西荻の地名

「三つ塚」は、現在、中央線荻窪よりの、生協や富士ガーデンのガードの南側(西荻南4−32)に、東西に三個の塚が並んでいたところからの呼称と言われています。このあたりは江戸時代から明治22年まで「上荻窪村小名三つ塚」と呼ばれていました。明治22年からは昭和7年までは「井荻村(町)小字三つ塚」は、現在のユトリアム辺りを中心とする地域の小字となりました。

「三つ塚」発祥の地 JRガードの「三つ塚」標識
「三つ塚」は中世の貴人の塚だと言われています。
1828年編纂の「新編武蔵風土記稿」には小字として「三つ塚」が記載されています。
荻窪図書館にある「上荻窪村の絵図」(1800年代初め?)にも「三つ塚」が記載されています。
「武州多摩郡上荻窪村風景変遷誌」(昭和15年)には小字「三つ塚」を次のように記述しています。「・・・明治9年僅か5戸であった当地も・・・現在は全く住宅地となり、往事の新田街道(神明通り)のクヌギ林もその面影なく、沿道には商店立ち並び・・・」とあります。
現在JRのガード下に「三つ塚ガード」という標識が有りますが、昭和初年の下の地図、すなはち井荻村の大区画整理以前の地図には標識の場所に踏切は有りません。この踏切(現在の三つ塚ガード)はおそらく、区画整理で踏切が新たに作られたのでしょう。

「東京府豊多摩郡井荻町全図」(作成年代は不明ですが青梅街道と五日市街道を結ぶ駅前の南北の大通りは西荻窪駅が新設されて3年位して出来ているので、大正15年以降、区画整理が始まった昭和4年迄の間?でしょう)
小字「三つ塚」の範囲は、南は神明通り、北はみずほ銀行から神明中学に向かう道、東は神明神社の手前、西は西荻窪駅です。三個の塚が有ったとされる、現在の「三つ塚ガード」の南側は、この地図では「二つ塚」の小字となっています。これは明治22年に行った小字の改訂で、それまで「三つ塚」とされていた範囲の北側を「二つ塚」として新たな小字として分割した事に依るようです。
区画整理以前の荻窪駅までの踏切はこの地図で見る限り@駅前A警察通り(二つ塚踏切)B一本松の踏切C善福寺川のガードD鎌倉街道の踏切(光明院の西荻より)の5カ所だったようです。  2004.3.24

西荻の地名(作成中)

新町

現在残っているのは、善福寺川に掛かる「新町橋」

西荻の地名

この記述は「新編武蔵風土記稿」(昌平黌地理局)、「杉並風土記」(森泰樹著)、「杉並の通称地名」(杉並区教育委員会)と各種古地図に依っています。推測・憶測に基づく部分が多いので、間違い、疑問がありましたら、ご連絡下さい

「関根」(せきね)(作成中)

「関根」は上荻久保村の小字です。
現在の荻窪八幡神社の南側斜面と善福寺川の南岸(城山を含む)で、東は鍛冶橋、西は関根橋の先、駅通り橋位迄の間を云っていたようです。現在の上荻4丁目と西荻北4丁目の善福寺川南岸(西荻図書館を含む)にあたります。
昭和38年までこの区域の住居表示は「関根町」でした。現在残る「関根」は「関根文化公園」「関根橋」のみです。地名の由来は、善福寺川からの”あげ堀”(用水路)の堰が、ここに2箇所、団子山の堰(現東京ガス)と、関根の大堰があったので、堰根の地名が生まれ、関根に変わったものと考えられます。左の写真は社橋から善福寺川の上流を撮しました。川上の緑は、関根公園です。
左の地図は昭和5年の区画整理が終わった後の東京府豊多摩郡井荻町上荻窪 字関根です。
「青梅街道」「荻窪八幡神社」の南、「字丸山」の北、「字中田」の西、「関根橋」と「団子山」の東(上井草村と接している)にかこまれた地域です。
昭和7年になって、「字関根」は東京市杉並区関根町となります
八幡神社の青梅街道を挟んで、斜め向かいに井草村役場がありました(現在の桃井第一小学校)。字関根は井草村の中心だったことが判ります。
荻窪八幡神社の神官、小俣家はこの地一帯を所有したので、屋号は「関根」でした。
八幡神社の南西は「有馬邸」で大正初年に久留米の有馬頼寧伯爵が別荘として購入し一時、庭園を農園としましたが、原野化して「有馬が原」と呼んでいたそうです。

左の地図には昔の通称地名が赤字で記入されています。「油屋」とは杉並会館の南東、八面地蔵のある辺りです。ここに杉山(現在でもあります)があり、地主の市川家の屋号が「油屋」(菜種油を採っていた)とも呼ばれていたことから来るそうです。
「まま下」は今の関根プールの辺りを云っていたそうです。@小俣家の屋号Aママ(断崖)の下B丸山の下を省略の3説あるそうです。確かに川の対岸は切り立った崖になっていました。
「団子山」は上井草村との境(山の頂上が村境で、現八幡通りは上井草村)。東が上荻窪村、西が上井草村ですが、名前の由来は不明です。
「関根前」は関根の大堰がここにあったからと言う説と、小俣家(屋号が関根)の所有地だったからという2説があります。
「城山」は善福寺川の南側の小高い高台です。現在は巨大なマンションになっています。→MORE2006年6月27日、18:18:30

表紙