JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index


ヒイラギのリース


セイヨウヒイラギ
描き方の手順 ↓
ヒイラギのリース
↑ クリックで拡大します


≪ 葉 ≫

1.新規作成、白、70x300
  編集→文字入れ、黒、MSゴシック「丸=●」 上下右」いっぱい(325前後) ・・・ 下段左端画像参照
2.範囲を指定→文字入れ→フォント(MSゴシック,●、白、サイズ195前後)
  1段目(斜体)=イメージ→座標指定切抜き→●(斜体)
       座標1: 0   0
       座標2: 70  60

  2段目(斜体)=座標1:  0   60
       座標2: 70  120
  
  3段目=座標1:  0  120
       座標2: 70   180

  4段目(斜体)
       座標1:  0   180
       座標2: 70   240

  5段目(斜体)
       座標1:  0   240
       座標2: 70   300  ・・・ A → コピー
3.カラー→グラデーション、色1=RGB値: 0、45、0  色2=67、143、20
  編集→合成、明るい画素優先 ・・・ B →コピー、
  イメージ→ミラー
  編集→連結、右へ ・・・ C (140x300px)
4.イメージ→余白作成、白、下のみ=20px
5.編集→文字入れ、MS明朝、アンダーライン(shift+ろ)、色=RGB値: 111、111、0  サイズ=50くらい・・・ (140x320px)
6.イメージ→余白作成、下=320、左右=各250 ・・・ 640x640px
  加工→渦巻き、渦の角度=15 ・・・ 下段右端 →コピー
               
7.表示→背景色=白
  編集→全選択、イメージ→任意角度回転、右へ120度、 編集→合成、暗い画素優先 ・・・ 下段左端
8.再度右へ120度回転、編集→合成、暗い画素優先 ・・・ 下段中央 →コピー
9.イメージ→フィリップ(上下反転)、編集→合成、暗い画素優先 ・・・ D (保存) 640x640px
  
≪ 実 ≫

10.新規作成、赤、 表示→背景色=暗赤色(RGB値:113、0、0)
   加工→フェードアウト、最大
   イメージ→円形切抜き、背景色=白、
   イメージ→リサイズ、50x50px ・・・ E (保存
11.合成するときの為に「E」の「型」を作ります。
   新規作成、白、100x100px、 イメージ→円形切抜き、背景色=黒
   リサイズ→50x50px 、(※注)イメージ→濃度抽出→最小濃度抽出 ・・・ F 保存

   ※注・・・ 画像を重ねて合成する時、画像の境目が綺麗に合成できます。
12.E =編集→全選択、イメージ→座標指定切抜き → OK (画像のサイズが記憶されます) → コピー
13.新規作成、白、200x200px
   編集→合成貼り付け、好みの位置に移動→位置確定   
14.2つ目以降
   イメージ→座標指定切抜き、左上に表示された「枠」をクリック&ドラッグで好みの位置に移動
   →「ウインドウ」を「×」で閉じる
   編集→合成、暗い画素優先
15.重ねて合成する場合
   先に「F」を「明るい画素優先」で合成→次に「E」を「暗い画素優先」で合成します。
       
16.完成した実=G ・・・ 保存 (「ビットマップ」もしくは「PNG」で保存)
   カラー→2階調化→ネガポジ反転、イメージ→最小濃度抽出 ・・・H 
   編集→全選択、イメージ→座標指定切抜き→OK (記憶させます)
17.「葉=D」を開きます。
   イメージ→座標指定切抜き、「枠」を移動 → サンプルは、中心をずらして、やや「左下寄り」にしました。
   「ウインドウ」を「×」で閉じる。
18.H=コピー、編集→明るい画素優先で合成
19.Gの状態にまで戻し→コピー、編集→暗い画素優先で合成  ・・・ I (ビットマップ or PNG で保存
20.I = イメージ→リサイズ、200x200px
       編集→全選択、イメージ→右へ15度回転 ・・・ 下段右端
       
21.イメージ→余白作成、白、下=400、左右=200 ・・・ 600x600px → コピー
   イメージ→フィリップ、編集→暗い画素優先で合成 ・・・ J1
22.J1=コピー→別のJTrimに貼り付け(合計3つ) ・・・ 1つは加工用=J1、2つ目は合成用=J2
   3つ目=カラー→2階調化、ネガポジ反転、イメージ→最小濃度抽出 ・・・ K 
  
23.J1=表示→背景色=白、  
     編集→全選択、 右へ30度回転、、  K=コピー、
     編集→明るい画素優先で合成 ・・・ 下段左端
24.J2=コピー、編集→暗い画素優先で合成 ・・・ 下段中央
  
25.23〜24の手順を繰り返し、左右に5ツずつになるように合成します。
   ヒイラギが左右対称になるように、再度、右へ30度回転
26.K=コピー、明るい画素優先で合成 ・・・ 下段中央
   J2=コピー、編集→暗い画素優先で合成 ・・・ ヒイラギの輪の完成です。 ・・・ O (
保存
   ・・・ PNGで保存 
  
≪ リースの土台 ≫

27.新規作成、白、460x460px
   編集→塗りつぶし、こげ茶(85、43、0)
   イメージ→円形切抜き、背景色=白 ・・・ L
29.新しいJTrimを開き、新規作成、白、440x440px、 円形切抜き、背景色=黒 → コピー
30.L=イメージ→座標指定切抜き
   座標1  10    10
   座標2 450   450 → 「ウインドウ」を「×」で閉じ→編集→明るい画素優先で合成 ・・・ 下段右端
  
31.余白作成、白、上下左右=各20px
   ウエーブ、20、→ コピー
編集→全選択、  
32.右へ90度回転→暗い画素優先で合成 → 下段中央 → コピー
33.右へ30度回転→暗い画素優先で合成 ・・・  (
保存

※好みの角度で回転→合成してください。
  
☆土台とヒイラギの輪を合成します。

34.=イメージ→余白作成、白、上下左右=各50px (600x600px)
35.(ヒイラギの輪)=2階調化、ネガポジ反転→最小濃度抽出→コピー
36.=編集→合成、明るい画素優先
37.元のOの状態に戻し、 編集→暗い画素優先で合成すれば完成です。
 ・・・ 下段右端
  

JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index