JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index

パンジー ・ JTrimで描画


パンジー2種
↑ クリックで拡大します


☆パンジー ・ その1

《 花びら 1 》

1.新規作成、白、500x500px 編集→文字入れ、Webdings, Shift+Y
  イメージ→座標指定切抜き、下記の数値で切り抜きます。
  →コピー→ミラー→連結、右へ … A、(コピー→別のJTrimに貼り付け=A2
2.A=加工→パンチ、20、 →リサイズ、320x200px … C (保存

3.A2=編集→文字入れ、●、黒、(下図参照) → パンチ20、 →
  イメージ→リサイズ、「縦横の比率を保持する」のチェックを外す、300x270px  … D 保存
《 花びらの筋状の模様 》

4.新規作成、白、6x300px、 
  カラー→グラデーション、色1:濃紫(RGB値:130.0.255) 色2:薄紫(220.180.255)、上から下
5.イメージ→余白作成、白、下=300、左右=297 … E1.E2
  E1=編集→全選択、 イメージ→任意角度回転、50度
  E2=編集→全選択、 回転、35度 → コピー →E1に、暗い画素優先で合成   
  元の状態に戻し→ 20度回転 → コピー → 〃   〃
      〃    → 5度回転 → コピー →  〃   〃
6.加工→渦巻き、−40 → コピー →ミラー、暗い画素優先で合成  F (
保存
  イメージ→座標指定切抜き、(下図の数値を入力)→OK
  イメージ→リサイズ、300x250px →余白作成、白、上下各10px ・・・ G (保存
 7.新規作成、白、300x270px
   カラー→グラデーション、
   上から、300x250px→色1=濃い紫 色2=薄紫(↑4と同じ) 上から下
   残りの、300x20px→色1=うす緑(RGB値:143.196.65)、色2=薄紫、下から上
 8.D=コピー →編集→合成、明るい画素優先
   G=コピー →編集→合成、暗い画素優先 … H (保存
 9.H=−30度回転 →イメージ、座標指定切抜き(下記の数値を入力)→OK
   余白作成、右=170px … I → コピー
   別のJTrimに貼り付け → ミラー、カラー → 2階調化、ネガポジ反転、最小濃度抽出  → コピー
10.I =明るい画素優先で合成、合成部分を白抜き → 9(↑)を元の状態に戻し、暗い画素優先で合成 … J (保存
11.H=イメージ → -80度回転、→イメージ→座標指定切抜き、下記の数値で切り抜く
12.編集→文字入れ、モフ字、「( 」 斜体、B体 (フォントが無ければ、太いフォントで代用してください)
   →イメージ→リサイズ、230x250px、周囲を白で塗りつぶす(許容範囲=10前後) … K 
   → コピー → ミラー、編集→連結、左へ … K (保存
13.K=編集→全選択、 イメージ→座標指定切抜き → OK (画像のサイズを記憶させる)
14.J=下のみ余白作成(100px)
   イメージ→座標指定切抜き、 表示された「枠」を、クリック&ドラッグで一番下まで移動、ウインドウを「×」で閉じる
   K=合成 (合成方法は、↑10参照) … L 保存
15.新規作成、白、カラー→グラデーション、下=濃い紫、上=薄紫
16.上中央の位置に「枠」を表示させ→文字入れ、「●」、基本色の濃い黄色
   下図の位置を参考に、黄色い「半円」の周囲をマウスで囲み → 加工→ウエーブ2
   C=→フィリップ → コピー 、 明るい画素優先で合成 … M
17.F=フィリップ→リサイズ→上下に余白作成 … N → コピー
   M=暗い画素優先で合成 → 余白作成、左右=各70px … O (保存
18.L=余白作成、下=98px → 下図の位置に、Oを合成すれば「花」の完成です。

《 茎 》

19.下図参照
☆パンジー ・ その2

基本的には、「その1」と同様の手順ですが、こちらは、花びらの型「D」だけで作成しています
Q、R、T(左右に余白70)を、↑と同じ手順で合成します。

実物のパンジーを参考に、お好きな色と模様のパンジーでお楽しみください。

JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index