西荻探索

西荻にある、面白い?変わった?ポイントを探索してみました。

鈴木傘店

鈴木傘店

北口伏見西荻にある、面白い?変わった?ポイントを探索してみました。通り東京女子大手前右側10分。傘修理専門店。骨1本300円で追加T本につき100円。当地で戦前からやっていて3代目。傘も売ってはいるが修理が本業なので種類"は少ない。以前3000円で買った折り畳み傘は少々重いがとても丈夫で当分修理のお世話にはなりそうもない。99.8.5


野崎種苗園(平成13年春いつの間にか閉店)

青梅街道荻窪警察先交差点右側。昭和5年に先代が始めたと言う。最初は看板通り勿論農家のための種苗。今でもなすやキュウリ等野菜の苗が多い。勿論花の苗は安くて種類が豊富。元々荻窪はJRの駅が出来る前は青梅街道沿いのこのあたりが中心で昭和7年に杉並区になるまで道路の反対側に井荻村役場があった。荻窪八幡、郵便局、警察署、消防署、登記所、日産自動車工場(元は零戦を作っていた中島航空機製造、戦後プリンス自動車)、荻窪病院などが固まってる。99.6.12

アタール(占い喫茶)

女子大通り右手地下3分。カウンターの若い男性は謎の微笑みを以て迎えてくれた。コーヒー350円は美味しいが消費税は取られました。勿論ここのコーヒーは付け足しだが占いを受けなくてもいやな顔はされない。人間模様を見ているだけでも興味深いものがある。占いは同じ喫茶店で衝立しかないので相談の声が聞こうとしなくても聞こえてしまう....。いろいろな占いは10種類以上(手相、タロット、四柱推命、ジプシー、ダイス、印相、占星術..)と選べるが手相以外はほとんどが予約。特に人気のある西谷泰人は勿論予約だそうで5分1万円30分だと5万円。98.11.19 全国に6カ所もあるチェーンでここは「東京店」とのこと。1万円位の価格(?)が多いようですが、私は一番安い手相の15分コース3000円を受けて見ました。喫茶店でやるが一応衝立の陰でやるのでリラックス。自分のも聞こえてしまうが人のも聞こえてくる。先生は2つの会社をやっている偉い人だそうで、勿論本業の合間に趣味・余技でやっているのでしょう。結構丁寧に見てくれましたが訊きたいことが無い時はまさに「当たるも八卦、当たらぬも八卦」で受けるべきでないと思いました。99.6.19

夕陽屋書店

南口駅前洋品店ボストン4階。エレベーターなしの階段を4階まで上がると6畳くらいの狭い一室。のっぽのビルで夕陽屋と言う命名がよくわかりました。深見東州、西谷泰人と言う人の本でほとんど埋められている。占い喫茶「アタール」とはどういう関係にあるのか。どういう訳かピカチュウのぬいぐるみがそここに置いてある。「形代」とは何か...そういえば「WORLD MATE」にもあった。謎は深まるばかり。訳も分からずでてきました。99.6.18

EL SUR

EL SUR(花屋)(**)

神明通り荻窪方向区民集会所左折れ右側4分。確か未だ7−8年しか経っていないと思うが外観はすっかり風化(?)して西荻の街になじんでいる。自然志向の花屋さん...と言ってもベゴ西荻探索ニアやインパチェンスが置いてないわけで訳ではない。あまり華々しい(?)花卉類などの園芸植物よりも野山の草木類が多いという事か。私は苔と羊歯類を買ったがうれしいことにかなり安かった。ドアの中は切り花だが外と同じ指向。長い間店名「EL SUR」(南と言う意味か)をホドロフスキーのカルト映画の「EL TOPO」となぜか勘違いし奇を衒った店名ゆえ近寄らなかったが西日を真っ向に受けるそのたたずまいはめまいを起こしそうな白日夢。99.7.25


いそっぷ

いそっぷ(淡水観賞魚卸・小売)

南口線路沿い荻窪方向3分左側。熱帯魚屋さんでもなく金魚やさんでもない。淡水の魚と水生動物の卸屋さん。でも嫌がらずに小売りもやってくれます。卸と言ってもその種類・珍魚度?のレベルは大変なもの変な魚や水生動物ばかり。おそらく日本中捜してもこれほどマニアックなお店はないでしょう。ここで私はなんと一匹100円の駄金と黄金ドジョウをかって大事に育てています。お店の珍魚は私には手に負えません。99.9.30












和泉屋酒店

和泉屋酒店

神明通り荻窪方向10分左側。この自動販売機は店の脇にある。見えにくいが自動販売機のガラスの上に「私の店は昔も今も100円です」と緑色で書いてある。99.8.4



都築商店

都築商店(駄菓子・タバコ)

神明通り荻窪方向15分右手。駅から離れた遠隔地の商店街。駄菓子屋さんが原型のままで残っています。荻窪小学校の生徒が土間で遊んでいます。





駄菓子屋さん

北口果物屋下るお風呂やさんを右折れ。
お風呂やさんの隣。4分。
駄菓子屋さんは勿論昔から看板も名前も
有りません。
昭和21年開業。
中は薄暗く、ひんやりする土間もそのまま。
ノスタルッジックな大人相手の店は
幾らでもあるが、
今でも子供相手の本当の(?)
駄菓子屋さんが続いているのは
ここぐらい。左隣はお風呂やさん、
右の大通り角には「西荻館」という
西荻の5軒の映画館の中で唯一の
ロードショー館(30年ほど前に廃館
今はコンビニ)
に挟まれているという好立地だった。
実は私も大通りのすぐ向こうにある
桃井第三小学校の頃は良く行きました。
99.6.10



















待晨堂

待晨堂(キリスト教本屋)

南口富士銀行入って左側2分。30年くらい前に線路沿いから引っ越してきた老舗。勿論キリスト教に関係のある書籍のみ。でもどういう訳か昔から岩波文庫は充実−新本も古本も。岩波茂雄のキリスト精神に共感しているのか。幾ら捜しても見つからなかった「春秋左氏伝・上・中・下」各840円を発見。堅い正統派の本が多い。「世界名画の旅−全5冊」朝日新聞社刊のような良い本も2500円で買えた。昔は原書の古本が充実していたのが今はほとんどない。

西荻大全へ戻る