西荻の事件

杉並区立わかば公園の落書き

西荻北口の桃井第三小学校の裏門を荻窪方向にゆくと信号の先の右手にある200坪くらいの小さな公園です。(西荻北2-9-17)
友人から聞いてネット検索しましたら・・・・
ある青年(書店員Kさん)が、昨年の417日、杉並区立西荻わかば公園のトイレの外壁に落書きをして、近所の人によってパトカーに通報され、器物損壊の現行犯で逮捕され、杉並区によって告訴されました。
書いた内容は「戦争反対」、「反戦」、「スペクタクル社会」だそうです。この事件で検察は「建造物損壊」で起訴しました。青年は44日間勾留され、家宅捜索され、借りていた住居を失たそうです。
第1審判決は懲役1年2月執行猶予3年。第2審は今年の9月3日の東京高裁判決で控訴棄却。最高裁に上告中だそうです。
本年11月14日に公園から阿佐ヶ谷までの大々的な抗議デモが行われました。
この事件によって、この小さな公園は日本現代史に名を留める事でしょう
それにしても、単なる落書きに対して、このような重罪を課す事に関わった人達は大勢いるはずです・・・・事件を通報した近所の人、パトカーの警官達、警察署の刑事さん達、警察庁の役人さん、区の公園管理係の人達、区の人達と区長さん、検察庁の人々、地裁判事、高裁判事等々、我々の身近な、ごく普通の善良な?隣人がこの事件に100人以上は関わっているはずですが・・・。
「戦争反対」という当たり前の言葉が、もはや、世間的には・社会通念的には・お上にとって、思想性を帯びた、政治的というより「カルト的」「犯罪的」な言葉であり、いたずらに混乱を招いたり、社会不安を誘発したり、安寧秩序(古い言葉でスミマセン)を乱す、反政府的、反国家的な言葉になってしまったのでしょうか?この重罪判決を考えたとき、常識的に考えれば日本は某国並みの統制・独裁国家になってしまったという事実が残ります。
http://mypage.naver.co.jp/antiwar/graffiti417/jp/about.html
「スペクタクル社会」とは、1950年代、フランスの思想家、ギードゥボールが唱えた概念。多くの人々が受動的な観客の位置に押し込められた世界、映画の観客のようにただ眺めることしか残されていない、資本主義の究極の統治形態をいう。多くの人々が受動的な観客の位置に押し込められた世界、映画の観客のようにただ眺めることしか残されていない、すなはち見せ物(スペクタクル)やイベントに支配される社会ともいえる。昨年3月におきたイラク戦争に対する無力感を象徴する言葉・・・だそうです。2004.12.7

西荻大全ブログの反響−西荻わかば公園事件  2004年12月10日(金)西荻わかば公園事件について、私は大変な衝撃を受けましたが皆さんは、それぞれどのように思われるでしょうか?

「戦争反対=非国民」というような風潮が恐いと感じました。
 もちろん、公共の施設に落書きするのは良くない行為だと思いますよ。
 でも、公園のトイレに落書きされてるのは、よくあることだし、西荻には少ないけど下北沢とか他の街でも商店街のシャッターなんかの落書きはよく見かけます。
 しかし、それらが「建造物損壊罪」で逮捕・起訴されて、重い判決を受けたという話は、少なくとも私は聞いたことがありません。
 単なる愉快犯の落書きではなく、「反戦」という今の政府にとっては面白くない思想を落書きで主張したから、魔女狩りにあったとしか思えません。落書きした人よりそういう国のやり方やそれを当然とする風潮の方が私には恐ろしいと感じます。Posted by:はな  at 2005年01月05日(水) 11:15
公園のトイレに落書きしたくらいで本当に「建造物損壊罪」になるのだろうか?という素朴な疑問を抱きました。叱って済む程度の事じゃないのでしょうか?せいぜい捕まえても本人に掃除させるくらいの話でしょう。
 反戦運動を取り締まる目的で、嘆願書にあるような行為がなされたとしたら、旧共産圏や軍事政権並みの強権支配のようで怖しい。憲法とか法律とかをきちんと守らせる立場の人達が、自分達の都合で解釈を操作できるとしたらあまりにも恐過ぎます。
 公共物に落書きする事によって主義主張するのは、古今東西を問わず抑圧された社会で行われてきたことです。日本がそんな社会だとは思いたくないけれど、こんな取締りしてると聞くと不安になります。
 いまどきネットのブログや掲示板ではなく、落書きという手段を使ったのはレトロだし、不適切な方法による自己主張だったと思います。だからといって一ヶ月以上も拘留して生活を破綻させるほどの重罪扱いなんて、どこぞの秘密警察でもあるまいし。もっと凶悪な犯罪が横行してるのに、落書き程度のことで大袈裟過ぎるのではないでしょうか。強い違和感を感じます。
>同じ町内に、目的のためなら手段を選ばないというテロリストが身近に生活をしていたという事実
 このコメントも、公園に落書きしたくらいで”手段を選ばないテロリスト”と決め付ける論点のすり替えが魔女狩りのようで怖しい。落書きで怪我人や死人なんか出るわけもないのに。
 落書きを取り締まるという名目で反戦という主張を潰したのじゃないかと疑いたくなります。どちらにも非はあるように感じますが、取り締まる側には一個人より高いモラルと自制を望みたいと思います。Posted by:あきら  at 2004年12月20日(月) 16:09

別に落書きじゃなくても反戦を訴えることはいくらでもできるのに…。Kさんの嘆願書も読みましたが、なんだかなあって感じでした。
ただ落書きしたら捕まっちゃったから、思想弾圧とか言ってゴネてるだけじゃないんですか?
落書きだってそれなりの犯罪なんだし、それで「住居を失った、これからの人生真っ暗だ、遊ぶ体力も無くなった」なんていうのも、あまりにも自分のしたことを解ってないんじゃないんですか?Posted by:おぎこ  at 2004年12月18日(土) 12:25

木下正樹(報道で名前は出ているし本人も正しいことをしたという主張のようですから仮名にする必要はないでしょう)の起こした事件ことですよね?
私も衝撃を受けました。同じ町内に、目的のためなら手段を選ばないというテロリストが身近に生活をしていたという事実についてです。
それに対して行政の処罰は適切なものと思っています。長期拘留や処罰が重いという意見もあるようですが、支援サイトを見る限りでは、犯人は取調べ中は黙秘を続けたとのことで長期拘留は致し方ないことですし、本人の反省がなければお目溢しによる減刑も期待できません。落書きで建造物損壊という判断は今回に限らず、決して重過ぎるというものではないようです。
被告は第一審の判決で法廷にスプレーを撒くという暴挙に出たようですが、そのような行動をする人間が反戦を訴えるなど、そもそも説得力を感じませんね。Posted by:わかば公園に平和はいつ戻るのだろう  at 2004年12月13日(月) 01:23

確信犯的な行為でしょ。イラクの日本人捕虜と同じで、自己責任を問われるよ。捕まってから騒ぐのはおかしい。反戦をアピールして落書きしたんだったら、それなりの覚悟はしていなきゃ。Posted by:ちょろまつ  at 2004年12月10日(金) 18:43

以上2005.1.5迄の書き込み

日本一まずいラーメン反対

12月12日(月)12時半より1時間、阿佐ヶ谷の杉並区役所前で「つくる会歴史教科書」採択反対のアピールをしました。「杉並の教育を考える会」は子供達によりよい教科書を渡したいと杉並の様々な個人が手をつないで2000年12月にスタートし、特定の政党・政治団体とは関係がないそうです。以下続く→つくる会教科書

2005年8月12日杉並区内の全中学校で、「つくる会の教科書」を使うことが決まりました。

12日杉並区教委、「つくる会」教科書を全国で3番目に採択

東京・杉並区の教育委員会は、12日午前に始まった杉並区の臨時教育委員会の中、扶桑社の「新しい歴史教科書をつくる会」が中心となって執筆した中学校の歴史教科書を採択しました。 結局5人の委員中3人が支持し、採択されました。 「つくる会」の教科書が公立中学校で採択されるのは、栃木県大田原市と東京都立の中高一貫校についで全国で3番目です。「つくる会」の教科書採択は都内二十三区初。委員会は公開で行われ、納冨善朗教育長を含む委員3人が同社版を推しました。杉並区立中学校の生徒は7月1日現在計6345人。来年度は1、2年生計約4000人が歴史を学びますが、このうち1年生約2000人が同社版を使う見込みです。

皆さん新聞・ニュースでご覧になったように
杉並区では4日の教科書の採択が継続審議になり12日に採択されました。
西荻の有名人で善福寺に住む、西尾幹二さんを名誉会長とする扶桑社の「つくる会」の教科書は全国でも採択されるのは1%にすぎないと言われています。
しかし12日に杉並区で採択され、来年からは、杉並区立全中学23校で使用するわけです。
勿論、我々の母校、荻窪中学、神明中学、井草中学、井荻中学、西宮中学でも使用されるわけです。
教科書の内容の是非は議論百出でしょう・・・
ただ、何故、99%の市町村で採用されないであろう教科書が、杉並区では採択されたのでしょうか?何か強い指向性を感じると共に、地方行政・教育行政にそぐわない政治的な偏向を感じます。2005.8.12

ワシントンポストの記事

Tokyo district adopts history text in whitewash row

Friday, August 12, 2005; 3:16 AM
TOKYO (Reuters) - A Tokyo district adopted on Friday a history textbook that critics say whitewashes Japan's past militarism, a decision that could anger Asian neighbors.
Japan's Education Ministry approved the new edition of "The New History Textbook," written by nationalist scholars, in April, prompting outrage in China and South Korea, where bitter memories of Japan's aggression until 1945 persist.
An official at the education board in Suginami, a mostly residential area of western Tokyo, confirmed that the text had been adopted for use in junior high schools but would give no further details.・・・・・・

  東京特別区は、過去を隠蔽した歴史教科書を採択した.
Friday, August 12, 2005; 3:16 AM
東京(ロイター発)−東京特別区の一つは金曜日に、日本の過去の軍国主義を隠蔽していると批判されている歴史教科書を採択しました。その決定はアジアの隣人達を怒らせるでしょう。
日本の文部科学省は4月に、国家主義の学者達によって書かれ「新しい歴史教科書」の新版を採択しました。このことは1945年までの日本の侵略行為の苦い記憶を持ち続けている中国と韓国の激しい怒りを招きました
杉並区(西東京の大部分は住宅地域)の教育委員会は、その教科書を中学校で使うよう採択・決定したものの、それについて一切のコメントを拒否した。・・・・・・

採択された12日に、ワシントンポスト(アメリカのクォリティペーパー)に掲載されたました。
「whitewash row」=隠蔽の列
「whitewashesJapan's past militarism」=日本の過去の軍国主義を隠蔽する
「written by nationalist scholars」=国家(国粋)主義の学者達によって書かれた
「whitewash」とは「漆喰を上塗りして白くする」「過去を隠蔽する」「過失を隠す」「総て無かった事にする」という意味です。
2005.8.26

善福寺川の大洪水 2005年9月4日 上荻3丁目が被害

9月6日15時頃の上荻3丁目の様子です。

半地下のマンションがひどい被害を受けた コンビニも休業
辺り一帯、道路や橋の上は畳・家具が 橋の手すりも冠水したのでしょう

首都圏局地的豪雨 都内1932戸が浸水

四日夜から首都圏を見舞った記録的豪雨。東京などでは局地的に一時間に一〇〇ミリを超す雨量を記録。警視庁の五日午前七時三十分現在のまとめによると、都内での家屋の浸水は床上五百八戸、床下千四百二十四戸の計千九百三十二戸。被害は千代田、杉並、世田谷など十区と三鷹、調布、武蔵野など七市にまたがった。
妙正寺川や神田川、善福寺川がはんらんした東京都杉並、中野両区などはとりわけ被害が大きく、道路が川になった。多くの家が床上浸水の被害に遭った。住民たちは、家の中に流れ込む泥水に、なすすべもなかった。
善福寺川の水があふれて流れ込んだ杉並区上荻三の住宅街は四日午後十時半ごろから、ひざの高さ程度まで浸水した。
●3階に住む会社員(30)によると、4日午後9時過ぎ、「川があふれた」という声を聞き、ベランダからのぞくと道路が30センチほど冠水していた。30分もしないうちにガードレールが隠れるほどに。敷地内の駐車場では10台ほどの車が水につかり、自転車が浮いていた。
●一階の十世帯は避難して無事。マンション一階の女性(70)は「玄関のドアの下から、ものすごい勢いで水が来た。ドアは手では開かず、近所の人が外から道路側の窓ガラスを割って助けてくれた」。別のマンションで浸水した地下の部屋の男性は「一一九番したが、来てくれなかった。財布と着替えだけ持ってようやく逃げた」と話した
●自宅が床下浸水した会社員男性(48)は「気付いたら、みるみるうちに水かさが増えた。ずっとここに住んでいるが、こんなのは初めて」と驚いた様子。前の道路では数台の車が動けなくなり、近所の人が車を押すなどして脱出を手伝った。
●近くの橋の上には、運転中に動かなくなった車が数台止まったまま。タクシー運転手の男性(68)は「冠水した交差点に来たら、エンジンが止まってしまった」と、会社の救援を待っていた。
●善福寺川沿いに住む女性(50)は「二階から見た川の様子に驚いて一階に下りたら、もう水が床上から五センチくらいの高さまで来ていた」と話した。
●1階に下りようとしたが、踊り場まで浸水していてあきらめた。「ぼうぜんと見ているしかなかった。水かさが増したら、屋上に逃げようと思った。米国のハリケーンを思い出して怖かった」。1階の2世帯は近くの学校に避難した。
● 川の近くの住宅の男性(50)は、「1階にいた母を2階に避難させた。床上30センチ以上まで水が来て、畳が浮いていた。こんなひどいのは40年ぶり」と話した。
● 一階部分が道路より低くなっているマンションでは、一階が天井まで水に漬かった。消防隊がゴムボートを出して二人を救出。入り口は水没し、二階以上の住民がベランダに出て救出を待った。辺り一帯は停電で真っ暗だ。
●冠水した交差点ではマンホールから水があふれ続け、粗大ごみとみられるソファや、散乱したごみが流れていた。
●川に近い杉並区上荻3丁目のマンションは1階の天井まで浸水し、消防署員や警察官が被害を調査していた。
●東京消防庁によると、杉並区上荻三の付近一帯は高さ約一・五メートルまで冠水、マンション三階の夫婦二人がボートで救助された。男性(41)はガラスで右手指にけがをしたほか、女性(30)が腹痛を訴えて病院に運ばれた。
●善福寺川があふれ、近くのマンションや一戸建て民家の1階が浸水。4階建てマンションに男女が取り残され消防が救出したが、男性が指を切り軽いけが。女性も気分が悪いと訴えた。このマンションでは消防による排水作業が夜を徹して行われ、5日朝までにほぼ完了した。
● 5日朝になって水はひいたものの、泥だらけになった家の後かたづけに追われた。
●上荻の現場では5日朝、住民らが水につかった家財道具などの後片付けに追われた。自宅が床上浸水した主婦(50)は「あれよあれよという間に水が入ってきた。玄関から水が流れ込むので裏から逃げるしかなかった」と振り返った。
●上荻三周辺では五日、住民が朝早くから、家にたまった水や泥をかき出したり、使えなくなった家財道具を運び出すなどの作業に追われた。
●半地下の一階が一時天井まで水没したマンションでは、近くの小学校などに避難していた一階の住民十世帯が戻り、近所の住民らも片付けを手伝った。
●消防の排水作業などで水は引いたが、作業を手伝っていた二階に住む女性(50)は「部屋の中はたんすなどの家具が全部倒れ、めちゃくちゃです」と言葉少なだった。
●別のマンションの地下に住む自営業男性宅は、五日午前でも背丈までの水につかったまま。午前十時前にようやく消防車が到着し、排水作業を始めた。男性は「トイレや風呂場、洗面台などの排水口からものすごい勢いで水が噴き出してきて一時は『だめか』と思った」と前夜の恐怖を語った。付近では杉並区職員が、希望する家庭に消毒剤を散布して回っていた
以上ネットのデーターを集めてみました。2005.9.6

杉並区の洪水ハザードマップの欠陥

@杉並区のマップ−は洪水のひどかったところです
A東京都のマップ−上荻三丁目には印が付いています。

今回の豪雨で杉並区では床上浸水が1000件を越えたそうです。
区民に配られていた「洪水ハザードマップ」(上図@)が欠陥だらけであったという事が判明しました。
欠陥が露呈してからの対応も更にビックリ・・・・
東京新聞などによれば
「同区は九日、マップの修正や、区のホームページ(HP)からの削除はしない方針を明らかにした。「マップは洪水のシミュレーションの結果にすぎない」「色づけする際、なぜか、データが漏れてしまった」のが理由といい、今後も転入してくる区民への配布を続けるという・・・」

そもそもこの欠陥マップは、東京都建設局が作成した「神田川流域浸水予想図」(上図A)に手を加え(「・・・東京都が作成した「神田川流域浸水予想図」を基に、区が独自に作成したもの・・・・」杉並区建設課)欠陥マップにしてしまったものです。
浸水が最もひどかった、上荻3丁目がの浸水地域が東京都の図@では、記載されているのに、それを元にしてつくった杉並区の図Aではすっぽり抜けているのは、ビックリです。

都のマップをわざわざ改変し、欠陥が露呈しても、
「マップはシュミレーションであって・・・」と開き直り
「欠陥は修正せず」
「欠陥マップは配布は継続」
「欠陥マップのHPも削除せず

とは、一体どういう神経をしているのでしょう??????
杉並区建設課はどうなっているのでしょう????
スギナビネット   東京新聞   2005.9.17
No.227 (2005/09/17 07:58) title:杉並区の洪水ハザードマップ修正について
Name:我悟故我在久々の書き込みです。
杉並区のウェブサイトによると、9月4日の集中豪雨により、従来の洪水ハザードマップで想定外だった区域で浸水被害が発生したことを受け、早急に新たな洪水ハザードマップを作成、配布することを決めたようです。「新・洪水ハザードマップ」(浸水予想図)を作成します(杉並区ウェブサイト)http://www2.city.suginami.tokyo.jp/news/news.asp?news=3810『過ちては則ち改むるに憚ること勿れ』過ちを認識し、改めることを決めた杉並区の姿勢をまずは多としたいと思います。

西荻の火災跡

仲通商店街果物屋さんのビル側面 2005年12月1日、14:20:12

今回の民意

神明中学校 桃井第三小学校

今回はご存じのように自民党の圧勝ですね
各党の力の判りやすい比例区の得票率を調べてみました。
政権与党、自民・公明の政権与党は前回50%、今回は51%
なんとわずか1%の伸びです
自民党単独ですとは前回35%で今回は38%。わずか3%伸びただけなんですね

小選挙区を見てみましょう
全議席数300議席のうち
自民党は全投票総数の48%の得票率で、73%に当たる219議席を獲得したのです。
民主党は全投票総数の36%の得票率で、17%に当たる52議席を獲得したのです。
自民党は民主党との得票率12%の差で、民主党の4倍以上の議席を獲得したのです。

選挙の結果は民意を正しく反映しているのでしょうか?2005.9.16







党派別当選者   比例       前回   小選挙     前回    
  % % 得票 % 得票 % % 得票 % 得票 %  
自民 296 62% 77 43% 2589 38% 2066 35% 219 73% 3252 48% 2609 44%  
民主 113 24% 61 34% 2104 31% 2210 37% 52 17% 2480 36% 2181 37%  
公明 31 6% 23 13% 899 13% 873 15% 8 3% 98 1% 89 1%  
共産 9 2% 9 5% 492 7% 459 8% 0 0% 494 7% 484 8%  
社民 7 1% 6 3% 372 5% 303 5% 1 0% 100 1% 171 3%  
国民 4 1% 2 1% 118 2% 0 0% 2 1% 43 1% 0 0%  
日本 1 0% 1 1% 163 2% 0 0% 0 0% 14 0% 0 0%  
諸・無所 19 4% 1 1% 43 1% 0 0% 18 6% 326 5% 417 7%  
  480 100% 180 100% 6780 100% 5911 100% 300 100% 6807 100% 5951 100%  

西荻南駅前の大火災(05.10.24.20:13頃発生)

05.10.25.16;00撮影

10月24日20時13分頃に西荻南駅前の果物屋さんを入った仲通り商店街のフルーツジュースやさんの店奥あたりから発火。
原因は電気系統のようですが、火元・原因とも確定していないようです。
店舗兼住宅等4棟150平方メートルに延焼しました。
荻窪消防署などから消防車両等33台が出たそうです。負傷者は1名だそうです。
2005.10.25
No.283 (2005/10/25 19:03) title:火事
Name:美食探検家 夕方、火事の現場の前を通ってみたら野次馬のおばさんが
漏電ですってね〜って言ってました。
いろいろな情報がとびかっていて、いったい何が本当の情報なのかわからない状態ですね。
これから乾燥する季節です。火の元に気を付けなくてはと思います。ピンクのぞうさんは健在でした。
No.282 (2005/10/24 23:45) title:火事
Name:かえりがけ
野次馬のおじさんが言っていたので定かではないですが、
ジュース屋さんの2階でお風呂のカラ焚きがあったみたいです。
柳小路とかは木造が多いので今後も心配です。。
No.281 (2005/10/24 22:33) title:火事
Name:美食探検家 火事の原因は何でしょうね。あの辺りは古い家などが多くて火事になったら大変と思っていたものですから。
放火だったら本当に許せない事ですよねNo.280 (2005/10/24 22:11) title:火事
Name:西荻大全 さっき通りかかりましたが、ジューススタンドのあたりのようです。
土曜日も三井住友銀行の脇を入った薬局の裏で放火があったようで、消防車が沢山いました。
No.279 (2005/10/24 21:33) title:火事
Name:美食探検家今、西荻駅南口にて火事のようです。けが人などいないのか心配です。大丈夫ですか?

表紙