JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index

角丸切抜きで作成した「窓」&円形切抜きで作成した「丸窓」

JTrimで楽しい画像遊び(sunaさん)の「リニューアルタイル画」の手順からヒントを頂いて作成した「ガラス窓」です。

s-koyamaさんも同じ事を考えられて、素敵な作品を作っていらっしゃいます。
s-koyamaさんの作品はこちらをご覧下さい → 旧古川邸とお庭


私なりに工夫して作っってみました。
(窓から見える風景は、港の見える丘公園・バラ園、横浜公園、横須賀菖蒲園(藤苑)で撮影しました。)

↑ クリックで拡大します。 ↑ クリックで拡大します。
カーテンボックスとカーテンの作り方はこちらから ↓
カーテン・作成手順

クリック背拡大します ↑
円形切抜きで作成した「丸窓」
作成手順 ↓
≪ 角丸切抜きで作成した「窓」 ≫

1.用意する画像サイズ、630x450px
2.中央の20px分だけ残して、左右から 300x450px ずつ切り抜きます。
  <左側>
  イメージ→座標指定切抜き、下記の数値を入れて、コピー→別のJTrimに貼り付け →元に戻しておきます。
  座標1   0    0
  座標2 300  450 

  <右側>
  イメージ→座標指定切抜き、同じく下記の数値を入れて →OK
  座標1 330   0
  座標2 630 450

左側の窓
3.窓枠を作ります。
  イメージ→座標指定切抜き
  座標1   0    0
  座標2 150  150 → OK
4.イメージ → 角丸切抜き、
  丸め半径=0、背景色(B)=白、(窓枠の色に合わせます)
  枠線をつける、枠線の幅=10、枠の色=基本色の中の「濃い目のグレー」
5.加工→立体枠をつける、凹ませる、10
   
 6.角丸切抜き、枠線の幅=5、枠の色=白 → コピー
 7.枠の表示されている状態まで戻す → 編集 → 上書きで合成
 8.同じ手順で、6区画に窓枠をつけます。・・・ 中央の画像 (300x450px)
 9.イメージ →余白作成、白
  上、下、左=5、右=15 
10.加工→立体枠をつける、3、スムース  ・・・ 右から2番目 (320X460px)

右側の窓
11.左と同じ手順で窓枠をつけ→余白作成→立体枠をつける。
   余白の数値
   上、下、右=5、左=15 ・・・ 右端 (320X460px)  
    
12.右の窓=コピー
13.左の窓=編集→連結、右へ ・・・ 左側の画像
14.窓と窓枠の区切り線を入れます。
   イメージ→余白作成=1、色=薄いグレー
15.窓枠
   余白作成、20、白 → 立体枠をつける、スムース 3
16.最後に外回りに、薄いグレーで余白(1px)つけるて完成です (684X504px)
  


≪ 円形切抜きを使って作成した「丸窓」 ≫

1.用意する画像サイズ 800x800px
2.イメージ→円形切抜き
  背景色=薄いグレー、
  枠線をつける、色=濃いグレー、枠線の幅=10
3.イメージ→余白作成、色=薄いグレー、上下左右に50
4.円形切抜き
  背景色=薄いグレー、枠線の色=濃いグレー、幅=10 ・・・下段右から2番目
5.表示→背景色=白
  加工→円形フェードアウト、3 ・・・ 下段右端 (900x900px)
        
6.新規作成、白、900x900px、 →円形切抜き(背景色=黒、枠線なし)・・・左端
  イメージ→リサイズ、450x450px
  イメージ→余白作成、黒、上下左右=25 (500x500px) ・・・左から2番目
7.5の画像=イメージ→リサイズ、450x450px  →余白作成、白、上下左右=25 ・・・ (500x500px)
8.新規作成、白、500x500px
  イメージ→テクスチャー、木目2、50
  加工→シャープにする=最大、 加工→エッジの強調=1 ・・・ 右端 (模様の大きさは原寸大)
    
 9.7の型=コピー、8のテクスチャ=明るい画素優先で合成
10.7の画像=コピー
   9に暗い画素優先で合成  
   

JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index