JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index


JTrim で クロスステッチ 


JTrimでクロスステッチ ・ 花 すずらん (参考作品 薔薇模様のブックカバー
(参考作品)
仕立て方は、下段をご覧下さい

手順と言うほど、大げさなものでは有りません。
布地が出来れば、あとは1マス1マス、根気よく、カチカチと刺してゆくだけ・・・。どうぞ、気長にお楽しみ下さい。

☆JTrimでクロスステッチの材料 
  パソコン、JTrim

☆布地つくり(黒地)
 下記の手順を参考に、クロスステッチ用の「布地=黒地」を作ります。

☆布地(カラー) 
 C=コピー → 編集→塗りつぶし、好みの色(許容範囲、不透明度100) → 加算で合成 
☆さあ、それでは、いよいよマウスを使って刺していきます。

5.編集→文字入れ、バツ=×、B体、書体は出来るだけ太い文字 (サンプルは、HG創英角ポップ体)
  お手持ちの、「クロスステッチの図案を参考に、一つずつ刺してゆくだけです。

※注

ますを数えて位置を決めてから刺さないで、大きい「布地」のまま、大まかな位置取りで刺した方が楽です。
また、元の一マスが、20x20pxだということを頭において切り抜いて頂ければ、本物のように全部刺さなくても、切り抜き→連結、位置を決めて合成などを駆使して作品に仕上げるだけ・・・。
JTrimは、なんて便利なんでしょう!


☆ブックカバーの仕立て方 

ここでは、ブックカバーのサイズ、横幅=350px、縦=任意で説明いたします。

1.新規作成、黒、7x340px → 余白作成、白、下=16px → 余白作成、黒、下=7px … A  (340x30px)   
2.余白作成、白、左=10px … B (350x30px)
3.編集→文字入れ、黒、MSゴシック、U (B体)、縦書き … C → ミラー … D
4.右上の白い部分を塗りつぶす(↓の位置)、黒 … E (保存
5.E=コピー、塗りつぶし、地色と同じ色  明るい画素優先で合成 … F
6.F=編集→全選択、イメージ→座標指定切抜き、OK  (枠のサイズが記憶されます) → コピー
7.ブックカバー様の生地=余白作成、白、下のみ=30px
  イメージ→座標指定切抜き、左上に表示された「座標指定切り取りの枠」を、一番下に移動、「枠」を「×」で閉じる。
  編集→上書き … G
8.E=右下の隅を黒で塗りつぶす → ネガポジ反転 → コピー 
    → Hの状態に戻し、イメージ→テクスチャ、メタル、100 … I
    → 編集→合成、明るい画素優先 … J → コピー
  G=くらいが祖優先で合成
9.E=フィリップ(上下反転)、中を塗りつぶす、黒 → コピー
  編集→座標指定切抜きで、ブックカバーの上部に「枠」を表示、明るい画素優先で合成します。
10.最後に、丸(●)、白を使って、画像下の「紙の凹み部分」を作成します。

※地色のRGB値が分からないとき
刺しゅうした画像を開き、編集→塗りつぶし、表示された「塗りつぶし」のウインドウの、右上のスポイドのアイコンをクリック→布地の地色のところでクリック→塗りつぶし色の「左」の枠の中に表示されますので、RGB値をメモします。

ここでご紹介した作品は、下記のテキストを参考にしています。
雄鶏社発行 ・ 可愛いポイント刺しゅう クロスステッチ」


JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index