JTrim TOP(JTrimは素晴らしい)    Blog(末摘む花の雑記帳)へ  作製手順 Index 


独楽 ・ JTrimで描画


独楽 1 独楽2 ↑ クリックで拡大します
(参考作品)


余白作成を使って、独楽の上面を作成します。 (色は全て「基本色」の中から選んでいます)

1.新規作成、赤、300x300px、 表示→背景色を「緑」に変更、→イメージ→円形切抜き
2.イメージ→余白作成、緑、上下左右=各10px、背景色=黄、円形切抜き
3.余白作成、黄、各20px、背景色=青、円形切抜き
  2〜3を繰り返し、500x500pxの円形画像を作成します … A


※「A」の大きさは、最後にリサイズ(500x500px)すれば良いのですから、自由な幅の色合いでお楽しみください。
 4.A=イメージ→リサイズ、「縦横の比率を保持する」のチェックを外す、横X縦=500x250px … B
 5.新規作成、黒、500x250px、 背景色=白→円形切抜き、下半分を切り抜く … C (
保存
 6.B=余白作成、白、下=60px、枠で囲った範囲の白い部分だけ塗りつぶします。
   イメージ→座標指定切抜き、座標1:2、125、座標2:498.310、「座標指定切り取り」の「ウインドウ」を「×」で閉じ、「枠」を残す
   編集→塗つぶし、藍色、許容範囲=50くらい、透明度=100 … 
D (枠の外をクリックして枠を消しておく)
  (※円形切抜きをすると、画像の周囲にほんの少し(2pxくらい)の余白が残るため、塗つぶし範囲を調整しています)
 7.D=イメージ→座標指定切抜き、座標1:0.185、座標2:500.310、「枠」を残し、C=コピー、明るい画素優先で合成 … 
E
 8.新規作成、白、500x500px、編集→文字入れ、MSゴシック、▼、黒 (上、左右=ほぼいっぱい)
   三角の周囲をマウスで囲み、イメージ→切り抜き、 リサイズ、横x縦=500x225px 
   編集→塗つぶし、焦げ茶色(100.69.28)、許容範囲=50くらい … F
 9.C=ネガポジ反転→コピー、  F=明るい画素優先で合成 … G (
保存) 
10.E=余白作成、白、下=100px、   Gを暗い画素優先で合成します。 (合成位置は、下図参照) … H
上下の「心棒」を作成します。

11.新規作成、白、100x100、 
編集→文字入れ、MSゴシック丸=●、黒 (上下左右ほぼ一杯の大きさ)  I (保存)、
   下図を参考に、塗つぶし、切り抜き→リサイズして、「J」と「K」を作成します。
12.新規作成、24x450px、塗つぶし、茶
   J=コピー、編集⇒連結、下へ →コピー、 イメージ→フィリップ、明るい画素優先で合成
   K=コピー、上の画像に、そのままの状態で、編集→合成、暗い画素優先、
   イメージ→リサイズ、24x200px … L (上部の芯) (保存
13.L=下から112px分を切り抜きます。(切り抜き範囲=座標1=0.118、24.230) … M (保存
14.H=余白作成、白、上=70、下=100px
   下図を参考に、夫々合成すれば完成です。

お好みの色と縞模様でお楽しみください。
☆参考作品の「背景 独楽の紐」

文字入れ(アンダーライン)は、上下のほぼ中央に、左右に余白を残した状態で入れます。
「独楽」を合成した後、好みの位置で切り抜いて下さい。


JTrim TOP(JTrimは素晴らしい)    Blog(末摘む花の雑記帳)へ  作製手順 Index