JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index


秋桜 ・ JTrimで描画


秋桜
↑ クリックで拡大します。
参考作品
↑ クリックで拡大します。


≪ 花 ≫

☆ピンクのコスモス

1.表示→背景色=グレー
  新規作成、白、300x300px
2.編集→文字入れ、黒、Webdings Shift + Y
  ※フォントの位置、上=余白を残す 左右=いっぱい
3.イメージ→座標指定切抜き
  座標1  180    0
  座標2  300  235〜(※)  → OK → コピー 
  (※ハートの先端部分一杯になるように調節して下さい)
  イメージ→ミラー、 編集→連結、右へ ・・・ 下段左から3番目のハート
4.イメージ→リサイズ、「縦横の比率を保持する」のチェックを外す。横x縦=120x250 ・・・ A (
保存
5.A=カラー→ネガポジ反転、 
  イメージ→リサイズ、「縦横の比率を保持する」のチェックを外す。縦X横=112X242
6.イメージ→余白作成、黒、上下左右=4px、・・・120x250px → コピー
  Aの状態まで戻す → 明るい画素優先で合成 ・・・ B (
保存)  
      
 7.新規作成→120x250、白
 8.上下を別に彩色します。
   ☆上部 イメージ→座用指定切抜き、
        座標1   0     0
        座標2  120  125  → ウインドウを「×」で閉じ、枠を残す。
   編集→塗りつぶし、 ピンク(255,145,255)
 
   ☆下部 座標1   0   125
         座標2  120  250  → ウインドウを「×」で閉じ、枠を残す
   カラー → グラデーション、 色1=ピンク (上と同じ)、色2=濃いピンク(206,0,103)、方向=上から下
 9.A=コピー、明るい画素優先で合成 ・・・ C
10.縁取りをつけます。
   B=コピー、編集→塗りつぶし、薄いピンク(255,196,255)、許容範囲、透明度=100
   編集→合成、明るい画素優先 
11.中を黒で塗りつぶします。許容範囲=20くらい(縁取りとの間に隙間が出来ない様に数値を見つけてください) →コピー
12.C=明るい画素優先で合成 ・・・ 花びら (保存
          
13.花びら=イメージ → 余白作成、上=0、下=250、左右=各190 ・・・ D → コピー 
   別のJTrimに貼り付けて、2枚用意しておきます・・・ D2
14.画像A=ネガポジ反転、余白作成→、上=0、下=250、左右=各190 ・・・ E

15.D2=表示→背景色=白に変更
   編集→全選択、 イメージ→右へ45度回転、

(回転→合成が完了するまで枠は残します。途中で消えた場合、再度、編集→全選択して下さい)
  
16.=コピー、明るい画素優先で合成 ・・・ 下段左端
17.D=コピー、暗い画素優先で合成 ・・・ 下段中央
18.右へ45度回転→=コピー、明るい画素優先で合成、 ・・・ 下段右端 → コピー
  
19.右へ90度回転 → 暗い画素優先で合成 ・・・ 下段中央 → コピー
20.右へ90度回転を2回 ・・・ 下段左端
  
21.暗い画素優先で合成
≪ 花芯 ≫
22.新規作成、黄、100x100px
23.表示→背景色=茶(基本色、128,64,0)
   加工→円形フェードアウト、10
24.加工→ノイズ、最大
25.加工→エンボス、5
26.イメージ→円形切抜き、背景色=白、枠線なし ・・・ 花芯 (保存
27.花芯=カラー→2階調化、255 (白い部分が残った場合、文字入れ(●)で消します)
   カラー → ネガポジ反転 → コピー
     
28.合成する位置を指定します
   イメージ→座標指定切抜き
   座標1  200  200
   座標2  300  300  → 「×」でウインドウを閉じ、「枠」を残す
29.編集→合成、明るい画素優先で合成
30.花芯の状態まで戻し→コピー、暗い画素優先で合成  ・・・ 「ピンクの秋桜」の完成です。  ・・・ 
保存
 
☆赤いコスモス

31.イメージ→座標指定切抜き
   座標1    0    0
   座標2  120  100 → 「×」でウインドウを閉じ「枠」を残す。
   編集→塗りつぶし、RGB値:206、0、203
32.座標1    0  100
   座標2  120  250
   カラー→グラデーション、色1=206、0、203、 色2=138、0、69
33.縁取りの色=119、0、64
   暗い画素優先で合成


※ 赤い色は、Jpegの標準設定(保存の品質80)で保存すると汚くなってしまいます。
  Jpegの設定を変更するか、PNG で保存されることをお勧めします。


※Jpegの設定を変更する方法は、JTrimで加工(skyさん)に教えていただきました。
詳しくは、flipflopさんのサイトをご覧下さい。
JTrim FA&Q → JTrim 014 / 保存オプションJTrim 039 / 保存オプションの設定を確認しよう
    
≪ 茎 ≫
34.新規作成、白、35x120、背景色=グレー
35.編集→文字入れ、MSゴシック「 ) 」、色=緑(67,143,20) ・・・下段左端 →コピー
36.イメージ→余白作成、白、上=0、下=120、左=25、右=0
37.イメージ→ミラー、編集→合成貼り付け、(合成位置は下図参照) →位置確定
38.イメージ→リサイズ、「縦横の比率を保持する」のチェックを外す、横x縦=40x400px
 ・・・  (保存
      
≪ 葉 ≫
39.新規作成、白、30x100
40.編集→文字入れ、MS明朝 「 ) 」、色=緑(茎と同色)
41.イメージ→リサイズ、「縦横の比率を保持する」のチェックを外す、横x縦=30x250 ・・・ F 保存 
   
42.新規作成、白、200x300px
   茎(F)=コピー、→編集→合成貼り付け ・・・ 
   下図を参考に、画面の中央下よりに移動→位置確定)
   (※サンプル画像は、編集→ミラーで左右反転して使っています。)

43.F=右へ30度回転→マウスで囲み→イメージ→切抜き
   編集→全選択、イメージ→座標指定切抜き→OK ・・・  →コピー
   (切り抜く範囲は下図参照)
       
44.イメージ→座標指定切抜き、枠を移動させ→ウインドウを「×」で閉じる。
   編集→暗い画素優先で合成 ・・・ (位置は、下段左端の図参照)
45.左側の葉
    → ミラー(左右反転) 同様の手順で合成します。

   ※合成後は、必ず元の「F]の状態に戻しておきます。

46.下側の葉は、少し大きめに切り抜き、同様の手順で合成します。 
47.葉の周囲をマウスで囲み、イメージ→切抜き ・・・  
保存

コスモスの背を高くする場合、茎と葉を、それぞれ切り抜きリサイズ→合成して繋げます。・・・下段右端の図参照
   
☆花2

48.↑の13〜17んの手順を参考に、「花びら」を回転させながら、4枚合成します。 ・・・ 下段左端
   回転角度=35度
49.4枚合成できたら、左へ52.5度回転
50.「がく」は、朝顔で作成した「がく」を、リサイズ(100x70px)して合成します。
   朝顔の「がく」の作成手順 ← クリック(別ウインドウで開きます)
  


≪ 絵に仕上げましょう ≫

参考までに、簡単にご紹介しますが、これに拘らずに自由な配置で、素敵な絵に仕上げてください。

1.下記の通り、夫々リサイズします。
  花=200x200px
  葉=85x160px
  茎=40x400 (そのまま)
2.新規作成、白、横x縦=400x500px
  茎=コピー、合成貼り付け
3.花=編集→全選択、イメージ→座標指定切抜き→OK
     カラー→2階調化→ネガポジ反転→コピー
     イメージ→座標指定切抜き→花を合成する位置に枠を移動→明るい画素優先で合成
     花を元の状態に戻し→コピー、編集→暗い画素優先で合成 ・・・ 
4.茎=右へ20度回転、 必要な部分をマウスで囲み、イメージ→切抜き  → コピー
5.新規作成、白、250x500、  編集→合成貼り付け ・・・ 下段右端
    
6.3〜4の手順で花を合成します。 ・・・ 下段左端
7.レイアウトを考えて、必要な部分を切り抜き→ 「 I 」に、暗い画素優先で合成します。
    
7.最後に葉を合成して完了です。
  右側の葉=右へ50度回転、 暗い画素優先で合成
  左側の葉=左右を反転(ミラー)→回転、同様に暗い画素優先で合成します。
   

JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index