〜南の海へ子供を連れて旅しよう〜

スリランカ
ベトナム
タイ
マレーシア
インドネシア
インド洋

アフリカ&中東

エーゲ海
ハワイ
ミクロネシア
南太平洋
オーストラリア
カリブ海

 

セイシェル

1996年8月

プララン島
Praslin

場所■セイシェル諸島
移動■マヘ島から国内線
時間■飛行機で15分
宿泊■ベルジャヤ・プラランビーチ
季節■

 モーリシャスより素朴で、ホテルもモーリシャスほどフォーマルな感じではないが、海はこちらの方がとてもキレイ! 空港は、国際空港?と思わせるほどこじんまりしている。

 プララン島には、空港に近いグラン・ダンス・エリアと、アンセ・ボルベール・エリアという2つのリゾートが集まったところがあるが、グラン・ダンス・エリアはキレイでないらしいし、絶対に行きたかったアンセ・ラシオに遠い。セイシェルのホテルは、設備のわりには高いと思う。

◇本島を離れるとさらに美しい

どこへ行っても、だいたい本島から離れるほど美しく、自然も豊富になるもの、それはセイシェルについても当てはまる。セイシェルまでへ来て、マヘ島だけで終わらせるのは、とてももったいない。プララン島、さらにラディーグ島へ行かないと、セイシェルの美しい海を見ることができないだろう。我が家は、美しい海を求めて、アクセスがいいプララン島に滞在して、ラディーグ島まででかけることにした。

 15:10発のセイシェル国内線でプララン島へ向かった。マヘ島からプララン島へはおよそ15分と、上昇したらすぐ下降するというくらいあっという間。


 

ベルジャヤ・プララン・ビーチ・ホテル

 ガーデンビュー、シービュー、プールビューがあったが、我が家はガーデンビューのコテージに滞在した。けっこう古さが目立ち、特筆するようなところはない、普通のリゾート。 日本からのツアーでもよく使われていて、日本人を多く見かけた。モーリシャスのホテルとは、比較にならないカジュアルな感じで、子連れにはちょうどいい。マリンスポーツも充実していて、ダイビング・センターもあった。

◇ヤシ取りサルのジュースサービス

 庭にはヤシが生い茂り、ヤシ取りサルの実演をしていて、取りたてのココナツジュースのサービスがあった。

◇シューノケリングは沖のサンピエ島へ

 目の前のビーチも、Topの写真のように白く美しい砂浜で透明度もけっこうあるが、セイシェルにはもっといいビーチがたくさんある。前のビーチは遠浅で、シュノーケリングにはあまり向かないようだ。ビーチチェアで読書をしたり、のんびり過ごすヨーロピアンが目立っていた。潮が引いている時は、目の前の島まで歩けるそうだ。シュノーケリングはすぐ沖のサンピエ島が良く、送迎してくれる。

 

広い庭には、いろいろな野鳥が訪れる。コテージのテラスにはイスが置かれていて、ゆっくりのんびり眺めていられる。

◇最終日は夕方まで部屋をキープ

 プララン島からマヘ島へ行き、そのまま22:15分発のHM062で帰国予定。マヘ島への国内線は17:45発にし、追加料金を払って夕方までホテルの部屋を使えるようにしておいた。日本への便は夜ということが多いので、夕方まで確保するのが快適に過ごすコツだろう。


◇絶対行こう、アンセ・ラシオ (ANSE RAZIO)

 セイシェルでいちばん美しいと言われる、プララン島の北部にあるビーチ。アンセ・ラシオ周辺にはホテルがないが、ベルジャヤ・ビーチ・リゾートからは、タクシーかレンタカーを使うことになる。だいたい15分くらい。タクシーは、けっこういいかげんだったりして、迎えをたんでおいて帰りにホテルで払うことにしないと、ちゃんと迎えにきてくれなかったりするそうだ。アンセラシオではタクシーはつかまらない。ちなみにうちはレンタカーを借りて、15分ほどでアンセ・ラシオに行くことができた。

◇レンタカーはミニ・モーク

 レンタカーは小型のジープであるミニモークが、ゴーカートを運転しているようで手頃だ。島の道はとてもわかりやすい。オープン・エアーで、気持ちいいがスピードの出しすぎには注意だ。道はコンクリート?舗装で細く、ところどころすれ違う場所がある感じだった。

◇レストランもあり、1日のんびりできる 

アンセ・ラシオは、真っ白でキメの非常に細かな砂の砂浜が続いている、ほんとうにキレイなビーチ。きめ細かい砂なのに透明度が高いのが不思議だった。人も少なく一日のんびり過ごすのもいい。ビーチから隠れるようにレストランもあるので、お昼も困らない。また、ここにもゾウガメが飼育されていて、タクトの遊び相手になってくれた。

 

◇ヴァレ・ド・メ国立公園

 島の中央部をしめる熱帯雨林の国立公園で、ホテルからのツアーもある。セイシェルだけに生息するというココ・デ・メール。公園の入り口にいきなりサンプルが置かれていた。ココデメールはしっかり国に管理されているそうだ。おしりのような双子ヤシで、特産おおみやげものとして売られていたが、けっこう大きいし、かなり高価。公園内は、ルートがあり、説明書もあるので自分らだけでまわれるが、ツアーに参加した方が見所がわかりやすいだろう。ココデメールが生っているハズだが、高いからだろうか、まったくわからない。ツアーではおよそ1時間くらい公園内を歩くことになる。


Copyright (C) nakashima. All Rights Reserved .