JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index


フイルム風の枠


PhttoScape のフレームの中にある「フイルム風のフレーム」を参考に、JTrimで作ってみました。
古いフイルムを引っ張り出して来ましたが、フィルムに書かれている文字は時代によって様々でした。
それなら・・・と、約束事に拘らず、勝手に入れました。


↓ クリックで拡大します。「閉じる=×」でお戻りください。
フィルム風の枠 ・ 1 フィルム風の枠 ・ 2


≪ フィルム風の枠 ・ 1 ≫

1.新規作成、白、140x200px、
2.イメージ→角丸切抜き、丸め半径=110、背景色=濃いグレー(RGB値=60.60.60)、枠線なし
3.イメージ→余白作成、濃いグレー(RGB値=60.60.60)、上下=50、左右=45 ・・・ 230x300px
4.イメージ→リサイズ、横x縦=25X33 → コピー
5.連結(右or左)→コピー 連結(右or左) ・・・ 下段右端(100x33px) → コピー
  連結を繰り返し、500X33pxにする・・・画像A → コピー
     
6.500x375pxの画像を用意します。
  上の部分に合成します。(範囲を指定しないで、そのままで出来ます)
  編集→合成、クリップボードから入力、加算にチェック→OK ・・・下段右の画像
  
7.画像A=ネガポジ反転(画像B)→コピー (コピーした後、元のAの状態に戻しておきます)
  6の画像に、暗い画素優先で合成 ・・・ 下段右の画像
 
8.下の部分の合成位置を範囲指定します。
  イメージ→座標指定切り抜き
  座標1   0   342
  座標2 500   375
  「座標指定切り取り」のウインドウを「×」で閉じ、A=加算で合成、B=暗い画素優先で合成

  完成です。
  
≪ フィルム風の枠 ・ 2 ≫

1.画像A= 編集→塗りつぶし、黒 (許容範囲=25くらい、不透明度=100)

2.1で作成した画像を使って、上下に合成する部分を作成します。
 ☆フィルムの上の部分
  余白作成→上のみ=7、黒  (500X40px) →コピー
 ☆フィルムの下の部分
  別のJTrimに貼り付け→フイィップ(上下反転)
  編集→文字入れ、赤もしくはオレンジ、夫々好みの文字を入れます。
  (↑ TOPの画像をクリックすると拡大画像が開きますので、参考になさってください)

3.用意する画像 (500x375px)
  フィルム上の部分→コピー
  編集→合成、クリップボードから入力、上書きにチェックを入れる → OK

4.フィルム下の部分→コピー
  合成位置を範囲指定します。
  座標1   0  335
  座標2 500  375
  「座標指定切り取り」のウインドウを「×」で閉じ、上書きで合成します。

☆保存するときの注意
  Jpeg で保存すると「赤」の色が滲みますので、「Gif」もしくは、「PNG」で保存されることをお勧めします。
  PNGより、Gifの方が軽くなります。
  

JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index