JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index

JTrimのバラ ・ JTrimで描画


JTrimのバラ・赤
↑ クリックで拡大します
JTrimのバラ・赤2 バラ+ガラスの花瓶


《 花 》

1.新規作成、黒、300x300px、 イメージ→円形切抜き、背景色=白 → コピー
2.カラー→グラデーション(下図の数値)、編集→合成、明るい画素優先 … A (保存
3.イメージ→余白作成、 → コピー、 表示背景色=白、  編集→全選択(回転→合成が終了するまで枠を表示) 
  イメージ→任意角度回転、+120度、  編集→合成、暗い画素優先
4.再度、任意角度回転、 +120度、 合成、暗い画素優先 … B (保存
5.B=コピー→別のJTrimに貼り付け
  イメージ→リサイズ、450x450px、 イメージ→余白作成、白、各25px、イメージ→フィリップ … C
6.カラー→二階超化、ネガポジ反転、 イメージ→濃度抽出、最小濃度抽出 → コピー
  B=編集→合成、明るい画素優先、 Cの状態に戻し→ コピー、  編集→合成、暗い画素優先 … D (保存

7.Cを元のBの状態に戻し → リサイズ、400x400px、余白作成、各50px … E
  ↑6の手順で合成
 … F (保存 or 消さずに残す)
8.一番内側の花びら
  Aの上半分を使います。
  イメージ→リサイズ、「縦横の比率を保持する」のチェックを外す。 300x200px
  下図を参考に、リサイズ(250x250px)→余白作成→120ずつ回転して合成 → Fに合成します    
9.花の周囲をマウスで囲み、イメージ→座標指定切抜き
  座標1 :  13   0
  座標2 : 487  474  … G (花) (保存


※花の下(矢印の部分)は、余白を残さないように、画像一杯に切り取ります
< 葉 > … 下段の図と数値を参考にしてください。

10.新規作成、黒、300x300px  イメージ→円形切抜き、背景色=白
   イメージ→リサイズ、横xたて=100x150px  … H (消さずに残しておく)
11.葉の先端部分を作ります
   新規作成、白、70x70px  編集→文字入れ、▲(MSゴシック) 上、左右、ほぼ一杯
12.加工→パンチ、10、
   イメージ→座標指定切抜き 
   座標1 :  0    0
   座標2 : 70  50  → OK  イメージ→リサイズ、50x25px … I → コピー
13.H=余白作成、  編集→ 合成貼り付け → 自然に繋がる位置に移動→位置決定 … J (保存) →コピー
   カラー → グラデーション、   編集→合成、明るい画素優先
   (下図参照)
14.イメージ→余白作成、白、下のみ=25px
   文字入れで葉脈を入れます。、Shift+ろ(アンダーライン )、B体、縦書き ・・・ K(葉L)  (
保存) 
15.新規作成、白、6x200px
   編集→塗りつぶし、明るいい緑(RGB:79.122. 5)
16.イメージ、余白作成(下図の数値参照) 260x400px
   K=コピー、下図の位置を参考に、 編集→合成貼り付け 
17.K=リサイズ、90x170px … L 、背景色=白、+50度回転
   画像の周囲をマウスで囲み、イメージ→座標指定切抜き→OK (画像のサイズが記憶されます)→コピー
18.先ず、右側の葉を合成します。
   下段左から2番目の画像に戻り、イメージ→座標指定切抜き
   表示された「枠」を、クリック&ドラッグで移動
   → 「×」で『座標指定切り取りのウインドウ」を閉じ「枠」を残す
   編集→合成、暗い画素優先 
19.M=ミラー →コピー
   18と同じ手順で左側の葉を合成します。 … N 保存
20.新規作成、白、6x300px、編集→塗りつぶし、暗い緑(RGB: 0.64. 0)
   余白作成、白
21.G=リサイズ、200x200px → コピー
   編集→合成貼り付け → そのまま「位置確定」をクリック
22.イメージ→余白作成、左右=各80px  … O
23.左側の葉
   N=リサイズ、130x200px
   イメージ→任意角度回転、-50度 → 
   画像の周囲をマウスで囲み→イメージ→座標指定切抜き→OK(画像のサイズが記憶されます) … P → コピー
   O=イメージ→座標指定切抜き、枠を好みの位置に移動、 編集→合成、暗い画素優先
24.同様に、右側の葉を合成すれば完成です。
☆直立不動のバラだけでは使いにくいので、少しやわらかい雰囲気のバラも追加しました。

 「)」は、MS明朝、茎の色は、↑と同じ(基本色の濃い緑)です。
 葉(N)をリサイズ(120x180px)→余白作成→渦巻き→切抜き
 
 新規作成画面(260x400px)合成しました(下図参照)
☆凹凸のある模様のガラスの花瓶に活けました。

サンプルは、新規作成画面(620x620px)に、↑で作成したバラを、回転、ミラーを使い、6本合成しました。

25.花瓶を合成したい位置をマウスで囲みます。
   イメージ→座標指定切抜き→ OK (枠のサイズが記憶されます)
   「枠」の数値をメモしておきます。(横X縦=AxB) → 元の下段左端の状態に戻しておきます。
26.新規作成、白、横=A,、縦=BX2
   イメージ→テクスチャー、大理石2、適用の強さ=最大 → コピー→ミラー、暗い画素優先で合成
27.イメージ、角丸切抜き、背景色=白、丸めの半径=最大
   下半分を切り抜きます。 … AXB
   加工→エンボス最大 → コピー
28.編集→合成、「クリップボードから入力」と「透明度を指定して合成」にチェック、15→OK

JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index