JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index

JTrimで描画 ・ 桜


↑ クリックで拡大します。


< 桜の花 ・ 型>

表示→背景色 グレー
1.新規作成 白、 横X縦=200X200
  編集→文字入れ 丸=「●」 色=黒 サイズ=周囲に余白が少し残る大きさで、中央にいれます。
2.イメージ→リサイズ 「縦横の比率を保持する」のチェックを外す
  横=200 縦=250
3.編集→文字入れ MSゴシック、三角(▼) 色=白 (大きさは図をご参照下さい)
4.イメージ余白作成
  上=0、 下=250、 左=150、 右=150 ・・・ 画像 

背景色を白に変更します。

5.画像=A
  編集→コピー
  編集→全選択、 (花びらを全て合成するまで、枠を残したまま作業します)
  イメージ→任意角度回転 72度。
  編集→合成 (暗い画素優先)  ・・・  B
     
6.任意角度回転→72度
  編集→合成(暗い画素優先)
  同じ作業を繰り返し、5枚つなげます。 → 枠の外をクリックして「枠」を消しておきます。
7.中央の白く残った部分は、黒で塗りつぶします。
8.このままだと、画面の中心と花の中心がずれていますので、彩色する時のために調整します。
9.花の輪郭ほぼ一杯にマウスで囲む → イメージ→切抜き 
  イメージ→リサイズ 「縦横の比率を保持する」のチェックを外す。
  横X縦=500X500 にリサイズ ・・・ 「型」の完成です。(ビットマップで保存しておきます。
   

  
<花芯>

新しいJTrim
表示→背景色=グレー
1.新規作成→135X135 白
2.編集→文字入れ 色=黒 (220〜)
  「−」の縦書きと横書きを使って、 図を参考にして、なるべく細くなるように入れます。
3.編集→コピー
  イメージ→ミラー 編集→連結 右へ
4.編集→コピー  
  イメージ→フィリップ 編集→連結 上へ
  2本の対角線の先端に、小さい丸を入れます。編集→文字入れ MSゴシック、●(黒) ・・・ C
5.表示→背景色=白に変更
  C=コピー
  編集→全選択 
  任意角度回転→45度   編集→合成(暗い画素優先) ・・・ D
6.Dをコピー
  任意角度回転→15度   編集→合成(暗い画素優先)
7.6を、もう一度繰返す。  ・・・ E (270X270px) ・・・ ビットマップで保存
      
新しいJTrim
 8.新規作成 白、270X270px
 9.編集→塗りつぶし ピンク(RGB値=225、168、211) =桜の花と同じ色
10.表示→背景色=白 
   イメージ→円形フェードアウト 100 ・・・ F
11.表示→]背景色=黄色(RGB値=255,255,128)
   イメージ→円形フェードアウト 25 ・・・ G

12.E=コピー G=編集→合成(明るい画素優先)  ・・・ 「花芯の完成です)
   
< 桜の花 ・色付け >

新しいJTrim
1.新規作成 500X500px、 白、
  編集→塗りつぶし ピンク(RGB値=225,168.211)
2.表示→背景色 濃いピンク(RGB値=189,79,142)
  加工→円形フェードアウト 60
 ・・・ 
   
4.「」=編集→コピー
  「」 =編集→合成(明るい画素優先)
6.花芯を合成します。
  先ず、合成する位置を指定します。
  イメージ→座標指定切抜き
  座標1 115  120
  座標2 385  390
  ウインドウを「×」で閉じる。
7.E=ネガポジ反転 編集→合成(明るい画素優先)
  枠は残しておきます。
8.H=コピー  編集→合成(暗い画素優先) ・・・ 「桜の花」の完成です。
  
< つぼみ >

 1.「桜の花・型」の、1〜4までは同じ手順で、「A」を作ります。
 2.編集→コピー、別のJTrimに貼り付けておきます。
 3.A=コピー
   編集→全選択→右へ35度回転 
   編集→合成(暗い画素優先) ・・・ 
 4.花と同じ濃いピンクで塗りつぶす・・・ 
 5.=ネガポジ反転 → コピー =明るい画素優先で合成する。 ・・・ 
 6.=薄いピンクで塗りつぶす→コピー   L=暗い画素優先で合成
   (枠が消えていたら、編集→全選択)
   任意角度回転→ −18.5度
   (枠を消す)
 7.編集→文字入れ モフ字=▼ (なければ、MSゴシックでも可)
   色、サイズは画像を参考にして下さい。
   
    

   
 8.余白作成→下のみ=100 色=白 ・・・ 500X600
 9.編集→全選択 任意角度回転= 30度 
10.文字入れ→MSゴシック「(」、斜体 サイズ=350前後、 太すぎますので、同じフォントの白を重ねて幅を細くします。   
11.範囲を選択せず、そのままの状態で、任意角度回転=−30度。(垂直に戻します)
12.イメージ→座標指定切抜き
    座標1 230   85
    座標2 510  720・・・ (280X635px) ⇒ 
13.イメージ→リサイズ→50%にリサイズして保存しておきます。  ・・・ 花一輪 (140X317)
   

   
12.リサイズした「花一輪」(140X317)
   イメージ→余白作成、色=白
   上=0、 下=317、 左=250、 右=250
13.編集→全選択 →コピー
   任意角度回転=31度
   編集→合成(暗い画素優先) ・・・ 花2輪
   (→別のJTrimに貼り付け→必要な部分だけマウスで囲み切り抜く→保存)
14.同様に再度、右に回転して合成します。→花3輪 ⇒必要部分だけ切り抜き→保存  
    

   
≪ 葉 ≫

1.新規作成 白、250X250px
2.上下を半分ずつに切り取ります。
  座標1   0  125
  座標2 250  250
  座標指定のウインドウを「×」で閉じる。編集→切り取り 新しいJTrimに貼り付けておく。
3.JTrim1-上半分=縦のみ200パーセントにリサイズ
4.JTrim2-下半分=縦のみ150パーセントにリサイズ
5.リサイズした下半分=コピー、上半分=下へ連結 ・・・ 右端の画像  ・・・ 250X437
      
6.余白作成=上へ、33 白 ・・・ 250X470px
  左端の図を参考に、文字入れから「モフ字の▲」の三角を置く。 色=黒
  モフ字が無い場合=MSゴシック「●」の斜体でも代用できます。
7.右半分を指定して切り抜きます。
  座標1  125   0
  座標2  250 470
  (※ MSゴシックを使った場合は、左半分を切り抜き、左右反転してください)  
8.角度を指定して回転させながら、葉のギザギザを入れていきます。
  使うフォント=MSゴシック▲、▲(斜体)、色=白 大きさを変えながら重ねて行きます
  1回目       右へ 60度 斜体 
       
 9.2回目〜5回目  左へ  5度 〃  
   6回目       左へ 10度 〃   
   7回目       左へ 20度 − 
   8回目       左へ 10度 斜体 → 元の垂直の状態に戻ります。
10.図を参考に、マウスで囲み切り抜きます。 ・・・ 125X470
11.余白作成 白、上のみ=30
   MSゴシックの「▲」、色=黒 を使い、葉の先端部分を作ります。 ・・・ 画像「O」(125X500px)
12.右端の図を参考に、フォントを使って葉脈を入れます。 ・・・ 「P」 
   縦=MSゴシック「−」縦書き、
   斜線(葉脈)=MS明朝、スラッシュ「/」
     
13.新しいJTrim 
   新規作成 縦X横=250X500 色=白
   カラー→グラディエーション、緑の濃淡2色と方向を指定→OK
   今回は左上から右下にしました
14.「P」をコピー→ミラー→連結(左へ) ・・・ Q
   Q=コピー グラディエーションの背景に、明るい画素優先で合成します。 
   
15.左端の図を参考に「−」、色=葉と同じ色でふさぎ、葉脈を「茶色」で塗りつぶします。
   許容範囲=65くらい
   (今回は、あえて、この方法を使いました)
16.カラーノイズ=100
   14と同じ方法で、Oを左右連結=R
   R=コピー 明るい画素優先で合成します。 ・・・ 桜の葉の完成です!   
    
< 合成 >

1.新規作成、白、今回は、700X540px
2.最初は、一番後ろになるものから置いて行きます。
  「葉」=好みの大きさにリサイズ→回転→マウスで囲む(枠を残したまま)→コピー
3.合成したい画面=編集→合成貼り付け → マウスでクリックして移動→「位置確定」をクリック
 ・・・右端
  
5.次に「つぼみ」を合成します。 この方法は、「合成する画像が重ならない場合とき」に使います。
  「つぼみ」をリサイズ→右下の数値をメモしておく (参考=今回は、200X182) ・・・「T」
5.つぼみを合成したい位置を、「T」と同じ数値になるようにマウスで囲む 
6.つぼみ=コピー 暗い画素優先で合成します。 
  
7.画像同士が重なる場合の合成です。
  桜の花をリサイズ(参考=180X180) ・・・「U」
8.桜をコピー→別のJTrimに貼り付けます。
  (7の桜をそのまま使って作業してもかまいませんが、慣れない時には念のため・・・)
  カラー→二階調化 210前後 一度に全て黒くしてしまうと、合成するとき画像の周囲が汚くなります。
  「花芯」の部分をマウスで囲み→黒で塗りつぶします。
 ・・・「V

(回転させないときは、上で作成した「型」をリサイズして使えますが、「二階調化」が初めての方は練習してみてください)
  
 9.花を合成したい位置をマウスで囲みます。花と同じサイズ(180X180px)
  (仕上がりを見たければ、枠を残したまま「花」をコピー→暗い画素優先で合成してみると良いと思います)
10.V=ネガポジ反転→コピー、明るい画素優先で合成・・・ 中央
11.桜の花=コピー、暗い画素優先で合成 ・・・ 右端
12.「つぼみ」や「花」を増やしたければ、同じ方法で重ねてゆきます。


 


JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index