| Bottom | Home | Article | Bookshelf | Keyword | Author | Oxymoron |

Contact Film


Cat: SCI
Pub: 1985
#: 9704b

Carl Sagan





Carl Sagan
this book?
  • When my daughter was a childhood, I often brought her to various planetaria, hoping to give her common interest with me. Now my daughter is a postgraduate of astronomy, giving me ununderstandable ideas about cosmos.
  • 娘が子供の頃、いろいろな所のプラネタリウムに連れて行き、なるべく同じ興味を持つように仕向けたことがあった。

The Last Chapter:

  • The universe seems ... to have been determined and ordered in accordance with number, by the forethought and the mind of the creator of all things; for the pattern was fixed, like a preliminary sketch, by the domination of number preexistent in the mind of the world-creating God.
    -Nicomachus of Gerasa, Arithmetic I, ca. AD100)

<The Artist's Signature>
  • She thought of her father... well, the simulacrum of her father...about the Caretakers with their network of tunnels through the Galaxy. They had witnessed and perhaps influenced the origin and development of life on millions of worlds. They were building galaxies, closing off sectors of the universe. They could manage at least a limited kind of time travel. They were gods beyond the pious imaginings of almost all religions - all western religions, anyway. But even they had their limitations. They had not built the tunnels and were unable to do so. They had not inserted the message into the transcendental number, and could not even read it. The Tunnel builders and the Pi inscribers were somebody else. they didn't live here anymore. They had left no forwarding address. When the Tunnel builders had departed, she guessed, those who would eventually be the Caretakers had become abandoned children. Like her, like her.
  • She thought about Eda's hypothesis that the tunnels were wormholes, distributed at convenient intervals around innumerable stars in this and other galaxies. The resembled black holes, but they had different properties and different origins. They were not exactly massless, because she had seen them leave gravitational wakers in the orbiting debris in the Vega system. and through them beings and ships of many kinds traversed and bound up the Galaxy.....................
  • The Argus computer was so persistent and inventive in its attempts to contact Eleanor Arroway that it almost conveyed an urgent personal need to share the discovery.
  • The anomaly showed up most starkly in Base 11 arithmetic, where it could be written out entirely as zeros and ones. Compared with what had been received from Vega, this could be at best a simple message, but its statistical significance was high. The program reassembled the digits into a square raster, an equal number across and down. The first line was an uninterrupted file of zeros, left to right. The second line showed a single numeral one, exactly in the middle, with zeros to the borders, left and right. After a few more lines, an unmistakable arc had formed, composed of ones. The simple geometrical figure had been quickly constructed, line by line, self-reflexive, rich with promise. The last line of the figure emerged, all zeros except for a single centered one. The subsequent line would be zeros only, part of the frame.
  • Hiding in the alternating patterns of digits, deep inside the transcendental number, was a perfect circle, its form traced out by unities in a field of noughts.
  • The universe was made on purpose, the circle said. In whatever galaxy you happen to find yourself, you take the circumference of a circle, divide it by its diameter, measure closely enough, and uncover a miracle - another circle, drawn kilometers downstream of the decimal point. There would be richer messages farther in. It doesn't matter what you look like, or what you're made of, or where you come from. As long as you live in this universe, and have a modest talent for mathematics, sooner or later you'll find it. It's already here. It's inside everything. You don't have to leave your planet to find it. In the fabric of space and in the nature of matter, as in a great work of art, there is , written small, the artist's signature. Standing over humans, gods, and demons, subsuming Caretakers and Tunnel builders, there is an intelligence that antedates the universe.
  • The circle had closed. She found what she had been searching for.



  • 宇宙は造化の意志と深慮によって、数の秩序に支配されていると思われる。何となれば、創世の神の心の裡にもとから存在する数の力によって、予め描かれた下絵さながら、宇宙の姿は決定されているかあである。


  • エリーは父親のことを思った。正しくは、父親の姿を借りた地球外知的生物というべきだろうか。..銀河系に張り巡らされたトンネル網とその管理人達。彼らは幾百万もの惑星における生命の発生に立ち会い、おそらくは、その後の進化に影響を与えたのだ。彼らは宇宙の一部を閉鎖しての銀河系建設の途上にあるという。加えて、彼らは限られた範囲ながら、一種のタイム・トラベルを実現している。彼らは地球の宗教の乏しい想像力を超える神々である。少なくとも、西洋の宗教の枠には彼らは収まりきらない。その彼らにも限界がある。彼らはトンネルを作らなかった。その能力はなかったのだ。超越数にメッセージを挿入したのも彼らではない。それどころか、今もってメッセージを読みとれずにいるという。トンネルを作り、πにメッセージを書き込んだのは、彼らとは別の存在なのだ。その別の存在は、もはやこの宇宙にはいない。行先を書き残すこともなく、どこかへ移っていったのだ。その後に、やがて管理人となる者達が孤児として残されたのであろうとエリーは想像した。彼女もまた孤児だった。
  • 彼女は、トンネルはワームホールであるとするエダの仮説を思い出した。ワームホールは我々の銀河のみならず、他の銀河系にもまたがって、無数の恒星系を結び、整然とした網の目を作っているという。ワームホールはブラックホールと共通するものがあるが、その性質と発生の機構において似て非なるものである。ワームホールは質量ゼロではない。エリーがヴェガ系で見た星間塵の重力による航跡模様からもそのことは明らかである。ワームホールを潜って数多の宇宙文明が交流し、銀河系を結合した。...
  • アーガスのコンピュータは執拗に、かつ、新奇な手法をもってエリナ・アロウェイに呼びかけた。あたかも人間の感情を持つコンピュータが一刻も早く発見の驚異と歓喜を共に分かち合おうとしているかのようだった。
  • 異変は11進法の計算にありありと顕現した。あるところを境に、0と1以外の数字は一切姿を消していた。ヴェガから送信されたものに比べれば、これは他愛もないほど単純なメッセージと言ってもよかった。が、統計的に見るならば、その意味する所は浅からぬものがあった。コンピュータはこれらの0と1をスクウェア・ラスタに組み替えてスクリーンに表示した。即ち、横一行の桁数を縦に取り、その数だけ行を重ねて、正方形の格子状に数字を配列したのである。第一行は左端から右端まで、ただ0の連続だった。第に行目は、正しく中央に置かれた1を挟んで左右は残らず0だった。同様にして、さらに行数を重ねる内に、0の間に配された1は紛れもない円弧を描き始めた。行数が進むに連れて、見る間に単純な、そして完璧な幾何学図形が浮かび上がった。もはや疑いの余地もなかった。最後の一行は中央に1を残して、左右は両端まで0が並んだ。次いでもう一行。0ばかりの連続が画面の縁を締め括った。
  • 超越数πの奥深く、ある秩序に従って交互に登場する数字の中に、真円が一つ隠されていた。その円は今、一面の0の中に配された1の点綴としてスクリーン上に表示されている。
  • 宇宙には目的がある。とその円は語っていた。どの銀河系におけるかを問わず、円を一つ取り、その円周を能う限り正確に測定して、これを直径で割れば奇跡が現れる。小数点以下何キロメートルにも亘って計算を続けた先に、今一つの円が隠されているのだ。なおも計算を重ねれば、更に意味深いメッセージに出会うことであろう。人はいかなる姿容であろうと、その肉体が何から作られていようと、また、どの世界に生を受けようと、そんなことは問題ではない。この宇宙に生きている限り、ある程度の計算能力がありさえすれば、人は遅かれ早かれこの事実に立ち至るはずであろう。もとより眼前のことなのだ。あらゆる物の中にこの事実が潜んでいる。それを知るために、自分の住んでいる惑星を離れる必要はない。宇宙の構造に、物質の特性に、偉大な芸術作品におけると同様、小さく記された画家の署名がある。人間や、神々や、悪魔どもを厳しく監視し、管理人やトンネルを作った物達をもその視野におさめて、ここの宇宙の歴史を超える一つの知性が働いているのである。
  • 円は閉じた。エリーはついに探し求めていたものを見つけた。
  • This is a science fiction written by distinguished astronomer Dr. Carl Sagan born 1934 vividly describing a woman astronomer who deeply involved CETI (Communication with Extraterrestrial Intelligence).
  • Carl Sagan actually wrote a message in a metal plate installed Pioneer 10 and 11 addressed to unknown ET, and dispatched ciphered message using prime number using the world biggest radio telescope at Aresibo, Puerto Rico.
  • Jodie Foster also played very well as Ellie Arroway in the film of "Contact".
  • PS: There is a homepage describing a million figures of pi, the circular constant; where I could not yet find out such continuation of zero and one as the above mentioned.
  • http://www.kisaragiweb.jp/pi/pi100k.htm
  • 1934年生まれの著名な天文学者のカールセーガンのライフテーマである地球外知的生物との通信、即ち、CETI(Communication with Extraterrestrial Intelligence)に執念を燃やす女性天文学者の物語である。
  • 実際にパオニア10、11号に搭載した宇宙人宛の金属板プレートや、プエルトリコのアレシボの電波望遠鏡を使った素数の暗号電報発信は事実である。
  • また映画「コンタクト」では、Jodie Fosterの演じるEllie Arrowayも見事であった。
  • PS: なお、円周率を100万桁もHPに掲載してあるサイトがあるが、そこにはまだ上記のような不思議な0と1の連続は見られない。
  • http://www.kisaragiweb.jp/pi/pi100k.htm

| Top | Home | Article | Bookshelf | Keyword | Author | Oxymoron |