JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index


カスタムフィルタで模様の立体化

↑ クリックで拡大 別ウインドウで開きます。

カスタムフィルタを使って「画像」を立体的にする方法は、AzPainter 使い倒し(REIKOさん)が考案されました。
REIKOさんのサイトでは手順を掲載していらっしゃらない為、それを応用して Enjoy JTrim (flipflop さん)が、詳しく説明して下さっています。
今回のカスタムフィルタの数値は、flipflop さんの「JTrim/画像に透明文字(凹凸)を入れてみよう」を参考にさせて頂きました。

AzPainter 使い倒し(REIKOさん)
Enjoy JTrim (flipflop さん) → 「JTrim/画像に透明文字(凹凸)を入れてみよう」

※注 flipflopさんと同じように「背景色=黒、模様(フォント)=白」の場合、「ハイライト」と「シャドウ」の数値は逆になります。

1.枠を用意します。(500x500px) ・・・ A 
  ※サンプル画像の作成手順はこちらから → 木彫りのような枠」

2.新しいJTrimを開き、Aをコピー→貼り付け  
  カラー → グラデーション、色1、色2、グラデーションの方向はお好みで。
  編集→合成、明るい画素優先 (最初に貼り付けた時に記憶されていると合成されます) ・・・ 

  ※グラデーションでなく、編集→塗りつぶし(一色)も良いと思います。
  
3.A=加工→ハイライト、下記の数値を入力 → OK ・・・ 下段中央の画像 → コピー
  (コピーした後、「ハイライト」を「A」の状態に戻しておく)
4.B=編集→合成、「クリップボードから入力」と「加算」にチェック → OK ・・・ 
   
5.A=加工→ カスタムフィルタ、下記の数値を入力 → OK → コピー
  C=編集→合成、「クリップボードから入力」と「減算」にチェック → OK 

模様の背景が白なので分かり辛いかと思いますが、これで模様に光と影がつきました。
  
6.中に入れる画像を用意します。 500x500px
7.=カラー → ネガポジ反転 → コピー
  編集 → 合成、明るい画素優先 ・・・ 下段左
8.=コピー
  編集 → 合成、暗い画素優先 
9.最後に、加工→立体枠、スムースにチェック、2→OK ・・・完成です!
 

JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index