JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index


木彫りの様な枠

↑ クリックで拡大します ↑ クリックで拡大します
手順補足 ↓


1.新規作成 白、横X縦=250X200px
  (作業がし易いように、表示→背景色=グレーにしておきます)
2.編集→文字入れ Wingdings 2 b
  左端の画像()を参考に、フォントの位置を決めます。
3.をコピー  イメージ→ミラー  編集→連結 左へ
  イメージ→余白作成 上下のみ=20 色=黒 ・・・ B (500X240px)
4.画像B=イメージ→リサイズ (縦横の比率を保持するのチェックを外す→横X縦=500X200px) ・・・B2
   
5.画像B2= 編集→文字入れ Wingdings 3
  x ()  フォントサイズ=220前後 色=白
  マウスでクリックして移動→図の位置に入れます。
  (フォントサイズは、パソコンによって表示サイズが違うようですから、画像()を参考にして下さい)
 ・・・ 

Wingdings 3が無い場合>→以下のフォントも使えます。
MSゴシック、記号=
フォントサイズは、上半分、もしくは右側が「直角三角形」になる大きさにしてマウスで移動して重ねます。

6.画像C=編集→コピー イメージ→ミラー 編集→連結 左へ ・・・ 画像
7.画像D=イメージ→余白作成 下のみ=800 (1000x1000px)
  編集→コピー
  イメージ→フィリップ
  編集→合成 (暗い画素優先) ・・・ 画像  
  
8.画像E=編集→コピー イメージ→90度回転(左右どちらでも可) 編集→合成(暗い画素優先)
  額縁の「型」の完成です。→  ビットマップ で保存しておきます。・・・(1000X1000px)
9.「F」をコピー → 別のJTrimに貼り付けます。
  カラー→ネガポジ反転
  加工→ガウスぼかし 6
  カラー→ヒストグラム→イコライズ
  カラー→γ補正 0.4 ・・・ 
  
10.新しいJTrim
   新規作成 横X縦=1000X1000px  白
11.編集→塗りつぶし 薄茶 (参考 RGB値=116、89、61)
   イメージ→テクスチャー 木目2 30
   加工→エンボス 5
12.画像F=編集→コピー
   画像H=編集→合成 (明るい画素優先) ・・・ I
13.画像G=編集→コピー
   画像 I =編集→合成 (暗い画素優先) ・・・ 
    
14.画像F=編集→コピー
   画像J=編集→合成 (明るい画素優先) ・・・ 下段左端の画像 (部分)
15.更に立体感を出すためにエンボスをかけます。
   加工→エンボス 7
16.立体枠加工をします。
   外側=加工→立体枠 5 スムースにチェック
17.内側
   先ず、加工する位置を指定します。イメージ→座標指定切抜き(下記の数値を入れます)
     座標1  195  195
     座標2  805  805
   ウインドウを「×」で閉じて、枠を残します。
   加工→立体枠をつける  枠の太さ=5 凹ませるにチェック ⇒ 額縁の完成です。

☆参考までに・・・

画像を入れる位置
 座標1 200 200
 座標2 800 800

中に入れる画像のサイズ 横X縦=600X600px  
  


アレンジ 枠

1.上記の手順3まで同じ→イメージ→余白作成 下のみ 20 色=黒
2.イメージ→リサイズ 「縦横の比率を保持する」のチェックを外す。
  横=500 縦=150
3.図を参考に、フォント=
(白)、もしくは記号() を重ねる。
  (詳しくは、上記手順5参照)
4.不用部分をマウスで囲み→編集→塗りつぶしで消す。  ・・・中央の画像
5.上記手順7の余白作成は、下のみ=850
6.基本的には、上記手順 6〜14 と同じですが、この枠は、テクスチャー、エンボス加工は省略しています。
7.立体枠加工をします。
  内側
  先ず、加工する位置を指定します。イメージ→座標指定切抜き(下記の数値を入れます)
   座標1  140  140
   座標2  860  860
   ウインドウを「×」で閉じて、枠を残します。
   加工→立体枠をつける  枠の太さ=10 「凹ませる」にチェック ⇒ 額縁の完成です。 ・・・ 1000X1000px

☆参考までに・・・

画像を入れる位置
 座標1 150 150
 座標2 850 850

中に入れる画像のサイズ 横X縦=700X700px  
  


JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index