JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index


末摘む花流 くるりん写真

↑クリックで拡大します。 「閉じる=X」で戻ってください。


実際に紙を折り返してみた形に拘って考えました。
ここでご紹介する方法は、JTrimで楽しい画像遊び(sunaさん)の「簡単加工 クルリン写真」がベースになっています。
sunaさん、ありがとうございました。

1.新規作成 横x縦=400X450  色=黒 背景色=グレー(作業が分かり易い様に)
2.編集→文字入れ MSゴシック「▲」 色=白、サイズ=300、
  上下の余白は同じくらい、左右にも余白が少し残る位置に入れます。 ・・・ 左端の画像
3.イメージ→リサイズ、 「縦横の比率を保持する」のチェックを外す。  縦のみ=1200 
4.表示→背景色 黒
  加工→フェードアウト 最大、1回 ・・・左から2番目の画像
5.イメージ→任意角度回転、 53度
6.赤丸印の位置をピッタリあわせ、マウスで囲む。・・・ 右から2番目の画像
7.イメージ→切抜き 右側のみ白で塗りつぶす。・・・右端の画像。
  もし、他の部分まで白くなってしまった時は、元に戻して、切り抜く範囲を変更します。 
 
   
 8.イメージ→余白作成 100(下のみ)・・・左
 9.編集→文字入れ MSゴシック「●」、色=黒、サイズ=320
10.赤丸印の位置は、「丸」の一番下の部分に合わせ、マウスで囲む ・・・ 中央の画像
11.イメージ→切抜き ・・・ 右端の画像
  (このままでは大き過ぎますので、縦横50%程度にリサイズ→ビットマップで保存しておきます。)
    
12.11で作成した画像(リサイズする前の大きいサイズ)
   編集→塗りつぶし 折り返しの部分を白く塗りつぶします。

   一度に塗りつぶすことは出来ませんので、少しずつ、数値を変えて塗りつぶします。 
   合成するときに使う「型紙」の完成です。 ・・・ 左端の画像
   
   塗りつぶしにくい端の部分は、編集→文字入れで、フォント(●、▲など 色=白)使って、
   サイズを変えながら塗りつぶします。
   難しければ、中央の画像程度なら線が残っても差し支え有りません。


13.12で作成した画像(左端) カラー→ネガポジ反転 ・・・ 右端の画像
   縦横とも50%にリサイズ→ビットマップで保存しておきます。
  
14.11と13で作成した画像を、合成する写真のサイズに合わせてリサイズします。
   編集→リサイズ、縦=187px(合成する写真の、縦(375)の約2分の一)
   横幅の数値は、気にしなくてかまいません。
   それぞれ 「A」「C」とします。(下段の画像)
 
15.合成する写真(横X縦=500X375)
16.画像C 
   編集→全選択をクリック
   イメージ→座標指定切抜き → OK
   編集→コピー
17.写真に戻り
   イメージ→座標指定切抜き 出てきた枠を右下に移動。 ・・・ 中央の画像
   枠を 「×」で閉じる。
   編集→合成(暗い画素優先) ・・・ 右端
  
18.画像A=編集→コピー
   編集→合成(明るい画素優先) ・・・左の画像
19.A,C=イメージ→ミラー 左右を反転、 同じ手順で左下の折り返し部分を合成します。

上の部分は、左右とも、ミラー、フィリップを使って反転、同じ手順で合成します。
 

JTrimは素晴らしい!    Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index