JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index


フォントを使った円形枠 

(木彫りのような枠 アレンジ)

型「E」を使った枠 ・ コスモス
↑ クリックで拡大します
カスタムフィルタを使って立体化 超新星を使って彩色した枠



フォントを使った四角枠
 

( kumiさん流「フォントを使った円形枠」+ skyさん ・ アレンジ 


フォントを使った四角枠 
作成手順 ↓ ←クリック


1.新規作成、白、250x200px
  編集→文字入れ、Wingding 2 b(
  下図を参考に位置を決めます… A →コピー、ミラー、連結、左へ
2.イメージ→リサイズ、250x100px
3.イメージ→余白作成 … 下図参照 →コピー
4.イメージー→フィリップ、 編集→合成、暗い画素優先 →コピー
5.表示→背景色=白、 編集→全選択、 イメージ→+30度回転、暗い画素優先で合成
6.再度、+30度回転 暗い画素優先で合成 … 下段右端 → コピー
7.+90度回転、暗い画素優先で合成 … C (保存
8.下段中央と右端の図を参考に、内側の丸枠を作ります … 下段右端 → コピー
 9.C=下図(D)を参考に、位置を指定して、暗い画素優先で合成します ・・・ D (保存
10.イメージ、円形切抜き、背景色=黒
11.イメージ、余白作成、黒、各20px → イメージ→円形切抜き、背景色=白  … E
保存
☆型「E」を使う

12.新規作成、白、1040x1040px  編集→塗りつぶし、緑
13.E=コピー、編集→合成、明るい画素優先
14.画像サイズ、780x780px、イメージ→円形切抜き、背景色=白 →コピー
   (合成位置は下図参照)
☆型「D」 … カスタムフィルタを使って立体感を出しました。

15.新規作成、白、1000x1000px、塗りつぶし、薄茶、  イメージ→テクスチャー、木目2、30、  加工→エンボス、5
   D=コピー、編集→合成、明るい画素優先
16.合成する画像サイズ=780x780px、 イメージ→円形切抜き、背景色=白 →コピー
   合成位置は下図参照 
 … F
17.D=加工→カスタムフィルタ、下記(G)の数値を入力 OK → コピー (元に戻しておく)
   F=編集→合成、加算 → F2
18.D=加工→カスタムフィルタ、下記(H)の数値を入力 → OK → コピー
   F2=編集→合成、減算

カスタムフィルタで模様の立体化
☆超新星を使って彩色

※ご参考までに、超新星と切り取り範囲の数値を入れておきますが、好みで自由にどうぞ・・・。

19.新規作成、黒、1040x1040px(型Eと同じサイズ)
   加工→超新星(参考  RGB値: 0. 0.255 、100.39.199)
20.切り取る範囲 イメージ→座標指定切抜き
   座標1 250  250
   座標2 750  750
21.枠の色が暗くならないように、ネガポジ反転してからテクスチャーをかけています。


※サンプル画像は、最後にカスタムフィルタ(↑と同じ数値)を使って立体感を出しています。




フォントを使った四角枠 

( kumiさん流「フォントを使った円形枠」 ・ アレンジ 

↑ クリックで拡大します

なんだろな?(kumiさん)が、「フォントを使った円形枠」の素敵なアレンジ作品を考えて下さいました。
 kumiさんの作品を元に、JTrimで加工(skyさん)が公開して下さった手順を参考にさせて頂き、四角形の枠にしました。
kumiさん skyさん ありがとうございました。

kumiさんの作品 ⇒ なんだろな?(kumiさん)→バラの花(JTrimで描画)  
skyさんの作品と「kumiさん流円形枠」の手順 ⇒ JTrimで加工(skyさん)→
フォントを使った円形枠 [末摘む花さん]+[kumiさん]
「フォントを使った円形枠」で作成した「画像B」↑を、100x500pxにリサイズして使います。
↑サンプル右側の作品
画像(360x360px)→背景色、白でフェードアウト(10)→角丸切抜き(枠線、色=グレー、サイズ=1)→余白作成、白、各70px
(枠は、紫の枠をRGB交換して使いました)

JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index このページTOP へ↑