ホームナチュラリストクラブの紹介私たちの里山活動入会のご案内エコツアーって何?

活動報告

定例里山活動
今月の観察会
過去の観察会

次回予定

年間予定

里山活動の記録

2006年度
2007年度
2008年度
2009年度
2010年度
2011年度
2012年度
2013年度
2014年度
2015年度
2016年度
2017年度
2018年度
2019年度
2020年度
2021年度

里山の四季

アルバム

花アルバム
生き物アルバム

エコツアー

リンク

 2022年度の里山活動

第1回里山保全作業 2022年4月3日(日)

午後から雨の予報、途中でぽつぽつ雨粒が落ちてきましたが、里山に着く頃には止んでいました。空にはやはり厚い雲が。入口の所にフキノトウが!
  

今日は池の近くの段になっている所の細い木を伐採。下の段から作業開始。
  

すっきりしました。
  

左:タチツボスミレ、右:?です。
  

ショウジョウバカマにも色の濃いのと薄いのがあります。
  

左:白いショウジョウバカマのしべが赤紫でかわいいですね。右:シュンラン、ちょっと遅いのでややしおれかけていますが、見られてよかった!もう一か所咲いていた場所があったのですが、今年は消えていました。
   

左:切り株のコケに生えたキノコ。右:ヒキガエルの卵、来月はきっとオタマジャクシがうじゃうじゃいることでしょう!!
  
▲ページトップへ

第2回里山保全作業 2022年5月1日(日)

雨のため中止になりました。

第3回里山保全作業 2022年6月5日(日)

1ヶ月開いての里山作業です。田んぼはもう田植えが終わっていました。作業場への入り口でネマガリタケを発見、この場所でネマガリタケを見るのは初めてです。
  

今日は梅の木の生えているところの草刈りをしました。この場所はほぼ4年間手入れをしていませんでした。上がってみるとササが茂っていましたが、あちこちにイノシシに土が掘り返された跡が。
  

写真左の白っぽい部分は全部そうです。土を掘り返してササの根っこの部分を食べるんだそうです。なたで細かい部分を刈り、電動草刈り機で広い部分の草を払いました。
  

梅の木は人が手入れをしていないと樹勢が衰えてしまいます。ほとんど枯れていましたが、木に着いていたカヤランがあちこちに飛んで株を増やしていました!
  

ササユリもきれいに咲いていました。モリアオガエルが卵を産んでいましたが、もう孵った後のようです。
   

左:タツナミソウ、右:シライトソウ。シライトソウは一段高いところに群生していたのですが、ササが生い茂りだんだん数が少なくなってきていました.。今回、その下の斜面に新しく育っているのを発見!また増えてくれますように、と祈りつつ周辺のササを刈っておきました。
  
▲ページトップへ

第4回里山保全作業 2022年7月3日(日)

雨のため中止になりました。

第5回里山保全作業 2022年8月7日(日)

中止になりました。

第6回里山保全作業 2022年9月4日(日)

中止になりました。

第7回里山保全作業 2022年10月2日(日)

4ヶ月ぶりの里山作業です。空は雲一つない秋晴れ、そして暑いです!帰りに道端の温度表示を見たらなんと35℃!センサーに日光が直接当たっているので温度が上がったんでしょうが、それにしても10月とは思えない気温です。そして作業場所に行く途中でギンリョウソウ発見!
  

ここでギンリョウソウを見るのは初めてです!ギンリョウソウは葉緑素を持たない植物で、菌類と共生する樹木が光合成により作り出している有機物を菌経由で得て生活しています。その色や姿から別名「ユウレイタケ」とも呼ばれています。ただ、ギンリョウソウの花期は5〜8月なのでこちらはギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ)かもしれません。

そして巨大なキノコも。大きさが分かるように横に手を置いてもらいました。多分カラカサタケではないかと思われます。もう少しカサが開いたのもありました。
  

数か月来ていなかったので通路には小枝や木の葉が散乱。今日は神社の所から梅の木のある場所の下まで、通路を片付けて歩きやすくしました。
  
  

イナゴがのんびり日向ぼっこ、ワレモコウも咲いていました。
  
▲ページトップへ