上大岡駅付近

上大岡駅バスターミナル

「上7 岡村・泉谷循環」は、バスターミナル2番ポールから発車します。
上7岡村泉谷循環路線図
2番ポール乗降中のミニバス。前のバスは江ノ電のミニバス「こまわりくん」(上大岡駅〜桜道経由〜JR洋光台駅)
上大岡駅周辺のバス路線図
バスターミナルで待機中のミニバス
平成4年には上大岡駅周辺の再開発事業が始まり、新駅ビルの完成(平成8年)とともに、1階にバスターミナルがオープンしました。
京急バス=7系統、横浜市営バス=8系統、江ノ電バス=10系統、神奈中バス=25系統の合計50系統のバスが発着しています。(19.10.31現在)

バスターミナルが出来る前は鎌倉街道沿いの歩道にバス停が並んでいて、バスを待つ人の列と買い物客が入り乱れ、雨でも降ろうものなら大変でした。



上大岡 駅付近  (かみおおおか)

上大岡は、江戸時代には久良木郡大岡郷と称された農業地帯でした。地元を流れる大岡川の水を利用した捺染業が地場産業として定着していました。戦後は農業から商工業を中心とした都市型の街へと姿を変えてきました。

上大岡駅は、昭和5年に湘南電気鉄道(現・京浜急行)の駅として開業しました。昭和28年鎌倉街道が開通、昭和38年旧駅ビル(京浜百貨店)が完成、昭和47年には横浜市営地下鉄が開通しました。

現在は、京浜急行、横浜市営地下鉄、路線バスを合わせて一日の乗降客数が27万人にも及ぶ横浜市内第3位のターミナル拠点となっています。
12:15京浜急行上大岡駅下りホ―ム
上大岡駅付近・鎌倉街道
京浜急行上大岡駅下りホーム バスターミナル=右側ビル1階