| Bottom | Home | Article | Bookshelf | Keyword | Author | Oxymoron |

Only One Earth

Cat: Sci
Pub: 1972
#: 9015b

Barbara Ward and Rene Dubos

 

Title

かけがえのない地球

かけがえのない地球

Sub-Title

The care and maintenance of
a small planet

人類が生き残るための戦い
Author

Barbara Ward &Rene Dubos

バーバラ・ウォード/ルネ・デュボス
Published

1972

1972
Why?
  • This book is an almost classic ecological report set as a key for UN Conference on Human Environment held at Stockholm in 1972.
  • The term of "Planet of Earth" became popular from this book.
  • We must tackle more seriously environmental problems towards 21st, considering the survival of human kind.
  • The dinosaurs survived during 180 million years, while the cockroach is surviving more than 300 million years since Carboniferous period with little change of its appearance.
  • Human beings are surviving only about 4 million years.
  • この本は、1972年の国連人間環境会議に向けて書かれたもはや古典的となった環境レポートである。
  • 「宇宙船地球号」の表現もこの本によって人口に膾炙した。
  • 21世紀こそ環境問題に真剣に取り組み、人類の長期生存計画を考えなければならない。
  • あの恐竜も1億8千万年以上も生き延びたし、我々の傍にいるあのゴキブリは石炭紀以来現在まで3億年以上も、ほとんど形態を変えずに生き延びている。
  • 人類はまだ400万年位しか生き延びていない。
Summary
要約

>Top

<A Delicate Balance>

  • Our plant foundation is a most majestic unity. Matter and energy are simply different aspects of the same fundamental reality and in all their manifestations obey ineluctable cosmic laws. Furthermore the operation of these laws through all the infinite varieties of material things and energies generates another kind of unity - the dynamic equilibrium of biological forces held in position by checks and balances of almost delicate sort.
  • There exits a single unified system from one end of the cosmos to the other; everhting is energy. Its larger spirals are the galaxies, its smaller eddies suns and planets, it softest movement the atom and the gene. Under all forms of matter and manifestations of life there beats the unity of energy operation according to Einstein's law. Yet this unified stuff of existence not only twists itself into the incredible variety of material things; it can also produce living patterns of ever-greater complexity - from the gas bubble in the original plasma to the single cell, from the single cell to the crowning complexity of the human brain. ...
  • Within our own planet the interplay between vast cosmic unities and the minute instruments of equilibrium is the very stuff of existence. We know that the energy of the sun is poured out in almost limitless bounty. but we know, too, that the intermediaries and products of all this bounty - the leaves, the bacteria - are from limitless. Remove the green cover from the soil of Central Africa and it becomes a brick-hard, everlasting literate. Cut down the forest, overgraze the grass, and productive land turns to desert. Overload the waters with sewage or nutrients and algae consume its oxygen, fish die and produce stinking gas as they decompose.
  • >Top
  • It is because there are so many potential paths towards points of irreversible 'no return' that the self-repairing cycles underlying all living systems - the unities of dynamic balance we call 'eco-systems' - cannot survive indefinite over-loading or mistreatment. Admittedly, the regenerative powers of life are astonishing. Living things have survived the glaciation, the volcanic convulsions, the earthquakes, typhoons and tidal waves that have torn though our unstable planet over the billennia. But the warning is there. Like the giant reptiles of the Jurassic period, some species have gone the 'way to dusty death'......
  • Behind the interrelationships lies the risk of unpredictable and sometimes destructive consequences if the delicate equilibrium is overturned. a new species introduced, a chemical balance upset, an island erupting into the sky, the slow onset of the ice - all such disturbances can elicit so violent a response that the system may not be capable of returning, by itself, to a desirable and stable system.
  • The scientific method, employed now to decipher not the separation but the inter-connections of material things, can provide men with better, more reliable and wiser means of working with his environment. Nature has so many unstable, unpredictable and violent facets that man needs all his probing intelligence and enormous potentiality for understanding to enhance and stabilize its capricious bounties. In fact, in Goethe's retelling of the Faustian legend, the end is not torment but redemption - when Faust at last uses his powers not for aggrandizement but to drain a marsh and feed the people.
  • If man continues to let his behavior be dominated by separation, antagonism and greed, he will destroy the delicate balances of his planetary environment. And if they were once destroyed, there would be no more life for him.
  • Earth rise: taken by 'Kaguya' of Japan, 2007:
    earthrise

 

<繊細なバランス>

  • 地球の体系は驚くべき統一性を備えている。物質とエネルギーは、共通の事実に基盤を置いており、単に表現形態が異なっているに過ぎない。双方とも避けがたい宇宙の法則に基づいて存在している。加えて、無数の種類の物質とエネルギーの存在形態に共通して発見されるこの法則性は、更に別種の統一性を生み出している。即ち、極めて微妙な調和と均衡の上に生物界のダイナミックな均衡が保たれている事実である。
  • 宇宙のあらゆる存在は、単一の統一性によって貫かれている。即ち、すべての存在がエネルギーから成り立っている点である。その最も巨大な存在は小宇宙であり、やや小規模な存在として太陽と惑星群があり、更に最小の存在として原子や遺伝子がある。あらゆる物質や生命にはアインシュタインの法則に基づくエネルギーが内包されている。しかしこのような共通の法則に貫かれた物質も、その表現形態では驚くほどの多様性を示す。生命の存在の形態となると更に複雑な様相を呈している。単純な分子の結合から単細胞生物へ、単細胞生物から無数の神経系統を有する人間の脳への無限の多様性を示している。...
  • 地球においても、この宇宙の統一性と無数の均衡作用が共存している。太陽のエネルギーは地球に無限に降り注ぎ、植物の葉やバクテリアを成長させている。しかし、これら植物の葉やバクテリアは決して無限に存在しているわけではない。もし中央アフリカのジャングルの樹々を取り除いてしまうと、その後にはごつごつした岩と紅土しか残らない。森林の樹木々を伐採したり、草原の草木を枯らしてしまうと、資産性の高い土地も砂漠に変ずる。河川を汚物で一杯にし、ばい菌が発生して酸素を消費尽くすと、魚類は死に絶え、その腐敗の際の有毒ガスを発生する事態を招く。
  • 一歩間違えると、我々生物がその生存の基盤として頼っている自然の再生作用を完全に破壊し、回復不能の状態に変ずる危険性が無数に存在している。「生態システム」と呼んでいる力動的な調和が、過度の使用や間違った処理によってもろくも破壊される可能性を持っている。もちろん生命の再生作用は驚くほど強力である。氷河、火山活動、地震、台風、高潮の続く不安定な地球環境の中で、生物は生きながらえてきた。ジュラ紀に存在した恐竜やその他の生物種の中には完全に絶滅してしまったものもある。
  • しかし自然界の食物供給の連鎖の関係による微妙なバランスが崩れたときには、予想もつかない破壊的な関係に移行する危険をふくんでいる。新しい種類の生物が侵入したり、科学薬品が導入されたり、島で火山が活動を開始したり、氷が島を被い始めたりする異常現象が起こると、今まで維持されてきた安定した体制が一挙に破壊され、再び元の安定した体制に戻ることができないないケースもある...
  • 現代の科学は物質を分解するのではなく、統合することによって解明を促進するものである。人間に対して環境と調和する知恵を与えてくれた自然は、極めて不安定で、予測のしにくい、暴力的側面をもっているから、人間はその不安定さを制御するために、多くの知識と能力を備えなければならない。ゲーテのファウスト博士の物語の結末も地獄ではなく、救済が待っていた。ファウストはその力も魂の拡張に向けず、土壌を豊かにし、人々に食料を与えることに役立てた。...
  • もし人間がなお分割と反乱と貪欲の態度を自然に対して続けるとすれば、最後には自然のバランスを破壊することになろう。自然が一度破壊されれば、人間自身の住む場所も消失することになる。

Comment
  • The full earth picture taken by Apollo-11, the first moon landing flight in 1969 has recognized us that we are even astronauts on a tiny airspace named the Planet Earth.
  • 初の月着陸を果たしたアポロ11号が撮影した全円の地球は、我々が「宇宙船地球号」の乗組員に過ぎないことを実感させてくれた。

| Top | Home | Article | Bookshelf | Keyword | Author | Oxymoron |