備状態だった。これはある意味では意図的なものだったと思える。トランプは、連邦政府が”彼の支持者”と戦うような状態にはしないで、いわば首都に招待して、水曜日(1/6)に議会が選挙結果を最終的に認証する段階において、選挙での敗北を覆す最後の努力をするように促してきた。
    • より大きな問題は人種の違いだった。昨年夏の抗議者は主に黒人で、無防備の黒人市民が何度も警察によって殺害されてきたことに対する激怒であった。一方今回、議事堂を襲った群衆はほとんどが白人だった。増大する白人至上主義者のテロの脅威に対し、政府の一致した対応を構築する努力は、何年にも亘って政治的な意図や資金の壁に阻まれてきた。水曜日の予定された反乱に至るまでの様々な警告については、議事堂を占拠の前哨戦やミシガン州知事誘拐未遂事件などProud Boysなど極右の動きなどその殆どが無視されてきた。実際、国家の最高司令官が扇動していたことをを考えると、このような事態へ発展するだろうという注意のなさは、驚くべきこととは言えない。トランプは、過激派の集会に、激励のツイートをして、民主党の知事をそれらの州から"解放せよ"とまで言っていたのだ。
    • 彼は、11 月の明白な敗北を覆そうとして、忠実なシンパに"SrtopTheSteal"集会を開催し、選挙結果の逆転を狙うべく招集した。その呼びかけに答えて国中から何万という人々が集まってきた。ある者は、ホテル代節約のため、夜通し車を走らせてきた者もおり、あるいはテキサス州の不動産ブローカーのJenna Ryanは、友人とともに専用機を飛ばして来て、議事堂を占拠するためにやってきたと言う。 Ryanは後で、窓が破壊された議事堂の前でVサインをして笑顔で写真に収まって、"自分の人生最良の日の一つ"と宣言した。糾弾の波の後で、彼女は暴力は容認できないとして、"命を落とした人たちには心が痛む"との声明を発表した。ワシントンの巨大な尖塔に終結した群衆は、赤い帽子を被ったMAGAマニア、奇襲部隊のような男たち、終末論的なカルトなどの混成集団であった。スカーフを被った2人組の女性は、"女性は台所に住め"、"偽善的キリスト教徒は地獄に落ちろ"という黄色の看板を掲げていた。トランプは何年にも亘って、憤慨した人たちのために広大な教会建ててきており、その唯一の要件は、大司祭への忠誠だった。
    • 何千もの人々が記念碑下のマウンドの片側を埋め尽くし、ホワイトハウス前のthe Ellipse (楕円)公園から対面のConsitutional Avenueにまで溢れ出しており、その楕円公園には、防弾ガラス付きのステージが用意されていた。その時流された音楽は悲愴的な曲であり、Elton Johnの友への葬送曲や、タイタニック号のMy Heart Will Go Onのテーマ曲、そして最後にはLinkin Parkの曲で、"俺は必死に努力して、かなりうまく行った。だが結局は、どうでもよくなってしまうんだ。" この曲は、田舎の人々が選んだマッチョマンの行動を激励したもので、それは76歳になるトランプの弁護士Rudy Giulianiが、選挙結果は、訴訟による係争で決定されるべきとの要求を紹介するために選曲された。
    • トランプの息子とそのガールフレンドのKimberly Guifoyleは、舞台裏の庇の下で、興奮の様子をスマートフォンビデオに収めていた。Guilfoyleは、お尻を突き出すダンスをしながらカメラに向かった"正しいことをする勇気を持って戦え!"と叫んでいた。
    • トランプは、74分間に及ぶスピーチが正午近くに始まり、その中身は、メディアと民主党員と弱気な共和党員、最後は副大統領のMike Penceについても、人民の敵であるというありふれた憤慨に満ちた演説だった。Pence副大統領は、その少し前には議会で、自分には選挙結果を覆すだけの権限はないと宣言した。トランプは、"我々はもっと厳しく戦わなければならないし、Mike Pence も我々のところに戻ってくるだろう。もしそうでなければ、それはこの国にとって悲劇である。"と宣言した。かれは数千の群衆に対して、Pennsylvania Avenueを行進して議事堂まで行き、議会に対して"平和的かつ愛国的な圧力をかけよう"と語った。その演説の中、"fight"と"fighting"の言葉を20回も叫び、支持者達が暴力を起こすのを黙認するように目配せしつつも、リーダーの口からは、後知恵としての注意が添えられていた。
    • 群衆は、彼等のリーダーであるトランプから何年も誇張して敵を悪魔化してきたので、明らかに衝突する準備はできており、リーダーとしては彼等が実際に闘争することが唯一の希望だと確信するようにしてきた。Kasey Botelhoは、ロードアイランドからやってきた若い女性だが、ワシントンにある多くの桜の木の下に、ボーイフレンドのMikeと座り、議会が大統領の意志に屈しなかった場合、何が起こるのだろうかと思案した。"正直、100%の確信はなかった。なぜなら最高裁判所は我々を裏切った。私は、トランプに残っている唯一の選択肢は、軍を投入することであり、彼にはそれができる権限があるから。私はそれまで状況の推移を見ておいて、その結果によって状況を逆転させていきたい"と語った。
    • Jacobb Lake  (ミズーリ州Joplinから10代の息子を一緒に夜を継いで運転してきたコントラクター) は、Consitution Avenueで、手製の看板を持っえQAnon陰謀理論サブカルチャーの記章を掲げ、"私の投票は売り物ではない。これは忘れてはならない"と宣言した。彼は、米国の未来についてBotelhoよりさらに悲劇的な予測をして、もし選挙結果を逆転させることに失敗すれば、バイデンが政権につくことになる。"それは第三次世界大戦で分割することなる"とLakeは言った。トランプは、支持者達を一緒に連邦議会に連れていくと言ったが、演説が終わると、彼の車列は、100m先のホワイトハウスに向かってしまった。群衆の一部は剥がれるように別れて街中に散らばったが、何千人もの群衆は the National Mallの芝生を乗り越えて議事堂の東部を目指して行進していった。
      その時点では、日はすでにかなり暮れて暗くなっていた。
    • 2本のパイプ爆弾が議事堂近くの共和党と民主党事務所で発見され、連邦議会への襲撃が始まった。午前中にそこに集まったのはthe Ellipse広場より過激な集団で、殆ど軍事組織であり、そのほとんど男性だった。一部は議事堂の敷地内に首吊ロープを設置し、言葉は明らかに暴力的だった。ロイターのワシントン支局のニュースカメラ編集者はツイッター上で、"少なくとも3人の異なる暴動者が、副大統領のマイク・ペンスを裏切り者として議事堂の木に吊るせ"と要求していたのを聞いた、と証言している。"そのような主張が繰り返されていた。多くは、副大統領をどのようにして首吊処刑させるかを語っていた。"
    • 群衆の一部は、ジャーナリストに目をつけて、どの組織に属しているのか問いただし、いくつかの場面では記者たちを攻撃していた。一部は地面に投げ出され、一人のカメラマンは低い壁から投げ出された。群衆は、発砲されないことが明白だったので、攻撃する方は自信を得て行っていた。数人が、壁をよじ登ってテラスまで行き、足場を組んでより高く登り、そこから窓を壊し始めた。午後2時までに、彼等は建物内に侵入した。その時、連邦議員たちは、下院で合同委員会を開催しており、選挙人による投票結果を検証していた。いつもなら30分ほどで終わるのが、このはトランプ派の反対で長引いていた。ペンス副大統領は、議長を努めていたが、警備員から状況の詳細を聞かされ、早急に部屋から追い出された。警備員は、議場中央に進み出て緊急事態を宣言した。平服の職員たちは議場に通じつ正面入口を木製の椅子で封鎖して拳銃を引き出した。
    • 上院議員も下院議員も、後部出口から議場吹抜方面に導かれ、一方、傍聴者や記者たちはしゃがみこんで、各座席下の袋に入っているガスマスクをつけるように言われた。Lisa Blunt Rochester (デラウェア州選出民主党下院議員)は、大声に祈り始め"どうぞこの国に平和を... 神様アメリカを助けて下さい"と叫んだ。議場外側のタイル張りの廊下は、反乱者で溢れていた。一部の警官は、彼等を閉じ込めようとしたが、一方では諦めて者もいたが、中にははさらに彼等を導き入れる者もいた。少なくとも一人の警察官は、反乱者と一緒に自撮りの写真撮影に収まる者もいた。
    • ある男性は、(南北戦争当時の)南軍の旗を広げた。これは米国の長い政治的暴力の歴史の中で何十年にも水面下で紆余曲折あった行動を思い出すが、今や政治権力の中心地で白昼堂々と暴徒が気取って歩き回っていた。議場の正面入口が閉鎖されているのを見つけて、暴徒のある集団は側面の入口を見つけ、議長席ロビーに通じるドアのガラスを粉砕した。
    • その突破口を最初に突入したのは、San Diego出身の35歳の空軍の退役軍人であるAshli Bobittであった。彼女はかつてはオバマ支持者だったが、トランプ時代にはQAnon陰謀理論のパラレルカルチャーにはまっていった。彼女は腰にトランプの旗を巻きつけ、星条旗を背負っており、ビデオに撮られた映像によると、壊された木製ドアによじ登り、内部からの出て行けの命令を無視していた。その時私服警官が反対側から表れて彼女の首の辺りに¥発砲した。彼女はドアの後ろに倒れこみ、まもなく14:45に死亡した。その最後の様子は他の暴徒のモバイルでも明るく照らされて撮影されていた。
    • [米国議事堂警官のBrian Sicknic 40歳は、建物を防衛中に死亡した。写真米国警察/ロイター発表]
      議事堂警官のBrian Sicknickは暴徒との乱闘の中で、報道によれば、消化器で攻撃され、重傷したとのこと。かれは木曜(1/7)にその重傷が原因で死亡した。その他3人が、突破口の所で、救急措置を受けたが、その内に一人は心臓麻痺で死亡し、犠牲者の合計は5人となった。
    • ホワイトハウスの中では、トランプ大統領およびその側近たちは、TV中継での未曾有のシーンに釘付けになった。ワシントンポスト誌によれば、トランプはその状況に心を奪われていたとの側近を発言を伝えている。彼は、彼のために戦っている暴徒たちの姿を見て、感覚的に不快感を示し"低級"であることに気づいた。その説明によると、大統領は、特にペンスが裏切ったこと、および夏の反トランプデモよりも厳しく対応されたことに対して憤慨を集中させていた。彼はかつての同調者が議事堂を攻撃するのをやめるようにと絶望的な口実を発したけれど、それ以上自派の仲間を非難することは拒否した。トランプが
    • 最終的には、沈静化させるような大統領メッセージを送るようにと説得されたが、それは彼なりの条件付きメッセージだった。彼は自分は不正な選挙の犠牲者だったという根拠のない主張を繰返すことから始めた。彼は、群衆に対して家に戻るようにと語り、そして付け加えた "私はあなた方を愛している。あなた方は非常に特別な存在である"と。目撃者によれば、それまで起こったことに対して彼の責任は重大である。5人の死亡者、先例のない議会への侵入、取り返しのつかないような米国の評判への損害、そして副大統領に対して、トランプを中傷したことに対する私刑が行われる可能性が実際にあったことなどである。
    • その後、ホワイトハウスの顧問であるPat Cipilloneは、議会を襲撃したトランプの法的責任範囲を明らかにして、トランプは、木曜夜(1/7)の録画で、主張の調子を変えて、2ヶ月前の選挙での敗北を認めて、暴動行為を非難し始めた。その後、それらに対する反発がすでに始まった。議会は、その結果を認めて、彼の議会支持者は、同僚の共和党員によってFacebookを止められ、Twitter社は無期限に利用禁止とした。また民主党は2回目の大統領弾劾を準備して、来週からそれを開始する予定。
    • しかしトランプ時代はまったく終わったわけではない。まだ大統領の任期は10日間ある。大統領執務室からの報告では、彼はまだ懲らしめられたという感覚ではなく、秩序だった政権以降に合意したことを悔いている。また1/20の後継者の就任式への参加は明確に拒否した。トランプを知る人は誰も、彼が歴史の裏口から静かに逃げ出すことに賭けている人はいない。❑

>Top 4. President Biden's Inauguration Speech:

  • Chief Justice Roberts, Vice-President Harris, Speaker Pelosi, Leader Schumer, Leader McConnell, Vice-President Pence. My distinguished guests, my fellow Americans.
  • This is America's day. This is democracy's day. A day of history and hope, of renewal and resolve. Through a crucible for the ages, America has been tested anew and America has risen to the challenge. Today we celebrate the triumph not of a candidate but of a cause, a cause of democracy. The people - the will of the people - has been heard, and the will of the people has been heeded.
  • We've learned again that democracy is precious, democracy is fragile and, at this hour my friends, democracy has prevailed. So now on this hallowed ground where just a few days ago violence sought to shake the Capitol's very foundations, we come together as one nation under God - indivisible - to carry out the peaceful transfer of power as we have for more than two centuries.
  • As we look ahead in our uniquely American way, restless, bold, optimistic, and set our sights on a nation we know we can be and must be, I thank my predecessors of both parties for their presence here. I thank them from the bottom of my heart. And I know the resilience of our Constitution and the strength, the strength of our nation, as does President Carter, who I spoke with last night who cannot be with us today, but who we salute for his lifetime of service.
  • I've just taken a sacred oath each of those patriots have taken. The oath first sworn by George Washington. But the American story depends not on any one of us, not on some of us, but on all of us. On we the people who seek a more perfect union. This is a great nation, we are good people. And over the centuries through storm and strife in peace and in war we've come so far. But we still have far to go.
  • We'll press forward with speed and urgency for we have much to do in this winter of peril and significant possibility. Much to do, much to heal, much to restore, much to build and much to gain. Few people in our nation's history have been more challenged or found a time more challenging or difficult than the time we're in now. A once in a century virus that silently stalks the country has taken as many lives in one year as in all of World War Two.
  • Millions of jobs have been lost. Hundreds of thousands of businesses closed. A cry for racial justice, some 400 years in the making, moves us. The dream of justice for all will be deferred no longer. A cry for survival comes from the planet itself, a cry that can't be any more desperate or any more clear now. The rise of political extremism, white supremacy, domestic terrorism, that we must confront and we will defeat.
  • To overcome these challenges, to restore the soul and secure the future of America, requires so much more than words. It requires the most elusive of all things in a democracy - unity. Unity. In another January on New Year's Day in 1863 Abraham Lincoln signed the Emancipation Proclamation. When he put pen to paper the president said, and I quote, 'if my name ever goes down in history, it'll be for this act, and my whole soul is in it'.
  • My whole soul is in it today, on this January day. My whole soul is in this. Bringing America together, uniting our people, uniting our nation. And I ask every American to join me in this cause. Uniting to fight the foes we face - anger, resentment and hatred. Extremism, lawlessness, violence, disease, joblessness, and hopelessness.
  • With unity we can do great things, important things. We can right wrongs, we can put people to work in good jobs, we can teach our children in safe schools. We can overcome the deadly virus, we can rebuild work, we can rebuild the middle class and make work secure, we can secure racial justice and we can make America once again the leading force for good in the world.
  • I know speaking of unity can sound to some like a foolish fantasy these days. I know the forces that divide us are deep and they are real. But I also know they are not new. Our history has been a constant struggle between the American ideal, that we are all created equal, and the harsh ugly reality that racism, nativism and fear have torn us apart. The battle is perennial and victory is never secure.
  • Through civil war, the Great Depression, World War, 9/11, through struggle, sacrifice, and setback, our better angels have always prevailed. In each of our moments enough of us have come together to carry all of us forward and we can do that now. History, faith and reason show the way. The way of unity.
  • We can see each other not as adversaries but as neighbours. We can treat each other with dignity and respect. We can join forces, stop the shouting and lower the temperature. For without unity there is no peace, only bitterness and fury, no progress, only exhausting outrage. No nation, only a state of chaos. This is our historic moment of crisis and challenge. And unity is the path forward. And we must meet this moment as the United States of America.
  • If we do that, I guarantee we will not failed. We have never, ever, ever, ever failed in America when we've acted together. And so today at this time in this place, let's start afresh, all of us. Let's begin to listen to one another again, hear one another, see one another. Show respect to one another. Politics doesn't have to be a raging fire destroying everything in its path. Every disagreement doesn't have to be a cause for total war and we must reject the culture in which facts themselves are manipulated and even manufactured.
  • My fellow Americans, we have to be different than this. We have to be better than this and I believe America is so much better than this. Just look around. Here we stand in the shadow of the Capitol dome. As mentioned earlier, completed in the shadow of the Civil War. When the union itself was literally hanging in the balance. We endure, we prevail. Here we stand, looking out on the great Mall, where Dr King spoke of his dream.
  • Here we stand, where 108 years ago at another inaugural, thousands of protesters tried to block brave women marching for the right to vote. And today we mark the swearing in of the first woman elected to national office, Vice President Kamala Harris. Don't tell me things can't change. Here we stand where heroes who gave the last full measure of devotion rest in eternal peace.
  • And here we stand just days after a riotous mob thought they could use violence to silence the will of the people, to stop the work of our democracy, to drive us from this sacred ground. It did not happen, it will never happen, not today, not tomorrow, not ever. Not ever. To all those who supported our campaign, I'm humbled by the faith you placed in us. To all those who did not support us, let me say this. Hear us out as we move forward. Take a measure of me and my heart.
  • If you still disagree, so be it. That's democracy. That's America. The right to dissent peacefully. And the guardrail of our democracy is perhaps our nation's greatest strength. If you hear me clearly, disagreement must not lead to disunion. And I pledge this to you. I will be a President for all Americans, all Americans. And I promise you I will fight for those who did not support me as for those who did.
  • Many centuries ago, St Augustine - the saint of my church - wrote that a people was a multitude defined by the common objects of their love. Defined by the common objects of their love. What are the common objects we as Americans love, that define us as Americans? I think we know. Opportunity, security, liberty, dignity, respect, honour, and yes, the truth.
  • Recent weeks and months have taught us a painful lesson. There is truth and there are lies. Lies told for power and for profit. And each of us has a duty and a responsibility as citizens as Americans and especially as leaders. Leaders who are pledged to honour our Constitution to protect our nation. To defend the truth and defeat the lies.
  • Look, I understand that many of my fellow Americans view the future with fear and trepidation. I understand they worry about their jobs. I understand like their dad they lay in bed at night staring at the ceiling thinking: 'Can I keep my healthcare? Can I pay my mortgage?' Thinking about their families, about what comes next. I promise you, I get it. But the answer's not to turn inward. To retreat into competing factions. Distrusting those who don't look like you, or worship the way you do, who don't get their news from the same source as you do.
  • We must end this uncivil war that pits red against blue, rural versus urban, conservative versus liberal. We can do this if we open our souls instead of hardening our hearts, if we show a little tolerance and humility, and if we're willing to stand in the other person's shoes, as my mom would say. Just for a moment, stand in their shoes.
  • Because here's the thing about life. There's no accounting for what fate will deal you. Some days you need a hand. There are other days when we're called to lend a hand. That's how it has to be, that's what we do for one another. And if we are that way our country will be stronger, more prosperous, more ready for the future. And we can still disagree.
  • My fellow Americans, in the work ahead of us we're going to need each other. We need all our strength to persevere through this dark winter. We're entering what may be the darkest and deadliest period of the virus. We must set aside politics and finally face this pandemic as one nation, one nation. And I promise this, as the Bible says, 'Weeping may endure for a night, joy cometh in the morning'. We will get through this together. Together.
  • Look folks, all my colleagues I serve with in the House and the Senate up here, we all understand the world is watching. Watching all of us today. So here's my message to those beyond our borders. America has been tested and we've come out stronger for it. We will repair our alliances, and engage with the world once again. Not to meet yesterday's challenges but today's and tomorrow's challenges. And we'll lead not merely by the example of our power but the power of our example.
  • Fellow Americans, moms, dads, sons, daughters, friends, neighbours and co-workers. We will honour them by becoming the people and the nation we can and should be. So I ask you let's say a silent prayer for those who lost their lives, those left behind and for our country. Amen.
  • Folks, it's a time of testing. We face an attack on our democracy, and on truth, a raging virus, a stinging inequity, systemic racism, a climate in crisis, America's role in the world. Any one of these would be enough to challenge us in profound ways. But the fact is we face them all at once, presenting this nation with one of the greatest responsibilities we've had. Now we're going to be tested. Are we going to step up?
  • It's time for boldness for there is so much to do. And this is certain, I promise you. We will be judged, you and I, by how we resolve these cascading crises of our era. We will rise to the occasion. Will we master this rare and difficult hour? Will we meet our obligations and pass along a new and better world to our children? I believe we must and I'm sure you do as well. I believe we will, and when we do, we'll write the next great chapter in the history of the United States of America. The American story.
  • A story that might sound like a song that means a lot to me, it's called American Anthem. And there's one verse that stands out at least for me and it goes like this:
  • 'The work and prayers of centuries have brought us to this day, which shall be our legacy, what will our children say?
    Let me know in my heart when my days are through, America, America, I gave my best to you.'
  • Let us add our own work and prayers to the unfolding story of our great nation. If we do this, then when our days are through, our children and our children's children will say of us: 'They gave their best, they did their duty, they healed a broken land.'
  • My fellow Americans I close the day where I began, with a sacred oath. Before God and all of you, I give you my word. I will always level with you. I will defend the Constitution, I'll defend our democracy.
  • I'll defend America and I will give all - all of you - keep everything I do in your service. Thinking not of power but of possibilities. Not of personal interest but of public good.
  • And together we will write an American story of hope, not fear. Of unity not division, of light not darkness. A story of decency and dignity, love and healing, greatness and goodness. May this be the story that guides us. The story that inspires us. And the story that tells ages yet to come that we answered the call of history, we met the moment. Democracy and hope, truth and justice, did not die on our watch but thrive.
  • That America secured liberty at home and stood once again as a beacon to the world. That is what we owe our forbearers, one another, and generations to follow.
  • So with purpose and resolve, we turn to those tasks of our time. Sustained by faith, driven by conviction and devoted to one another and the country we love with all our hearts. May God bless America and God protect our troops. ❑

4. Biden大統領就任演説:

  • heed: pay attention to
  • cause: a princiuple, aim or movement to which one is committed
  • indivisible: unable to be separated
  • salute: a gesture of respect or polie recognition
  • oath: a solemn promise
  • through: continuing in time towards completion of period
  • trepidation: a feeling or fear or anxiety about sth that may happen
  • cascade: a succession of stages in a process
  • hallow: honour as holy, 清める
  • uncivil: discourteous, impoliteh
  • thrive: develop vigorously
  • level with: equal with
  • beacon: a fire or light as a signal
  • owe: be under a moral obligation to give someone (gratitude, respect)
  • Roberts最高裁長官。Harris副大統領。Pelosi下院議長。Scgyner院内総務。McConnell院内総務。Pence副大統領。ご来賓の皆様。アメリカ国民の皆さん。
  • これはアメリカの日です。これは民主主義の日です。歴史と希望の日であり、再生と決意の日です。アメリカは試練の時代を経て、新たに試され、アメリカはその挑戦を遂げました。私たちは今日、一人の候補者の勝利ではなく、民主主義という大義の勝利を祝っています。国民の意志が聞こえ、そして国民の意志が注目されています。
  • 私たちは再び、民主主義は貴重で、壊れやすいものだと学びました。そして、今のこの時は、民主主義が勝利したのです。
    わずか数日前に暴力が議事堂の基礎そのものを揺るがそうとしたその同じ神聖な場所で、神の下で不可分な国民として、2世紀以上も前からそうしてきたように、平和的な権力移譲を実現するために集まりました。
  • 私たちは今、アメリカ特有の、活発で大胆かつ楽観的な方法で、前を見ています。そうして、自分たちがなれる、ならなければならい国の姿を見つめています。そうしながら私は、今日ここにいる両党の前任大統領たちに感謝しています。心の底から感謝しています。
    この国の憲法回復力があり、この国の強いか、よく承知しています。カーター大統領もそうです。カーター大統領とは昨晩、話をしました。今日ここに来ることはできませんでしたが、生涯かけてこの国に尽くしてきた貢献に敬意を表します。
  • 前任の愛国者たちと同様に、私も今、神聖な誓いをしました。ジョージ・ワシントンが最初に行った同じ誓いです。しかし、アメリカの物語は誰かひとりに頼るものでも、一部の人に頼るものでもなく、全員に頼るものです。完全な連合を求める我々国民全体に頼るのです。この国は偉大な国で、私たちは善良な国民です。そして数世紀にわたり、嵐や争い、平和と戦争を乗り越えて、ここまでやってきました。それでもまだまだ、進むべき道のりは遠くまで続いています。
  • この冬には、危険と可能性の中で、迅速に緊急にやるべきことが沢山あります。また癒やすべきことも沢山あり、再生することも、再建することも、得るべきことも沢山あります。
    今の時ほど厳しい思いをして、これほど厳しく困難な時代に直面してきた人は、この国の歴史でもそれほどいません。100年に一度のウイルスが音もなくこの国に忍び寄り、第二次世界大戦を通じて失われたのと同じくらい多くの命を、たった1年で奪ってしまいました。
  • 何百万もの仕事が失われました。何十万ものビジネスが閉鎖しました。人種の平等を求めて400年ほど前から続く叫び声が、私たちを突き動かします。すべての人に正義をもたらすという夢は、もうこれ以上遅らせる訳にはいかないのです。
  • この惑星からも、存続の悲鳴の声が上がってきています。それはこれ以上ないほど必死で、はっきりした悲鳴の声です。そして今や、政治においても過激主義や白人至上主義、国内テロリズムが台頭しており、私たちはこれに立ち向い、勝利しなけれならないのです。
  • これらいくつもの課題を克服するため、アメリカの魂を再生し、アメリカの未来を確保するために、言葉以上のものが必要です。それは民主主義において最も捉えがたいもの、つまり連帯が必要なのです。
    かつて同じ、1863年の1月元日に、Abraham Lincolnは奴隷解放宣言に署名しました。紙にペンを置いた時、大統領はこう言いました。
    「もし私の名が歴史に残るようなことがあれば、この署名がその理由になる。私はこれに全身全霊を傾けてきたのだ」と。
    今日のこの1月の日に、私も全身全霊を込めています。アメリカを一つにまとめるために、国民の連帯、国の連帯を実現するためにです。すべてのアメリカ人に協力を呼びかけます。怒り、不満、憎悪、過激主義、無法状態、暴力、病気、失業、そして希望の喪失など、これらの敵に立ち向かうため、皆で連帯しようと。
  • 連帯すれば、私たちは素晴らしいことを実現できます。大切なことが。不正を正し、国民に良い仕事ができるように、また子どもたちを安全な学校で教えるようにすることができます。また恐ろしいウイルスを克服し、雇用を回復し、中産階級を立て直し、雇用を安定させ、人種の平等を確保することです。そしてアメリカは再び、世界のリーダーとして良い方向に向かうようになれます。
  • この時期に「連帯」などと言うと、今日ばかげた幻想に聞こえる人もいるでしょう。私たちを分断する力は深く浸透しており、その力は現実にあります。ただ、それは新しいものではありません。私たちの歴史は、誰もが平等に作られたというアメリカの理想と、その一方で人種差別や移民排斥主義や恐怖によって国が引き裂かれてきたという厳しく醜い現実が、常にせめぎ合う中で作られてきました。この戦いは絶え間がなく、勝利は決して確実とは言えません。
  • 南北戦争や世界大恐慌、世界大戦、9.11、戦いと犠牲と失敗を通じて、それでも正義が勝ってきました。その時々の場面で、必要な人々が結集し、力を合わせて、この国を前進させてきたのです。今回もそれができます。歴史と信念と理性が進むべき道を示してくれます。
  • 私たちは互いを敵対する相手ではなく、隣人として見ることができます。互いに尊重し、敬意をもって接することができます。私たちは協力し、罵倒するのをやめて、激昂した温度を下げることができます。というのは連帯がなければ平和はなく、いがみ合いと激昂しかありません。進歩はなく、疲れ果てる激高しかありません。国はは存在し得ず、ただ混沌しかあり得ません。私たちは今、歴史的な危機と挑戦の時を迎えています。そして連帯こそが前進するための道です。私たちは今この瞬間を、アメリカ合衆国として迎えなくてはなりません。
  • そうすれば、決して失敗はしないと保証します。アメリカでは、国民がまとまって行動したけれど失敗したということは全くなかったのです。そうなので、今この時、この場所から、皆で新らたな再出発しましょう。互いの言うことを耳を傾けるようにしましょう。互いを聴いて、互いを見つめ合うるようにしましょう。互いを尊重するようにしましょう。政治というのは、その行手にある何もかも破壊してしまう業火であってはならないのです。意見が一致しないからといって、それが常に全面戦争の原因になってはなりません。そして、事実そのものが歪曲され、時には捏造されてしまうような習慣は断固拒絶しなくてはなりません。
  • 同胞の皆さん。このような状態とは違うものにしなければなりません。私たちはより良く行動しなくてはなりませんし、アメリカはもっとはるかにまともだと、私は信じています。周りを見回してください。私たちは今、議事堂ドームの前に立っています。すでに話題になったように、南北戦争の最中に建造されたものです。当時は合衆国の連合そのものが文字通り存亡の危機にありました。それでも私たちは耐え抜き克服しました。私たちはこうしてここに立ち、偉大なナショナル・モールを見渡しています。ここはキング牧師が夢を語った、あのモールです。
  • 私たちはこうしてこの場所に立っています。108年前の別の就任式で、参政権を求めて行進する勇敢な女性たちに、何千人もが抗議し、行方を阻もうとしたこの同じ場所でです。その場所で本日私たちは、女性として初めて連邦オフィスに選ばれたカマラ・ハリス副大統領が宣誓したことを祝っているのです。世の中は何も変えられないなどと言わないでいただきたい。ここから対岸にあるアーリントン国立墓地には、全身全霊を捧げた英雄たちが永遠に眠っているのです。
  • そしてほんの数日前には、暴徒が、暴力をもって国民の意志を沈黙させられると考え、私たちの民主主義の仕事を阻止し、この神聖な場所から私たちを追い出せると勝手に思い込んでいました。彼らの思い通りにはならなかったし、今後も決してなりません。今日も、明日も、こらからも決して。私たちの選挙キャンペーンを支持してくださった皆さんの信念に対して、私は身が引き締まる思いです。私たちを支持しなかった皆さんにはこう申し上げます。これから前に進む中で、私たちに耳を傾けてください。私の心情を推し測ってください。
  • それでも賛成できないなら、そのままでも仕方ありません。それが民主主義というものです。それがアメリカというものです。平和的に異議を唱える権利なのです。その民主主義の仕組みこそが、おそらくこの国最大の力なのです。明確に申し上げます。意見の不一致が、国の解体につながってはなりません。そして皆さんに、私はすべてのアメリカ人の大統領になると約束します。そして、私を支持しなかった人に対しても、支持してくれた人と同じように対して、懸命に守っていくと約束します。
  • 何世紀も前に、私が通う教会の聖人である聖アウグスティヌスはこう書きました。人々とは、共通する愛の対象によって定義された多数であると。では、私たちをアメリカ人を定義する共通の愛情の対象とは何でしょう? 答えはお分かりだと思います。機会、安全、自由、尊厳、尊敬、名誉、そして真実です。
  • ここ数週間や数カ月の間は、私たちは厳しい教訓を教えてくれた。真実があり、そして多くの嘘があるという現実です。権力のために、あるいは利益のためにうそをつくのだということです。そして私たち一人一人には、市民として、アメリカ人として、そしてリーダーとしての義務と責任があります。リーダーは、この国の憲法を尊重し、この国を守ると誓ったのです。
  • もちろん、多くのアメリカ人が未来を恐れて心配を感じるのは理解できます。仕事がどうなるのか不安なのは分かります。父親がそうだったように、夜中にベッドから天井を見上げて、"ヘルスケアはどうなるか、家のローンはどうなるか"と心配するのは、父親のように分かります。家族はこれからどうなるのかと心配しているのも私は分かっていると約束します。けれども、内向きになってしまっては、答えは見つかりません。党派争いの中に逃げ込んでも答えは見つからないのです。自分と同じように見えない相手、自分と信仰が違う相手、自分とは違う情報源からニュースを得ている人たち、そういう相手を疑うばかりでは答えは見つからないのです。
  • 赤い州と青い州とを、農村部と都会とを、保守派とリベラルとを対立させるようなこの異常な(uncivilな)戦いを終わらせなくてはなりません。もし自分の心を閉じるのではなく、自分の心を開けば、それは可能なのです。もし少し寛容になり、少し謙虚になれば、そして、私の母がよく言ったように、他人の靴を履くように他人の立場になってみればそれは可能なのです。ほんの少しの間でも、相手の立場になって考えてみてください。
  • 人生についての話です。運命が自分にどのように巡りあるのか、予想はつかないのです。人の助けが必要な時もあります。自分が人を助けるように求められる時もあります。人生とはそういうもので、互いにそうやって助け合わなくてはならないのです。私たちがそうやって行動すれば、この国はもっと強く、もっと豊かに、もっと未来に向けて準備ができます。それは意見の違いがあっても可能なことなのです。
  • 同胞の皆さん。これからの私たちの行く手は、お互いを必要とします。この暗い冬を耐え抜くには、私たち全ての力が必要です。ウイルスに関して言えば、これから最も暗い、最も被害が甚大な時期にさしかかっています。私たちは政治を一旦横に置いて、ひとつの国としてこのパンデミックに立ち向かわなくてはなりません。そして約束します聖書にあるように、「夜通し涙を流すとしても、朝には喜びがやってくる」と私は約束します。みんなで乗り切りましょう。
  • 皆さん、見てください。ここにいる下院や上院で働く同僚は皆、世界が私たちを見つめていることを知っています。この国の国境の外にいる人たちにこう申し上げます。アメリカは試練を受け、前よりたくましくなって乗り越えて来ました。私たちは同盟関係を修復し、再び世界と関わっていきます。過去の課題に対応するためではなく、今日や未来の課題に取り組むためにです。そして、私たちはただ力を示すことを規範としてリードするのではなく、逆に、規範を示すことを力としてリードしていきます。
  • 同胞の皆さん、お母さんたち、お父さんたち、息子たち、娘たち、友人たち、隣人、そして同僚たちに申し上げたい。私たちがやればできまたそうあるべ国と国民になることによって、尊敬を得られるようになりましょう。しして、命を落とした人たち、置き去りにされた人たち、そしてこの国のために、静かに祈りたいと思います。アーメン。
  • 皆さん、今は試練の時です。この国の民主主義と真実が攻撃されています。激しく攻撃を続けるウイルス、拡大する格差、制度的な人種差別問題、危機的な気候問題、世界におけるアメリカの役割などです。どれ一つをとっても、それだけで深刻な課題なのです。しかもそれら全てに一斉に対処しなければならないのです。この国は、今、かつてないほどの重大な責任負っているのです。今や私たちは試されているのです。私たちはこれらを踏み出せるのでしょうか。
  • 今は果敢に行動しならないことが沢山あるのです。そのことは確かなのです。この時代に次々に畳み掛けてくる危機をどう解決するかについて、私たちは審判を受けるのです。私たちは、この機会に立ち上がるのです。私たちは、このあり得ないような困難な時期を克服するのでしょうか。この任務に立ち向かって、より良い新しい世界を子どもたちに引き継いていけるのでしょうか。私は、そうしなくてはならないと思いますし、皆さんも同じはずです。私たちはできるはずだと信じてります。それは、私たちはアメリカ合衆国の歴史に次の偉大な章を書き足すことになるのです。アメリカの物語の続きとしてです。
  • その物語は、私にとっても大切なAmerican Anthemの歌のように響くものかもしれません。私には特に印象的な歌詞があります。
    "何世紀にも亘るの労働と祈りがこの日をもたらした。それは遺産となり、子どもたちは何と言うだろうか"
    "私の人生が終わる時、アメリカ、アメリカよ、あなたに最善を捧げたと自分が納得できますように”
  • 私たちもこの偉大な国の物語に、自分たちの労働と祈りを加えましょう。そうすれば、自分の人生が終わる時、子どもたちや、またその子どもたちがこう言うでしょう。"自分の最善を捧げ、自分の義務を果たした、壊れた国を癒やした"のだと。
  • 同胞の皆さん、今日、神聖な誓いで始めたように、神聖な誓いで終わろうと思います。神と全ての皆さんの前で、私は約束します。私はいつでも常に皆さんに共にいます。この国の憲法を守り、私たちの民主主義を守ります。
  • 私は、アメリカを守ります。そして私は皆さんのためにすべてを捧げます。自分の行動はすべて皆さんのためで、権力のためでなく可能性を考え、個人の利益ではなく公共の利益のためにです。
  • そして皆さんと共に、アメリカの恐怖ではなく希望の物語を書きましょう。分断ではなく連帯の、暗闇ではなく光の物語を書きましょう。品性と尊厳、愛と癒やし、偉大さ善良の物語を書きましょう
    これが私たちを導く物語になりますように。私たちを奮い立たせる物語になりますように。そして、私たちが歴史の呼びかけに応え、今という時の挑戦に立ち向かったのだという物語を書きましょう。民主主義と希望、真実と正義は死ぬどころか栄えたのだという物語を書きましょう。
  • アメリカは国内で自由を確保し、再び世界の行手を示す狼煙となったのだと、そう語り継がれるように。先祖に対し、お互いに対し、さらに次に来る世代に対して、責任を果たさなくてはならないのです。
  • 目的と決意をもって、私たちはこの時代の要請に取り組みます。そうすることは信念に支えられ、確信に導かれており、お互いと心から愛する国への献身として捧げます。
    神がアメリカを祝福しますように。この国のご加護がありますように。❑

>Top 5. When will the Covid-19 pandemic end?
By Sarun Charumilind, et. al, , McKinsely, 26 Mar, 2021:

  • This article updates our perspectives on when the coronavirus pandemic will end to reflect the latest information on vaccine rollout, variants of concern, and disease progression. In the United Kingdom and the United States, we see progress toward a transition to normalcy during the second quarter of 2021. The new wave of cases in the European Union means that a similar transition is likely to come later there, in the late second or third quarter. Improved vaccine availability makes herd immunity most likely in the third quarter for the United Kingdom and the United States and in the fourth quarter for the European Union, but risks threaten that timeline. The timeline in other countries will depend on seven crucial variables. And when herd immunity is reached, the risks will not vanish; herd immunity may prove temporary or be limited to regions in a country.
  • The fall in COVID-19 cases across much of the world over the past ten weeks signals a new dawn in the fight against the disease. Vaccines are
    proving effective and rapidly scaling, bending the curve in many geographies. This is a fragile dawn, however, with transmission and deaths still high, unequal access to vaccines, and variants of concern threatening to undo progress to date.
    The trajectory of UK and US cases has enabled the beginnings of a transition toward normalcy,[ 1 ] the first and more important of the pandemic’s two endpoints. We expect this transition to continue in the second quarter of 2021 and will likely see many aspects of social and economic life return to the prepandemic normal, consistent with UK Prime Minister Johnson’s staged reopening plan for the United Kingdom and US President Biden’s goal of a normal Independence Day. We are more confident in this timeline for the United Kingdom than for the United States, given that the first has already experienced a wave driven by a more infectious variant, whereas the latter could still face one. Parts of the European Union have recently faced setbacks: fewer doses in arms than in the United Kingdom or United States, a new wave of cases, and new lockdowns. A transition toward normalcy is mostly likely in Europe during the late second or third quarter of 2021. The timing will probably vary by country, depending on accelerating vaccine supplies, the impact of vaccinations on hospitalization rates, and the occurrence (or not) of new waves driven by new variants.
    Herd immunity, the second endpoint, is most likely in the third quarter for the United Kingdom and the United States and in the fourth quarter for the European Union, with the difference driven by a more limited vaccine availability in the European Union. However, the risks to these timelines are real—herd immunity may not be achieved by the end of the year if vaccine hesitancy is high, if countries experience disruptions in vaccine supply, or if a variant that renders existing vaccines less effective spreads widely. And herd immunity may look different in different parts of the world, ranging from strong nationwide or regional protection to temporary or oscillating immunity to some countries not reaching herd immunity over the medium term.
    In this article, we’ll review the developments since our last perspective (January 21), offer an outlook for each of the three geographies, assess risks, and outline what the end of the pandemic might look like.

5. Covid-19感染はいつ収束するのか:

  • コロナウイルスのパンデミックがいつ終息するかについての見解を、ワクチンの進展、変異種種、疾患の状況を反映して近況を述べる。英国と米国では、2021年の第2四半期(2Q)中に平常時のに移行する方向で進展していると見られる。EUでは、新たな感染者の増加によってやや遅れ、2Q末から3Qにかけてになりそう。。ワクチンの入手が容易になったことで、集団免疫の可能性は、英国と米国では第3四半期に、欧州連合では第4四半期に最も高くなるが、このスケジュールが遅れるリスクもあり得る。他の国のスケジュールは、7つの重要な要因によって決まる。また、集団免疫が成立しても、リスクが消滅するわけではなく、集団免疫が一時的であったり、地域に限定される可能性もある。
  • COVID-19の症例が、この10週間で世界の多くの地域で減少しているのは、この病気との闘いでの新たな幕開けを意味している。ワクチンは効果的であることが証明され、今後多くの地域で普及が進んでいく。しかし、夜明けといってももろいもので、感染者数や死亡者数は依然として高く、ワクチンへのアクセスも不平等であり、変異種がこれまでの進歩を台無しにする恐れがある。この英国と米国の感染者数の推移では、パンデミックの2つの終着点のうち、まず平常時への移行が始まっている。この移行は2021年の2Qにも続くと予想され、ジョンソン英国首相の段階的再開計画や、バイデン米国大統領の目標である独立記念日と同様に、社会的・経済的な生活の多くがパンデミック前の通常状態に戻ることになりそう。米国よりも英国の方が、このスケジュールに自信を持っている。というのも、英国ではすでに感染力の強い変異種による波を経験していますが、後者ではまだ波が来る可能性があるからです。EUの一部では、最近、英国や米国に比べて対応策が少なく、感染者が続出によって新たな監禁措置がとられるなどの事態が発生している。欧州では、2021年の2Q後半から3Qにかけて、平常時の状態に移行する可能性が高い。その時期は国ごとに異なると思われるのは、ワクチン供給の加速、ワクチン接種による入院率への影響、変種よる新たな波の発生状況によるからである。
  • 次の段階である集団免疫は、英国と米国では3Q、EUでは4Qに達成される可能性が高いとされているが、この違いはEUではワクチンの入手が限られていることに起因している。しかし、これらのスケジュールには現実的なリスクがある。ワクチンを躊躇する傾向が強いことと、各国でワクチン供給の問題であり、また既存のワクチンの効果を低下させる変異種が広く蔓延したりした場合には、年末までに群集免疫が得られない可能性がある。また、群集免疫は、全国的または地域的なばらつきあり、から、集団免疫が一時的あるいは変動したり、さらには中期的には群集免疫に到達しない国があるなど世界各地で異なる様相を呈している。
    今回の記事では、前回(1/21) の記事以降を振り返り、3つの地域別に見通しを立て、リスクを評価し、パンデミックの終焉がどのようなものになるのかを見ていく。

>Top 5-2. Recent Developments And Thier Impact on Timelines:

  • Recent developments and their impact on timelines
    The past month or two have seen seven important developments:
    • 1. Vaccines work. We have growing evidence that vaccines are effective, as real-world data from Israel and the United Kingdom validate the clinical-trial results by showing a sharp reduction in hospitalizations and deaths. Emerging evidence also indicates that vaccines likely reduce transmission considerably, though not to the same degree that they prevent severe disease.
    • 2. The vaccine rollout is improving. Massive inoculation programs have accelerated, especially in the United Kingdom. As of March 15, the United Kingdom has administered 39 doses per 100 people in the total population; the corresponding figures for the United States and the European Union are 33 and 12 per 100, respectively. Just as important: sentiment about vaccine adoption is improving.
    • 3. More vaccines are coming. Johnson & Johnson’s one-shot vaccine appears to be highly effective against severe COVID-19 and received Emergency Use Authorization in the United States on February 27. Novavax’s vaccine is now in Phase III trials; preliminary results suggest it was highly effective in the United Kingdom but less so in South Africa. All of that makes it increasingly clear that the United Kingdom and the United States will have enough doses to vaccinate all adults by the end of the second quarter, and Europe should achieve the same milestone by the end of the third quarter, assuming no major vaccines are withdrawn. Further, vaccine trials on children aged 12 and up are well underway, and new trials on babies and children six months and older raise the possibility of pediatric vaccination, which would add to the population that could potentially contribute to herd immunity.
    • 4. Therapeutics are poised to make more of a difference. A new wave of COVID-19 therapeutics, including those from Eli Lilly, Merck–Ridgeback, and Vir Biotechnology, have produced positive data or received Emergency Use Authorization. The emerging data from these treatments suggest they have the potential to materially reduce hospitalizations and deaths for cases that do occur, accelerating a transition toward normalcy.
    • 5. New cases and deaths are lower—but still high. New cases, hospitalizations, and deaths have dropped dramatically—by 79 percent and 89 percent, respectively, in the United States and the United Kingdom from the January peak, as of March 15. This trajectory has amplified discussions of a transition toward normalcy in both countries. The bend in the curve is fragile, however. Much of the decline in Europe has followed strict lockdowns; but lockdowns and other nonpharmaceutical interventions are still confoundingly difficult to get right, and even now, multiple European countries are experiencing upward case trends. And US deaths are still averaging 1,000 per day, many times higher than average daily flu deaths.
    • 6. It is increasingly clear that more infectious variants of concern may drive a new wave of cases in the coming months. The United Kingdom is in a relatively favorable position; cases are declining in spite of the high prevalence of the B.1.1.7 variant, suggesting that the country has a demonstrable ability to control the spread of more infectious variants. In contrast, the United States and parts of the European Union appear to have an increasing prevalence of B.1.1.7. The potential for a variant-driven wave of US cases and ongoing spread in Europe in the coming months is real.
    • 7. Variants may also reduce vaccine efficacy or enable reinfection. Data from the AstraZeneca vaccine trial in South Africa highlight the potential for variants such as B.1.351 and P.1 to reduce the efficacy of vaccines. Other vaccine data, including those from Novavax and Johnson & Johnson, show a more modest reduction in efficacy, especially against severe disease caused by these variants. There is also early evidence of mutations arising independently in the United States that may reduce the efficacy of vaccines.These variants also appear to be more infectious than the original wild-type strain. These initial findings are based on very small sample sizes and may change as more information becomes available; we still do not know the impact of vaccines against severe disease from these strains. But if these results hold up, the spread of strains against which existing vaccines are substantially less effective would be a significant risk to lives and could delay the end of the pandemic.

5-2. 最近の開発状況とスケジュールへの影響:

  • 最近の動きとそのスケジュールへの影響:
    この1 - 2ヶ月の間に、7つの重要な動きがあった。
    • 1. ワクチンの効果: イスラエルやイギリスでの実際のデータでは、入院や死亡が大幅に減少し、臨床試験の結果が検証されていることから、ワクチンが有効であることを示す証拠が増えている。また、新たな証拠しては、ワクチンによって感染が相当減少する可能性を示しおるが、重症化を防ぐ点では、それほどではない。
    • 2. ワクチンの展開は改善されつつある。特に英国では大規模な接種プログラムが加速している。3月15日現在、英国では総人口100人あたり39回の接種が行われているが、米国では33回、EUでは12回となっている。 同様に重要なのは、ワクチン導入に関する心理面で改善していることである 。
    • 3. ワクチンはもっと増える。Johnson & Johnson社の1回接種型のワクチンは、重症のCOVID-19に対して高い効果があるようで、米国では2月27日に緊急使用許可を取得した。Novavax社 のワクチンは現在、第3段階の試験が行われており、予備的な結果では、英国では高い効果だったが、南アフリカでは効果が低いことが示されている。 これらのことから、英国と米国では、第2Q末までにすべての成人にワクチンを接種するのに十分な量を確保し、欧州では、第3Q末までに同様のスケジュールを達成しそうだが、これは主要なワクチンが廃止されないと前提での話である。さらに、12歳以上の子供を対象としたワクチン試験が順調であり、また6ヶ月以上の乳幼児を対象とした新たな試験中であることから、集団免疫に貢献できる可能性のある人口が増える見込みである。
    • 4. 治療薬は、より大きな状況の違いを生み出す可能性がある。Eli Lilly、 Merck-Ridgeback、Vir Biotechnologyなどは、COVID-19治療薬の肯定的なデータを発表し、緊急使用許可を得たりしている 。これらの治療法から得られる新たなデータは、発症した場合の入院や死亡を大幅に減らし、正常な状態への移行を促進する可能性を示している。
    • 5. 新規患者数および死亡者数は減少しているが、まだ高い水準にある。3月15日現在米国では1月のピーク時に比べて79%、英国では89%と、新規感染者、入院、死亡者数が劇的に減少している。このような傾向が続けば、両国では平常時への移行への期待が高まっている。しかし、このカーブの傾向については限界がある。欧州での減少の多くは、厳格なロックダウンによってもたらされたもので、ロックダウンやその他の薬剤以外の介入を正しく行うことは依然として困難であり、現在でも欧州の複数の国で患者数の増加傾向が見られる。また、米国の死亡者数は依然として1日平均1,000人で、それはインフルエンザ死亡者数の何倍にもなっている 。
    • 6. 今後数ヶ月の間に、懸念されているより多くの変異種[が感染の新たな英国は比較的有利な立場にあるのは、B.1.1.7の亜種が多く存在するにもかかわらず患者数が減少していることから、英国での多くの変異種の拡散を抑制できることが示唆される。これとは対照的に、米国とEUの一部では、変異種 B.1.1.7の流行が増加している。今後数ヶ月の間に、変異種を原因とする米国の症例の波と、ヨーロッパでの継続的な広がりは現実となっている。
    • 7. 変異種は、ワクチンの効果を低下させたり、再感染を引き起こす可能性もある。南アフリカで行われたAstraZeneca社のワクチン試験のデータは、B.1.351やP.1などの変異種がワクチンの効果を低下させる可能性を示している。Novavax社やJohnson & Johnson社などの他のワクチンデータでは、より緩やかな効果の低下、特にこれらの変異体によって引き起こされる重症疾患に対する効果の低下が示されている。 米国では、ワクチンの効果を低下させる可能性のある変異が独立して発生しているという初期の証拠もある。また、これらの変異種は、元の野生株よりも感染力が強いようだ。これらの初期の知見は、非常に小さなサンプルサイズに基づいており、より多くの情報が得られると変化する可能性がある。これらの株による重篤な疾患に対するワクチンの影響については、まだ分かっていない。しかし、これらの結果が維持されれば、既存のワクチンの効果が大幅に低い株の拡散は人命に関わる重大なリスクとなり、パンデミックの終息を遅れる可能性がある。

>Top 5-3. Probability of Herd Immunity:

  • What’s the net impact of all these developments? The data continue to indicate, as stated in our earlier perspectives, that a significant transition toward UK and US normalcy will occur in the second quarter of 2021, although the potential for a variant-driven wave in the United States is real and would blunt the transition (Exhibit 1). Potential herd-immunity timelines are bifurcating as a result of growth in variants that may reduce vaccine efficacy. If the variants turn out to be a minor factor (they only reduce vaccine efficacy modestly, or they don’t spread widely), then herd immunity in the second half of the year is likely for both countries—and is more likely in the third quarter than the fourth. However, if the impact of these variants is significant, we could see timelines significantly prolonging into late 2021 or beyond.
  • covid19immunity.gif

5-3. 集団免疫の可能性:

  • これらの動きがもたらす正味の影響は何であろうか。データによれば、以前の見解で述べたように、英国と米国での正常な状態への移行は2021年の2Qに起こると考えられるが、米国では変異種による感染の波が起こる可能性があり、その移行は鈍化するだろう。(>図)。ワクチンの効果を低下させる可能性のある変異種が増加した結果、集団免疫の時期の可能性が二分されている。もし、この変種が軽微な要因(ワクチンの効果をわずかに低下させるだけ、あるいは広く感染しない)ことが判明した場合、両国ともに2021年の下半期に集団免疫が達成できる可能性が高く、それは4Qよりも3Qの方が可能性が高いと考えられる。しかし、これらの変異種の影響が大きい場合は、スケジュールが2021年後半以降に大幅に延びる可能性がある。

>Top 6. What are the Brazil, South Africa and UK Variants?

  • What are the Brazil, South Africa and UK variants and will vaccines work?; by Michelle Roberts, Health Editor, BBC News Online, 16 Mar 2021:
    • Two more cases of a Covid variant first identified in Brazil have been found in the UK, bringing the total number to 12.
      Both - one in the West Midlands and one in Haringey, London - were linked with international travel to Brazil.
      Some variants, like this one, appear to be more contagious and there are concerns current vaccines may not work as well.
  • >Top What are these new variants?
    • There are many thousands of different versions, or variants, of Covid circulating.
      Apart from the Brazil variant (also known as P.1), concerns focus on a few:
      • A UK or Kent variant (also known as B.1.1.7) now dominant in much of Britain, has spread to more than 50 countries and appears to be mutating again.
      • A South Africa variant (B.1.351) found in at least 20 other countries, including the UK.
        It's not unexpected that new variants have developed - all viruses mutate as they make copies of themselves to spread and thrive.
    • Most of these differences are inconsequential. A few can even be harmful to the virus's survival. But some can make it more infectious or threatening.
  • Are the new ones more dangerous?
    • There is no evidence that any of them cause much more serious illness for the vast majority of people who become infected. As with the original version, the risk is highest for people who are elderly or have significant underlying health conditions.
    • For the UK variant there is some research suggesting it may be associated with a 30% higher risk of death. The evidence is not conclusive, however. Measures such as washing your hands, keeping your distance from other people and wearing a face covering will still help prevent infections. Because the new variants appear to spread more easily it is important to be extra vigilant.
  • What's happening to the virus?
    • The UK, South Africa and Brazil variants could be much more contagious or easy to catch. All three have undergone changes to their spike protein - the part of the virus which attaches to human cells.
      As a result, they seem to be better at infecting cells and spreading.
      Experts think the UK or "Kent" strain emerged in September and may be up to 70% more transmissible or infectious. The latest research by Public Health England puts it between 30% and 50%. The South Africa variant emerged in October, and has more potentially important changes in the spike protein. Experts recently found a small number of cases of the UK variant that have one of these more concerning changes too.
    • It involves a key mutation - called E484K - that may help the virus evade parts of the immune system, called antibodies, that can fight coronavirus based on experience from prior infection or a vaccine.
      • Where has the South Africa variant been found in the UK?
      • South Africa coronavirus variant: What's the risk?
      • UK variant has mutated again, scientists say
      • The Brazil variant emerged in July and has this E484K mutation too.

6. ブラジル、南アフリカ、英国型の変異株とは何か:

  • ブラジル、南アフリカ、英国の変異株とは何か、ワクチンは効くのか?; by Michelle Roberts, Health Editor, BBC News Online, 2021/3/16:
    • ブラジルで初めて確認されたCovid-19の変異株が、英国でさらに2例発見され合計12例になった。一例はWest Midlands、一例はLondon, Haringeyで、ブラジルへの海外渡航との関連性が指摘されている。今回の亜種のように、一部の変異株は感染力が強く、現行のワクチンが利かない可能性が懸念されている。
  • 新しい変異株とは何か?
    • Covid-19には、何千種類もの変異株が感染流通している。ブラジルの変異株 (P.1と言われる) を除いて、いくつかの変異株に焦点を当てられている。
      • 英国Kent州の変異株 (B.1.1.7と言われる) は、現在、英国の大部分で主流となっており、50カ国以上に拡散しており、更に変異している。
      • 南アフリカの変異株 (B.1.351)は、英国を含む少なくとも20カ国で発見された。
        すべてのウイルスは、増殖のために自身のコピーを作る際に変異しない訳ではない。
    • これらの違いはほんのわずかな変化でしかない。中にはウイルス自体の生存にとって有害なもある。また中にはウイルスの感染力を強めたり脅威となるものがある。
  • 新しいウイルスはより危険なのか?:
    • いずれのウイルスも、大多数の人が感染したからとしても、より深刻な病気を引き起こすという証拠はない。
      初期のウイルスと同様に、高齢者や基礎疾患のある人のリスクは最も高くなる。
    • 英国変異株の場合、死亡リスクが30%高くなるという研究結果もあるが、決定的な証拠がある訳ではないが。
      手を洗う、人との距離をとる、顔を覆うなどの対策は、感染予防に役立つ。新しいタイプのウイルスは感染しやすいので、より用心することが重要である。
  • ウイルスに何が起こっているのか?
    • 英国、南アフリカ、ブラジル型の変異株は、感染力が格段に強くなり、感染しやすくなっている可能性がある。この3種のウイルスは、ウイルスが人間の細胞に付着する部分であるスパイクタンパク質が変化している。その結果、細胞への感染力と拡散力が向上している。
      専門家によると、英国のKent州の変異株は2020年9月に出現したもので、感染力が最大で70%も高いと考えられている。英国公衆衛生局の最新の調査では、それは30%から50%の間とされているが。南アフリカ株は202年10月に出現したもので、スパイクタンパクにさらに重要な変化が起こっている。専門家によれば、 最近、英国の変異株にも、これらの重要な変化が見られるケースが出てきている。
    • この変異株には、E484Kと呼ばれる変異株が含まれており、この変異は、ウイルスが、過去の感染経験やワクチンに基づいてコロナウイルスに対抗する抗体と呼ばれる免疫システムを回避するのに役立つ可能性がある。
      • 英国のどこで南アフリカ型の変異株が発見されたか?
      • 南アフリカ型のウイルス変異株のリスクは何か?
      • 英国の変異株は再度変異したと科学者が指摘。
      • ブラジル型の変異株は、2020年7月に出現し、このE484K変異を持っている。

>Top 6-2. Coronavirus Variants: What are they and how do they happen?

  • Coronavirus variants: What are they and how do they happen?
    1. High numbers of case increase risk of mutations:
      The more a virus spreads, the more chance it has to mutate. Thousands of small changes have been seen in coronavirus so far - most with little impact.
    2. Some mutations lead to new variants:
      Every so often, a virus changes in a way that helps it survive and reproduce. these successful variants can become the dominant type.
    3. Three key variants are spreading more easily:
      Multiple cornavirus variants are circulating globally.  Experts are concerned about three with changes to the virus's spike protein, the part that helps it enter human cells.
      The genetic code for each of these variants is slightly different.
      • UK "Kent" variant B.1.1.7
      • South Africa variant B.1.351
      • Brazil variant P.1
      • N501Y mutation seen in UK, South Africa and Brazil variants may help the virus spread more easily.
      • E484K mutation seen in South Africa, Brazil and some UK variants may affect the antibody response.
    4. Vaccines adapted to tackle variants
      More variants will continue to emerge, but vaccines can be tweaked to better match them if needed.
      Source: Centers for Disease Control and Prevention, BBC reserach
  • Will vaccines still work?
    • Current vaccines were designed around earlier versions of coronavirus, but scientists believe they should still work, although perhaps not quite as well. A recent study suggests the Brazilian variant may be resisting antibodies in people who should have some immunity because they have caught and recovered from an earlier version of coronavirus.
      Early lab results, however, suggest the Pfizer vaccine can protect against the new variants, although slightly less effectively.
      Two new coronavirus vaccines that could be approved soon - one from Novavax and another from Janssen - appear to offer some protection too.
      Data from the Oxford-AstraZeneca vaccine team suggests it protects just as well against the new UK variant. It offers less protection against the South Africa variant - although it should still protect against severe illness.
    • Early results from Moderna suggest its vaccine is effective against the South Africa variant, although the immune response may not be as strong or long-lasting. Variants could emerge in the future that are different again.
      Even in the worst case scenario, vaccines could be redesigned and tweaked to be a better match - in a matter of weeks or months, if necessary, say experts.
      As with flu, where a new shot is given each year to account for any changes in circulating flu viruses, something similar could happen for coronavirus.
  • What is being done about it?
    • More variants will emerge. Scientists around the world are on the look-out and any important ones will be closely studied and monitored.
      Experts are updating coronavirus vaccines. The UK Government has announced a deal with biopharmaceutical company CureVac to develop vaccines against future variants, with a pre-order of 50 million doses.

6-2. コロナウイルス変異株:

  • ウイルスの変異株: それは何でどのように発生するか?
    1. 症例数が多いと突然変異のリスクが高まる:
      コロナウイルスが拡大すればするほど、変異の確率が増える。ウイルスは、これまでに何千もの小さな変化が見られているが、そのほとんどは影響力を変えていない。
    2. 一部の変異は、新たな変異株の発生につながる。
      ウィルスは、しばしば生き残りと再生産を助けるような変異を起こすことになる。これらの変異株が支配的なタイプになる。
    3. 3つの重要な変異株が、容易に拡散している:
      複数のウイルス変異株が世界的に感染流通している。専門家が懸念しているのは、ウイルスのスパイクタンパク質 (人間の細胞を侵入するのに役立つ部分) に3つの変化がある変異株である。これらの変異体の遺伝子コードは、それぞれ少しずつ異なっている。
      • イギリスのKent州型: B.1.1.7
      • 南アフリカの亜種: B.1.351
      • ブラジル変異型: P.1
      • 英国、南アフリカ、ブラジルの各変異株に見られるN501Yの変異は、ウイルスが拡散しやすくなる可能性がある。
      • 南アフリカ、ブラジル、一部の英国の変異株に見られるE484Kの変異は、抗体反応に異なる影響を与える可能性がある。
    4. 変異株に対応したワクチン:
      今後も変異株は増え続けるが、必要に応じてワクチンを調整することで、変異株にも対応できる可能性はある。
      出典:米国疾病管理予防センター; BBCによる調査
  • ワクチンはまだ使えるのか?
    • 現在のワクチンは、以前のバージョンのコロナウイルスを想定して作られているが、科学者は、その効果が十分ではないかもしれないが、まだ使えるはずだと考えている。最近の研究では、ブラジルの変異株は、 (初期のウイルスに対応して) 若干免疫を獲得したはずの人たちの抗体が利かなくなっていることを示している。当初の研究では、Pfiserワクチンは、新規変異株にも、効果が若干薄まるもののまだ有効であると見られてきた。2つの新たなウイルスワクチンは、まもなく承認される予定で、1つはNovavax、もう1つはJanssenだが、これらはある程度の予防効果がありそう。Oxford大学とAstraZeneca社のワクチンチームのデータによると、英国の新型変異株に対しても同様に予防効果があると見られる。但し、南アフリカの新変異株に対しては、重症化を防ぐことはできても、予防効果は低いと考えられる。
    • Moderna社の初期の結果では、同社のワクチンは南アフリカの変異株に対して有効であるとされるが、免疫反応はそれほど強くなく、また長続きしないかもしれない。将来、別の変異株が出現する可能性もある。
      最悪のシナリオであっても、必要であれば、数週間から数ヶ月の間に、ワクチンを再設計し、より適応できるものに調整することができると専門家はいう。
      インフルエンザの場合のように、感染しているインフルエンザ・ウイルスの変化を考慮して毎年新しいワクチンを打つように、コロナウイルスでも同じようなことになる可能性がある。
  • 現在進行中の対策:
    • 今後もさまざまな変異株が登場してくる。世界中の科学者が注目しており、重要な変異は綿密に調査・監視されている。専門家はコロナウイルスのワクチンを更新している。英国政府は、バイオ製薬会社のCureVac社と契約を結び、将来の変異株に対するワクチンを開発し、5,000万回分を予約注文したと発表した。

>Top 7. SARS-CoV-2 Variant Classifications and Definitions, CDC (Centers for Disease Control and Prevention),
Updated Mar. 24, 2021:

  • Key Points:
    • * Genetic variants of SARS-CoV-2 have been emerging and circulating around the world throughout the COVID-19 pandemic.
    • * Viral mutations and variants in the United States are routinely monitored through sequence-based surveillance, laboratory studies, and epidemiological investigations.
    • * A US government interagency group developed a Variant Classification scheme that defines three classes of SARS-CoV-2 variants:
      • Variant of Interest
      • Variant of Concern
      • Variant of High Consequence
    • The B.1.1.7, B.1.351, P.1, B.1.427, and B.1.429 variants circulating in the United States are classified as variants of concern
    • Viruses constantly change through mutation. A variant has one or more mutations that differentiate it from other variants in circulation. As expected, multiple variants of SARS-CoV-2 have been documented in the United States and globally throughout this pandemic. To inform local outbreak investigations and understand national trends, scientists compare genetic differences between viruses to identify variants and how they are related to each other.
  • Variant classifications
    • The Department of Health and Human Services (HHS) established a SARS-CoV-2 Interagency Group (SIG) to improve coordination among the US Centers for Disease Control and Prevention (CDC), National Institutes of Health (NIH), US Food and Drug Administration (FDA), Biomedical Advanced Research and Development Authority (BARDA), and Department of Defense (DoD). This interagency group is focused on the rapid characterization of emerging variants and actively monitors their potential impact on critical SARS-CoV-2 countermeasures, including vaccines, therapeutics, and diagnostics.
    • In collaboration with the SIG, CDC established a classification scheme for variants of SARS-CoV-2. These classifications include definitions and attributes of the variants. Resulting public health actions are also described in the sections below.
    • Notes:
      Each class of variant includes the possible attributes of lower classes; variant status might escalate or deescalate based on scientific evidence. This page will be updated as needed to show the variants that belong to each class. The World Health Organization (WHO) also classifies variant viruses as Variants of Concern and Variants of Interest; US classifications may differ from those of WHO since the importance of variants may differ by location.
  • Variant of Interest
    • A variant with specific genetic markers that have been associated with changes to receptor binding, reduced neutralization by antibodies generated against previous infection or vaccination, reduced efficacy of treatments, potential diagnostic impact, or predicted increase in transmissibility or disease severity.
    • Possible attributes of a variant of interest:
      • Specific genetic markers that are predicted to affect transmission, diagnostics, therapeutics, or immune escape
      • Evidence that demonstrates it is the cause of an increased proportion of cases or unique outbreak clusters
      • Limited prevalence or expansion in the US or in other countries
    • A variant of interest might require one or more appropriate public health actions, including enhanced sequence surveillance, enhanced laboratory characterization, or epidemiological investigations to assess how easily the virus spreads to others, the severity of disease, the risk of reinfection, and whether currently authorized vaccines offer protection.
    • Current variants of interest in the United States that are being monitored and characterized are listed in the table below. The table will be updated when a new variant of interest is identified.

7. ウイルス変異株の分類と定義, CDC, 2021/3/24:

  • キーポイント
    • SARS-CoV-2の遺伝子変異は、COVID-19パンデミックの間、世界中で発生し感染流通していた。
    • * 米国におけるウイルスの変異は、遺伝子配列、実験室での研究、および疫学調査によって日常的にモニターしている。
    • * 米国政府の省庁間グループは、SARS-CoV-2の亜種を以下の3つに分類する変異株分類法を開発した。
      • 注目すべき変異株
      • 懸念される変異体
      • 大きな影響を及ぼす変異体
    • 米国で流通しているB.1.1.7、B.1.351、P.1、B.1.427、B.1.429の亜種は、懸念される変異株に分類されている。
    • ウイルスは、突然変異によって常に変化する。変異株は、感染流通している他の変異株と異なる1つまたは複数の変異を持っている。予想通り、今回のパンデミックでは、米国および世界各地でSARS-CoV-2の複数の変異株が確認されている。科学者は、地域の感染状況調査や国毎の動向把握するために、ウイルス間の遺伝子の違いを比較して、亜種を特定し、それらがどのように関連しているかを調べている。
  • 変異株の分類
    • 米国保健福祉省(HHS)は、SARS-CoV-2省庁間グループ (SIG) を設立して、疾病予防管理センター (CDC)、国立衛生研究所 (NIH) 、米国食品医薬品局 (FDA)、生物医学先端研究開発局 (BARDA)、国防総省 (DoD) の連携を強化した。この省庁間グループは、新たに出現した亜種の迅速な特性評価に重点を置き、ワクチン、治療薬、診断薬を含む重要なSARS-CoV-2対策に影響を与える可能性を積極的にモニターしている。
    • CDCは、SIGと共同で、SARS-CoV-2の亜種の分類方法を確立した。これらの分類には、亜種の定義と属性が含まれている。結果としての公衆衛生上の措置についても、以下の項目で説明している。
    • 注)
      各クラスの亜種には、下位クラスの属性が含まれている。亜種の状態は、科学的根拠に基づいて上位または下位に分類する可能性がある。その一覧表は必要に応じて更新され、各クラスに属する変異株が示される。世界保健機関 (WHO)でも、変種ウイルスを、懸念変異株と注目変異株に分類しているが、地域によって変種の重要性が異なるため、米国の分類はWHOの分類と異なる場合がある。
  • 注目すべき変異株:
    •  これらは以下のような特定の遺伝子マーカーの特徴を持つ変異株であり、即ち、受容体結合の変化、過去の感染やワクチン接種によって生成された抗体による中和の低下、治療効果の低下、診断への影響の可能性、または伝染性や疾患の重症度の増加の予測に関連する変異株である。
    • 注目変異株の属性:
      • 伝染、診断、治療、免疫逃避に影響を与えると予測される特定の遺伝子マーカー
      • 感染数の増加や特異的な突発的急増クラスターの原因であることを示す証拠
      • 米国または他国での限定的な流行または拡大
    • 注目変異株は、遺伝子配列サーベイランスの強化、実験室での特性評価の強化、ウイルスが他人への感染力調査、病気の重症化度、再感染のリスク、現在承認されているワクチンで防御できるかなど、複数の適切な公衆衛生上の行動を必要とする。
    • 現在、米国でモニターされ特性評価が行われている変異株のうち、注目すべき新しい変異株は別表の通りである。この表は、新たな注目変異株が同定される毎に更新される。
Name (Pago lineage) Substitution Name (Neststrain) First detected Predicted Attributes
B.1.526 Spike: T95I, D253G, d614G, ... 20C New York
Nov 2020
  • Potential reduction in neutralization by monoclonal antibody treatments; モノクローナル抗体治療による中和の低下の可能性
    [モノクローナル抗体=免疫B細胞が、異物(抗原)を攻撃するために、特定の目印に結合する抗体を作ること]
  • Potential reduction in neutralization by convalescent and post-vaccination sera; 回復期およびワクチン接種後の血清による中和の低下の可能性
B.1.525 Spike: A67V, △69/70, △144, ... 20C New York
Dec 2020
  • Potential reduction in neutralization by monoclonal antibody treatments
  • Potential reduction in neutralization by convalescent and post-vaccination sera
P.2 Spike: E484K, D614G, V1176F, ... 20J Brazil
Apr 2020
  • Potential reduction in neutralization by monoclonal antibody treatments
  • Potential reduction in neutralization by convalescent and post-vaccination sera

>Top 7-2. Variant of Concern:

  • Variant of Concern
    • A variant for which there is evidence of an increase in transmissibility, more severe disease (increased hospitalizations or deaths), significant reduction in neutralization by antibodies generated during previous infection or vaccination, reduced effectiveness of treatments or vaccines, or diagnostic detection failures.
      Possible attributes of a variant of concern:
      In addition to the possible attributes of a variant of interest
      • Evidence of impact on diagnostics, treatments, and vaccines
        • Widespread interference with diagnostic test targets
        • Evidence of substantially increased resistance to one or more class of therapies
        • Evidence of significant decreased neutralization by antibodies generated during previous infection or vaccination
        • Evidence of reduced vaccine-induced protection from severe disease
      • Evidence of increased transmissibility
      • Evidence of increased disease severity
    • Variants of concern might require one or more appropriate public health actions, such as notification to WHO under the International Health Regulations, reporting to CDC, local or regional efforts to control spread, increased testing, or research to determine the effectiveness of vaccines and treatments against the variant. Based on the characteristics of the variant, additional considerations may include the development of new diagnostics or the modification of vaccines or treatments.
      Current variants of concern in the United States that are being closely monitored and characterized by federal agencies are included in the table below. The table will be updated when a new variant of concern is identified.

7-2. 懸念される変異株:

  • 懸念される変異体
    • ウイルス変異株の内、伝染性の増加、疾患の重症化 (入院や死亡の増加)、過去の感染やワクチン接種時に生じた抗体による中和の著しい低下、治療やワクチンの効果の低下、診断上の検出失敗がある変異株のこと。
      懸念される変異体の可能な属性:
      注目すべき変異株の属性に加えて
      • 診断法、治療法、ワクチンへの影響の証拠
        • 診断テストのターゲットに対する広範な干渉
        • 1種類以上の治療法に対する耐性が大幅に増加していることを示す証拠
        • 以前の感染やワクチン接種時に作られた抗体による中和が著しく低下したことの証拠
        • 重篤な疾患からのワクチンによる保護が減少していることの証拠
      • 伝染性の増加の証拠
      • 病気重症化度の増加の証拠
    • 懸念される変異株に対しては、、1つ以上の適切な公衆衛生上の措置が必要となる場合があり、それは国際保健規則に基づくWHOへの通知、CDCへの報告、地域や地方での感染拡大防止のための努力、検査の強化、変異株に対するワクチンや治療法の効果を調べる研究など変異体の特徴に基づいて、新たな診断法の開発、ワクチンや治療法の変更も検討される。
      現在、米国で懸念されている変異株のうち、連邦政府機関が注意深くモニターし、特徴を把握しているものを以下の表に示す。この表は、懸念される新しい変異株が確認される毎に更新される。
Name (Pago lineage) Spike Protein
Substitution
Name (Neststrain) First detected Known Attributes
>Top
B.1.1.7
△69/70, △144Y, N501Y, A570D, D614G, P681H 20I/501Y.V1 UK
  • ~50% increased transmission; 感染率約50%増加
  • Likely increased severity based on hospitalizations and case fatality rates; 入院率や致死率に基づく重症化度増大
  • Minimal impact on neutralization by EUA monoclonal antibody therapeutics; 緊急使用許可(EUA)モノクローナル抗体治療薬による中和への影響は少ない。
  • Minimal impact on neutralization by convalescent and post-vaccination sera; 回復期やワクチン接種後の血清による中和への影響は少ない。
P.1 K417N/T, E484K, N501Y, D614G 20J/501Y.V3 Japan, Brazil
  • Moderate impact on neutralization by EUA monoclonal antibody therapeutics; EUAモノクローナル抗体治療薬による中和に中程度の影響がある。
  • Reduced neutralization by convalescent and post-vaccination sera;回復期およびワクチン接種後の血清による中和の低下がある。
B.1.351 K417N, E484K, N501Y, D614G 20H/501.V2 Souith Africa
  • ~50% increased transmission; 感染率が約50%増加
  • Moderate impact on neutralization by EUA monoclonal antibody therapeutics; EUAモノクローナル抗体治療薬による中和への影響は中程度
  • Moderate reduction on neutralization by convalescent and post-vaccination sera; 回復期およびワクチン接種後の血清による中和効果が中程度に低下する
B.1.427 L452R, D614G 20C/S: 452R US, California
  • ~20% increased transmissibility; 感染率が約20%増加
  • Significant impact on neutralization by some, but not all, EUA therapeutics; EUA治療薬の一部は、中和に大きな影響を与える。
  • Moderate reduction in neutralization using convalescent and post-vaccination sera; 回復期およびワクチン接種後の血清による中和の中程度の減少がある。
B.1.429 S13I, W152C, L452R, D614G 20C/S: 452R US, California
  • ~20% increased transmissibility; 感染率が約20%増加
  • Significant impact on neutralization by some, but not all, EUA therapeutics; EUA治療薬の一部は、中和に大きな影響を与える。
  • Moderate reduction in neutralization using convalescent and post-vaccination sera; 回復期およびワクチン接種後の血清にによる中和の中程度の減少がある。
  • 英国; B1.1.7; N501Y
  • 南ア; B1.1.315; E484K
  • Brazil; P1; N501Y & E484K

>Top 7-3. Variant of High Consequence:

  • Variant of High Consequence:
    •  A variant of high consequence has clear evidence that prevention measures or medical countermeasures (MCMs) have significantly reduced effectiveness relative to previously circulating variants.
      Possible attributes of a variant of high consequence:
      In addition to the possible attributes of a variant of concern
      • Impact on Medical Countermeasures (MCM)
        • Demonstrated failure of diagnostics
        • Evidence to suggest a significant reduction in vaccine effectiveness, a disproportionately high number of vaccine breakthrough cases, or very low vaccine-induced protection against severe disease
        • Significantly reduced susceptibility to multiple Emergency Use Authorization (EUA) or approved therapeutics
        • More severe clinical disease and increased hospitalizations
    • A variant of high consequence would require notification to WHO under the International Health Regulations, reporting to CDC, an announcement of strategies to prevent or contain transmission, and recommendations to update treatments and vaccines.
      Currently there are no SARS-CoV-2 variants that rise to the level of high consequence.

7-3. 重大な影響をもたらす変異株:

  • 重大な影響をもたらす変異株:
    • 重大影響を及ぼす変異株とは、予防策や医療対策(MCM)の効果が、以前に流通していた変異株に比べて著しく低下しているという明確な証拠があるものである。
      重大な影響をもたらす変異株の属性。
      懸念される変異株の属性に加えて、さらに以下の属性が考えられる。
      • 医療対策 (MCM) への影響
        診断法の失敗の証明
      • ワクチンの有効性の著しい低下、非常に頻繁にワクチンが突破される症例、または重篤な疾患に対するワクチンによる保護が極めて低いことを示す証拠
      • 複数の緊急使用許可 (EUA)または承認された治療薬に対する感受性が著しく低下する場合
      • より重篤な臨床疾患と入院の増加
    • 重大な影響をもたらす変異株の場合、国際保健規則に基づいてWHOおよび、CDCに報告し、感染を防止または抑制するための戦略を発表し、治療法やワクチンの更新を勧告する必要がある。現在、SARS-CoV-2には、重大な影響を及ぼす変異株はない。

>Top 8. Statement of the WHO Global Advisory Committee on Vaccine Safety (GACVS) COVID-19 subcommittee on safety signals related to the AstraZeneca COVID-19 vaccine; 19 Mar 2021

  • As of 17 March 2021, more than 120 million cases of COVID-19 infections, with more than 2 million deaths, had been reported globally.  Vaccination remains a critical tool to help prevent further illness and death* and to control the pandemic.
  • So far, more than 20 million doses of the AstraZeneca vaccine have been administered in Europe and more than 27 million doses of the Covishield vaccine (AstraZeneca vaccine by Serum Institute of India) have been administered in India. 
  • The GACVS COVID-19 subcommittee met virtually on 16 and 19 March 2021 to review available information and data on thromboembolic events (blood clots) and thrombocytopenia (low platelets) after vaccination with the AstraZeneca COVID-19 vaccine.
  • The subcommittee reviewed clinical trial data and reports based on safety data from Europe, the United Kingdom, India, and Vigibase, the WHO global database of individual case safety reports.
  • Based on a careful scientific review of the available information, the subcommittee came to the following conclusions and recommendations:
    • The AstraZeneca COVID-19 vaccine (including Covishield) continues to have a positive benefit-risk profile, with tremendous potential to prevent infections and reduce deaths across the world.
    • The available data do not suggest any overall increase in clotting conditions such as deep venous thrombosis or pulmonary embolism following administration of COVID-19 vaccines. Reported rates of thromboembolic events after COVID-19 vaccines are in line with the expected number of diagnoses of these conditions. Both conditions occur naturally and are not uncommon. They also occur as a result of COVID-19.  The observed rates have been fewer than expected for such events.
    • While very rare and unique thromboembolic events in combination with thrombocytopenia, such as cerebral venous sinus thrombosis (CVST), have also been reported following vaccination with the AstraZeneca COVID-19 vaccine in Europe, it is not certain that they have been caused by vaccination. The European Medicines Agency’s Pharmacovigilance and Risk Assessment Committee has reviewed 18 cases of CVST out of a total of more than 20 million vaccinations with the AstraZeneca COVID-19 vaccine in Europe. A causal relationship between these rare events has not been established at this time. 
    • Adequate education should be provided to health-care professionals and persons being vaccinated to recognize the signs and symptoms of all serious adverse events after vaccinations with all COVID-19 vaccines, so that people may seek and receive prompt and relevant medical care and treatment. 
    • The GACVS subcommittee recommends that countries continue to monitor the safety of all COVID-19 vaccines and promote reporting of suspected adverse events.
    • The GACVS subcommittee also agrees with the European Medicines Agency’s plans to further investigate and monitor for these events. 
  • The GACVS COVID-19 subcommittee will continue to review the safety data from all COVID-19 vaccines and update any advice as necessary. The WHO COVID-19 vaccine safety surveillance manual provides guidance to countries on the safety monitoring and adverse events data sharing for the new COVID-19 vaccines, and can be accessed  here.

8. Declaración del subcomité sobre la COVID-19 del Comité Consultivo Mundial sobre Seguridad de las Vacunas acerca de los signos de posibles efectos adversos relacionados con la vacuna de AstraZeneca; 19 de marzo de 2021

  • Al 17 de marzo de 2021 se han registrado en todo el mundo más de 120 millones de casos de COVID-19, de los cuales dos millones han sido mortales. La vacunación continúa siendo una herramienta fundamental para ayudar a prevenir nuevas infecciones y defunciones* y para controlar la pandemia.
  • Hasta el momento se han administrado en Europa más de 20 millones de dosis de la vacuna de AstraZeneca contra esta enfermedad y, en la India, más de 27 millones de dosis de la vacuna Covishield fabricada por el Serum Institute of India.
  • El 16 y el 19 de marzo de 2021, el Comité Consultivo Mundial sobre Seguridad de las Vacunas (GACVS, por sus siglas en inglés) se reunió por medios virtuales para examinar la información y los datos disponibles sobre los casos de tromboembolias (coágulos sanguíneos) y trombocitopenia (baja concentración de plaquetas) notificados tras la administración de la vacuna de AstraZeneca contra la COVID-19.
  • El subcomité examinó los datos obtenidos en ensayos clínicos y los informes sobre seguridad procedentes de Europa (incluido el Reino Unido), India y Vigibase, la base de datos mundial de la OMS de informes relativos a la seguridad de casos individuales.
  • Tras haber realizado un examen científico exhaustivo de la información disponible, el subcomité emite las siguientes conclusiones y recomendaciones:
    • Los beneficios que aporta la vacuna de AstraZeneca contra la COVID-19 (así como la vacuna Covishield) continúan siendo superiores a los riesgos a que expone. Esta vacuna tiene un enorme potencial de prevención de la infección por el SARS-CoV-2 y de reducción de la mortalidad en todo el mundo.
    • De acuerdo con los datos disponibles, la administración de vacunas contra la COVID-19 no da lugar a un aumento global de trastornos relacionados con la coagulación, como la trombosis venosa profunda o la embolia pulmonar. Las tasas notificadas de tromboembolias tras la administración de estas vacunas se corresponden con la cifra esperada de diagnósticos de estos trastornos, que ocurren de forma natural y no son infrecuentes, además de poder ser consecuencia de la propia COVID-19. Las tasas observadas de estos eventos han sido inferiores a las esperadas.
    • Aunque es cierto que, en Europa, la administración de la vacuna de AstraZeneca contra la COVID-19 se ha asociado con tromboembolias poco comunes y con una incidencia muy baja, acompañadas de trombocitopenia (como la trombosis de los senos venosos cerebrales), no puede afirmarse con certeza que estos efectos se deban a la vacunación. El Comité Consultivo para la Determinación del Riesgo en Farmacovigilancia de la Agencia Europea de Medicamentos ha examinado 18 casos de trombosis de senos venosos cerebrales registrados tras más de 20 millones de vacunaciones con la vacuna de AstraZeneca en Europa; por el momento, no se ha concluido que exista una relación causa-efecto (1)
    • Es necesario formar adecuadamente a los profesionales de la salud y a las personas que se vacunen para que sepan reconocer los signos y los síntomas de los efectos adversos graves tras la administración de vacunas contra la COVID-19, de forma que los afectados se pongan en contacto con profesionales sanitarios para recibir de inmediato la atención y el tratamiento médicos que necesiten.
    • El subcomité del GACVS recomienda a todos los países que continúen haciendo un seguimiento de la inocuidad de todas las vacunas contra la COVID-19 y que fomenten la notificación de presuntos efectos adversos.
    • Además, este subcomité coincide con la Agencia Europea de Medicamentos en que es preciso seguir investigando y vigilando estos eventos.
  • El subcomité del GACVS sobre la COVID-19 continuará examinando los datos relativos a la seguridad de todas las vacunas desarrolladas contra esta enfermedad y, si es necesario, modificará sus recomendaciones en consecuencia. El manual de vigilancia de la seguridad de las vacunas contra la COVID-19 publicado por la OMS, que ofrece a los países orientaciones sobre la vigilancia de la seguridad y el intercambio de datos relativos a eventos adversos en relación con las nuevas vacunas contra la COVID-19, se puede consultar aquí.


8. AstraZenecaワクチンに関するWHOワクチン安全性世界諮問委員会(GACVS)COVID-19小委員会の声明;2021/3/19

  • 2021/3/17現在、全世界で120百万人以上のCOVID-19感染者が報告され、2百万人以上の死亡者が出ている。  ワクチン接種は、さらなる疾病や死亡*を防ぎ、パンデミックを抑制するための重要な手段であることに変わりはない。
  • これまでに欧州ではAstraZenecaのワクチンが20百万回以上、インドではCovishieldのワクチン (AstraZenecaワクチンをインドの血清研究所が製造) が27百万回以上接種されている。
  • GACVS COVID-19小委員会は、2021年3月16日と19日にオンライン会議を開き、AstraZenecaワクチンの接種後の血栓塞栓症(血栓)や血小板減少症(血小板の減少) に関する入手した情報やデータを検討した。
  • 小委員会は、欧州、英国、インド、およびWHOの世界的な個別症例安全性報告データベースであるVigibaseの安全性データに基づいて、臨床試験データおよび報告書を検討した。
  • 入手可能な情報を慎重に科学的に検討した結果、小委員会は以下の結論と提言を出した。
    • AstraZenecaのワクチン (Covishieldを含む)は、引き続き良好なリスク対効果比を示しており、世界中で感染症を予防し、死亡者数を減少させる大きな可能性を秘めている。
    • 入手可能なデータでは、COVID-19ワクチンの投与後に深部静脈血栓症や肺塞栓症などの血栓症が全体的に増加することは示めされていない。ワクチン接種後に報告された血栓塞栓症の発生率は、これらの疾患の予想される診断数と一致している。どちらの症状も自然に起こるもので珍しいものではない。また、COVID-19の結果としても発生する。  観察された率は、このような事象の予想よりも少なかった。
    • 欧州では、AstraZenecaワクチンの接種後に、脳静脈洞血栓症 (CVST)などの血小板減少症を併発した非常に稀で特異な血栓塞栓症が報告されているが、ワクチン接種が原因であることは確実ではない。欧州医薬品庁の医薬品安全性監視委員会は、欧州におけるAstraZenecaワクチンの総接種回数20百万回以上のうち、18例のCVSTを検討した。これらの稀な事象の因果関係は、現時点では確立されていない。
    • 医療従事者や被接種者に十分な教育を行い、COVID-19ワクチン接種後のすべての重篤な有害事象の兆候や症状を認識することで、人々が迅速で適切な医療や治療を受けることができるようにすべきである。
    • GACVSの小委員会は、各国がCOVID-19の全ワクチンの安全性を引き続き監視し、疑わしい有害事象の報告を進めるように推奨している。
    • またGACVSの小委員会は、これらの事象についてさらに調査・監視を行うという欧州医薬品庁の計画に同意している。
  • GACVS COVID-19小委員会は、引き続き全てのCOVID-19ワクチンの安全性データを検討し、必要に応じてアドバイスを更新していく。WHOのCOVID-19ワクチン安全性監視マニュアルは、新しいCOVID-19ワクチンの安全性監視および有害事象のデータ共有に関して各国へのガイダンスを提供しており、ここからアクセスできる。

>Top 9. 'Double mutant': What are the risks of India's new Covid-19 variant, 25, Mar 2021:

  • A new "double mutant" variant of the coronavirus has been detected from samples collected in India.
    • Officials are checking if the variant, where two mutations come together in the same virus, may be more infectious or less affected by vaccines.
      Some 10,787 samples from 18 Indian states also showed up 771 cases of known variants - 736 of the UK, 34 of the South African and one Brazilian. Officials say the variants are not linked to a spike in cases in India. India reported 47,262 cases and 275 deaths on Wednesday - the sharpest daily rise this year.
    • The Indian SARS-CoV-2 Consortium on Genomics (INSACOG), a group of 10 national laboratories under India's health ministry, carried out genomic sequencing on the latest samples. Genomic sequencing is a testing process to map the entire genetic code of an organism - in this case, the virus.
    • The genetic code of the virus works like its instruction manual. Mutations in viruses are common but most of them are insignificant and do not cause any change in its ability to transmit or cause serious infection. But some mutations, like the ones in the UK or South Africa variant lineages, can make the virus more infectious and in some cases even deadlier.
    • Virologist Shahid Jameel explained that a "double mutation in key areas of the virus's spike protein may increase these risks and allow the virus to escape the immune system".
      The spike protein is the part of the virus that it uses to penetrate human cells.
      • What are the risks of India's new Covid-19 variant
      • Sharp rise in India Covid cases 'alarming'
    • >Top The government said that an analysis of the samples collected from India's western Maharashtra state showed "an increase in the fraction of samples with the E484Q and L452R mutations" compared with December last year.
      "Such [double] mutations confer immune escape and increased infectivity," the health ministry said in a statement.
      Dr Jameel added that "there may be a separate lineage developing in India with the L452R and E484Q mutations coming together".
  • >Top Are double mutants a worry?
    • Soutik Biswas, BBC News, Delhi
      Mutations in the spike gene can make the virus inherently "better" at infecting people or can help the virus to escape neutralising antibodies (NAb). This means if the virus mutates in the "right way", it can reinfect someone who has already recovered from Covid-19.
      But scientists say reinfections will be very mild compared to primary infections in people who are vaccinated or who recovered already from an earlier case of Covid-19.
    • But if the virus can use reinfection to spread, then it would be "penetrating" herd immunity, says Dr Jeremy Kamil, a virologist at Louisiana State University Health Sciences Center Shreveport. (Herd immunity happens when a large portion of a community becomes immune to a disease through vaccination or through the mass spread of the disease.)
      This puts the most vulnerable people at risk of severe disease, since the virus can move through the herd to reach them.
    • He says unlike some other variants, India's new double variant is not likely to be more deadly or more inherently transmissible, but that more data is needed to be sure.
    • The Indian government denies that the rise in cases is linked to the mutations. "Though VOCs [variants of concern] and a new double mutant variant have been found in India, these have not been detected in numbers sufficient to either establish a direct relationship or explain the rapid increase in cases in some states," the health ministry said. The recent report comes after several experts had asked the government to step up genome sequencing efforts. "We need to constantly monitor and make sure none of the variants of concern are spreading in the population. The fact that it is not happening now doesn't mean it will not happen in the future. And we have to make sure that we get the evidence early enough," Dr Jameel told the BBC's Soutik Biswas earlier this month.
    • India became the fifth country in the world to sequence the genome of the novel coronavirus after isolating it from some of the first cases recorded in January last year. More than 11.7 million cases and 160,000 deaths later, efforts are continuing to identify mutations.
      The latest surge - which began this month - comes during what some experts have called a "delicate phase" for India - the healthcare system is already exhausted from a year-long battle against the coronavirus. States have already begun re-introducing restrictions, including curfews and intermittent lockdowns.
      Two major cities, Delhi and Mumbai, have also ordered randomised rapid tests at airports, railway stations and crowded areas such as shopping malls.
    • >Top [NB: New mutant N440K, is said, which has 15 times stronger in infection, getting server in 3-4 days.]

9. 二重変異: インドの新型コロナ変異株のリスク, 25 Mar 2021:

  • コロナウイルスの新たな二重変異種がインドで採取された検体から検出された。
    • 当局は、同じウイルスに2つの変異が一緒になった変種が、感染力が強かったり、ワクチンの影響を受けにくかどうかを調べている。
      インドの18州で採取された約10,787個のサンプルから計771件が検出され、内訳は、英国の736件、南アフリカの34件、ブラジルの1件だった。当局は、この変種はインドでの症例の急増とは関係ないとしている。インドは3/24 水曜に47,262人の患者と275人の死者を報告したが、これは今年に入ってからの1日では急激な増加である。
    • インド保健省傘下の10の国立研究所のSARS-CoV-2コンソーシアム (INSACOG)は、最新のサンプルに対してゲノム配列決定を行った。ゲノム配列は、生物 (この場合はウイルス)の全遺伝暗号をマッピングする検査プロセスである。
    • ウイルスの遺伝子コードは、ウイルスの取扱説明書のような働きをする。ウイルスの突然変異はよくあることだが、そのほとんどは取るに足らないもので、ウイルスの感染能力や重篤な感染症を引き起こす能力に変化をもたらすことはない。しかし、英国や南アフリカの変異系統のように、ウイルスの感染力を強めたり、場合によっては死に至らしめる変異もある。
    • ウイルス学者のShahid Jameelは、"ウイルスのスパイクタンパク質の重要な部分に二重の変異があると、これらのリスクが高まり、ウイルスが免疫システムから逃れることができる可能性がある"と説明している。スパイクタンパク質は、ウイルスが人間の細胞に侵入する際に使用する部分である。
      • インドの新型Covid-19変異株のリスクはどうか?
      • インドのCovid感染者の急増は'憂慮すべきこと'。
    • 政府の発表によると、インド西部のMajarashtra州で採取されたサンプルを分析した結果、2020/12と比較して"E484Q L452Rの変異を持つサンプルの割合が増加している"。
      保健省は声明の中で、"このような二重突然変異は、免疫逃避と感染力の増加をもたらす"と述べている。
      Dr. Jameelは、"インドでは、L452R変異とE484Q変異が一緒になった別の系統が発生している可能性がある"と追加した。
  • 二重変異は心配ないか?
    • Soutik Biswas, BBC News, Delhi曰く。
      スパイク遺伝子の変異は、ウイルスが本質的に人に感染するのに "有利 "な状態にしたり、ウイルスが中和抗体(NAb) [病原性を抑える作用のある抗体] から逃れるのを助けたりする。つまりウイルスが"正しい方法" で変異すれば、すでにCovid-19から回復した人に再感染する可能性があるということになる。科学者によれば、ワクチンを接種した人や、すでにCovid-19から回復した人の再感染は一次感染に比べて非常に軽度であるという。
    • Louisiana州立大学健康科学Center Shereveport のウイルス学者 Dr Jeremy Kamilは、もしウイルスが再感染を利用して感染を広げることができるのであれば、それは集団免疫を"貫通"していることになると言います。(集団免疫とは、地域社会の大部分の人々が、ワクチン接種や病気の大量感染によって病気に対する免疫を獲得することである)。
      この場合、ウイルスは集団免疫の中を移動して到達するので、最も脆弱な人々が重症化する危険性がある。
    • 同氏は、他のいくつかの亜種とは異なり、インドの新しい二重亜種は、より致命的であったり、より本質的に感染しやすいものである可能性はないかも知れないが、確信を得るためにはさらに多くのデータが必要であると述べている。
    • インド政府は、感染者数の増加と変異の関連性を否定している。"保健省は、インドではVOC (懸念される変異体)と新しい二重変異体が発見されているが、これらは直接的な関係を確立したり、いくつかの州での患者の急激な増加を説明したりするのに十分な数は検出されていない」と述べている。
      今回の報告は、複数の専門家が政府に対してゲノム解読の取り組みを強化するよう求めたことを受けたものである。
      "我々は常に監視し、問題の変異株が広がっていないことを確認する必要がある。現在発生していないということは、将来発生しないことを意味しない。我々は、早急に証拠を入手することを確認しなければならない"、とDr. Jameelは今月初めにBBCのSoutik Biswasに語った。
    • インドは、2020/1に記録された最初の症例の一部から新型コロナウイルスを分離し、世界で5番目にゲノム配列を決定した国となった。その後、1,170万人以上の患者と16万人の死者が出ているが、変異種を特定するための努力は続けている。
      今月から始まった今回の感染者数の増加は、一部の専門家がインドにとって"微妙な局面"と呼んでいる時期に起こったもので、コロナウイルスとの1年にわたる闘いで医療システムはすでに疲弊している。すでに各州では、夜間外出禁止令や断続的なロックダウン規制が再開され始めている。
      DelhiとMumbaiの2大都市では、空港や駅、ショッピングモールなどの混雑した場所で、無作為の迅速検査を行うよう指示している。
    • [注) 新しい変異体N440Kは、感染が15倍強く、3〜4日でサーバーを取得すると言われている。]

>Top 10. MIT reserachers say time spent indoors increases risk of Covid at 6 feet or 60 feet  in new study challenging social distancing policies, Rich Mendes, CNBC, Apr 23, 2021:

  • Key Points:
    • The risk of being exposed to Covid-19 indoors can be as great at 60 feet as it is at 6 feet in a room where the air is mixed.
    • Existing safety guidelines have omitted too many factors to accurately quantify the risk of airborne transmission, such as time, mask use and ventilation rates.
    • Bazant and Bush question long-held Covid-19 guidelines that recommend 6 feet of distance between people.
  • The risk of being exposed to Covid-19 indoors can be as great at 60 feet as it is at 6 feet in a room where the air is mixed — even when wearing a mask, according to a new study by Massachusetts Institute of Technology researchers who challenge social distancing guidelines adopted across the world.
  • MIT professors Martin Z. Bazant, who teaches chemical engineering and applied mathematics, and John W.M. Bush, who teaches applied mathematics, developed a method of calculating exposure risk to Covid-19 in an indoor setting that factors in a variety of issues that could affect transmission, including the amount of time spent inside, air filtration and circulation, immunization, variant strains, mask use, and even respiratory activity such as breathing, eating, speaking or singing.
  • Bazant and Bush question long-held Covid-19 guidelines that recommend 6 feet of distance between people from the Centers for Disease Control and Prevention in a peer-reviewed study published earlier this week in Proceedings of the National Academy of Science of the United States of America. They say staying 6 feet away from another person may not be enough when people are inside for prolonged periods of time.
  • “We argue there really isn’t much of a benefit to the 6-foot rule, especially when people are wearing masks” since everyone in the room is breathing the same air, Bazant said in an interview. “It really has almost no physical basis because the air a person is breathing while wearing a mask tends to rise and comes down elsewhere in the room so you’re more exposed to the average background than you are to a person at a distance.”
  • Without masks, however, Bazant said 6 feet would provide some additional protection against Covid-19 versus 3 feet. That’s particularly true if a person is breathing directly in your direction, creating what scientists call a “respiratory plume,” like a puff of smoke from a smoker. Their research was based on models that assume the air in the room is “well mixed” and that “the pathogen is distributed uniformly throughout,” they said in a follow-up statement to CNBC on Monday.
  • In well-mixed spaces, “one is no safer from airborne pathogens at 60 feet than 6 feet,” they said. The important variable CDC and World Health Organization guidelines have overlooked is the amount of time spent indoors, Bazant said. The longer someone is inside with an infected person, the greater the chance of transmission, he said.
  • Opening windows or installing new fans to keep the air moving could also be just as effective or more effective than spending large amounts of money on a new filtration system, he said.
  • Bazant also says that guidelines enforcing indoor occupancy caps are flawed. He said 20 people gathered inside for one minute is probably fine, but not over the course of several hours, he said.
  • Small, poorly ventilated spaces where a lot of people spend a lot of time together places people at the most risk, he said. “Unfortunately, the nursing home is one of those cases. If Covid patients are living together 24/7, in some cases even in the same room, that is the absolute worst-case scenario, especially given the vulnerability of that population,” Bazant added.
  • On the other hand, their analysis shows that many places that were shut down didn’t necessarily need to close, he said.
    “Often times the space is large enough, the ventilation is good enough, the amount of time people spend together is such that those spaces can be safely operated even at full capacity and the scientific support for reduced capacity in those spaces is really not very good,” Bazant said, citing some university classrooms. “I think if you run the numbers, even right now for many types of spaces you’d find that there is not a need for occupancy restrictions.”
  • Social distancing and occupancy rules that have resulted in closed businesses and schools are oversimplified, according to Bazant.
    “This emphasis on distancing has been really misplaced from the very beginning. The CDC or WHO have never really provided justification for it, they’ve just said this is what you must do and the only justification I’m aware of, is based on studies of coughs and sneezes, where they look at the largest particles that might sediment onto the floor and even then it’s very approximate, you can certainly have longer or shorter range, large droplets,” Bazant said.
    “The distancing isn’t helping you that much and it’s also giving you a false sense of security because you’re as safe at 6 feet as you are at 60 feet if you’re indoors and the air is getting well mixed. Everyone in that space is at roughly the same risk, actually,” he noted.
  • Pathogen-laced droplets travel through the air indoors when people talk, breathe or eat. It is now known that airborne transmission plays a huge role in the spread of Covid-19, compared with the earlier months of the pandemic where hand-washing was considered the leading recommendation to avoid transmission.
  • Those droplets from a person’s warm exhalation mix with body heat and air currents in the area to rise and travel throughout the entire room and put everyone in a well-mixed room at risk of airborne transmission.
    People seem to be more exposed to that “background” air than they are by droplets from a distance, like secondhand smoke, according to the study.
    For example, if someone infected with Covid-19 is wearing a mask and singing loudly in an enclosed room, a person who is sitting at the other side of the room is not more protected than someone who is sitting just 6 feet away from the infected person. This is why time spent in the enclosed area is more important than how far you are from the infected person.
  • Masks work in general to prevent transmission by blocking larger droplets, therefore larger droplets aren’t making up the majority of Covid infections when most people are wearing masks. The majority of people who are transmitting Covid aren’t coughing and sneezing, they’re asymptomatic, Bazant said.
    Masks prevent indoor transmission by both filtering exhaled infectious droplets and blocking exhaled jets of air, best visualized by imagining someone exhaling smoke. Exposure to these jets of infectious air results in a higher risk of transmission, relative to that of the well-mixed background, Bazant said he and Bush determined in an earlier study.
    Masks help indoor transmission by both filtering exhaled infectious droplets and blocking exhaled jets of air, which can be seen when a smoker exhales. Exposure to exhaled jets of infectious air results in a higher risk of transmission, relative to that of the well-mixed background, Bazant and Bush said.
  • Those in the same room as a smoker are heavily affected by the secondhand smoke that makes its way around the enclosed area and lingers. The same logic applies to infectious airborne droplets in well-mixed room, according to the study. When indoors and masked, factors besides distance can be more important to consider to avoid transmission.
  • Though Bazant and Bush’s study didn’t specifically look at outdoor transmission, Bazant said social distancing makes little sense outdoors since warmer air that’s exhaled tends to rise and any infected air would be swept away by the wind.
    “Air follows the path of least resistance and often times with many masks, that’s straight up,” Bazant said. “Exhaled air is obviously much warmer than the background and tends to rise. That’s, by the way, the main reason that distancing outside makes almost no sense, and especially with masks, it’s even kind of crazy because you’re really not going to transmit to someone at 6 feet.
    “If you look at the air flow outside, the infected air would be essentially swept away and very unlikely to cause transmission. There are very few recorded instances of outdoor transmission,” he said. Though rare, he said it’s always possible to contract Covid-19 outdoors, especially at crowded venues like concerts. “Crowded spaces outdoor could be an issue, but if people are keeping a reasonable distance of like 3 feet outside, I feel pretty comfortable with that even without masks frankly.”
  • As for variant strains that are 60% more transmissible, increasing ventilation by 60%, reducing the amount of time spent inside or limiting the number of people indoors could offset that risk, he said.
    Bazant also said that a big question that is coming will be when masks can be removed, and that the study’s guidelines can help quantify the risks involved. He also noted that measuring carbon dioxide in a room can also help quantify how much infected air is present and hence risk of transmission.
    “We need scientific information conveyed to the public in a way that is not just fearmongering but is actually based in analysis,” Bazant said. After three rounds of heavy peer review, he said it’s the most review he’s ever been through, and that now that it’s published he hopes it will influence policy.
    Bush and Bazant issued a statement to CNBC on Monday clarifying some of Bazant’s previous comments.
  • “Our study indicates that the six-foot rule is insufficient to limit indoor airborne transmission of COVID-19: one must also limit the time spent in an indoor space. Our study demonstrates how this time limit depends on the relevant factors, including room ventilation and filtration and face-mask use,” they said, noting that “face masks can be an extremely effective indoor safety measure.” 

10. MIT研究者が、2mまたは20mの間隔でも屋内で過ごす時間がコロナのリスクを高めると発表, Rich Mendes, CNBC, 2021/4/23:

  • キーポイント
    • 室内でCovid-19に曝されるリスクは、60ft (約20m)の距離でも、空気が混ざっている部屋での6ft (約2m)の距離と同じくらい大きくなる。
    • 既存の安全ガイドラインでは、空気感染のリスクを正確に定量化するための多くの要因、即ち、時間、マスクの使用、換気量が省略されている
    • BazantとBushは、人と人との間に2mの距離を設けるという従来支持されてきたガイドラインに疑問を呈している。
  • MITの研究者らは、室内でCovid-19にさらされるリスクは、空気が混ざっている部屋では、マスクをしていた20m間隔でも2mと同じくらい大きくなることを明らかにし、世界で採用されている社会的距離をとるためのガイドラインに異議を唱えた。
  • MIT大学のMartin Z. Bazant教授 (化学工学および応用数学)とJohn W.M. Bush教授 (応用数学)は、室内環境でのCovid-19への感染リスクを計算する方法を開発した。それは室内で過ごす時間、空気の濾過と循環、予防接種、変異株、マスクの使用、さらには呼吸、食事、会話、歌などの呼吸器系の活動を考慮した計算である。
  • BazantとBushは、米国CDC (Centers for Disease Control and Prevention) が推奨する人と人との間に2mの距離をとることを推奨するCovid-19ガイドラインに疑問を呈し、今週(4/18の) 初めにProceedings of National Academy of Science of USAに掲載された査読付きの研究論文の中で、人が長時間屋内にいる場合、他人から2m離れているだけでは十分ではないかもしれないと述べている。
  • "部屋にいる全員が同じ空気を吸っているのだから、特にマスクをしている場合には、2mルールにはあまりメリットがないと主張している"とBazantはインタビューに答えた。"その物理的根拠としては、マスクをした人が呼吸する空気は[温度が高いので]上昇して、部屋の他の場所で下降する空気を吸うことになるになるので、[2mの距離の人は]遠くにいる人より、結果的に平均的な濃度にさらされることになる。"
  • しかし、マスクを着用しない場合、2mの距離があれば、1mの距離に比べて、Covid-19に対する防護効果が高まる。特に、人があなたの方向に直接息を吹きかける"呼吸プルーム"と呼ばれる喫煙者の煙のようなものを作り出している場合は特にそうである。彼らの研究は、部屋の空気が "よく混ざっている", "病原体が全体に均一に分布している"と仮定したモデルに基づいて行われたと、4/19月曜にCNBCに提出された続報で述べられている。
  • 撹拌混合された空間では、"2mよりも20mの方が空気中の病原体から安全であるとは言えないと述べている。CDCとWHOのガイドラインが見落としている重要な要素は、室内で過ごす時間であるとBazantは言う。感染者と一緒に室内にいる時間が長ければ長いほど、感染の可能性は高くなる
  • 窓を開けたり、扇風機を設置して空気を循環させることも、多額の費用をかけて新しいフィルターシステムを導入するのと同じかそれ以上の効果があるという。
  • Bazantはまた、屋内での占有率の上限を強制するガイドラインには欠陥があると指摘する。20人が屋内に集まって1分間過ごすのは問題ないかも知れないが、数時間に渡って過ごすのは無理だとしている。狭くて風通しの悪い空間で、大勢の人が長時間一緒に過ごすことは、人々にとって最も危険な状態であると彼は言う。 "残念ながら、老人ホームはそのような場合である。コロナ患者が24時間毎日、場合によっては同じ部屋で一緒に生活しているとしたら、それは絶対に最悪のシナリオであり、特にそのような人々の脆弱性を考えるとなおさらである、と彼はいう。
  • その一方で、彼らの分析によると、閉鎖された多くの場所は必ずしも閉鎖する必要がなかったことがわかったという。
    彼は、大学の教室の例を挙げて、"しばしばスペースが十分に広く、換気が良ければ、人々が一緒に過ごす時間の長さは、フル稼働しても安全に運営できる広い空間の場合もあるが、一方で、部屋の空間が狭い場合はよくないということになる。Bazant曰く、いくつかの大学の教室を例に挙げて、"多くの種類の空間について数字を計算してみると、収容率を制限する必要はない場合もある"と述べている。
  • 社会的な距離の取り方や人数のルールが、企業や学校の閉鎖につながるのは、単純化しすぎているという。
    "距離を置くことを強調することは、最初から間違っていた。CDCもWHOもそれを正当化はしていないし、彼らがいう所の私が知っている唯一の根拠は、咳やくしゃみの研究に基づいたもので、床に落ちる可能性のある最大の粒子を調べているが、それも非常に概算的なもので、範囲の広いものから狭いものまで、大きな飛沫が飛ぶことは確かである"とBazantはいう。"なぜなら、距離をとるだけではそれほど安全とは言えなくなる。つまり、屋内で空気が十分に撹拌されていれば、2mの距離でも20mの距離でも同じように安全だからである。その空間にいる誰もが、実際にはほぼ同じリスクを負っているのである"と彼は指摘する。
  • 病原体を含んだ飛沫は、人々が話したり、息をしたり、食事をしたりすることで、室内の空気中を移動する。パンデミックの初期には、感染を避けるために手洗いが推奨されていたが、現在では、空気感染がCovid-19の感染拡大に大きな役割を果たしていることがわかっている。
  • 人の温かい呼気からの飛沫は、体温やその場の気流と混ざり合って上昇し、部屋全体に行き渡り、よく混ざった部屋にいる全員が空気感染の危険にさらされる。人々は、副流煙のような離れた所からの飛沫にさらされるよりも、その"背景"の空気にさらされることが多い。例えば、Covid-19に感染した人が密閉された部屋でマスクをして大声で歌うと、部屋の反対側に座っている人でも、感染した人からわずか2m離れたところに座っている人よりも保護されることにはならない。これが、感染者からどれだけ離れているかよりも、密閉された場所で過ごす時間の長さが重要な要因となる理由である。
  • マスクは一般的に大きな飛沫を遮断して感染を防ぐ働きがあるので、多くの人がマスクを着用している場合、大きな飛沫はころな感染の大部分を占めていない。Bazantによると、コロナを感染させている人の大半は、咳やくしゃみをしているわけではなく、無症状なのである
    マスクは、吐き出された感染性の飛沫をろ過するとともに、吐き出された空気の噴流を遮断することで、屋内での感染を防ぐことになる。Bazantは、Bushとの共同研究で、感染性空気の噴出にさらされると、よく撹拌された背景の場合に比べて、感染のリスクが高くなることを明らかにした。マスクは、呼気中の感染性飛沫をろ過するとともに、喫煙者が呼気を吐いたときに見られるように、呼気の噴出を遮断することで、屋内での感染を防ぐことに役立つ。感染した空気の息を吐いたときに晒されることは、空気がよく撹拌された場合に比べて、感染リスクがより高まる。
  • 喫煙者と同じ部屋にいる人は、密閉された場所を回り込んで滞留する副流煙の影響を大きく受ける。同じ理屈が、よく混ざった室内での感染性空気中の飛沫にも当てはまる。室内でマスクをしている場合、感染を避けるためには、距離以外の要素がより重要になってくる。
  • BazantとBushの研究では、特に屋外での感染については検討されていないが、Bazantによると、屋外では、吐き出された暖かい空気は上昇する傾向があり、感染した空気は風に流されてしまうため、社会的な距離を置くことはあまり意味がないとのことである。
  • "空気は最も抵抗の少ない経路を辿るので、多くの場合マスクではそれと直交して通ることになる"とBazantはいう。"呼気は明らかに背景の空気よりも暖かく、上昇する傾向にある。これが、野外で距離をとることがほとんど意味をなさない主な理由であり、特にマスクをすれば、2m離れた人には本当に感染させないというおかしなことになってしまう。
    "外の空気の流れを見ると、ウイルス感染した空気は基本的に流されてしまい、感染の原因になる可能性はほとんどない。屋外で感染したという記録はほとんどない。稀ではあるが、屋外でコロナに感染する可能性があるとすれば、特にコンサートのような混雑した会場では注意が必要である。"屋外の混雑した場所は問題になるかもしれないが、人々が1mほどの適度な距離を保っていれば、正直な所マスクがなくてもかなり安心できる。"
  • 感染力が60%高い変異種については、換気量を60%増やしたり、室内で過ごす時間を短くしたり、室内にいる人数を制限したりすることで、そのリスクを相殺することができる。
    また、Bazantは、これからの大きな問題は、いつマスクを外せるかということであり、今回の研究のガイドラインは、そのリスクを定量化するのに役立つと述べている。また、部屋の中の二酸化炭素濃度を測定することで、感染した空気がどの程度存在するかによって感染のリスクを定量化することもできる。
    "恐怖を煽るだけでなく、実際に分析に基づいた科学的な情報を国民に伝える必要がある"と彼は述べている。これまでで最も多くの、3回にもわたる厳重な査読を経て、出版された今、政策に影響を与えることを期待しているという。
    BushとBazantは、4/19月曜にCNBCに対して、Bazantのこれまでのコメントを明らかにする声明を発表した。
  • "我々研究では、COVID-19の室内での空気感染を抑制するためには、2mルールでは不十分であり、室内空間で過ごす時間を制限する必要があることを示している。 今回の研究では、この制限時間が、室内の換気やろ過、フェイスマスクの使用などの要因によってどのように異なるかを明らかにした。但し、フェイスマスクは、室内での安全対策としては極めて有効ではある"、と指摘した。 

>Top 11. WHO praised US decision to support temporay waiver of IP on Covid-19 vaccines, 5 May 2021:

  • WHO Director-General commends United States decision to support temporary waiver on intellectual property rights for COVID-19 vaccines:
    • WHO Director-General Dr Tedros Adhanom Ghebreyesus praised the commitment by the United States administration of President Joe Biden and Vice-President Kamala Harris to support the temporary waiver of intellectual property on COVID-19 vaccines in a bold move to end the pandemic as quickly as possible.
    • “This is a monumental moment in the fight against COVID-19. The commitment by the President of the United States Joe Biden and Ambassador Katherine Tai, the US Trade Representative, to support the waiver of IP protections on vaccines is a powerful example of American leadership to address global health challenges,” said Dr Tedros.
    • “I commend the United States on its historic decision for vaccine equity and prioritizing the well-being of all people everywhere at a critical time. Now let's all move together swiftly, in solidarity, building on the ingenuity and commitment of scientists who produced life-saving COVID-19 vaccines.”
    • On Wednesday, Ambassador Tai issued a statement saying the extraordinary circumstances caused by the COVID-19 pandemic required extraordinary measures to respond and that the waiving of intellectual property protections on vaccines was needed to help end the pandemic. The United States would, the statement continued, participate in World Trade Organization negotiations to support the temporary waiving of protections, and work with the private sector and other partners to expand vaccine manufacturing and distribution.
    • Dr Tedros added: “The White House’s support for the temporary waiving of intellectual property on COVID-19 vaccines reflects the wisdom and moral leadership of the United States to work to end this pandemic. But I am not surprised by this announcement. This is what I expected from the Administration of President Biden.”
    • Throughout the COVID-19 pandemic, WHO has been working with partners to scale up the development and distribution of vaccines, diagnostics and treatments through the Access to COVID-19 Tools Accelerator, a pillar of which is the COVAX Facility for the equitable sharing of vaccines to at-risk people worldwide.

11. WHOは、米国のコロナワクチンの一時的な著作権放棄を支持:

  • WHOは、COVID-19ワクチンの知的財産権の一時的放棄を支持する米国の決定を称賛した:
    • WHO事務局長Tedros Adhanom Ghebreyesus博士は、米国のJoe Biden大統領とKamala Harris副大統領が、COVID-19ワクチンの知的財産権の一時的な放棄を支持するという約束は、パンデミックを早期に終わらせるための大胆な行動であると称賛した。
    • "これはCOVID-19との闘いにおける記念すべき瞬間である。アメリカのJoe Biden大統領とLatherine Tai米通商代表部大使が、ワクチンの知的財産権保護の放棄を支援することを約束したことは、世界の健康問題に取り組む米国のリーダーシップを示す力強い例である」とTedros博士は述べている。
    • "米国がワクチンの公平性を確保し、危機的な時期に世界中のすべての人々の幸福を優先するという歴史的決定をしたことを称賛する。これからは、命を救うCOVID-19ワクチンを製造した科学者の創意工夫と献身を構築して、連帯して迅速に行動すべきである。"
    • 水曜日、タイ大使は声明を発表し、COVID-19パンデミックによって引き起こされた異常な状況に対応するためには特別措置が必要であり、パンデミックを終わらせるためにはワクチンに関する知的財産権を放棄する必要があると述べた。米国は、世界貿易機関(WTO)の交渉に参加して一時的な保護の放棄を支援し、民間企業や他のパートナーと協力してワクチンの製造と流通を拡大すると述べている。
    • Tedros博士曰く、"ホワイトハウスがCOVID-19ワクチンの知的財産権を一時的に放棄することを支持したことは、このパンデミックを終わらせるための米国の知恵と道徳的なリーダーシップを反映している。" しかし、今回の発表には驚かない。これは、Biden大統領の政権に期待していたからである。"
    • COVID-19パンデミックの期間中、WHOはパートナーと協力して、"COVID-19ツールへのアクセラレーター"を通じ、ワクチン、診断、治療法の開発と配布の拡大を図ってきた。その柱となるのが、世界中の高リスク人々にワクチンを公平に提供するための"COVAX Facility"である。

>Top 12. A Sports Event Shouldn't be a superspreader. Cancel the Olympics, New York Times, Jules Boykoff, May 11, 2021:

  • The Tokyo Olympics are in big trouble. Postponed by a year and slated to begin in July, the Olympics have become a political flash point in Japan, where almost 60 percent of the population opposes staging the Games this summer and where less than 2 percent of the population is vaccinated for Covid-19.
  • The International Olympic Committee, local Olympic organizers and Japan’s ruling party maintain that the Games must go on, even amid pandemic conditions. As Covid cases surged in Japan in January, Thomas Bach, the I.O.C.’s president, said he had “no reason whatsoever to believe that the Olympic Games in Tokyo will not open on July 23.” He added, “There is no Plan B.”
  • For many spectators, what is most alluring about the Olympics is their audacious impracticality, with thousands of athletes from many sports coming together from around the world to compete in one place. However, during a global public health crisis, this has potentially lethal consequences.
  • It’s time to listen to science and halt the dangerous charade: The Tokyo Olympics must be canceled. And yet, the Olympic steamroller rumbles forward. There are three main reasons: money, money and money.  And let’s be clear: Most of that money trickles up, not to athletes but to those who manage, broadcast and sponsor the Games.
  • The I.O.C. reportedly holds about $1 billion in reserve, but the Summer Games are its go-to money spigot and not even the coronavirus has persuaded Olympic power brokers to winch it shut. The situation is crude but clear: Olympic organizers are not willing to sacrifice their profits for public health.
  • Broadcaster money accounts for 73 percent of I.O.C. revenues, with an additional 18 percent coming from its corporate partners. Back in 2014, NBC Universal agreed to fork over $7.75 billion for the exclusive rights to broadcast the six Olympics from 2022 to 2032. Sure, the I.O.C. and broadcasters carry insurance policies, but canceling the Olympics means neutralizing their lucrative profits.
  • In March 2020, the Tokyo Games were postponed for a year after athletes and sports officials around the world questioned the wisdom of staging them during a pandemic. The Olympics were rescheduled for July and August, the hottest months in Tokyo, but a profitable, relatively open window for sports programming on television.
  • A cavalcade of scientists and medical officials are unequivocal in their opposition. Covid-19 cases have been rising in Japan, where the medical system is already overstretched. A British Medical Journal editorial published last month demanded that Olympic plans “must be reconsidered as a matter of urgency.” “Holding Tokyo 2020 for domestic political and economic purposes — ignoring scientific and moral imperatives — is contradictory to Japan’s commitment to global health and human security,” the authors wrote.
  • Olympic officials in Tokyo initially estimated it would take 10,000 medical workers to staff the Games. When organizers recently requested the service of 500 more nurses, they set off a firestorm in Japan, where the move is seen as a misuse of medical resources. The secretary general of the Japan Federation of Medical Workers’ Unions stated, “I am extremely infuriated by the insistence of pursuing the Olympics despite the risk to patients’ and nurses’ health and lives.”
  • Japanese public health experts are similarly united in opposing the Games. Haruo Ozaki, chairman of the Tokyo Medical Association, said, “It is extremely difficult to hold the Games without increasing infections, both within and outside Japan.” Kentaro Iwata, an infectious-disease specialist at Kobe University Hospital, was blunter: “How the hell can you speak of a sports event gathering so many spectators, staff, volunteers, nurses and doctors? Who could enjoy the Games in this situation?”
  • The response of Olympic power brokers? Platitudes and hygiene theater. “The Japanese people have demonstrated their perseverance throughout their history, and it’s only because of this ability of the Japanese people to overcome adversity that these Olympic Games under these very difficult circumstances are possible,” the I.O.C. president said in a statement. The 78,000 Olympic volunteers are reportedly being allotted a handful of cloth masks, some sanitizer and social-distancing slogans.
  • Last month, Olympic organizers issued guidelines designed to mitigate the dangers of Covid-19. All participants must register two negative tests before departing for Japan and will be tested daily on arrival. They are urged to refrain from using public transport and to order takeout meals rather than dine in restaurants. But athletes are not required to quarantine, nor must they be vaccinated. Overseas spectators are not allowed to attend; nevertheless, tens of thousands of people will enter Japan for the Games.
  • In theory, the I.O.C., local Olympic organizers and the Japanese government — which has shoveled billions in public funds to stage the Games — consult with each other on decisions like cancellation and postponement. But an addendum to the Olympic host city contract states that the I.O.C. is ultimately responsible for decisions when it comes to making “a significant change in the overall scope of the Games.”
  • The I.O.C. often trumpets its “athletes first” approach, insisting that input from Olympians is key to the Tokyo 2020 decision-making process. But high-profile athletes, including the Japanese tennis phenom Naomi Osaka, are wondering aloud whether the Games should proceed. The most recent Tokyo 2020 “playbook” for athletes and officials can’t possibly assuage athletes’ stress; it states, “despite all the care taken, risks and impacts may not be fully eliminated, and therefore you agree to attend the Olympic and Paralympic Games at your own risk.” That sounds more like a Covid-19 waiver than “athletes first.”
  • Olympic officials often profess the Games are about much more than sport. If the pandemic has taught us anything, it’s that some things — camaraderie, family, friends, public health — matter more than money. The I.O.C. has been slow to realize this, but there is still time to do the right thing.
  • The I.O.C. oversees the most pervasive yet least accountable sport infrastructure in the world. The group appears to have fallen under the spell of its own congenital impunity. Pressing ahead with the Olympics risks drinking poison to quench our thirst for sport. The possibility of a superspreader catastrophe is not worth it for an optional sporting spectacle. It’s time to cancel the Tokyo Olympics.
  • Jules Boykoff (@JulesBoykoff) is a professor of political science at Pacific University and the author of “NOlympians” and “Power Games: A Political History of the Olympics.”

12. スポーツイベントは、コロナの超拡散者であってはならない。オリンピックはキャンセルすべきだ。New York Times, Jules Boykoff, 2021/5/11:

  • 東京オリンピックが大変なことになっている。1年延期され、今年7月に開催される予定だったオリンピックは、日本の政治的な火種となってしまった。日本では、国民の約60%が今夏の開催に反対しており、またCovid-19の予防接種を受けている人は、2%未満である。
  • 国際オリンピック委員会 (IOC)、地元のオリンピック組織委員会と日本の与党は、パンデミックの状況下でも大会を開催しなければならないと主張している。国際オリンピック委員会のThomas Bach会長は、1月に日本でコロナの感染者が急増した時に、"東京オリンピックが7月23日に開催されないと信じる理由は何もない"と述べた。また"プランBもない"と言っている。
  • 多くの観客にとって、オリンピックの最大の魅力は、世界中から様々なスポーツの何千人ものアスリートが一堂に会して競い合うという、大胆で非現実的なものである。しかし、世界的な公衆衛生上の危機の時は、致命的な結果をもたらす可能性がある。
  • 科学に耳を傾け、危険な茶番劇に歯止めをかける時が来た。東京オリンピックは中止しなければならない。だが、オリンピックの蒸気ローラーは前進していく。その理由は3つ。カネ・カネ・カネ。そして、はっきり言えば、そのカネのほとんどは、アスリートではなく、大会を管理、放送、スポンサーに流れているということである。
  • IOCは約10億ドルの準備金を保有していると言われているが、夏季大会はIOCの重要な資金源であり、コロナウイルスの状況でさえオリンピックの権力者たちを説得しても、その資金源を閉ざすことはできない。オリンピック主催者は公衆衛生のために自分たちの利益を犠牲にすることを望んでいない。
  • IOCの収益は、73%は放送局から、また18%は企業パートナーからの資金である。2014年、NBC Universalは、2022年から2032年までの6つのオリンピックの独占放送権を得るために、77.5億ドルを支払うことに合意した。IOCや放送局は保険に入っているが、オリンピックを中止することは、彼ら儲かる利益を無にすることを意味する。
  • 2020年3月、東京大会は、世界中のアスリートやスポーツ関係者から、パンデミック中に開催することへの疑問の声が上がり、1年延期された。東京オリンピックは東京では最も暑い時期である7月と8月に延期されたが、これは、テレビのスポーツ番組にとっては収益性が高く、比較的空いている時期だからでもある。
  • 科学者や医療関係者は、こぞって反対している。日本ではコロナの症例が増加しており、医療システムはすでに目一杯の状況になっている。先月発行されたBritish Medical Journal誌の論説では、オリンピックの計画は、"緊急に再考されなければならない"としている。"科学的・道徳的な要請を無視して、国内の政治経済的な目的のために東京2020を開催することは、世界の健康と人間のセキュリティに対する日本のコミットメントと矛盾する"と書いている。
  • 東京オリンピック委員会は当初、大会運営に必要な医療従事者の数を1万人と見積もっていた。しかし、最近になって主催者が500人の看護師の増員を要請したことが、日本では医療資源の乱用とみなされて大炎上した。日本医労連の事務局長は、"患者や看護師の健康や命が危険に晒されているにもかかわらず、オリンピックに固執する姿勢に非常に憤りを感じている"と述べた。
  • 東京都医師会の尾崎治夫会長は、"国内外の感染症を増やさずに大会を開催することは非常に難しい" と述べている。また、神戸大学医学部附属病院の感染症専門医である岩田健太郎氏は、"これほど多くの観客、スタッフ、ボランティア、看護師、医師が集まるスポーツイベントを、一体どうやって語ればいいのか。こんな状況で誰が大会を楽しめるというのか"とより厳しい意見を述べた。
  • オリンピックの権力者たちの反応とは、陳腐な言葉と衛生管理の劇場のようである。IOC会長は声明の中で、"日本の人々は歴史を通じて忍耐力を示してきた。日本の人々の逆境を克服する能力があるからこそ、このような非常に困難な状況下でのオリンピック開催が可能である" と述べている。78,000人のオリンピックボランティアには、一握りの布製マスクと消毒液、そしてソーシャルディスタンスのスローガンが割り当てられるだけと言われる。
  • 先月、オリンピック主催者は、コロナの危険性を軽減するためのガイドラインを発表した。すべての参加者は、日本に出発する前に2回の陰性反応を届け出しなければならず、到着後も毎日検査を受けることになる。また、公共交通機関の利用を控え、レストランでの食事はせずにテイクアウトで済ませることが求められる。ただし、選手は検疫隔離の必要はなく、予防接種も必要もない。また、海外からのゲーム観戦はできないが、それでも数万人もの人々が日本に入国してくる。
  • 理論的には、IOC、地元のオリンピック組織委員会、そして大会開催のために何十億(ドル)もの公的資金を投入している日本政府が、中止や延期などの決定について互いに協議することになっている。しかし、オリンピック開催都市の契約書付属文書には、"大会の全体的な範囲を大幅に変更する"場合には、IOCが最終的な決定権を持つと記載されている。
  • IOCは、"アスリートファースト"を強調し、東京大会2020の意思決定にはオリンピック選手からの意見が重要であると主張している。しかし、日本の天才テニスプレイヤー大坂なおみ選手を始め注目のアスリートたちは、声を大にして大会続行の是非を議論すべきと言っている。アスリートと関係者のための最新の東京大会2020"プレイブック"では、アスリートのストレスを和らげることはできない。そこには、"細心の注意を払っていても、リスクや影響を完全に排除することはできないため、自己責任でオリンピック・パラリンピックに参加することに同意する"と書かれている。これでは、"アスリートファースト"というよりも、コロナへの対応放棄に聞こえる。
  • オリンピック関係者にとっては、オリンピックはスポーツ以上のものだとよく言われる。パンデミックが私たちに教えてくれた教訓があるとすれば、仲間意識、家族、友人、公衆衛生は、カネよりも大切なものがあるということである。IOCはこのことに気づくのが遅れているが、正しいことをする時間はまだ残っている。
  • IOCは、世界で最も普遍的な組織であるにもかかわらず、説明責任を果たしていないでスポーツインフラを監督している。IOCは、自らの生来の免罪の呪縛に陥っているかのようだ。オリンピックを推進することは、スポーツへの渇きを癒すために毒を飲むようなものだ。スーパー・スプレッダーによる大惨事の可能性は、オプションのスポーツ・スペクタクルにとって価値とはならない。今は、東京オリンピックは中止すべき時である。
  • Jules Boykoff (@JulesBoykoff) は、Pacific大学の政治学教授であり、"NOlympians"や"Power Games"の著者。つまり、"A Political History of the Olympics" の著者である。

>Top 13. Tokyo Olympics: Why doesn't Japan cancel the Games?, By Andreas Illmer, BBC News, 15 May 2021:

  • The Tokyo Olympics are now just over two months away and calls to ditch the Games in the face of the pandemic are getting louder by the day. So why isn't Japan talking about cancelling the Games? The answer as it turns out, is not that simple.:
    • The situation is not looking great in Japan.
      A coronavirus state of emergency has been extended in the capital Tokyo and three other major prefectures as cases continue to rise.
      Yet there's been no word about cancelling the Games, despite both health experts and public opinion being stacked against them.
    • Current polls in Japan show nearly 70% of the population do not want the Olympics to go ahead, but the International Olympic Committee (IOC) remains steadfast that the spectacle will take place. Japan has long insisted there was no question the Olympics, which should have taken place last summer, would be held and will be safe.
    • Yet earlier this week, Prime Minister Yoshihide Suga for the first time appeared to bow to the pressure of public opinion, saying that the government would "not put the Olympics first" - but adding that ultimately, the decision would lie with the IOC.
      So who actually wields the power to cancel the Games - and is a cancellation likely to happen?
  • How could the Games be axed?
    • The contract between the IOC and host city Tokyo is straightforward: There's one article regarding cancellation and it only gives the option for the IOC to cancel, not for the host city. That's because the Olympic Games are the "exclusive property" of the IOC, international sports lawyer Alexandre Miguel Mestre told the BBC. And as the "owner" of the Games, it is the IOC that can terminate said contract.
    • One reason given to justify a cancellation - aside from things like war or civil disorder - is that if "the IOC has reasonable grounds to believe, in its sole discretion, that the safety of participants in the Games would be seriously threatened or jeopardised for any reason whatsoever". Arguably, the pandemic could be seen as such a threat.
      The Olympic charter also stipulates that the IOC should ensure "the health of the athletes" and promote "safe sports", Mr Mestre says, but despite all this, the IOC seems determined to go ahead.
    • So could Japan go against the IOC and pull out itself?
      "Under various clauses within this host city agreement, if Japan was to unilaterally cancel the contract, then by and large, the risks and losses would fall with the local organising committee," Professor Jack Anderson at the University of Melbourne told the BBC.
    • The sports law expert explains that the contract is fairly typical and that of course Tokyo knew what it signed up to. What it didn't know was that a global pandemic would enter the picture. "Contracts can foresee certain contingencies, but the nature of the current situation is obviously unprecedented," he says. "The Olympics are the biggest sporting event on the calendar, there are billions at stake for Japan and also the IOC in terms of broadcasting sponsorship. It is a huge event and there are huge contractual obligations for all sides." Hence, the only realistic scenario is Japan pulling the plug jointly with the IOC, staying within the framework of their contract.
    • If that happens, that's where insurances would come in: The IOC has insurance, the local organising committee has insurance and the various broadcasters and sponsors will also have insurance.
      "It's probably safe to say that if the Tokyo Olympics is cancelled, it would probably be the biggest insurance pay-out event of its kind, there's no question about that," Prof Anderson says.
      Insurance would cover the concrete expenses by the organisers, but it would hardly cover all of the indirect cost raked up by investments across the country in anticipation of the spectacle - hotels and restaurants for example, that might have undergone renovations in preparations for tourists they thought they would receive.
  • A chorus of criticism:
    • As of now, the uncertainty around the Games lingers on.
      It's been a rocky road - they were postponed from last year, the torch run got interrupted again and again, international fans won't be allowed to come and now even competitions in completely empty stadiums are on the cards. Few athletes have spoken out about the issue and they are likely torn over the issue. For those who make it, the Olympics are among the highlights of their career and what they have trained for for years.
      At the same time, there's the concern for personal and public health in the middle of a global pandemic.
    • Japan's biggest sports star, tennis champion Naomi Osaka was one of the few to join the debate, but also only voicing cautious hesitation.
      "Of course I want the Olympics to happen," she said this week. "But I think there's so much important stuff going on, especially the past year. "For me, I feel like if it's putting people at risk... then it definitely should be a discussion, which I think it is as of right now. At the end of the day, I'm just an athlete, and there is a whole pandemic going on."
    • The US' track and field team earlier this week cancelled its pre-Olympics training camp in Japan out of safety concerns. And even the governor of the province that would have hosted the team, said he believed "they made the best decision possible in the current situation". The same uncertainty trickles through from many of those involved in organising the Games.
    • Several of the towns who were set to host the athletes across the Tokyo region have reportedly pulled out for fear the programme might add to the spread of Covid. One local governor this week said he had rejected requests to secure hospital beds for the athletes. Instead, he urged that a new postponement or possibly cancellation should at least be considered. A doctors union this week said in a statement to the government that it was "impossible" to hold the Games given the development of the pandemic. Few of these things are clear-cut calls for the Games to be cancelled, but with the warnings by health experts and public opinion turning against the games, the trickle of doubters is becoming a steady chorus over the past weeks.
  • More than just money:
    • There is more at stake though than just the financial cost of cancelling the Olympics. The next Games on the global calendar are already next year, the Winter Games in February 2022, hosted by regional rival China in Beijing.
      So there is little doubt that overall, Japan is prepared to go to great lengths to get the Tokyo Games done.
      The last time Japan hosted a Summer Olympics was in 1964 and at the time, they were seen as an important symbol for the country's rehabilitation and rebuilding process after World War Two.
    • For the Tokyo 2020/21 Games, there's again a symbolic significance, Prof Anderson explains.
      "Japan has seen economic stagnation for a long time, there has been the tsunami and the nuclear disaster of Fukushima, so the Games would been as symbolic of a revival of Japan," he says. "It does take a special importance in that sense."
      Ultimately, the question of whether the Games should go ahead is separate from whether they will go ahead. In the history of the modern Olympics, there have been only three instances the spectacle got cancelled: in 1916, 1940 and 1944 - all three cases due to the two World Wars. So despite mounting headwinds, the IOC's refusal to even consider a cancellation has most observers agreeing that this year's Olympics will indeed go ahead and kick off on 23 July - in what shape or form still remains unclear.

13. 東京オリンピック: なぜ日本は大会を中止しないのか?, By Andreas Illmer, BBC News, 2015/5/15:

  • 東京オリンピックの開催まであと2ヶ月余りとなったが、パンデミックの影響で大会を中止すべきだという声が日に日に大きくなっている。では、なぜ日本はオリンピックを中止するという話にならないのか?その答えはそれほど単純ではない。:
    • 日本の状況は良いとは言えない。
      コロナウイルスの感染者が増え続けているため、東京をはじめとする主要3県で緊急事態宣言が延長されている。しかし、医療専門家と世論の両方が反対しているにもかかわらず、大会を中止するという話は出ていない。
    • 現在の日本の世論調査では、国民の70%ほどが、オリンピックの開催を反対している。日本政府は、昨年の夏に開催されるべきだったオリンピックが安全に開催されることに疑いの余地はないと長い間主張してきた。
    • しかし、今週初め、菅義偉首相は初めて世論の圧力に屈したように見え、政府は"オリンピックを最優先にすることはない"と述べたが、最終的にはIOCが決定権を持つと付け加えた。では、実際に大会を中止する権限を持っているのは誰なのか、そして中止は起こり得るのか。
  • どのようにすれば大会を中止できるのか?
    • IOCと開催都市である東京との契約は単純明快である。キャンセルに関する条項は1つだけで、キャンセルできるのはIOCだけで、開催都市にはない。
      それは、オリンピックはIOCの"独占的財産”であるからだと、国際スポーツ弁護士のAlexandre Miguel Mestre氏はBBCに語った。そして、オリンピックの"所有者"なので、当該契約を解除できるのはIOCだけである。
    • 戦争や内乱などは別として、中止を正当化する理由として、"IOCが独自の判断で、何らかの理由で大会参加者の安全が著しく脅かされたり、危険にさらされたりすると信じるに足る合理的な理由がある場合が挙げられる。議論の余地はあるが、パンデミックはそのような脅威と見なすことができる。オリンピック憲章には、IOCが選手の健康を確保し、安全なスポーツを推進することも規定されている"とMestre氏は言うが、このような状況にもかかわらず、IOCは開催を決定を固執したままである。
    • 日本がIOCに逆らって自ら撤退することは可能だろうか? メルボルン大学のJack Anderson教授がBBCに語った所によると、“この開催都市契約の様々な条項により、もし日本が一方的に契約を解除した場合、そのリスクと損失は概ね地元の組織委員会が負うことになる"という。
    • スポーツ法の専門家の説明では、この契約はかなり典型的なもので、もちろん東京都は何を契約したのか知っていたという。しかし、世界的なパンデミックが起こることは知らなかった。"契約ではある種の不測の事態を予見することができるが、現在の状況の性質は明らかに前例がない。オリンピックは世界最大のスポーツイベントであり、日本にとっても、IOCにとっても、放送のスポンサーシップという点で何十億ドルもの費用がかかっている。従って、現実的なシナリオは、日本がIOCと共同で、この契約の枠内でプラグを抜くことだけである。そうなれば、そこには保険が必要になる。IOCは保険に入っており、現地の組織委員会も保険に入っているし、各放送局やスポンサーも保険に入っている。東京オリンピックが中止になった場合、おそらく最大の保険金が支払われるイベントになると言っても過言ではない"とAnderson教授はいう。主催者側の具体的な費用は保険でカバーできるが、ホテルやレストランなど、観光客を想定して改装した場合など、このイベントを想定して全国各地で行われた投資による間接的な費用は、保険ではカバーされない。
  • 批判の大合唱:
    • 今の所、大会への不安は消えていない。昨年から延期され、聖火リレーは何度も中断され、海外の観客は来ることができず、今では完全に無観客のスタジアムでの競技も予定されているなど、厳しい状況判断の日々が続いている。
      この問題について発言しているアスリートはほとんどおらず、彼らはこの問題で悩んでいると思われる。オリンピックに出場する選手にとって、オリンピックはキャリアのハイライトであり、何年もかけてトレーニングしてきたものである。同時に、世界的な大流行の中で、個人や公共の健康に対する懸念もある。
    • 日本最大のスポーツスターであるテニスの大坂なおみ選手は、数少ない議論に参加した一人だが、慎重なためらいを口にするのが精一杯だった。曰く、"もちろん、オリンピックは開催してほしいと思っているが、特にこの1年は、重要なことがたくさん起こっていると思う。私としては、もしそれが人々を危険に晒すようであれば、間違いなく議論されるべきだと思っている。一日の終われば、私はただのアスリートだが、全体的なパンデミックはその後も続いて起こっていくことになる"と語った。
    • 米国の陸上競技チームは今週初め、安全上の懸念から日本でのオリンピック前のトレーニングキャンプを中止した。また、チームを受入予定だった地域の知事でさえ、"それは、現在の状況下で可能な限り最善の決断を下した"と考えていると述べている。このような不安は、大会運営に携わる多くの人々からも同様に伝わってきている。
    • 首都圏で選手団を受け入れる予定だったいくつかの町は、このプログラムがコロナの蔓延を助長するのではないかとの懸念から撤退したと報じられている。ある地方自治体の知事は今週、選手のために病院のベッドを確保するという要求を拒否したと述べた。その代わりに、新たな延期、あるいは場合によっては中止を少なくとも検討すべきだと訴えた。医師の組合は今週、パンデミックの進展を考えると大会開催は "不可能である"と政府に声明を出した。このように、明確に大会の中止を求めるものはほとんどないが、医療専門家の警告や世論の大会反対の動きを受けて、この数週間で、疑念を持つ人たちの声が着実に大きくなってきている。
  • お金の問題だけではない:
    • オリンピックを中止することは、金銭的な負担だけでなく、もっと大きな問題がある。世界のカレンダーでは、次の大会はすでに来年、2022年2月に開催される冬季大会で、地域のライバルである中国が北京での開催を予定している。そのため日本が東京大会を開催に固執して、総力を挙げて準備していることは間違いない。日本で最後に夏季オリンピックが開催されたのは1964年だが、当時は第二次世界大戦後の日本の復活を象徴する重要なイベントと見なされていた。
    • 2020/21年の東京大会には、再び象徴的な意味があるとAnderson教授は指摘する。"日本は長い間、経済的に停滞しており、津波や福島の原子力発電所の事故もあったため、大会は日本の復活を象徴するものになる。そういう意味では、大会は特別な意味を持っている。最終的には、大会を開催すべきかという問題と、開催ができるという問題は別である。近代オリンピックの歴史を振り返ると、開催が中止されたのは1916年、1940年、1944年の3回だけで、いずれも2つの世界大戦が原因だった。世論の逆風が吹いているにもかかわらず、IOCが中止の検討すらしていないことから、結局今年のオリンピックは7月23日に開催されることになろうというのが大勢の見方だが、どのような形式で開催されることになるかはまだ不透明である。

>Top 14. What scientists know about the B.1.6.17 Coronavirus variant;, by Shawna Williams, The Scientist, May 3, 2021:

  • While some experts speculate the variant could be partially responsible for India’s current surge in SARS-CoV-2 infections, information about the effects of its mutations is only beginning to emerge.
    • Update (May 11): CNBC reports that the World Health Organization now considers B.1.617 a variant of concern, following an analysis by one of its working groups that indicated the variant is more transmissible than the original one.
    • With India in the grip of a devastating second wave of COVID-19—the country recorded more than 368,000 new cases and 3,417 deaths from the disease yesterday—some have suggested that a variant first detected there in October could share some of the blame. The B.1.617 version of the coronavirus carries the ominous nickname “double mutant,” but it has more than two sequence changes from older SARS-CoV-2 variants, and little is known so far about the effects of these alterations, if any, on disease severity or the virus’s ability to evade immunity gained through infection or vaccines.
    • One preliminary bit of insight emerged on April 23, when researchers reported in a preprint that B.1.617 was neutralized in vitro by the sera of people who had either recovered from COVID-19 or had received India’s Covaxin vaccine. That study has not yet undergone peer review. “Compared with people who have recovered from COVID-19, the ability of the sera of vaccinated people to neutralize the B.1.617 variant was found to be two-fold less,” coauthor Samiran Panda, a senior scientist at the Indian Council of Medical Research, tells The Hindu
    • B.1.617’s double mutant moniker comes from changes it harbors that are similar to those in other known variants. One mutation, known as L452R, is also found in the B.1.427/B.1.429 variant first identified in California, where it has been associated with increased transmissibility. Another B.1.617 mutation, called E484Q, is similar to the E484K mutation found in the P.1 variant that was first detected in Brazil and the B.1.351 variant, also known as the South African variant. E484K is known as an “escape mutation” because it appears to help the virus partially evade immunity conferred by prior infection or vaccines, according to The BMJ
    • B.1.617 is now the dominant variant in India’s hardest-hit state, Maharashtra, according to Nature. In its most recent epidemiological update, released April 27, the World Health Organization (WHO) notes that multiple other variants are also circulating in the country, and that “Preliminary modelling by WHO based on sequences submitted to GISAID suggest that B.1.617 has a higher growth rate than other circulating variants in India, suggesting potential increased transmissibility.” It has also been found in at least 16 other countries, the organization notes. WHO still lists B.1.617 as a “variant of interest” rather than a “variant of concern,” because its effects on epidemiology or vaccine effectiveness, if any, are uncertain.

14. コロナ変異種B.1.6.17について判明したこと、Shawna Williams, The Scientist, 2021/5/3

  • serum, sera: 血清
  • 現在、インドでSARS-CoV-2の感染が急増しているのは、この変異種が原因ではないかと一部の専門家は推測しているが、亜種の変異による影響についての情報はまだ出始めたばかりである。
    • 更新(5/11) CNBCの報道によると、WHOは、B.1.617を懸念すべき変異種としている。これは、WHOのワーキンググループの1つが、この変異種はオリジナルのものよりも感染力が強いと分析したことによる。
    • インドではCOVID-19の第2波が発生しており、昨日は368,000人以上の新規患者と3,417人の死亡を記録したが、10月に初めて検出された変異種が原因の一部ではないかとの指摘もある。コロナウイルスのB.1.617バージョンは、"二重変異"という不吉なニックネームがあり、従来のSARS-CoV-2の変異種とは2つ以上の配列の変化があり、これらの変化が病気の重症度や、感染やワクチンによって得られる免疫を回避するウイルスの能力に影響を与えるかどうかについては、まだほとんどわかっていない。
    • 4/23付予定原稿で、COVID-19から回復した人や、インドのCovaxinワクチンを接種した人の血清によって、B.1.617 が試験管内で中和されることが報告され、一つの知見が得られた。この研究は、まだ査読を受けていません。"COVID-19から回復者と比較して、ワクチンを接種した人の血清がB.1.617変異体を中和する能力は、2倍低いことがわかったと、共著者であるインド医療研究評議会の上級科学者Samiran PandaはThe Hindu誌に語っている。
    • B.1.617の二重変異体という名称は、他の既知の変異体に類似した変化があることに由来している。L452Rと呼ばれる突然変異は、カリフォルニア州で最初に発見されたB.1.427/B.1.429変異体にも見られ、感染性の増加と関連している。B.1.617のもう一つの変異であるE484Qは、ブラジルで初めて検出されたP.1変異体や、南アフリカ変異体として知られるB.1.351変異体に見られるE484Kと類似している。BMJ誌によると、E484Kは、ウイルスが過去の感染やワクチンによる免疫を部分的に回避していると考えられていることから、"エスケープ変異"と呼ばれています
    • Nature誌によると、インドで最も被害が大きいMaharashgra 州では、B.1.617が主要な変異種となっている。WHOは、4/27に発表した最新の疫学情報の中で、インドでは他にも複数の変異種が広がっていることを指摘した。また、"GISAID (Global Initiative on Shareing Avian Influenza Data、世界ウイルスデータバンク)に提出された配列に基づくWHOの予備的モデリングによると、B.1.617はインドで流通している他の変異種よりも増殖率が高く、感染性が高まる可能性が示唆されている "と述べている。また、少なくとも他の16カ国でも発見されているとのこと。WHOはB.1.617を"懸念される変異体"ではなく"関心のある変異体"としているのは、これはB.1.617が疫学やワクチン効果に影響がまだ不明だからである。 
>Top Comment
  • From January 2020 to the present May 2021, the world is in the midst of a battle against coronaviruses. It is not only doctors, WHO and scientists who are fighting against this.
  • It is also likely to be those in power who cling to vested interests who are actually functioning in the interests of the virus.
  • 2020年1月から現在の2021月5月まで、世界はコロナウイルスとの闘いの最中である。これに戦うののは、医師やWHOや科学者だけではない。
  • 実は、ウイルスへの利敵行為をする既得権益にしがみつく権力者たちもいるようだ。

| Top | Home | Article | Bookshelf | Keyword | Author | Oxymoron |