JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index


フォントにカラーの縁取り


最大(最小)濃度抽出を使うと、フォントだけでなく、複雑な形も自由に縁取り線が付けられます。
フォントだけでなく、色々な形に自由に縁取りを付けてお楽しみ下さい。


↓ クリックで拡大。 「閉じる=×」で戻ってください。

Webdings Shift+Y に縁取り モフ字の「花」に縁取 カスタムフィルタを使って縁取り


1.新規作成、白、500x500px
  編集→文字入れ、Webdings Shift+Y、色=黒、サイズ=下図(A)参照→コピー
2.A=コピー、新しいJTrimに貼り付け(同じ画像を3つ作成、A2、A3)
3.A2=イメージ→濃度抽出、最大濃度抽出を2回
     カラー→ネガポジ反転 … B →コピー
4.A3=編集→合成、明るい画素優先 … C
5.画像G=500x500px
  B=コピー、編集→合成、明るい画素優先 … D
6.C=コピー、
  編集→塗りつぶし(好みの色)、編集→合成、明るい画素優先 …E
7.D=コピー、E=編集→合成、暗い画素優先 … F(保存)
 8.D=元の画像(G)に戻す。
     加工→ガウスぼかし、5 … H
 9.A=ネガポジ反転→コピー、H=明るい画素優先で合成 … I
10.F=コピー、I=暗い画素優先で合成
 
※参考 

☆Wハートの型
11.↑A=表示→背景色=白、 右へ25.5度回転、マウスで囲み切り抜き
12.400x500にリサイズ
13.手順3の「最大濃度抽出」を3回にして、少し線の幅を太くしました。


Wハートの作品はこちら ⇒ フォントにカラーの縁取り

☆モフ字の「花」B体の型
14.文字を太くしたいので、「」↑に使う画像は、イメージ→最小濃度抽出(3〜4回)で大きく(太く)しました。

  ↑「B」として使った画像は、入力した状態のままです。
  
☆ハートの枠に「カスタムフィルタ」を使って縁取り

※なるべく大きいサイズで作成、リサイズしたほうが、縁取り線が綺麗に出来ます。
 今回は、新規作成、白、800x800pxで作成しています。

15.新規作成、白、800x800px
   編集→文字入れ、Webdings Shift+Y、色=黒、→コピーして2枚用意します・・・J,J2
   J2=最大濃度抽出、20回くらい(回数はお好みで・・・) 
16.そのままでも良いのですが、赤丸部分を修正します。
   編集→文字入れ、MSゴシック、▼、白   ・・・  (保存)
17.K=ネガポジ反転→コピー、Jと明るい画素優先で合成、サインを入れます。
・・・ (保存)
  
18.K=コピー、中に入れる画像と明るい画素優先で合成 ・・・ 下段左端
19.K=ネガポジ反転→コピー
   元のの状態に戻し、
   カラー→グラデーションで好みの背景を作成、編集→合成、明るい画素優先 ・・・ 下段中央
20.18と19を暗い画素優先で合成。・・・M
  
「M」に「立体感の有る枠」をつけます。

☆ハイライト

21.L=加工→カスタムフィルタ、下記の数値を入力→OK, →コピー →(元のLの状態に戻しておく)
22.M=編集→合成、「クリップボードから入力」と「加算」にチェック→OK ・・・ 
☆シャドウ
23.L=加工→カスタムフィルタ、下記の数値を入力→OK →コピー
24.N=編集→合成、「クリップボードから入力」と「減算」にチェック→OK ・・・ 完成です!
カスタムフィルタの使い方は、下記のお二人の手順を参考にさせていただいています。
AzPainter 使い倒し
(REIKOさん)、Enjoy JTrim (flipflop さん)

※カスタムフィルタの数値は「保存」しておかれると便利です。
 詳しい説明と保存の方法は、flipflopさんの 「JTrim/画像に透明文字(凹凸)を入れてみよう」を参考になさってください。
 但し、フォントの色が違う(白or黒)の場合、「ハイライト」と「シャドウ」の数値が逆になりますのでご注意下さい。

JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index