西荻の雪

2006年1月21日、14:12:10

2006年1月21日、14:17:04

2006年1月21日、14:23:16

2006年1月21日、14:25:36
2006年1月21日、14:30:50
2006年1月21日、14:32:54
2006年1月21日、14:46:06
2006年1月21日、14:36:18
2006年1月21日、14:47:46
2006年1月21日、14:12:10

平成十八年 西荻窪のお正月

2006年1月1日、2:13:30  松庵稲荷神社 御神酒と甘酒の振る舞い+福引き+茅の輪で、至れり尽くせり。
2時間で700人以上の人が詣でたそうです。今年も親子狐に幸いあれと祈りました。

2006年1月1日、14:20:28 天祖神社(神明神社) 静寂な中の初詣
2006年1月1日、14:38:00 荻窪八幡はさすが上荻久保村の鎮守
2006年1月1日、14:55:02 駅南口 閑散としていました
2006年1月2日、22:43:50 年始参りの帰途 駅構内 下りエスカレータの上から
2006年1月3日、14:59:02 八幡通りの駐車場はピーカンというのでしょうか
2006年1月3日、14:45:10  お天気良く快晴 縁起物の南天の朱が際だっていました
2006年1月3日、15:07:06 井草八幡は三日の三時というのにこの行列
2006年1月3日、15:12:24 屋台も先の鳥居が見えない程の込みようでした
2006年1月3日、15:03:24 今年の運勢や如何に?
2006年1月3日、15:43:04

平成18年初詣はどちらへ?

案内図です。手書きで間に合わせですが、クリック拡大して見て下さい。

松庵稲荷神社

奥の鳥居にお稲荷さんが用意されています。
沢山の可愛いお稲荷さん 午前0時から2時までです

松庵村と中高井戸村(松庵1〜3丁目)の鎮守(村を守護する神、氏神様とも云う)です。午前0時から御神酒・甘酒・福引きがあります。主神はお稲荷さんで、農業の神様です。「茅の輪」も用意されています。境内のお狐さんの祠(おきつねさんがいっぱい飾ってある、中におきつねさんのミイラがある)と2基の「庚申塔」は見ておきましょう。庚申塔には「武州野方領松庵新田」と刻まれています。トイレは男性用だけです。照明はあります。
行き方→西荻駅からは一番近く、南口大通りを五日市街道まで出て右に行くと右側にあります。駅から10分でしょうか。

春日神社

春日神社は五日市街道に面しています 茅の輪があります 73貫の力石

大宮前新田村(西荻南1〜2丁目、宮前1〜5丁目)の鎮守です。「茅の輪」くぐりが出来ます。境内に乃木大将の日露戦争の記念碑があります。あと力比べの「担ぎ石」があり、一番重いのは73貫目(3.75kg×73=273.75kg)ですからすごい力持ちですね。隣接している日蓮宗「慈宏寺」は明治初年に西荻で最初の小学校が設置されたところです。
行き方→五日市街道を荻窪方向にいくと左側にあります。駅から15分位でしょうか。

荻窪八幡神社

荻窪八幡は鳥居の方角が皇居に向かっています。 格調高い建築です
上荻窪村(西荻北1〜3、南3〜4、上荻2〜4、南荻窪2〜4)
の鎮守です。
応神天皇が祭神です。11世紀の平安後期に創祀され、
源頼義や太田道灌が戦勝祈願をしたという由緒のある神社です。
破魔矢やお守り・絵馬等も販売しています。照明・トイレあります。
行き方→青梅街道の荻窪警察前です。駅から15分位でしょうか。
除夜の鐘は観泉寺(荻窪病院先)から聞こえるでしょう。
祓門(はらいもん)とは「茅の輪」のようなものでしょうか?

井草八幡宮

大鳥居 神門の中が拝殿
本殿は杉並最古の木造建築(1628)だそうです。 屋台は大晦日の朝から開業するそうです

上・下井草村(清水1〜3、下井草2〜5、上井草1〜4、井草1〜5、桃井1〜3、善福寺1〜4、旧宿町、旧三谷町、西荻北3〜5の一部)という広範囲の鎮守。源頼朝や太田道灌に縁のある八幡宮。都内で4番目に広い境内で「別表神社」(別格の重要な神社で杉並区では、ここと大宮八幡宮のみ)。人出はここが一番賑わうでしょう。6列に並んで拝殿に入り8列になって参拝するそうです。除夜の鐘は観泉寺から聞こえるでしょう。屋台が出るそうです。・・・・井草八幡宮の屋台 kam Home 2005/12/29(Thu) 23:01今日、屋台を作っている人に訊いたら、31日より営業するそうです。
井草八幡宮の正月行事 kam Home 2005/12/31(Sat) 08:22 大晦日16時から「年越し大祓い」 同17時「除夜祭」
元旦0時より「歳旦祭」 三が日は宝物殿を一般公開

行き方→青梅街道練馬方向、家電コジマの辺りです。駅から20分位でしょうか。

天祖神社

神明神社ともよばれます。鎮守ではありませんが、住宅街の静かな神社で、心静かに参拝できます。おみくじのみの販売です。照明・トイレあります・行き方→南口みずほ銀行を荻窪方向12分位でしょうか

2005年12月30日、14:06:14 2006年1月1日、14:20:28

市杵嶋(いちきしま)神社

善福寺上池の小島にある小さな神社というより祠です。由緒ある神社で善福弁財天=雨乞いの神様として善福寺川下流の村で深く信仰されていたそうです。1197年に江ノ島の弁天様を模鎮(?)したそうです。明治初年の神仏分離令で市杵嶋神社と改名されました。真っ暗なので訪れる人がいるかどうか?橋も架けられていません。

2005年12月30日、15:25:12 2006年1月3日、15:34:28 アヒルが寄り添っていました

善福寺稲荷

小美濃(小美野)一族のお稲荷さんではないかと思われる。お稲荷さんの左側一帯は一族の墓地で、卵塔場と呼ばれていたそうです。移転工事中に1318年と1321年(鎌倉末と南北朝で天皇は後醍醐天皇)銘の時宗系の板碑が出てきました。(杉並風土記) 長い階段を上がっていく由緒ありげなお稲荷さんですが、ライトもないので夜中の参拝は無理でしょう。なお「時宗(じしゅう)」とは、鎌倉末期に起こった浄土教で、一遍上人(1289年没)が念佛を唱えるだけで極楽浄土に行けると説いたそうです。当時の最新の新興宗教だったようです。善福寺4丁目7番地 行き方→善福寺上池の南東の角を東に行くと左に鳥居がありますが、見つけにくいです。駅から20分。

2005年12月30日、15:18:38 赤い鳥居が目印です 2006年1月3日、15:25:46 長い階段の上のお社

崎玉稲荷神社

武蔵野市に入りますが、小美濃家の氏神様なんでしょうか?
社の脇にある「椿の碑」によれば「正一位崎玉稲荷神社の歴史は300年に及ぶ由緒あるもので古来から近郷はもとより練馬・杉並・三鷹各地からも多数の参拝者が訪れ・・・又、社の古木の椿はご神木として中央線名物・・・300年前豊川稲荷より授かりし・・」とあります。
行き方→神明通り、吉祥寺方向丹波邸先、「稲荷通り」標識を左折れ右側。喫茶「ウッドストック」隣、駅から10分。
崎玉稲荷 椿の碑

大和市(おおわし)神社

「当社のご神体は剥製の大鷲(おおわし)です。この大鷲は大正14年秋練馬区関町との境にあった一本松に留まっていたものを、散弾銃で仕留められたそうです・・・あまりにも大きな鷲なので剥製にしてご神体とし・・・」と左横の看板にありました。三が日だけご開帳するようです。善福寺4−14
行き方→善福寺上池の北東角を北に行って、一つめの十字路を左折れし、次の十字路をまた、左折れすると右側。

大和市神社2005年12月30日、15:29:42 ご神体の大鷲 2006年1月3日、15:22:06

観泉寺

今川家の菩提寺です。上下井草村の領主です。鐘楼は照明で照らして除夜の鐘を撞きます。
西荻での除夜の鐘はここと荻窪の光明院です。
行き方→荻窪病院を左に見て北へ3分。駅から20分。

観泉寺 除夜の鐘の鐘楼

西荻窪北口の古い家 2006年1月5日、12:26:44

405.03m(128坪)の二棟もある大邸宅です。
道路側の2階建て 左に同じの2階部分
門扉の後ろのお庭 5F建てで11月15日完成予定とあります。
八幡通りから 冬陽を受けて小高商店のみかんとリンゴが目に浸みました。
2006年1月9日、12:58:08

西荻窪北口の古い家 - 荻窪ママ 2005/12/06(Tue) 12:35私の祖母の家なのですが、北口の山口耳鼻科の斜め前にある大きなお屋敷がついに取り壊しになります。私も幼少からついこの間まで住んでいただけに残念です。時代と共に住む人もかわり、維持できなくなったということですが、、、庭には、ざくろ、もみじ、桜、あじさい、、などなど季節の木々があり、杉並区で保護してくださるそうです。ああ、残念だな。。(でも、買い取るお金がなかったのよん)
Re: 西荻窪北口の古い家 - うさぎ2005/12/08(Thu) 14:13 昨日通りかかったら建築案内(→なんて呼ぶのかわかんないんですけど、何階建てのを建てるとか書いてある看板)立ってましたね。9時近くに通ったらそのお家の前から駐車場の所までみごとに肉厚な椎茸が4コ点々と落ちていて首をかしげてしまいました。
Re: 西荻窪北口の古い家 - 荻窪ママ2005/12/08(Thu) 14:52椎茸、、、なんでだろう。。。
104歳で亡くなった祖母は地方から出てきてあそこにに家をかまえた祖父につくして子供をたくさん生み、戦争も耐え、関東大震災も耐え、老後は庭の手入れをしながら孫(私達)と遊ぶのを楽しんでおりました。その孫の私も大きくなり結婚をし、離れの家に住んで祖母にひ孫でも見せてあげたら喜ぶかな、、と思ってた頃には90歳をとっくにすぎて、だんだんと高齢ゆえのボケが始まり、毎日私は「どちらさまですか?」などと聞かれましたがそれでもそれなりに楽しく西荻の生活をしてました。時折思いだすように祖母は、「昔はこの家の窓から駅が見えた(周囲に建物がなかったという意味)」とか、近所の床屋のおじさんがわざわざ祖母の髪をカットしに来てくださったり、飼っている犬の様子を見に動物病院の先生が立ち寄ってくださったり、、私も同居しなければわからない「地元の交流」をさせてもらい西荻の方々のやさしさにふれることが出来て幸せだったと思います。先日、家の取り壊しに当たって親族が集まった際に、今度そこにビルを建てられる建設会社の方が「いい建物をたてますから、安心してください。」と話してくださったようです。現在、建設会社のトラブルが相次ぐ中、その土地を愛して住んできた私達を安心させてくれる一言でありがたかったです。私も現在仕事があるのでなかなか西荻に行かれません。どなたか訪れたら取り壊し、、建築中の画像をアップしていただけると幸いです。(勝手なお願いですみません)
●Re: 西荻窪北口の古い家 - 阿字子 Home2005/12/25(Sun) 23:44昨日、こちらのお家の前を通りかかったのですが、お庭の植栽がすっかりなくなっていて、びっくりしました。思わず、門のところから、中を覗き込んでしまったのですが、移植→保護という雰囲気ではなくて、明らかに伐採後…。点々と見える切り株の年輪がとても痛々しく見えました。とにかく建物だけが残っている状態でした。日が暮れてからだったこともあり、写真撮影もできませんでした。ということで、ご報告のみで失礼いたします…。
●Re: 西荻窪北口の古い家 - 荻窪ママ2005/12/26(Mon) 12:03阿字子様日が暮れてから、、ということでしたらわが家族も同じ時間に家の前と角の小高八百屋さんのところで話をしてたのですれ違ってたかもしれませんね。私も、保護、、、と聞いてたのにほとんど伐採されてたので悲しくなりました。。。森のような庭だっただけに、木がなくなるととても広くてやっぱりびっくり。。祖父母は豪邸にいたのだわ。。。
Re: 西荻窪北口の古い家 - 阿字子 Home 2006/01/08(Sun) 21:24とうとうお家の取り壊しが始まっています。昨日ぐらいからでしょうか。窓ガラスが外されて、お庭に小型重機が入っていました。奥の建物のカーテンがひらひらしていました。手前の建物の中の、一階の左手のお部屋の中で、ランプシェードがゆらゆらしていました。たぶん布製で、短い円筒形に小さくて円い縁飾りが付いている、なんとなくモダンな印象のデザインのものでした。あのお部屋は食堂か居間だったのでしょうか。ぼんやり見ていたら、なんだか胸が切なくなって、写真を撮ることをすっかり忘れて、歩き去ってしまいました。再びご報告のみですみません。

2005年元旦12時38分

大晦日の大雪がピーカンの青空で目出度い元旦でした.

西荻の1月の風景(2005年1月7日19時)

南口は未だ元旦の夜明けの雪が残っていました。

No.3 (2005/01/07 07:30) title:新年のご挨拶
Name:松庵北町

皆様/大全様

新年おめでとうございます。昨年夏より故郷西荻を離れ
12年ぶりにNY郊外で暮らしています。
西荻の光景が見られるこのサイトがあることを嬉しく思います。トップページの写真の更新が楽しみになりました。
NYCも英語で言うgentrification (きれいにする意味ですが、実際には零細商店等が追い出されチェーン店の入ったビルなどが建つことが多い)がこの数年ほどで進み、バブルであまり影響を受けなかった西荻が最近同じ流れになりつつあるのは悲しく思います。
後継者がいない商店が閉まってしまうのは時代の流れとは言え、そこをマンションなどにせず新しいお店を入れるようにしていく努力が大事だと感じています。HPの管理は大変だと思いますが遠くからも応援しています。
No.2 (2005/01/03 22:39) title:あけましておめでとうございます
Name:レモン
このHPにはいつもお世話になっています。
東京でありながら、古き良き日本も感じられ
店には活気があって人々がそれぞれ文化を持っている不思議な町。出先から帰ってくるたびほっとします。
今年も住人のみなさま、西荻大全さま、よろしくお願いします。
No.5 (2005/01/08 21:42)
Name:shimako
更新された「西荻の1月の風景」に感激です。暖かみのある絵に泣けました。駅前のあまりに見慣れた光景ですが、何故だろう…旅人になって今戻ってきたような錯覚を覚えました。引っ越したわけでもないのに。そして西荻は私のふるさとなんだなあとしみじみと実感。

西荻の1月の風景(2005年1月7日19時)

南口みずほ銀行角から北口方向を写しました。

南口果物屋の前から駅構内を写しました

北口サンジェルマンの前から伏見通りを写しました。

続きがあります

表紙