西荻の研究

伏見通りの研究

またまた渋いお話で済みません。駅北口のご存じ「伏見通り」(略図のピンク)のお話です。
「伏見通りの始点と終点」
伏見通りの起点は北口駅前の食料品店「喜久屋」さん、終点は蕎麦や「寿美吉」(略図B)の手前までです
。ほんの250メートル程の短い通りですが善福寺方向に向かう賑やかな商店街です。伏見通りの先は「女子大通り 西荻一番街」(略図パープル、以下一番街)につながります。
「伏見通りはいつ出来たのか」
実は明治13年の「東京府武蔵国東多摩郡上下井草村近傍村落」と言う長ったらしい地図には既に記載されているのです。この地図に記載されているという事は江戸時代からの古道だったのです。但し伏見通りまでで、その先の「一番街」は記載されていません。古道は「寿美吉」で行き止まりで左右に分かれるT字路(略図レッド)になってしまうのです。
「伏見通りは何処に繋がっていたのか」
左折は勿論新田街道(略図イエロー、現在の神明通り)につながりJRの線路を横断して(今は分断されていて途切れています)松庵窪の駐車場(略図A)を左に見て五日市街道に面した松庵稲荷へとたどり着きますーーこの道(略図レッド)を境に西側は松庵村、東側が中高井戸村でした。
「寿美吉」右折は善福寺川の井荻橋を渡り東京ガスの裏を通って荻窪八幡への道ですーーこの道も西側が上井草村、東側が上荻窪村と言う村境の道でした。
「実はとても重要な道に繋がっていた」
このレッドの道は上荻窪村の鎮守「荻窪八幡」と松庵村の鎮守「松庵稲荷神社」を結び、上石神井・上荻窪・松庵・中高井戸村の4ヶ村の村境の道で、大変重要な道であったのです。
それでは伏見通りの荻窪方向(食料品店「喜久屋」さん側)は何処に繋がっていたのでしょう。地図には北銀座通りで切れているようになっていますが、実はJR線路を斜め横断し、線路沿いに線路の南側を荻窪方向に光明院や下荻久保村の鎮守白山神社まで繋がっている上下荻窪村を縦断するメイン通りだったのです。
「一番街の成り立ち」
ところで「一番街」(略図パープル)はいつ出来たのでしょう。前後の歴史を調べると、大正11年に西荻窪駅が開設。大正13年に東京女子大が善福寺の現在の地に移転してくる。ところが大正15年作成の「豊多摩郡全図」という地図には記載されていません。昭和5年の井荻町の区画整理後(全域完了ではない)の地図「番地界入 東京府豊多摩郡井荻町全図」になってやっと記載されます。
この「一番街」は区画整理の産物であり、あまり緊急につくる必要性のなかった中途半端とも言える道なのでしょう。東京女子大に向かうには今でも神明通りを使えば良いのですから。
「女子大通りも実は8世紀からの古道?」
一番街は「女子大通り 西荻一番街」と云っていますが、もう一つの「女子大通り」すなわち東京女子大の正門前を通る道(青梅街道と神明通りを繋いでいるみち)も江戸時代からの古道です。
話がそれてしまいますが、この女子大の前を通る「女子大通り」と、前述した松庵村と中高井戸村の村境の道(略図レッド)、それに吉祥寺村(現武蔵野市)と松庵村の村境道(略図ブルー,@は蕎麦の「松屋」)の3本の道のどれかが、近頃では「律令国家の駅制」の駅続日本紀記載768年・・続日本紀とは日本書紀に続く公式の史書で697年から791年まで歴史が記載されている)であったというのですから話は大きくなります。
「伊勢物語記載の一級国道」
すなわち京都から箱根足柄山を越えて相模国府から武蔵国府(現府中市)に至り、人見街道を通って久我山のあたりから天沼駅(荻窪の天沼)迄の道が3本のうちのどれかっだったと言うのです。道は天沼から豊島区上中里(豊島駅)を経て下総国府から奥羽・陸奥に至る当時の一級国道であったと言うのです。
そうです「伊勢物語」に出てくる道筋ですから、江戸城なんて「いざ事問はむ都鳥・・・の飛び交う一面の大湿地帯・芦原だっでしょうし・・・・その大湿地帯を大きく迂回して東国に繋がっていたのですね。
ちなみに天沼の駅が記載されている続日本紀の768年という年は奈良時代の末期で日本のラスプーチン怪僧「道鏡」さんなんかが活躍する時代だったのです。
「東伏見のお稲荷さん」
話を本題に戻して・・「伏見通り」の名称は途中にある(駅から来て八百松を左折れしてすぐ右手)お稲荷さんに由来しています。何でも由来を調べると西武線の東伏見のお稲荷さんを分祀したそうだ。が「東伏見稲荷大社」は昭和4年の創建。と言うことは出来立てのホヤホヤのお稲荷さんを分祀したのでしょうか。話によれば商店街の人達が商売繁盛を願って勧請したようです。昭和5年頃の新興商店主の心意気・願望が忍ばれます12.12.15

伏見通り起点 伏見通り終点 伏見通り沿いの鳥居 伏見稲荷

西荻大全