JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index


桜の花の型 二種

濃度抽出を使った縁取り リサイズを使った縁取り
リサイズを使った縁取り
Webdings Shift+Y (ハート)を使って作成した型
作成手順 ↓
MSゴシック「●」を使って作成した型
「型」の作成手順→JTrimで描画・桜

≪桜の花の型 ・ 1≫

☆リサイズを使って「花の縁取りの枠」を作る場合


1.新規作成、白、500x500px
  編集→文字入れ、Webdings Shift+Y 、 上、左右、ほぼ一杯
2.イメージ→座標指定切抜き 
  座標1  295  500
  座標2  500  386前後 (ハートの縁と「切り取り枠」の角が合う様に調整します=○印) → OK → コピー
3.イメージ→ミラー
  編集→連結、右へ ・・・ A
  
4.A=イメージ→リサイズ、400x480px (「縦横の比率を保持する」のチェックを外す)
5.イメージ→余白作成、上=20、下=500、左右=各300 ・・・ 下段左端 (1000x1000px)
6.表示→背景色=白に変更、  編集→コピー、
  編集→全選択、 イメージ→右へ72度回転、暗い画素優先で合成 ・・・ 下段右端
  
7.6の「太文字」の部分を繰り返し、花びらを5枚合成します・ ・・・ 下段左端
8.画像の周囲いっぱいにマウスで囲み、イメージ→切抜き


※中心に白い部分が残った場合は、マウスで囲み「黒で塗りつぶぶして下さい。
  
 9.イメージ→リサイズ、 900x900px  ・・・ B (保存)→コピー、別のJTrimに貼り付け(B2)
10.B2=イメージ→リサイズ、940x940px、 イメージ→余白作成、上下左右=30 ・・・ C (保存
11.C=ネガポジ反転→コピー、
   B=明るい画素優先で合成 ・・・ D (保存
     
☆濃度抽出を使って、「花の縁取りの枠」を作る場合

12.B=イメージ→余白作成、白、上下左右=50px ・・・ E (1000x1000px)  
13.E=→コピー→別のJTrimに貼り付け→最小濃度抽出、15回(大きくなります) ・・・ F
14.E=ネガポジ反転→コピー
   F=編集→合成、明るい画素優先 ・・・ G 


※Eが出来た時点でリサイズしてもOKです。(例:500x500px)、但し、最小濃度抽出の回数は様子を見ながら決めてください)
  
≪ 桜の花の型・2 ≫

15.型2=500x500px
   白抜きにする型=型2をリサイズ→460x460px、余白作成、上下左右=各20
 →ネガポジ反転→コピー
16・型2と明るい画素優先で合成 ・・・ 縁取り枠

※合成方法や型の使い方等は、はこちらをご覧下さい ⇒ フォントにカラーの縁取り (別ウインドウで開きます)

JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index