JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index

八重桜 ・ JTrimで描画


八重桜 夜桜 ・ 参考作品
↑ クリックで拡大 → 別ウインドで開きます

※ 注  綺麗に合成するために(いつものことですが・・・)
1.回転するとき→ イメージ→背景色=白(or黒)・・・回転させる画像の中の背景と同色
2.リサイズした時など → 背景色(白)を、許容範囲=12前後で塗りつぶします(白い背景色に汚れが出るため)
≪ 花 ≫

1.新規作成、白、500x500px
  編集→文字入れ、黒、Webdings shift+Y  … 左右=ほぼいっぱい、上=ほんの少し余白を残す。
2.イメージ→座標指定切抜き(下記の数値は、一応の目安です)
  座標1  373   0
  座標2  500 332 → OK (下に余白が残らないように切り取ります) … T 保存
3.文字入れ、白、MSゴシック=▼(斜体) … E → コピー → ミラー → 連結、右へ
4.リサイズ、横x縦=170x300px …  (保存
5.余白作成、白、下=300、左右=各215 (600x600px)
  72度ずつ回転→花びらを5枚合成します … C (保存

  ※真ん中に白い部分が残った場合は、黒で塗りつぶしておきます。
6.新規作成、白、300x300px
  編集→塗りつぶし、薄めのピンク (RGB値:234、191、223)
  背景色=濃いピンク (RGB値*189、81、143) → 円形フェードアウト、50
7.リサイズ、600x600px 
・・・ D
  C=コピー、明るい画素優先で合成 … E
 8.花の「輪郭線」を作成します。
   C=イメージ→濃度抽出、最大濃度抽出、2回→ネガポジ反転 → コピー
   Cの状態に戻し → 明るい画素優先で合成 … F (保存
 9.F=コピー、編集→塗りつぶし、濃いピンク → 編集→合成、明るい画素優先 … G → コピー
   (Fの輪郭線を、濃いピンクで塗りつぶしても可) 
10.Eと暗い画素優先で合成 … H 保存
11.H=コピー、別のJTrimに貼り付け→フィリップ ・・・ I
11.H=2階調化→ネガポジ反転(最小濃度抽出) → コピー (H の状態に戻しておく)
   I =明るい画素優先で合成
12.H=コピー、 暗い画素優先で合成 … J (保存
≪ しべ ≫

13.新規作成、6x230px、白、 塗りつぶし、薄い黄色(255,255,159)
   余白作成、白、上下=5、左右=117 (240x240px)
14.編集→文字入れ、丸=●、濃い黄色(223,223,0)  … 下段、左から2番目 →コピー
   右へ90度回転、 暗い画素優先で合成 → コピー
15.背景色=白、編集→全選択 (回転合成終了まで全選択の枠は消さない)
   右へ30度回転、暗い画素優先で合成、再度30℃回転→合成 ・・・ K 
16.K=リサイズ、200x200px → 背景色=白、編集→全選択、左へ15度回転 … L 
   余白作成、白、上下左右に20 → コピー
   Kの状態まで戻し、暗い画素優先で合成 … M
17.M=カラー→2階調化、ネガポジ反転(最小濃度抽出はしない) → コピー (Mの状態に戻しておく)
18、Jに、明るい画素優先で合成
   合成位置 座標1  180  180
          座標2  420  420 
   M=コピー、暗い画素優先で合成 … N (保存
☆ がく

19.T=コピー→ミラー連結、右へ … 下段左端 
   イメージ→リサイズ、横X立て=50x200px → フィリップ → コピー
   カラー→グラデーション、色1=茶(RGB値:128、64、0 = 基本色)、色2=緑(85、124、3)、上から下
   編集→合成、明るい画素優先
20.余白作成、白、下=200、左右=各175 … U1 (コピー→別のJTrimに貼り付け=U2
   加工→渦巻き、右へ50、編集→全選択、イメージ→回転、右へ30度
21.余白作成、白、左=20px →コピー
   ミラー → 合成、暗い画素優先
   U2=余白作成、白、左右=10px → コピー、 暗い画素優先で合成
   「画像」の周囲をマウスで囲み→イメージ→切抜き・・・ (224X200pxくらい)→リサイズ、220x200px V (
保存
☆つぼみ

22.B=コピー、
   カラー → グラデーション、色1=濃いピンク(189,81,143)、色2=薄いピンク(234、191、223) 上から下
   編集→合成、明るい画素優先 … O
23.B=イメージ→濃度抽出、最大濃度抽出を2回、ネガポジ反転→コピー、
   Bの状態に戻し、明るい画素優先で合成 … 花びらの輪郭線→コピー
   編集→塗りつぶし、濃いピンク、 編集→合成、明るい画素優先 … P →コピー
24.O=暗い画素優先で合成  … Q (花びら)) (保存
   イメージ→余白作成、白、下=300、左右=215 … R1、R2 (コピーして別のJTrimに貼り付け)
25.R2=カラー→2階調化→ネガポジ反転   
26.R1=編集→全選択、イメージ→回転、右へ=20度 → コピー、 ミラー→暗い画素優先で合成
   R2=コピー、明るい画素優先で合成
27.R1の状態に戻し→コピー、暗い画素優先で合成 … 下段、右から2番目
28.V(がく)=コピー 
   27の画像=イメージ、座標指定切抜き
   座標1 190  175
   座標2 410  375 →「×」で「「枠」を閉じ → 編集→合成、暗い画素優先 
29.つぼみを切り抜きます。
   座標1 145    0
   座標2 455  375 → OK →310x375px → リサイズ、100x120px
 (縦横の比率を保持する」のチェックを外す
30.余白作成、白、下=120、左右=70px
   編集→全選択、右へ45度回転… 下段、左から2番目
31.編集→文字入れ、MSゴシック、「( 」 斜体、140前後、色、緑(85、124、3)
   同じフォントの白を重ねて細くします。フォントサイズ=130前後
   画像の周囲をマウスで囲み、イメージ→切抜き
 … W (つぼみ) (保存
≪ 葉 ≫ … 去年作成した「桜の葉の型」を使いました。 → 「桜・2009」の描き方

32.葉の下部に余白が残らないように、マウスで囲み切り抜きます。 → コピー
   カラー→グラデーション、色=明るい緑(81、142、12)、色2=暗い緑(70、99、9)、方向=上から下
   編集→合成、明るい画素優先 … 下段左から3番目
33.葉脈を塗りつぶします。
   暗い緑、許容範囲=75前後 → リサイズ、114x230px
 
34.余白作成、白、下=230、左右=173
   下図を参考に、葉を回転させ→3枚合成します。
 
   画像の周囲をマウスで囲み切り抜きます …  (保存
≪ 絵に仕上げましょう〜♪ ≫

1.花=リサイズ→200x200px、 葉=X、 つぼみ=W
2.枝
  新規作成、白、60x200px、 編集→文字入れ、黒、MSゴシック「)」 → コピー
  →塗りつぶし(基本色の茶)→テクスチャー、大理石2(100) →明るい画素優先で合成
  →リサイズ、30x300px
3.新規作成、白、600x500px 
  下のつぼみ… W=ミラー、左へ90度回転
  上側のつぼみ… W=ミラー、左へ60度回転

※絵を合成するための、新規作成画面のサイズはあくまでも参考の為に入れました。
 通常は大き目に作成→必要な部分を切り抜き→最後に余白を調整されると良いと思います。 
≪ 夜桜 バージョン ≫

下図に記入した説明を参考に仕上げてください。

JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index