JTrimTOP(JTrimは素晴らしい!)   Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index


フォントを使って作る ・ ステンドグラス風

フォントを使って、「ステンドグラス風」の作品を作りました。
ここでは、右端の丸い作品の作成手順をご紹介します。


クリックすると、大きい画像が開きます。

使ったフォントは、MSゴシックの「●(白、黒)」と、「Wingdins」の「T」だけです。

1.ファイル→新規作成 白、横、縦とも=800px
  円は、なるべく大きい画面で作った方が綺麗に出来ます。
  (新規作成の画面サイズは、少なくとも、お使いのPCの画面一杯のサイズで作成してください)
2.編集→文字入れ→ MSゴシック、文字色=黒、サイズ=645 (画面一杯になるサイズ)
3.一回り小さい白い○を中に入れ、黒い線を細くします。
  編集→文字入れ→ MSゴシック、文字色=白、サイズ=575 
  (黒い枠の線を細くするため、黒い丸の中央に移動します。)
 
4.丸い枠の中に、文字を入れます。
4.フォント=Wingdins T  サイズ=800
  全ての線が、丸枠にピッタリつく様に入れます。(斜めの線ははみ出してもかまいません)
   フォント=Wingdins T  サイズ=800
  全ての線が、丸枠にピッタリつく様に入れます。(斜めの線ははみ出してもかまいません)
 
 (左)
5.外にはみ出した部分を切り取ります。
  イメージ→円形切抜き 背景色=白、枠線=なし 
  (もし、綺麗に切り取れない場合は、枠線=黒、5くらいで、円形切抜きしてみて下さい)
 
 (右)
 (型紙)
6.好みの色で塗りつぶします。
  
(左)
7.加工→ソフトレンズ、レベル=10 1〜2回。
  
(中)

8.黒い枠の部分をはっきりさせます。
  上の「型紙」 = 編集→コピー
  真ん中の画像 = 編集→合成 (クリップボードから入力、暗い画素優先)
 
 (右)
  
10.立体的に見えるように、エンボス加工をします。
   加工→エンボス (レベル=5、色つき、凹凸反転にチェック)
  
 (左)
11.色が滲んだ周囲を切り取ります。
   イメージ→円形切抜き(枠線なし)
   完成です!
(右)
 

JTrimTOP(JTrimは素晴らしい!)   Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index