JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index

フォントを使った花の枠

花の枠 ・ 西洋朝顔
↑クリックで拡大します
レースの縁取り枠 ・ 夾竹桃
↑クリックで拡大します

1.新規作成、白、200x200px
  編集→、文字入れ、黒、Wingdings、SHift+\、位置=上、左右にほんの少し余白部分を残し、上につめる)
  下図を参考に画像Bを作成してください。
2.B=コピー、フィリップ(上下反転)、暗い画素優先で合成 → コピー
  下図を参考に、回転させながら合成します … C 保存
3.花を黒で塗りつぶします。(許容範囲=65くらい)
  次に、外側を塗りつぶします。(許容範囲=90くらい) → ネガポジ反転 … E (保存
4.合成する画像=500x500px
  E=コピー → 明るい画素優先で合成
5.C=コピー、編集→塗りつぶし、好みの色(今回は、花の色を使いました)、許容範囲=100
  編集→合成、明るい画素優先 … G → コピー
6.F=暗い画素優先で合成
7.上のままで良いのですが、花の芯を入れてみました。
  編集→新規作成、黄色
  表示→背景色=白、円形フェードアウト、最大を2回
  イメージ→余白作成、白、各25
  下図を参考に余白をいれ、回転させながら合成します。(回転角度は、上記の花の場合と同じです)
8.Hと暗い画素優先で合成します。
☆レースの縁取り枠

1.Eをリサイズ→E2 (500x375px) → コピー
  ネガポジ反転、→ 加工→ブラインド、白、縦横=3
  編集→合成、暗い画素優先 → コピー
2.中に入れる画像(500x375)を用意します=編集→合成、明るい画素優先
3.C=リサイズ(500x375px) → ネガポジ反転 → コピー
4.2の画像に明るい画素優先で合成

JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index