タウンニュース磯子区版・平成18年7月20日号

(タウンニュース社のHPから転載させていただきました) 18.7.19

タウンニュース社  タウンニュース磯子区版

トップ記事
2年越しの夢に一歩近づく
泉谷地区ミニバス路線開通に向け説明会を開催
 
当日は会場の席が足らなくなる程、
多くの住民が参加

 平成16年から区内の泉谷自治会ミニバス導入推進委員会が取り組んできた、新路線バス開通に向けての説明会が7月10日、磯子区役所7階で開かれた。当日は京浜急行(株)から計画概要が示され、運行経路地域の自治会住民のほか周辺自治会町内会長約200人が参加、質疑応答・意見交換の場では参加者から様々な声が挙がった。

 新バス路線の計画は、同自治会の数名からあがった「この地域にミニバスを走らせられないだろうか」との声から始まった。

 同地区は起伏が激しい高台に位置し、また開発から30年以上経ったことで、住民の高齢化も進んでいる。バス停までは、急な坂を上り下りしなければならないのが現状だ。また、住民の高齢化が進むことで自家用車の運転を億劫に思う住民や外出を避ける住民も出てきているという。

 同自治会で検討を重ねた結果、平成16年4月に同委員会が発足。実現に向けてバス会社との交渉をはじめ、様々な努力を重ねてきた。

 当日は京浜急行(株)(以下・京急)が示した運行路線にかかる同自治会をはじめ岡村西部第三自治会、千代田自治会、広町自治会、岡村地区の住民や周辺自治会町内会長ら約200人が参加。会場の収容人数を大幅に越える参加数となった。

 説明会では、導入に向けた同委員会の2年間の取り組みなどの説明の後、京急の職員から計画概要の詳細が説明された。

 計画によれば、運行経路は上大岡駅から向田橋、笹堀、泉谷住宅、千代田住宅、広町を経由し千保を通って上大岡駅へ戻る循環路線で運賃は一律210円。また車両は定員39名の小型車両を使用。所要時間は約30分で運行時間は、午前6時から午後10時。午前6時から8時台と午後5時から7時台は約20分間隔の1時間に3本を計画。それ以外の時間帯は約30分間隔の1時間に1本から2本の運行を予定している。

 質疑・意見交換の場では、「体力が衰え、車の運転が困難になる高齢者にとってバス導入は朗報」との声や「一日も早い開通を望んでいる」との声が挙がった反面、ルート変更を希望する声も挙がった。

 区では現行案を多くの参加者に理解してもらえたとし、今後もこの案に対する住民への理解を求めていく。

☆このページを閉じる

タウンニュース磯子区版・平成17年1月13日号
タウンレポート

泉谷地区にミニバスを

実現に向け、自治会ぐるみの誘致活動を継続中

推進委員会が提案するミニバスルート
(広町バス停付近)
 「わが町にミニバスを走らせよう」という誘致活動が、区内泉谷地区で行われている。昨年4月、活動グループが自治会の承認を受け本格的にスタートさせた。現在、バス会社との協議も重ねられているが、採算面や道路事情などクリアすべき課題は山積。実現に向け、住民たちの思いは熱い。

 泉谷地区が開発されたのは今から30年前。高台に位置し、起伏が激しい同地区では住民の高齢化も進み、外出が億劫だという住民も増えてきたという。
 そんな中、数人の自治会員から「この町にミニバスを通せないか」という話が持ち上がった。検討を重ねた自治会では昨年4月に正式な活動グループ「ミニバス導入推進委員会」を立ち上げ、誘致に向け自治会を上げての取り組みがスタートした。

 推進委員会ではこれまで横浜市営バス、民間バス会社3社と交渉をしてきた。各社には「路線バスと同じ利用条件であること」「上大岡駅から泉谷を通る磯子駅間のルート」「運行本数は朝夕のラッシュ時で1時間4、5本、日中2、3本」「停留所は同地区に4、5カ所設置」などを要望し回答を求めた。現時点で4社のうち3社が困難と回答し、残り1社については今も検討中とのこと。一方で磯子土木事務所、磯子区役所とも協議を行い、区からは「交通が不便な地域であると認識はしている。区で協力できる部分は協力したい」との回答を得ているという。

 導入実現には採算と道路事情が課題。「困難」と回答している3社のバス会社はいずれも「資本投資額に対して採算が取れないこと」を理由の第一に挙げている。推進委員会の試算する乗客数は最大でも1日500人。しかしバス会社2社は「1日2,000人の乗客数がなければ採算が合わない」と難色を示す。また道路環境面でも各社が「信号機の新規設置」「道路幅が狭い」「提案した路線ルートの一部に車両幅2mの制限がありバスが通れない」と指摘するなど、問題は山積している。会長はじめ推進委員会メンバーは「時間がかかるのは仕方がない。何年かかっても実現させたい。年をとって足腰を悪くし車の運転もできなくなったらと不安を抱えている多くの住民がミニバスの導入を待っている」と話している。
(タウンニュス社の了解をいただいて、転載させていただきました)
☆このページを閉じる