JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index


花火 ・ JTrimで描画


打ち上げ花火
↑ クリックで拡大します
都会の花火
↑ クリックで拡大します

< 花火 1 >

1.新規作成、黒、300x300px
  編集→文字入れ、Webdings Shift+Y、白、270前後
2.イメージ→座標指定切抜き
  座標1  215    0
  座標2  300  203 → OK → コピー → ミラー → 連結、右へ … A (保存)  
3.イメージ→リサイズ、30x150
4.余白作成、下=650、左右=各385px … B 
  表示→背景色=黒 → コピー
  編集→全選択 → +30度回転、編集→合成、明るい画素優先
              +30度回転、編集→ 〃 、  〃        … C → コピー
5.+90度回転 … D
  編集→ 合成、明るい画素優先 … E  → コピー
  +10度回転→明るい画素優先で合成を2回 … F (保存
6.F=好みの色で彩色します。
  編集→塗りつぶし、好みの色、許容範囲=80くらい … G
7.F=リサイズ、500x500px ・・・ H (
保存)→ コピー
    編集→塗りつぶし、黄色(好みの色)、許容範囲=100
    編集→合成、暗い画素優先 … H2 → コピー
8.F=合成位置を指定→編集→合成、明るい画素優先
  合成する位置   座標1  150  150
             座標2  650  650 
9.A=リサイズ、20x100px
  余白作成、黒、上=10、下=170、左右=130px … I (280x280px) 保存
  ↑7の手順で、好みの色で塗りつぶし合成します。
  合成位置  座標1  260  260
          座標2  540  540


※ F、H、I を合成 → 花火型「」 … 保存
 (合成位置は、↑8.9参照)
< 花火型「ア」を使った簡単な色付け方法 >

下記、1〜6の手順で作成した画像 + 花火の型「ア」を暗い画素優先で合成します。
< 参考 >

1.赤い花火(300x300px)=編集→全選択、イメージ→座標指定切抜き→OK→コピー
2.新規作成、700x600px、黒
  座標指定切抜き→「枠」を好みの位置に移動、編集→合成、透明度=30
  (赤い花火の色が鮮やか過ぎたため透明度を指定して合成しましたが、勿論そのままの色でもOKです)
3.左下の2つの花火=明るい画素優先で合成
4.右下の2つの花火=編集→塗りつぶし、不透明度=40 → 上記2.3の手順で合成

※ピンクと薄緑の花火は、ブルーの花火を、カラー→RGB交換して使いました。
4.参考作品(700x600px)→リサイズ、幅=500px(500x429px)→下のみ余白作成、71px

JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index