JTrimTOP(JTrimは素晴らしい!)   Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index 

ブラインドつき窓 作成手順


今回使用した画像サイズ= 500px X 375px


  (JTrim 1)

 (左右のブラインドの中央に、2pxの隙間を入れます)
1.新規作成→白、249X330px
2.加工→ブラインド→黒、10 
(左)
  「水平方向」にチェックを入れる → OK
3.イメージ→フィリップ→コピー
  編集→元に戻す→
  編集→合成、
  「クリップボードから入力」と「暗い画素優先」に
  チェックを入れる →OK
  
(右)
  4.イメージ→余白作成、白
  左右=各5、下=20 
(左) … 259x350px
5.ブラインドのラインを白くクッキリさせるため、
  余白の部分を塗りつぶします

  編集→塗りつぶし
  
   許容範囲=60、不透明度=100
  (右)
   ☆左右の余白を切り取ります。

6.上下はいっぱい、左右の枠を外して
  切り抜きたい部分を範囲指定します。

7.イメージ→座標指定切り抜き
  左図の数値を入力、OK
  ブラインド… A
 (249x350px) 保存


(JTrim 2)
用意する画像のサイズ(横=500px 縦=375px)
 8.窓枠の内側の枠の部分を作ります。
   イメージ→角丸切抜き、
   背景色=薄いグレー(基本色)
   枠線をつけるにチェック、幅=4、色=薄いグレー
   加工→立体枠をつける、凹ませるにチェック
   枠の太さ=5  … B
   
         
左側のブラインドを入れます。
 9.ブラインド(A)
  編集→全選択(枠を表示したまま)
  イメージ→座標指定切抜き→ OK
  (ブラインドのサイズが記憶されます)
10.画像Bに戻り、イメージ→座標指定切抜き
   左上に「枠」と「座標指定切り取り」のウインドウが
   表示されます。
   そのまま、「ウインドウを」「×」で閉じ→
   編集→合成、
  「明るい画素優先」と「クリップボードから入力」にチェック
  →OK


右側のブラインドを入れます。
(JTrim 1)
11.ブラインド(A)
   イメージ→座標指定切抜き
   表示されたウインドウに下記の数値を入力
   座標1: 0. 240
   座標2:249.350 → OK

   (切り抜くと同時に「ブラインドのサイズ」が
   記憶されます)
  

(JTrim 2) 画像B
12.イメージ→座標指定切抜き
   表示された「枠」の中をクリックして、右上に移動→
   「座標指定切り取り」のウインドウを「×」で閉じる
13.編集→合成、明るい画素優先
  

窓の外枠を付けます。

14.イメージ→余白作成(淡いグレー、15)
15.加工→立体枠を付ける(5、スムース)  
 

ブラインドの長さは、お好みの長さで合成してください。
(左は、左右のブラインドを下ろした状態です)


  JTrimTOP(JTrimは素晴らしい!)   Blog(末摘む花の雑記帳  作製手順 Index