JTrimTOP(JTrimは素晴らしい!)   Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index


フォント&画像に影をつける

JTrimでも不定形な画像に影をつけることが出来ないかと、考えてみました。
末摘む花流の作成手順をご紹介します。
とても簡単に出来ますから、よろしければ遊んでみてください。


↓ クリックすると拡大します。 「閉じる=×」でもとに戻ります。

「花の影」 −1

作成手順 ↓
切り抜き画像に影をつけました。
左は色付き、右は普通の影です。
「花の影」 − 2

作成手順 ↓

「影つきフォント」
作成手順 ↓
虹色の影付きフォント
「花の影」と同じ手順で作成していますが、
影の画像は、少し色を薄くしてガウスぼかしです。

花の影 − 2
1.切抜き加工した画像を開きます。・・・画像A(400X400px)
  編集→コピー
2.新しいJTrim を開き、編集→貼り付け
  カラー→2階調化 で、右の様な状態にします。・・・ 画像B
  
3.3枚目のJTrimを開き、画像Aを貼り付ける。
  影らしくするため、色を少し暗く薄めにします。
  
暗くする・・・ カラー→明るさ/コントラスト→明るさ→−30
  薄くする・・・ 編集→塗りつぶし、 許容範囲=100、不透明度=30くらい ・・・ 左の画像
4.画像の背景が「薄いグレー」になっていますので白くします。
  画像Bをコピー→「クリップボードから入力」にチェックを入れて、「明るい画素優先」で合成します。 
5.左と下に余白を入れて、影が右上に付くようにします。 
  イメージ→余白作成、余白の色=白
  左=50px、 下=50px 
6.加工→ガウスぼかし、 5 ・・・ 右の画像 
  
7.イメージ→座標指定切抜き
  座標1 X=0 Y=50
  座標2 X=400 y=450  枠を残したまま、×で閉じる。
8.画像B=カラー→ネガポジ反転、編集→コピー
 
  クリップボードから入力にチェックを入れて、明るい画素優先で合成します。
9.画像A=コピー、暗い画素優先で合成すれば完成です。


画像Bをグレーに塗りつぶし、ガウス暈しをかけて影にすると、右のようになります。
「楓」の場合は、綺麗な色を生かすため暗くせず、編集→塗りつぶしで、色を少し薄くしたあと、ガウスぼかし5。
 


花の影−2 ・・・ 画像の色と形が、透けたような影を作ります。
1.編集→新規作成、 サイズ=横:縦 700X700px  白
2.曲線を滑らかにする為に、大き目のサイズで文字入れをした後、リサイズします。
  編集→文字入れ、 fb.simple=Y(大文字) サイズ=560 文字色=黒
  イメージ→リサイズ 縦横とも=400px ・・・(画像A)
  編集→コピー
3.上になる画像を、縦横とも、400px にします。・・・(中央の画像)
  編集→合成、 「クリップボードから入力」と、「明るい画素優先」にチェック
4.合成後・・・画像B ⇒編集→コピー
  
影の部分を作ります。
5.新しいJTrimを開き→編集→貼り付け
6.少し薄くて暗めにします。
  暗くする・・・ カラー→明るさ/コントラスト→明るさ→−30
  薄くする・・・ 編集→塗りつぶし、 許容範囲=100、不透明度=30くらい
7.画像の周囲が「淡いグレー」になっていますので、白くします。
  画像Aをコピー→明るい画素優先で合成します。
8.上と左に余白を入れて、影にする画像を右下になるようにします。
  イメージ→余白作成、上=50px, 左=50px ・・・中央の画像 
9.加工→ガウスぼかし 5
  
10.イメージ→座標指定切抜き、 
   座標1 X=0 Y=0
   座標2 X=400 y=400  枠を残したまま、×で閉じる。
11.画像A=カラー→ネガポジ反転→コピー 編集→明るい画素優先で合成。
12.画像B=編集→コピー  暗い画素優先で合成すれば完成です。


少し小さめのサイズで作成していますので、ご自分の好きなサイズに変更して下さい。
 

影つきフォント ・・・ グラディエーションのフォントに影をつけます。
        上記と同じ方法でも作れます。
1.ファイル→ 新規作成、 白、サイズ=600X600px
  (滑らかな曲線が出るように大き目で作成して、後でリサイズします)
2.編集→文字入れ、 影のフォントを入れる。
  好みのフォントを、画面の右下寄りに入れる。 色=濃い目のグレー。・・・(左の画像)
3.加工→ガウスぼかし、 ぼかしのレベル=4 ・・・ (中)
4.編集→文字入れ、 影と同じサイズのフォントを入れます。 色=黒 ・・・ (画像A)
  
5.編集→新規作成、 白、 サイズ=600X600px
6.カラー→グラディエーションなどで、好みの色に彩色します。・・・(B) (今回は、カラー→グラディエーションを使いました)
7.画像A=カラー→ネガポジ反転(C)
8.画像C=編集→コピー 
9.画像B=編集→合成、クリップボードから入力と暗い画素優先にチェック。(D)
  
10.画像Cを元に戻す。(Aの状態)
   編集→コピー
11.画像D=編集→合成、 クリップボードから入力と明るい画素優先にチェックを入れる。
12.完成です。
   上に入れた画像のほかにも、写真を使っても同じ様な文字が作れます。
  

  JTrimTOP(JTrimは素晴らしい!)   Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index