JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index


JTrimで描画 ・ 桃の花 & ぼんぼり


↓ 描き方の手順 ↑ 参考作品
クリックで拡大します
春の宵   ↑クリックで拡大
↓ ぼんぼりの描き方


※注 : 綺麗に作成するために・・・
リサイズor回転したとき、もしくは目視で白い部分に汚れがある時 → 必ず、白い部分を白(許容範囲12前後)で塗りつぶします。
途中で画像を保存するときは、画質を落とさないために「ビットマップ」もしくは「PNG]で保存された方が良いようです。
< 花びら>

1.新規作成、白、300x300px
  編集→文字入れ、黒、Webdings、Shift+Y 
  ※フォントの位置→上=ほんの少し余白を残す、左右=ほぼ一杯
2.イメージ→座標指定切抜き
  ※下記の数値は切り抜く範囲の目安です。
  画像の下(矢印の先)に余白を残さないように切りとります。

  座標1   0     0
  座標2  80   210 → OK … A (80x210px) → コピー、
  →ミラー、編集→連結、左へ … 下段左から3番目 (160x210px)
3.イメージ→リサイズ、「縦横の比率を保持する」のチェックを外す、→横x縦=146x210px … B (保存) 
4.イメージ→余白作成、白、下=210、左右=137 … C(420x420px)
5.表示→背景色=白
  編集→全選択、コピー、右へ72度回転、暗い画素優先で合成
   
6.5を繰り返し、5枚の花びらを合成します。… D (保存)  
7.新規作成、白、200x200、塗りつぶし、濃いピンク (参考) RGB値:164、23、72
  表示→背景色、ピンク (参考) RGB値:255、205、255
8.加工→円形フェードアウト、最大、2回
  イメージ→リサイズ、420x420px … 下段右から2番目
9.D=コピー
  編集→合成、明るい画素優先 … E (保存もしくは、JTrimを消さないで置いておく)
   
<花びらの輪郭線>

10.B=イメージ→濃度抽出→最大濃度抽出を2回、ネガポジ反転→コピー
   元のBの状態に戻し、明るい画素優先で合成、 … F(花びらの輪郭) (保存
11.イメージ→余白作成、白、下=210、左右=137px
   ↑4〜6と同じ手順で、花びらの輪郭を合成します。 … G (保存
12.G=コピー、編集→塗りつぶし、濃いピンク (参考)RGB値:224、31、99
     編集→合成、明るい画素優先 … H → コピー
13.E=編集→合成、暗い画素優先 … I
   
<しべ>

14.新規作成、黒、4x260px
   イメージ→余白作成、白、上下=10、左右=138 → コピー
  編集→塗りつぶし、濃いピンク(花びらの輪郭線と同色)RGB:224、31、99 →明るい画素優先で合成 … 下段中央
15.編集→文字入れ、MSゴシック、丸=●、色=濃い黄色(RGB値:225、225、0) 
   両端に入れます … 下段右から2番目、 →コピー
16.右へ90度回転、暗い画素優先で合成 … 右端 →コピー  
    
17.表示→背景色=白に変更、 編集→全選択、(合成が終了するまで「全選択の枠」を消さない)
   右へ、30度回転、暗い画素優先で合成、… 下段左端 
18.再度、右へ30度回転、暗い画素優先で合成  … J
19.J=コピー、別のJTrimに貼り付け
   イメージ→リサイズ、200x200px、
   余白作成、白、周囲に=各40px … K (280x280px) 
   編集→全選択、右へ15度回転 →コピー
20.J=暗い画素優先で合成 … L (
保存
   
21.L=イメージ→余白作成、白、周囲に各70px ・・・ 420x420px
   背景色を白、編集→全選択、加工→渦巻き、右へ30 … M →コピー
22.I=暗い画素優先で合成 … N 「桃の花」の完成です!  保存
 
< 葉 >

23.B=余白作成、白、上=60 → コピー → フィリップ、暗い画素優先で合成 … O (保存) →コピー
24.カラー→グラデーション、色1=暗い緑(RGB:57、72、36)、色2=明るい緑(RGB:128、255、0)、方向=左下から右上
   編集→合成、明るい画素優先
25.イメージ→リサイズ、90x270px …P 
26.余白作成、白、下=270、左右=225 … Q →コピー
26.編集→全選択
   右へ20度回転、暗い画素優先で合成
   左へ10度回転 → 「葉」の周囲をマウスで囲み、 イメージ→切抜き
27.イメージ→リサイズ、40x90px … R (保存
< がく >

28.O=コピー
   カラー→グラデーション
   色1:56、56、29)、色2:128,128、64(基本色)、方向=左下から右上
   編集→合成、明るい画素優先
   イメージ→リサイズ、48x100px  
   余白作成、白、下=100、左右=76
   編集→全選択→コピー
   右へ60度回転→暗い画素優先で合成
   左へ30度回転→暗い画素優先で合成 → マウスで囲み、イメージ→切抜き、
30.イメージ→リサイズ、56x50px  … S (がく)  (保存
31.R=余白作成、白、下=5、左右=各8 → (56x95px) コピー
32.がく=余白作成、白、上=45px、暗い画素優先で合成 … T (保存
< つぼみ >

33.B=コピー、カラー→グラデーション、色1=ピンク(RGB:255、205、255)、色2=白、方向=上から下
     編集→明るい画素優先で合成
34.F=コピー、編集→塗りつぶし、濃い目のピンク(↑232、85、136)
     編集→明るい画素優先で合成
35.34と35を暗い画素優先で合成 … U (146x210px)
   余白作成、白、下=210、左右=各137  … V1 (もう一枚コピーしておく=V2)
36.B=余白作成、白、35と同じ → ネガポジ反転 … W
37.V=表示→背景色=白、編集→全選択
     コピー→右へ40度回転、 編集→合成、暗い画素優先、 左へ20度回転、
   W=コピー、明るい画素優先で合成
38.V2=コピー、暗い画素優先で合成
   イメージ→リサイズ、「縦横の比率を保持する」のチェックを外す。横x縦=150x200px … X
39.がく(S)= → コピー
40.X=イメージ→座標指定切抜き
   座標1   48    65
   座標2  104   115  →  「×」閉じ「枠」を残す
   編集→暗い画素優先で合成 
41.イメージ→座標指定切抜き
   座標1  30    0
   座標2 120  115 … Y(つぼみ) (90x115px) (保存
< 絵に仕上げましょう〜! >

お好きな位置に合成してお楽しみ下さい。
ご参考までに、サンプルの合成位置をご紹介しておきます。
最小濃度抽出一回で合成して、画像の周囲が綺麗にゆかなかった場合、最小濃度抽出を2回で試してみてください。


1.新規作成、白、300x300px
2.編集→文字入れ、MSゴシック、半角英数スラッシュ 「/」、フォントサイズ=300前後、色=こげ茶(64、0、0)
3.葉・・・下=左へ25度回転、 上の葉=下段の葉を左右反転(ミラー)
  蕾 … 左へ40度回転


ぼんぼり

簡単に手順をご紹介しますので、添付図を参考に自由に描いてみてください。

☆「ぼんぼり」の「型」の作り方

1.新規作成、白、500x500px、文字入れ→Webdings Shift+Y … a
  下図を参考に範囲指定→切り抜き
  座標1   360    0
  座標2   500  345 → OK (280x345px) → コピー→ミラー連結、右へ … 
2.「c」=「a」→ 最大濃度抽出8回、ネガポジ反転→コピー、「a」と、明るい画素優先で合成
  余白作成、下=345、左右=205
  ↑の「つぼみ」の手順を参考に作成します。  
3.画像をマウスで囲み、イメージ→切抜き … 430x690px
  余白作成、下へ65px … 430x750px
4.「h」以外=下記のサイズ(黒)で作成したものを合成するか、合成したい位置に枠を表示→黒で塗りつぶします。
  「e」=190x20px
  「g」=120x25px
  「h」=新規作成、白、80x40px、文字入れ、黒→「モフ字▼」 もしくは「MSゴシック▼」→合成貼り付け
  「i」=20x320px
  「h2」=h→フィリップ
  「j」=160x25px

  「f」=10x320px
☆ぼんぼりの模様

  模様上=↑H→リサイズ、50x50、 →余白作成、白、各3px → 最小濃度抽出 2回
  模様下=最小濃度抽出 1回

☆花びら=Hの周囲に余白をいれ(V1)→渦巻き→フィリップ、リサイズ、回転させて好みの位置に合成します。

JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index