松庵稲荷神社

第1回ー松庵稲荷神社ー神仏習合ー廃仏毀釈ー氏神ー氏子制度

松庵稲荷神社全景
神社裏手にある廃寺円光寺住職の墓
境内の庚申塔とお賽銭箱の卍

松庵稲荷神社は江戸時代どうだったか?
神社の前に建っている説明書きに依れば「旧松庵村の鎮守・・・」とあります。江戸時代の松庵村は戸数僅か10戸という小村であったので、村の鎮守のお稲荷様は、現境内の道を挟んだ西側にあった天台宗・円光寺の寺域の中の小祠でした。
神仏習合とは?
神(=神社)と仏(=お寺)が同居し融合している現象
です。円光寺とお稲荷さんとの関係はは正にこれです。神仏習合は現在でも行われていて境内の中には庚申塔(道教+仏教)が2基立っていて、お賽銭箱には卍(仏教や寺院を示す記号・標識)が描いてあります。
神仏分離・廃仏毀釈とは?
神道と仏教を分け、仏教の抑圧と釈迦の教えを棄てること
。明治元年、成立したばかりの維新政府は天皇の神権的権威を確立するため、祭政一致をスローガンとし、神道を国教にしようとし神仏分離・廃仏毀釈を強行したのです。
一村一社の氏神とは、鎮守とは?
維新政府は神仏分離・廃仏毀釈を徹底するために日本の津々浦々に至るまで一村に必ず一社の氏神を定め、これを村の鎮守とした。
氏子制度とは?
全国民が必ず氏神様の氏子となること。
これを法制化し、江戸時代の寺請制度(キリシタン禁制のため、お寺に属していることを証明する制度で、必ず何処かのお寺の檀家でなければならなかった)に替えた。
円光寺が廃寺になり、稲荷社が大きくなったのは?
まさにこの明治初年(僅か2−3年の間に強行された)の廃仏毀釈に依るのです。この大きな日本の宗教政策の変換で、円光寺は廃寺になり、境内の小さな稲荷社は独立したのです
その後の松庵稲荷神社は?
大正6年発行の「東京府豊多摩郡神社誌」には「松庵稲荷神社は、境内地60坪、氏子12、3戸」と記してあります。規模は大きくなっても、氏子はそんなに増えなかったようです。
旧中高井戸村の鎮守でもあるのは?
更に昭和9年5月に、旧中高井戸村の鎮守・中高井戸稲荷神社を合祀し、本殿を造営しました。その際、神社全域を旧松庵村から道路を挟んだ旧中高井戸村へ移しました。従って現在の松庵神社は旧中高井戸村と旧松庵村の鎮守です。


第2回ー鎮守ー氏神ー氏子

松庵稲荷神社が松庵村の鎮守とは?
鎮守の意味はもともと仏教用語で「お寺を守る地付きの神」という意味だったようです。その考えが進化し守る対象物が「お寺」でなく「国」「王城」「家宅」等に広がってきました。遂には「村」を守る神社「村の鎮守」が出てくるようになったわけです。
松庵稲荷神社は松庵村の氏神とは?
氏神とはもともと「同族を守る神」で大抵は祖先を祭り、本来鎮守とは異なります。天皇家の氏神は天照大神で伊勢神宮、藤原氏の氏神は春日大社等がその代表ですが、武家政権になって氏神は祖先と言うよりも地縁的性格が強くなってきます。安芸の厳島が平家、源氏が八幡神社等であり、これ以降、氏神と鎮守は混同されるようになります。
松庵稲荷神社の氏子中とは?
江戸時代に村落単位の体制が確立すると鎮守=氏神が確立し、構成組織は「氏子中」(うじこじゅう)、構成員は「氏子」と呼ばれました。子供が産まれると氏子札といって、お宮参りをして氏子であることを証明するお札をもらいました。第2次大戦までは国家神道としての行政指導もあって氏子制度は地域住民に強力な規制力を発揮すると同時に、強固な仲間意識、同族意識、地縁意識を育みました。13.6.12

第3回ー神社とは?ー伏見稲荷ー勧請ー八幡神社ー神明神社ー春日神社

そもそも神社とはなんでしょう?
神々をまつるために建てられた建築物です。
神社に何が祭られてるのでしょう?
すべて古事記と日本書紀に出てくる神々です。例外的に菅原道真(天満宮、天神)や乃木大将等
古事記とは何か?
奈良初期に編纂された天皇家の神話。稗田阿礼と太安麻呂により670年頃から始まり712年に完成。
日本書紀とは何か?
720年に完成した日本最初の編年体の歴史書。舎人親王以外の編纂者は不明。全30巻の内、ほぼ史実と認められるのは28巻の天武天皇から。8年前に完成した古事記は全く参考にしていない。
代表的な神社の神様は?
伊勢神宮が天照大御神・天手力男(たぢからお)・万幡(よろずはた)豊秋津姫・崇神天皇の4座(「ざ」とは祭られた神を数える語)、
出雲大社は大国主神(おおくにぬしのみこと)のみの1座らしい、
伏見稲荷大社(京都)は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)・佐田彦大神・大宮能売(おおみやのぬ)・田中大神・四大神(しのおおかみ)の四座。

第4回ー宇迦之御魂神とは何か?

伏見稲荷大社の主神である宇迦之御魂神とは何か?
古事記に出てくる速須佐之男命(はやすさのおのみこと、日本書紀では素戔鳴尊(すさのおのみこと))の次男。日本書紀では倉稲魂命(うかのみたまのみこと)と書いている。稲の霊魂をいう。日本書紀に出てくる保食命(うけもちのかみ)、古事記に出てくる大気津比売神(おおげつひめ)も同じ、すべて食物神。他に御食津神・御食都神(みけつかみ)とも。
松庵稲荷神社は何が祭られているのでしょう?
受持命(保食命・うけもちのかみ)。すなわち、伏見稲荷の主神が祭られている。
伏見稲荷大社と松庵稲荷神社とはどういう関係か?
伏見稲荷が総本山で松庵稲荷が末社です。神社は勧請(かんじょう)といって、神様を分霊してどんどん増えていくのです。全国3万社とも言われる稲荷神社はすべて伏見稲荷大社の勧請です。

第5回ー勧請の例

勧請の例は他に?ー八幡神社ー神明神社ー春日神社は?
八幡神社は全国で2万5千と言われますが、すべて大分県の宇佐八幡宮から直接・間接的に勧請。祭神は応神天皇。上荻窪村=荻窪八幡神社、上井草村=井草八幡神社も同様です。(実際の勧請の経路は宇佐八幡宮→→石清水八幡宮→→鎌倉の鶴ヶ岡八幡宮→→全国の八幡宮)
神明神社(神明宮・天祖神社・伊勢宮とも)は伊勢神宮から勧請したもので天照大神。西荻の神明町の「神明天祖神社」も同様。
春日神社は総て奈良の春日大社から勧請。但し春日大社は藤原氏が、茨城県の鹿島神宮と千葉県佐原市の香取神宮を、奈良の春日野に勧請して造った神社。大宮前新田村の春日神社も同様。
白山神社は石川県の白山神社。荻窪の白山神社もここから勧請。
山王神社(権現)は滋賀県大津市の日吉大社(山王権現)を勧請
熊野神社(権現)は和歌山県熊野地方の熊野大社(権現)を勧請
13.6.19。

第6回ー稲荷神社には、なぜ狐がいるのか?

稲荷(いなり)とは?
いねなり(稲生)の意味で記紀の食物神、稲の霊魂である倉稲魂命のこと。またそれを祭ったもの。
稲荷神社にはなぜ狐がいるの?
宇迦之御魂神の別名である御食津神(みけつかみ)を三狐神(みけつかみ)とこじつけて、狐を稲荷の使いとする俗信からという説が有力だが確証は無い。
まとめ
神社は総て古事記と日本書紀に出てくる神々=天皇の祖先を祭ったもの。
稲荷神社は稲の霊魂である稲荷を祭った神社。
全国の稲荷神社の総本山は京都の伏見稲荷神社
八幡神社は大分県の宇佐八幡宮
神明天祖神社は伊勢神宮
13.6.22


初午(平成14年2月7日 松庵稲荷神社)

2月初めの午の日は「初午」といって、稲荷神社では祭礼を行います。旧暦の2月初午は農業開始の頃に当たり、農業の神様であるお稲荷様と結びつきやすかったのでしょう。お稲荷様に幟(のぼり)を立てて、油揚げやお赤飯をお供えし、みんなで飲食を共にします。松庵稲荷神社では、石焼き芋の無料配布を行っていました。筋向かいの地主の畑でとれた「西荻産」のサツマイモだそうです。伏見通りの「伏見稲荷」でも油揚げやお赤飯が供えられていました。14.2.7

西荻大全