――旭川ゆかりの短歌人―― シリーズその3
若山 牧水 〔短歌〕  わかやま ぼくすい



旭川の齋藤家に滞在するにあたって、牧水は毎朝まくら元に酒を一升ほど用意してほしいと手紙を出していた。
(書簡の内容)
 明治18年8月24日~昭和3年9月17日(1885~1928)、宮崎県生まれ。本名繁。
延岡中学を経て早稲田大学英文科卒。中学時代すでに歌文の回覧誌を発行した。大学入学の翌年、尾上柴舟を中心に前田夕暮らと事前草社を結成。折からの自然主義の潮流に乗って歌壇に「牧水・夕暮時代」現出した。学友の北原白秋土岐善麿らからも刺激を受けた。
 明治43年、東雲堂から詩歌総合雑誌「創作」が刊行され、牧水が編集を担当したが大正2年から自らが主宰して「創作社」を興す。
 青春の浪漫性に貫かれた歌集「別離」(明治43)は、明星派とは傾向を異にする現実感と清新さで牧水の評価を定めた。生活面の挫折から一時、口語歌や破調の歌に傾いたが生来から叙情詩人であり、育った南方風土にも影響を受け、おおらかで平明、流麗な音調で自然を旅を酒を詠い、底に一脈流れる感傷性と共に世人に愛誦される。
 夫人喜志子も歌人で牧水没後は文にもすぐれ紀行文や随筆も多い。
大正15年の「詩歌時代」創刊時の負債解消のため揮毫頒布旅行を企て、大正15年9月に夫人と共に来道。二ヶ月間全道各地を行脚、講演会、歌会、揮毫頒布会を開き、小田観蛍山下秀之助酒井広治ら道内有力歌人とも歓談し、精細を極める「行脚日記」も遺した。 十勝の幕別温泉
「幾山河越えさりゆかば寂しさのはてなむ国ぞけふも旅ゆく」の歌碑がある。                     〔北海道文学事典・村井 宏〕

前列左から
若山牧水・喜志子夫妻
右は父齋藤瀏
後列左母キク、長女史(17)

大正15年10月
旭川師団官舎にて



旭川で牧水作五首
春光台公園に歌碑建立
平成19年7月


若山牧水はこの旅で
北海道には約80日ほど、
翌年に70日位をかけて
朝鮮に揮毫行脚をしている


こほろぎのなく聲すみぬ野葡萄のもみぢの露は散りこぼれつつ
大正15年10月  酔 牧 水
牧水関連リンク 大正15年10月31日、夕張に入る。延岡中学時代の同級生、甲斐猛一を訪ね夕張の歌を残している。終生の地、沼津市の若山牧水記念館報第3号に詳細あり
生地宮崎県延岡市では若山牧水賞を1996年に制定して全国募集をおこなっている

壺屋のき花に戻る  霧華のトップページ  霧華の始まり

北の歌人-1 
 北の歌人-2  北の歌人-3

北の歌人ー4  北の歌人ー5  北の歌人ー6