JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index


JTrimで描画 ・ ハナニラ

↑ クリックで拡大します。


≪ 花 ≫

1.新規作成、白、300X300px、背景色=グレー
  編集→文字入れ、「丸=●」
2.余白作成、左のみ=150 ・・・ A →コピー→ミラー→明るい画素優先で合成 ・・・ B
  画像いっぱいにマウスで囲み→イメージ→切抜き
3.イメージ→リサイズ、「縦横のチェックを保持する」のチェックを外す、横X縦=170X300px ・・・ C

4.C=コピー→別のJTrimに貼り付け
  イメージ→リサイズ、「縦横の比率を保持する」のチェックを外す、横X縦=164X294px 
  カラー→ネガポジ反転・・・ D

5.D=余白作成→上下左右に3px、黒 ・・・ E →コピー
6.Cに明るい画素優先で合成・・・ F (3px幅の「花びらの輪郭」が出来ました)
      
7.花びらに筋を入れます。
  イメージ→座標指定切抜き
  座標1  83    8
  座標2  87  292
  ウインドウを「×」で閉じ→編集→塗りつぶし 黒 ・・・ 「花びらの型」の完成です。(170X300px)
   
 8.花びら=余白作成、白、上=0、下=300、左右=215 (600X600px) ・・・ 左端=コピー
 9.背景色=白に変更
   編集→全選択→コピー →任意角度回転、右へ、120度
   暗い画素優先で合成・・・左から2番目
10.右へ120度回転→暗い画素優先で合成 ・・・ 右端の画像 →コピー
   
11.別のJTrimに貼り付け、中を黒で塗りつぶす。・・・G2(花びらを合成するときに使いますので消さないでください)
12.花びらに色を付けます。
   新しいJTrimを開き→新規作成、白、600X600 
   表示→背景色 青紫(RGB値=95、63、160)
   加工→フェードアウト、円形、最大(300) ・・・ 左から2番目 →コピー
13.G2=明るい画素優先で合成 ・・・ 右から2番目
14.G1=花びらの輪郭と、筋を塗りつぶします。
   輪郭=薄い紫(RGB値=173,153,215)
   筋=青紫 (RGB値=95、63、160) ・・・右端の画像参照 →コピー
    
15.14で作成した画像=暗い画素優先で合成  ・・・ H 
   (保存 もしくは コピーして別のJTrimに貼り付け=H2)
16.「つぼみ用」として、Hの一部を保存しておきます。
   H2=イメージ→座標指定切抜き
   座標1 215   0
   座標2 385 275 →OK →「つぼみ」として保存(170X275px) 
   元の「H]の状態に戻しておきます。
17.次に、「H」を使い、花びらを6枚にします。
   G2=ネガポジ反転→フィリップ→コピー
   H=明るい画素優先で合成 ・・・ 
18.H=フィリップ→コピー
19. I =暗い画素優先で合成 ・・・ 右端
    
20.花芯の部分を白く抜きます。
   イメージ→座標指定切抜き
   座標1  260  260
   座標2  340  340  ・・・ 80X80px 
   「×」でウインドウを閉じ、枠は残す。
21.新規作成、白、80X80,背景色=黒、円形フェードアウト、10(左から2番目の画像)、→コピー
   明るい画素優先で合成  
22.白く抜いた花芯の部分に、図(実物大)を参考に「からし色」で「しべ」を入れます ・・・「花」の完成です!
保存
    
≪ つぼみ+がく ≫ 

1.上記手順17で保存しておいた「つぼみ(170X275px)」 ・・・ 左端
2.「がく」を作ります
  新規作成、白、80X100
3.文字入れ→HG丸ゴシックM-PRO、B体(太文字) 「U」、「ハイフン=−」縦書き、色=モスグリーン、(参考 RGB値=128,128,64)

4.上下一杯にマウスで囲み、イメージ→切り抜き
  イメージ→リサイズ、「縦横の比率を保持する」のチェックを外す→横X縦=80X150
  画像を参考に、薄い抹茶色(222,222.190)で塗りつぶして下さい。 ・・・ がく
5.つぼみ=余白作成、下、150
  がく=コピー、編集→合成貼り付け、蕾の下に位置が決まれば、「位置確定」をクリック
  がくのついた蕾の完成です。・・・ J (80X250px) → 保存
    
≪ 花 + 茎 ≫

1.「茎」を作ります。
  新規作成、白、5X400px
  カラー→グラディエーション
  色1=モスグリーン(「がく」と同じ色)、色2=緑(参考:RGB値=64,88,39)、上から下 ・・・茎 (保存)
2.花=リサイズー>横X縦=150X150、茎を合成するために、下のみ余白作成、白、400
3.茎=コピー、
  花=合成貼り付け、茎を好みの位置に移動→位置確定をクリック
  花と茎の隙間は、モスグリーンで塗りつぶします。
4.花と茎の輪郭一杯にマウスで囲み、イメージ→切抜き ・・・ 「花」の完成です(保存


≪ つぼみ + 茎 ≫

1.「J」=リサイズ→「縦横の比率を保持する」のチェックを外す。 横X縦=40X150・・・
2.余白作成→白、下のみ400
3.茎をコピー→合成貼り付け 
  茎の下に余白が残れば、花と同様に切りぬきます。 ・・・ 「つぼみ」の完成です(保存)


≪ 葉 ≫

1.新規作成、白、300X150
2.文字入れ→丸=●、緑(RGB値=64,88,39) 
3.文字入れ→●、白、緑より一回り小さいサイズ
4.余白作成、白、下のみ=400
5.葉の幅に合わせてマウスで囲み、編集→塗りつぶし、緑。
6.画像一杯にマウスで囲み、編集→切り抜き
 ・・・ 「葉」(保存)
         
≪ 合成 ≫

1.新規作成、白、800X600px背景色=グレー
2.「葉」 1枚目=背景色、白
  任意角度回転→コピー→新規作成画面に合成貼り付け
3.「葉」が重なるとき
  「葉」2枚目=横のみリサイズ、150 右へ回転させて、上下左右一杯にマウスで囲み→コピー
  画面下の画像サイズをメモ 
4.入れたい位置に、同じサイズになるように、マウスで囲み→暗い画素優先で合成 ・・・ 右端

  合成するたび、必ず元の状態に戻しておく。
 
5.左側も、「葉」をミラー、回転→合成したい部分をマウスで囲み→重ならない場合は「合成貼り付け」
6.同じようにして、花と葉の重ならない部分、もしくは葉の後ろになってもよい花を合成します。
  
7.合成するために、二階調化を使って「型」を作りますが、白っぽい画像は綺麗に出来ません。
  ここでちょっと「裏技」を使います。
  色の薄い部分を、濃い目の色で塗りつぶします。→カラー→二階調化
  白い部分が残った場合は、マウスで囲み、黒で塗りつぶします。・・・ 型 (左から2番目)
8.画像を合成したい位置をマウスで囲みます。→「枠」は消さないように注意してください。
  横幅=画像(花)の横幅と同寸。 回転させた時も同様です。 
  縦=好みのサイズ
9.「花」=同じサイズになるように、マウスで囲む→イメージ→座標指定切抜き→OK
  (切り抜く範囲が記憶されます) 
10.「型」=イメージ→座標指定切抜き→OK 同じサイズに切り抜かれます。
     
11.型=ネガポジ反転→コピー→合成位置に、明るい画素優先で合成
12.花=コピー→暗い画素優先で合成
   「花」と「型」は、合成するたび毎回必ず元の状態に戻します。
13.同様の手順で、他の花も合成、最後に一番手前になる左側の「葉」を暗い画素優先で合成しました。


☆回転させた画像を合成するとき☆
 必ず「画像」と「型」を同じ角度で回転→8〜12の手順で合成します。
 

JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index