わかば公園事件

杉並区立わかば公園の落書き

西荻北口の桃井第三小学校の裏門を荻窪方向にゆくと信号の先の右手にある200坪くらいの小さな公園です。(西荻北2-9-17)
友人から聞いてネット検索しましたら・・・・
ある青年(書店員Kさん)が、昨年の417日、杉並区立西荻わかば公園のトイレの外壁に落書きをして、近所の人によってパトカーに通報され、器物損壊の現行犯で逮捕され、杉並区によって告訴されました。
書いた内容は「戦争反対」、「反戦」、「スペクタクル社会」だそうです。この事件で検察は「建造物損壊」で起訴しました。青年は44日間勾留され、家宅捜索され、借りていた住居を失たそうです。
第1審判決は懲役1年2月執行猶予3年。第2審は今年の9月3日の東京高裁判決で控訴棄却。最高裁に上告中だそうです。
本年11月14日に公園から阿佐ヶ谷までの大々的な抗議デモが行われました。
この事件によって、この小さな公園は日本現代史に名を留める事でしょう
それにしても、単なる落書きに対して、このような重罪を課す事に関わった人達は大勢いるはずです・・・・事件を通報した近所の人、パトカーの警官達、警察署の刑事さん達、警察庁の役人さん、区の公園管理係の人達、区の人達と区長さん、検察庁の人々、地裁判事、高裁判事等々、我々の身近な、ごく普通の善良な?隣人がこの事件に100人以上は関わっているはずですが・・・。
「戦争反対」という当たり前の言葉が、もはや、世間的には・社会通念的には・お上にとって、思想性を帯びた、政治的というより「カルト的」「犯罪的」な言葉であり、いたずらに混乱を招いたり、社会不安を誘発したり、安寧秩序(古い言葉でスミマセン)を乱す、反政府的、反国家的な言葉になってしまったのでしょうか?この重罪判決を考えたとき、常識的に考えれば日本は某国並みの統制・独裁国家になってしまったという事実が残ります。
http://mypage.naver.co.jp/antiwar/graffiti417/jp/about.html
「スペクタクル社会」とは、1950年代、フランスの思想家、ギードゥボールが唱えた概念。多くの人々が受動的な観客の位置に押し込められた世界、映画の観客のようにただ眺めることしか残されていない、資本主義の究極の統治形態をいう。多くの人々が受動的な観客の位置に押し込められた世界、映画の観客のようにただ眺めることしか残されていない、すなはち見せ物(スペクタクル)やイベントに支配される社会ともいえる。昨年3月におきたイラク戦争に対する無力感を象徴する言葉・・・だそうです。2004.12.7

西荻大全ブログの反響−西荻わかば公園事件  2004年12月10日(金)西荻わかば公園事件について、私は大変な衝撃を受けましたが皆さんは、それぞれどのように思われるでしょうか?

「戦争反対=非国民」というような風潮が恐いと感じました。
 もちろん、公共の施設に落書きするのは良くない行為だと思いますよ。
 でも、公園のトイレに落書きされてるのは、よくあることだし、西荻には少ないけど下北沢とか他の街でも商店街のシャッターなんかの落書きはよく見かけます。
 しかし、それらが「建造物損壊罪」で逮捕・起訴されて、重い判決を受けたという話は、少なくとも私は聞いたことがありません。
 単なる愉快犯の落書きではなく、「反戦」という今の政府にとっては面白くない思想を落書きで主張したから、魔女狩りにあったとしか思えません。落書きした人よりそういう国のやり方やそれを当然とする風潮の方が私には恐ろしいと感じます。Posted by:はな  at 2005年01月05日(水) 11:15
公園のトイレに落書きしたくらいで本当に「建造物損壊罪」になるのだろうか?という素朴な疑問を抱きました。叱って済む程度の事じゃないのでしょうか?せいぜい捕まえても本人に掃除させるくらいの話でしょう。
 反戦運動を取り締まる目的で、嘆願書にあるような行為がなされたとしたら、旧共産圏や軍事政権並みの強権支配のようで怖しい。憲法とか法律とかをきちんと守らせる立場の人達が、自分達の都合で解釈を操作できるとしたらあまりにも恐過ぎます。
 公共物に落書きする事によって主義主張するのは、古今東西を問わず抑圧された社会で行われてきたことです。日本がそんな社会だとは思いたくないけれど、こんな取締りしてると聞くと不安になります。
 いまどきネットのブログや掲示板ではなく、落書きという手段を使ったのはレトロだし、不適切な方法による自己主張だったと思います。だからといって一ヶ月以上も拘留して生活を破綻させるほどの重罪扱いなんて、どこぞの秘密警察でもあるまいし。もっと凶悪な犯罪が横行してるのに、落書き程度のことで大袈裟過ぎるのではないでしょうか。強い違和感を感じます。
>同じ町内に、目的のためなら手段を選ばないというテロリストが身近に生活をしていたという事実
 このコメントも、公園に落書きしたくらいで”手段を選ばないテロリスト”と決め付ける論点のすり替えが魔女狩りのようで怖しい。落書きで怪我人や死人なんか出るわけもないのに。
 落書きを取り締まるという名目で反戦という主張を潰したのじゃないかと疑いたくなります。どちらにも非はあるように感じますが、取り締まる側には一個人より高いモラルと自制を望みたいと思います。Posted by:あきら  at 2004年12月20日(月) 16:09

別に落書きじゃなくても反戦を訴えることはいくらでもできるのに…。Kさんの嘆願書も読みましたが、なんだかなあって感じでした。
ただ落書きしたら捕まっちゃったから、思想弾圧とか言ってゴネてるだけじゃないんですか?
落書きだってそれなりの犯罪なんだし、それで「住居を失った、これからの人生真っ暗だ、遊ぶ体力も無くなった」なんていうのも、あまりにも自分のしたことを解ってないんじゃないんですか?Posted by:おぎこ  at 2004年12月18日(土) 12:25

木下正樹(報道で名前は出ているし本人も正しいことをしたという主張のようですから仮名にする必要はないでしょう)の起こした事件ことですよね?
私も衝撃を受けました。同じ町内に、目的のためなら手段を選ばないというテロリストが身近に生活をしていたという事実についてです。
それに対して行政の処罰は適切なものと思っています。長期拘留や処罰が重いという意見もあるようですが、支援サイトを見る限りでは、犯人は取調べ中は黙秘を続けたとのことで長期拘留は致し方ないことですし、本人の反省がなければお目溢しによる減刑も期待できません。落書きで建造物損壊という判断は今回に限らず、決して重過ぎるというものではないようです。
被告は第一審の判決で法廷にスプレーを撒くという暴挙に出たようですが、そのような行動をする人間が反戦を訴えるなど、そもそも説得力を感じませんね。Posted by:わかば公園に平和はいつ戻るのだろう  at 2004年12月13日(月) 01:23

確信犯的な行為でしょ。イラクの日本人捕虜と同じで、自己責任を問われるよ。捕まってから騒ぐのはおかしい。反戦をアピールして落書きしたんだったら、それなりの覚悟はしていなきゃ。Posted by:ちょろまつ  at 2004年12月10日(金) 18:43

以上2005.1.5迄の書き込み

表紙