――旭川ゆかりの短歌人―― シリーズその4
酒井 広治 (さかい ひろじ)





昭和29年10月歌集
「雪来る前」

 明治27年4月27日~昭和31年1月30日(1894~1956)、福井県生まれ。
明治31年父と共に旭川に来住。大正元年(1912)、庁立上川中学を経て東京歯科医学専門学校卒。7年、日本橋で歯科医院を開業する。
(註・明治43年、中学時代に旭川初の歌誌『冷光』第3集に作品掲載)
「校庭のさびしく立ちし鉄棒に秋のゆふ日のうすくながるる」

 北原白秋に師事して「地上巡礼」「アルス」「煙草の花」「朱樂(ザンボア)」の歌誌に参加する。
 大正10年、父の意志により旭川に帰り、昭和12年旭川信用組合理事、26年初代旭川信用金庫理事長になる。帰旭してからは北原白秋生田蝶介若山牧水小川千甕らの来旭をうながし短歌について懇談する。
 大正15年、旭川歌話会を創設してリーダーとなり月例歌会を開く。同人として齋藤瀏、齋藤史、鬼川俊蔵小熊秀雄、小林昴、山名薫人らがおり、旭川歌壇の基盤を作る。
 昭和10年、「多麿」第一部会員、14年「香蘭」第一部会員。
24年、第一回旭川市文化賞受賞。
27年「多麿」解散における重要協議会の一人として招聘され協議。
翌28年、宮柊二の「コスモス」創刊より第一部会員として参加。
29年、第一歌集「雪来る前」を刊行。
31年、旭川で小林孝虎主宰の「北方短歌」創刊にあたり顧問として参加。性温厚にして歌壇の表面に立たず、歌誌を主宰することもなく歌人の育成につとめる。(1月30日、62歳で没)
33年、旭川市嵐山弓成山に
「わが観るや川筋ひかる野のかなた照りしづもりし遠の街屋根」の歌碑が建立された。
〔北海道文学事典・江口源四郎〕

昭和33年6月15日建立
旭川市嵐山歌碑除幕式

酒井広治を偲ぶ
アルバム5点
大正5年 大正2年
昭和29年 昭和6年
昭和29年11月病床

<旭川における詩歌の文芸誌>
 明治43年11月3日、旭川で最初の歌誌『冷光』を創刊(5号までらしい)。その後小林昴、花輪による『呼吸』には七師団の露西亜語教師の米川正夫中原悌二郎らも作品を寄せた。大正初期の文芸誌では『歌誌・樹海』『詩誌・毒木矢』『歌誌・高原』『歌誌・地の精』があった。(大正3~9年)
 大正15年11月3日、旭川歌話会創立の発起人会。※大正天皇15年12月25日崩御。昭和と改元、7日だけの昭和元年。明けて昭和2年3月19日、齋藤瀏、史送別歌会。「旭川歌話会第1歌集」を齋藤瀏出詠の「霧華」に因み記念号を『霧華』と命名して贈る事に決め、昭和3年12月1日第1巻第1号『霧華』が創刊される。会誌はそのまま『霧華』となり5号までつづく。


壺屋のき花に戻る  霧華のトップページ  霧華の始まり  

北の歌人-1  北の歌人-2  北の歌人ー3

北の歌人ー4  北の歌人ー5  北の歌人ー6