JTrim TOP(JTrimは素晴らしい)    Blog(末摘む花の雑記帳)へ  作製手順


ラッパスイセン ・ JTrimで描画


ラッパスイセン
参考作品
写真と絵を合成しました
参考作品

↑ クリックで拡大します

☆花

1.新規作成、白、500x500px
  編集→文字入れ、黒、Webdings、Shift+Y、フォントは、上と左右がほぼ一杯になる大きさ(ほんの少し余白を残す)
2.イメージ→座標指定切抜き (下図の数値を入力) → OK  →コピー
  ミラー、編集→連結、右へ  … A
 (※矢印の先端が切れる場合は、
青○の数値を変えて、「A」を、下図の数値にリサイズして下さい) 
3.Bを上下に分け、上をリサイズしたのち、連結します。
  イメージ、座標指定切抜き(Bの数値を入力) → OK  C →コピー 
  (一旦、他のJTrimに貼り付けておいても可)
4.Bの状態に戻し、イメージ→座標指定切り抜き(座標1:0.0、座標2:230.130) 230x130に切りとる
  イメージ→リサイズ、230x200px … D、  編集→連結、下へ (230x390px)
  イメージ→リサイズ、230x350px … E  → コピー、別のJTrimに貼り付け、(E2、E3)
 ・・・ ビットマップで 保存
  
※花びらの「輪郭線」は、一旦保存した画像(E)ではなく、元の画像を使った方が綺麗に出来ます。
5.E=コピー、編集→塗りつぶし=黄色、 編集→明るい画素優先で合成 … F
6.E2=加工→エッジの抽出、最大、 カラー→ネガポジ反転 … G  →コピー
     塗りつぶし=芥子色、 明るい画素優先で合成 … H → コピー
  F=暗い画素優先で合成 … I (
仮保存 or コピーして、他のJTrimに貼り付け)
7.「花びらの筋」を作ります
  E3=リサイズ、10x330px、周囲の白い部分を塗つぶし、白、許容範囲=50 → コピー
     カラー→ グラデーション(上=薄い黄色、下=芥子色) → 明るい画素優先で合成 →コピー→貼り付けで、2枚用意(J1、J2)
8.J1=リサイズ、10x250px、表示→背景色=白に変更、イメージ→任意角度回転、+15度 → コピー
     ミラー、編集→連結、右へ、 余白作成、白、上へ=85 … K (150x330px)
  J2=余白作成、白、左右、各70px、→ コピー、 
  K=暗い画素優先で合成 … L (仮保存するか、花びらに合成するまで残しておく)
9.花びらに筋を合成します。
  L=コピー
  I1=イメージ→座標指定切抜き、暗い画素優先で合成(位置は下図参照) … M(花びら1) 保存
  I2=フィリップ、同じ位置に合成 … N (花びら2) …保存
10.M(花びら1)=下図の数値で余白を作成、 表示→背景色=白、下記の手順で回転→合成 … Q
11.N(花びら2)=同様に「R」を作成 
   QRを合成します。… S   (念のため、仮保存
12.このままでも良いのですが、花の表情を出すため、下記の手順で一工夫してみました。
   下半分=座標指定切抜き→リサイズ→余白作成(S-2) → コピー、Rの状態に戻し→上書きで合成 … T
   右半分=同様の手順で上書き合成
 … U 
13.編集→全選択、任意角度回転、−10度 … U-1
14.下図の手順で、花の中央にある「副花冠 ひらひらした部分)」を作ります。 … W
15.文字入れ、MSゴシック、●(薄オレンジ)、○オレンジ(斜体、縦書き)、●(黄)で、めしべと雄しべを入れます。 … X
16.U-1=下図の位置に、一旦白抜きした後、Wを合成すれば「花」の完成です。  (保存
☆葉と茎

17.新規作成、白、100x500px、塗つぶし、明るい緑
18.加工→スポットライト、上から4分の1位のところをクリック、→表示されたウインドウに数の数値を入力→OK
   (葉の下部を暗くするためにスポットライトを使ってみましたが、スポットライトは省略しても可。
19.下記の手順と数値で、葉(大小、各1)を作ります … 葉1、葉2  (保存
20.下記の手順で2枚葉を大小作成します(Y、Z) … 保存
☆絵に仕上げます

21.下図を参考に、茎を作成、上、左右に余白を作成 … a (180x490px)
   葉2=余白作成 … b
   葉1=余白作成 … c
   a=コピー、=暗い画素優先で合成
   
C=2階調化、ネガポジ反転、最小濃度抽出で、一旦白抜きした後合成します。 … 
22. =上、左右に余白作成 (250x690px) (左右の余白の数値の違いに注意してください)
23.花=リサイズ、250x250px
   2階調化、ネガポジ反転、最小濃度抽出、コピー、明るい画素優先で、一旦白抜きしたのち、暗い画素優先で合成


※分かりやすいように花の合成位置を枠で囲みましたが、位置は何も指定しなくても上部に合成されます。

(参考作品は、「花」を少し回転させて合成、変化を付けています)


JTrim TOP(JTrimは素晴らしい)    Blog(末摘む花の雑記帳)へ  作製手順