JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index


秋草2種 ・ JTrimで描画

吾亦紅(ワレモコウ)& 女郎花
↑ クリックで拡大します
参考作品 参考作品
秋の花 三種


その1 ・ 吾亦紅

≪ 花 ≫

1.新規作成、白、100x100px
2.イメージ→リサイズ、100x150px → コピー
  カラー→グラデーション、色1=赤、色2=黒(いずれも基本色)、方向=上から下
3.編集→合成、明るい画素優先
   
≪ 葉 ・ 1 ≫

1.新規作成、白、50x50px 
  編集→文字入れ、黒、● ・・・ 周囲に白い部分が少し残る大きさ
2.加工→ウエーブ、1
3.イメージ→リサイズ、横X縦=50x80px
  イメージ→余白作成、白、下=5px ・・・ 下段左から3番目 → コピー
4.カラー→グラデーション、色1=明るい緑、色2=暗い緑、グラデーションの方向=上から下
  編集→合成、明るい画素優先
5.編集→文字入れ、アンダーライン、暗い緑、「縦書き」、「B」にチェック ・・・ 下段左から4番目
  (詳しくは、JTrimで描画・菊、no.29 をご覧下さい) ・・・ 葉 (A保存
6.新規作成、白、4x150px(実物大)、塗りつぶし、暗い緑
7..イメージ→余白作成、白、上=80、下=230、左右=228 ・・・ 460x460px
8.A=コピー

  編集→合成貼り付け、位置が決まれば→位置確定をクリック
        
 9.A =右へ60度回転、葉の周囲をマウスで囲み、イメージ→切抜き ・・・ B
10.B =コピー
   編集→全選択、イメージ→座標指定切抜き→OK 画像のサイズを記憶させます。
11.イメージ→座標指定切抜き、葉を合成する位置に枠を移動→ 編集→合成、暗い画素優先 ・・・下段中央
12.加工→渦巻き、40 
   画像をマウスで囲み→イメージ→切抜き ・・・ 葉 (保存
   
≪ 葉 ・ 2 ≫

13.新規作成、白、100x100px
14.編集→文字入れ、●、黒、(フォントサイズをメモして置く)  上、左に余白を残して入れます。
15.加工→ウエーブ、2
16.編集→文字入れ、●、白、フォントサイズ=黒●+150 ・・・ C 
保存
17.葉1と同じ手順で彩色します。(グラデーションの方向=右上から左下)
    
≪ 絵に仕上げましょう ≫

参考までに、夫々のサイズを書いておきます。

1.新規作成、白、350x700px
2.花1=30x45px、花2=25x30px
3.葉1=右へ60度回転、マウスで囲み切り抜き → 120x88にリサイズ
  葉2=バランスを見ながらリサイズ、回転させて合成します。
4.茎=コスモスで作成した茎を、塗りつぶし&リサイズして使っています。 
    
    


その2 ・ 女郎花

≪ 花 ≫

1.新規作成、白、200x80px
  編集→文字入れ、●、黒 ・・・位置、大きさは、下段左端の画像を参考にして下さい。 → コピー
2.編集→塗りつぶし、黄色(基本色の中の濃い色)、許容範囲=90くらい
3.加工→ノイズ、100
  編集→合成、明るい画素優先 ・・・ 右から2番目
4.加工→拡散、レベル=7 ・・・右端 
    
 5.新規作成、白、25x50px
  編集→文字入れ、MSゴシック、B体、半角英数スラッシュ「/」、色=黄緑(123、170、28)
 6.編集→コピー、ミラー→連結、右へ
 7.イメージ→余白作成、白、下のみ=70px
  編集→文字入れ、アンダーライン(Shift+ろ)、B体、縦書き、フォントサイズ=55〜60くらい(太さを合わせます)
 8.イメージ→余白作成、白、上=0、下=120、左右=95 ・・・ E  (240x240px)
  →コピー→別のJTrimに貼り付けておく。(E2)
  編集→全選択、右へ20度回転→コピー、ミラー、編集→合成、暗い画素優先
 9.E2=コピー
   編集→合成、暗い画素優先 ⇒ 茎の下に余白を残さない様に、画像の周囲をマウスで囲み → イメージ→切抜き
10.イメージ→リサイズ、100x50px ・・・ F
         
11.F=イメージ→余白作成、白、上=60、↓=0、左右=各50 ・・・ 200x110px
12.花(D)=カラー2階調化、最大 →ネガポジ反転、コピー
13.編集→合成、明るい画素優先
14.もとのDの状態に戻し→コピー
   編集→合成、暗い画素優先  ・・・ H 花の完成です(200x110px)
     
≪ 葉 ≫

15.を開く
   編集→塗りつぶし、黄緑(138、190、31)、許容範囲=90くらい
16.右へ35度回転、 画像の周囲をマウスで囲み^≫イメージ→切抜き
 ・・・  (保存
     
≪ 絵に仕上げましょう ≫ 

※ 画像を合成するとき、なるべくリサイズせずに元のサイズのままで作業したほうが綺麗に合成できます。
   その場合、画面が大きすぎて見づらいので「見た目のサイズ」を縮小して作業すると、全体が良く分かります。
  (縮小比率は、JTrimの画面下のバーに「パーセント」で表示されます)
1.新規作成、白、7x595px 編集→塗りつぶし、濃い目の黄緑(123、170、28)  
  イメージ→余白作成、上=105、下=0、左=197、右=196 ・・・ 400x700px
2.G=コピー → 編集→合成貼り付け ・・・茎の上に移動→位置確定

3.新規作成、白、30x100
4.編集→文字入れ、MS明朝 「 ) 」、色=緑(茎と同色)
5.イメージ→リサイズ、「縦横の比率を保持する」のチェックを外す、横x縦=20x300 
6.花、斜めの茎→花の順に、それぞれリサイズ、回転させて合成します。
  画像が重なる箇所は、二階調化で一旦白抜きにしてから、暗い画素優先で合成しています。
  花、葉 共に左右対称に合成しています。

※参考までに、サンプルの画像サイズ、回転角度を入れておきます。
  ☆茎 ウ=右へ25度回転、横x縦=87x140px、  
      エ=105x200px
  ☆花 ア=100x55px、右へ10度回転
      イ=130x72px 右へ15度回転


7.全体のバランスを見ながら、葉(H)をリサイズ、回転させて合成します。
     


JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index