| Bottom | Home | Article | Bookshelf | Keyword | Author | Oxymoron |

 

Logic of the Capital and the Empire

Cat: HIS
Pub: 2008
#: 1301b

Sakai Tanaka (田中 宇)

up 13101

Title

Logic of the Capital and the empire

資本の論理と帝国の論理

Index
Tag
Rothchild/Rockefeller; the first globalization; Pax Britannica; Pax Americana; multipolar regime; non-interventionist; the second globalization; Breton Woods regime; After Nixon; Neocon; Oslo Agreement; Sept. 11, 2001; dollar pegged currency;
Why
  • His viewpoint of current world politics and economics is unique and multilayered, usually analyzing both sides of logics of the topics, vividly describing historical background of the dualism.
  • This essay published on Feb. 28, 2008 seems a typical one representing his many analyses; which interesting and profound worth reading. The analysis is still fresh and valid in 2013.
  • 著者の世界政治経済の見解はユニークで多角的であり、話題の両側から分析し、二元論の歴史的背景も生き生きと記述している。
  • 本論文は、2008.2.28に公開され、著者の多くの論文の中でも典型的なものでおもしろく読み応えがある。その分析は2013年でも新鮮でかつ有効である。
Original resume
Japanese resume

>Top 1. Capitalism vs. Nationalism:

  • The momentum of the modern international politics would be derived from conflict, contradiction or maneuver of the capital logic vs. imperial logic (or national logic); that is capitalism vs. nationalism.
    • The most important thing of nationalism is to develop her own nation; not hesitating to utilize or exploit other nations as means of developing her own nation, or even to bash an intimidating nation one way or the other.
    • In contrast, the most important thing of capitalism to maximize their profit, trying to invest anywhere, including foreign nation which is regarded as a threat to the home empire as long as its yield or growth rate justify the investment.
    • The political elite who controls the nation and the large capital elite who dominate economics based on the capital logic usually overlap each other. The both could be internal tension or conflict in the ruling elite of the nation.
    • In Europe and US, many large capitalists are Jewish who act in the global network. Thus rivalry of the capital and the empire would be those of Jewish and nationalism.
  • The Jewish has furnished global network successfully functioning in the core of global empires in such as Spain in 16C, Netherland in 17C, and UK in 18C. Someone tends to describe the rivalry between Jewish Rothchild in Europe and non-Jewish Rockefeller in US, but actually Rockefeller has been pro-China and pro-Russia, standing on the same side of Rothchild who appreciates poly-centrism, not showing decisive opposition each other.

1. 資本主義と国家主義:

  • 近代の国際政治の根幹にあるのは、資本の論理と帝国の論理(国家の理論)との対立・矛盾・暗闘。つまりキャピタリズムとナショナリズムの相克である。
    • ナショナリズムの側にとって最重要のことは、自分の国の発展である。他の国々との関係は自国を発展させるために利用・搾取するものであり、自国に脅威となる他国は何とかして潰そうする。
    • 反面、キャピタリズムの側では、最重要のことは利潤の最大化である。資本を外国に移転してでも儲けようとする。帝国の論理では脅威として潰すべき他国でも、資本の論理に基づくと、自国より利回り(成長率)が高い好ましい外国投資先だということが起きる。
    • 帝国の論理に基づき国家を政治的に動かす支配層と、資本の論理に基づき経済的に動かす大資本家とは、往々にして重なりあう勢力である。これは帝国と資本の対立というより支配層内の内部葛藤というべきか。
    • 欧米の場合、大資本家にはユダヤ人が多く、彼らは超国家的なネットワークで動いている。その意味では資本と帝国の相克は、ユダヤとナショナリズムとの相克と見ることもできる。
  • 16世紀のスペイン、17世紀のオランダ、18世紀の英国と、世界規模の帝国の中枢では、いつもユダヤ人が国際ネットワークの技能を提供しており、それが諸帝国の成功の秘訣の一つだった。欧州のロスチャイルド(ユダヤ)と、米国のロックフェラー(非ユダヤ) の対立として描く人もいるが、ロックフェラーは古くから親中国・親ロシアで、多極主義を好む資本家という点でロスチャイルドと同じ側に立っており、両者は根本的な対立をしていない。

>Top 2. Capitalists who proliferated the industrial revolution:

  • The capital logic has appeared in large scale after the industrial revolution occurred in UK in the end of 18C. The industrial capitalists who earned during the British industrial revolution had recognized that it would be more profitable to invest in such foreign countries as Germany which had not started the industrial revolution than in matured UK which showed lower economic growth.
  • The period having higher yield of investment would continue about two decades after the industrial revolution placed in orbit, which was 1780-1800 in case of UK. Large capitalists have explored new investment in overseas, resulting development of industrial revolution in 1850-70 in Germany and 1880-1900 in Japan.
  • When UK capitalists invested in foreign industrial revolution not only in terms of money, but also manufacturing technology and corporate management know-how as well as legal systems and even military know-how to Germany and Japan who just started their modernization. These activities contributed to stabilize such emerging countries, causing more profit for the capitalists.
  • Large capitalists like Rothchild directly involved operation of UK government, dispatching their agents to premiers, statesmen, high-ranking bureaucrats. These positions made easier for them to acquire operation know-how of the national government. Furthermore, Jewish capitalists have had point d'appui not in UK but in Germany and France through the ages. Thus, capitals as well as industrial technology could easily proliferate from UK to France and Germany, maximizing the capitalists' profit.
  • Age of 'the first globalization' started since 1870s through rapid growth of global transportation systems including worldwide railways in 19830-70s as well as oceangoing steamers and motorization in the same period. This means the advent of single global market for the first time in human history. Industrial capitals tend to pursue and shift to attractive investment destination with higher economic growth and lower labor wages, and have mostly sold products for middle-class consumers in emerging markets. Such trend of global earning mechanism would be most preferable from the viewpoint of capital logic.

2. 産業革命を世界に広げた資本家:

  • 資本の論理が大々的に登場したのは、18世紀末に英国で始まった産業革命以降である。英国では、産業革命で儲けた人々が産業資本家として台頭したが、しばらくすると彼らは、経済成長が鈍化し始めた英国より、まだ産業革命が始まっていないドイツなど外国に投資した方が儲けが大きいことに気づいた。
  • 投資の利回りが良いのは、産業革命が軌道に乗ってから20年間ぐらいで、英国では1780-1800年だった。資本家が海外へと新規投資先を開拓していった結果、1850-70年にはドイツで、1880-1900年には日本で、それぞれ産業革命が展開した。
  • 英国の資本家が他の国々の産業革命に投資した時、出したものはお金だけではない。英国の製造業の技術や、企業経営の技能に加え、封建体制を脱して工業生産に適した社会に転換する過程としての近代化を始めたばかりのドイツや日本など政府に対し、法律や軍事など近代的国家運営のノウハウまで移植した。その方が新興国家は安定し、資本家の儲けが大きくなる。
  • ロスチャイルドのような大手の資本家は、英国の国家運営に関与し、自分たちの番頭を首相や政治家、高級官僚として送り込んでいたから、英国の国家運営の技能を入手するのは簡単だった。ロスチャイルドのようなユダヤ人資本家は、英国だけでなく独仏にも古くからの拠点を持っていた。だから、資本や産業技術は簡単に英国から独仏などに広がり、資本家の儲けを拡大した。
  • 1830-70年代に鉄道網が世界中に広がり、同時期に外洋船舶や自動車など交通技術が全般的に大進歩して、世界は1870年代以降「第一次グローバリゼーション」の状況になった。人類史上初めて、世界が単一の市場になる傾向が急速に強まり、資本は成長率の高い地域を求めて投資先を探し、工場は労賃の安い地域を求めて移転し、商品は中産階級が勃興する新興国でよく売れるようになった。資本家は世界的に金儲けでき、資本の論理からすると好ましい展開だった。

>Top 3. The causes of World War-I:

  • It was the age of Pax Britannica when UK's political hegemony had stabilized the world; thus the capitalists could continue to get a profit as long as UK governed the world based on her empire's logic.
  • In the world, there are people who can so well master the industrial technology, and others who cannot. Japanese and Germans belong to the former; they could make industrial products with better quality and cheaper prices than UK, etc. US, who accepted many immigrants from various European countries could also make better industrial products than UK. UK is the country where the first industrial revolution started, and is the contributor of global economy by Pax Britannica, but her industry is less productive than Germany, US, and Japan, etc. Towards the end of 19C, contradiction or conflict between the logic of capital and that of the empire had spread.
  • WWI was the end result of such contraction; UK is ahead of diplomatic and intelligence activities, but it was just a matter of time that military production capability would be lost the lead. UK, allying with France and Russia, provoked war against Germany who was expanding her hegemony in East Europe and Turkey and Middle East beyond Balkan Peninsula.
  • Some international capitalists of UK who invested also in Germany acted in secret repulsively against UK's intention of bashing Germany. They tried to make UK government waste too much military expenses, assisting Jewish revolutionary groups to cause Russian revolution, making Russia withdraw from the military from; these activities caused UK waste away from WWI, becoming dysfunctionable as the empire. Though there had been such secret dysfunctionable, UK could finally win the war, but her power had been deteriorated by the elongated WWI.
  • Participation of US into WWI was the major success factory of UK's victory. At that time there had been lots of capitalists in NY who supported rather Germany than UK. But UK's persistent invitation process finally could make US participate in WWI in support of UK. As a result, US could gain hegemonic power to remake post-war world based on US-lead multipolar powers.

3. 第一次世界大戦の原因:

  • 当時は大英帝国の政治覇権が世界を安定させていたパックス・ブリタニカの時代だった。英国が帝国の論理に基づいて世界を安定的に支配していたからこそ、資本家は世界的に儲けられた。
  • 世界には、工業技術の修得がうまい人々と、そうでもない人々がいる。日本やドイツなどの人々は、英国人よりも安く優れた工業製品を作れるようになった。欧州各国から移民を集めて作られた米国も、英国より良い工業製品を作り出した。英国は、最初に産業革命を起こし、パックス・ブリタニカで世界を安定させている功労者であるにもかかわらず、産業的には独米日などより劣る、儲からない国になる傾向がしだいに顕著になった。19世紀末には、資本の論理と帝国の論理の間の矛盾・対立が拡大した。
  • 矛盾が拡大した果てに起きたのが、1914年からの第一次世界大戦だった。英国は外交・諜報能力が非常に進んでいたが、軍事製造力でドイツに抜かれるのは時間の問題だった。英国は、ドイツが東欧・バルカン半島からトルコ・中東方面に覇権を拡大するのを阻止する目的もあり、フランスやロシアを誘ってドイツとの戦争を起こした。
  • ドイツにも投資していた英国の国際資本家の中には、英国が戦争でドイツを潰そうとしていることに、ひそかに反発した人々もいたふしがある。彼らは、英政府に軍事費を無駄遣いさせたり、欧州のユダヤ系革命勢力がロシアに行くよう誘導して革命を起こし、英国と組んでドイツと敵対していたロシアが革命で戦線離脱するよう仕向けたりして、第一次大戦で英国が消耗し、帝国として機能できない状態に陥れようとした。こうした暗闘の結果、第一次大戦は長引き、英国は最終的に勝ったものの、国力を大幅に落とした。
  • 第一次大戦で英国が勝てたのは、米国を参戦させることに成功したからである。当時すでにニューヨークには資本家が数多くおり、第一次大戦で英国ではなくドイツを支援する勢力も多かったが、英国の強い勧誘活動の結果、米国は英国側に立って参戦した。その見返りとして米政府は、戦後の世界体制を多極的なものにするための主導権を得た。

>Top 4. UK took over US:

  • It was the object of League of Nations and Versailles system which became the postwar world regime promoted by US. These regimes aimed to be an internal organizations to keep world stability and to prevent war based on consensus among major nations; which encompassed the logic of capital preventing recurrence of war or collapse of Germany by UK as well as adopting nonintervention policy aiming US be only responsible for both North and South American continents, and not be involved in wars in Europe. But US congress opposed this idea, and the regime itself became insufficient.
  • Afterward, UK reworked US federal government to be more hegemonic organization during two decades; from regional authority advocating nonintervention policy to be an hegemonic and authoritarian federal government. During the process of WWII, US and UK succeeded to establish UK's hegemony in the name of Pax Americana.
  • US Federal government expanded its function capable to perform wars at any time, having war-addictive tendency; UK had played the behind-the-scenes influence. The initial strategy was planned by UK, later CFR (Council on Foreign Affairs) and CIA was copied similar research and M16 from UK respectively. Finally US can formulate world strategy by themselves which was just the choice of UK.
  • I wrote that the world hegemony was handed over from UK to US, but now it it more appropriate to express "UK had drawn up a scenario that the world hegemony be lead by the alliance of US and UK involving US in order to compensate UK declination since WWI.
  • US pursued multipolar regime during WWII, establishing United Nations in place of League of Nations. The new regime did not function well until the Korean war in 1950 influenced by UK's cold war strategy. UK intended to take the side of USSR to oppose Germany-Japan axis, but later on establishing standoff regime by US-UK with USSR-China.
  • If the world were stabilized under the hegemony of US, capitalists wanted again globalized economy, investing more in USSR and China, which would had been approved by non-interventionist US, UK's hegemony had collapse within a decade. But actually the post-WWII world was divided by the cold war, and all other advanced countries were embedded by US-UK hegemony; which was actually envisioned by UK has continued to survive long until now.
  • Just after the end of the cold war in 1990s, the second globalization started. Since then after a decade China has attained big economic power, and Russia big resource power; the world thus became multi-polarized.

4. 米国を乗っ取った英国:

  • 米国が主導して構築した第一次大戦後の世界体制が、国際連盟であり、ベルサイユ体制だった。これは、大国どうしで話し合って世界の安定を維持する戦争防止の国際機構になるはずのもので、英国がドイツを潰すような戦争の再発を防ぐ資本の論理と、米国は南北米州のことだけに責任を持ち欧州の紛争に巻き込まれないという不干渉主義の両方が満たされるはずだった。しかし、米国自身が議会の反対で参加せず、機構は不完全なものに終わった。
  • その後、英国は20年かけて米国の連邦政府を覇権的な機関に作り替え、米国が地方分権の不干渉主義から連邦政府独裁の覇権国へと転換するよう誘導した。その上で第二次大戦を起こして米英が勝ち、第一次大戦で終わっていた英国覇権を、米国覇権「パックス・アメリカーナ」として再生した。
  • 米国の連邦政府は権限が拡大し、戦争をしやすい機関に作り替えられ、米国が「戦争中毒」になる素地が作られたが、その裏には米国を作り替えて世界支配をやらせようとした英国がいた。最初の戦略は英国が立案したが、その後は米国にCFR(外交問題評議会) など英国からコピーされた研究機関が作られ、英諜報機関のMI6が米に移植されてCIAとなり、米国自身が英国好みの世界戦略を考案するようになって、英国が米国に乗り移る過程が完了した。
  • 私はこれまで「米国は英国から覇権を移譲された」と書いてきたが、よく考えると「英国は自国の衰退を補うため、米国を取り込んで米英同盟が覇権を握る体制にした」と言った方が良い。
  • 米国は第二次大戦でも世界の多極的体制を希求し、国際連盟に替えて国際連合を作ったが、新体制は英国の冷戦の策略を受け、1950年の朝鮮戦争までに無力化された。おそらく英国は、第二次大戦中から、戦争中は日独を潰すためにソ連を味方につけるが、その後はソ連を敵にして米英が中ソと対立する体制を作るつもりだったのだろう。
  • 米国の覇権のもとで世界が安定したら、再び資本家はグローバリゼーションを起こし、儲けるために中ソに投資して成長させ、不干渉主義の米国はそれを容認し、英国の覇権は10年で崩れただろう。戦後すぐに冷戦構造を作って世界を分断し、先進国をすべて英米覇権下に置いたことで、英国黒幕の米英同盟による覇権は長期化し、現在まで続いている。
  • (実際、1990年代に冷戦が終わった直後から第二次グローバリゼーションが始まり、それから10数年後の今、中国は経済大国として台頭し、ロシアも資源大国になり、世界は多極化している)

>Top 5. Veiled enmities again after Nixon:

  • The conflict and struggle between the capital and the empire had continued since 1910s. But it resulted in a victory of the empire when US-UK alliance governed the world in 1950, establishing the cold war conflict regime against USSR-China after the victory of WWII defeating Germany-Japan axis
  • Inn 1944 UK called out the Breton Woods conference in US, deciding US dollar as the key-currency; which means US can produce wealth only rotating the dollar printing press. The gold standard is supposed the basis, but US government did not care in printing dollars as request. Investment for postwar reconstruction n Western Europe and Japan became another business opportunity, most of capitalist did not make any complaints during two decades until 1960s.
  • Bus in 1960s, the growth of US economy and recovery of Western Europe and Japan settled down, capitalists became unsatisfactory again, making more issuance of US dollars toward 1970s causing to end dollar-gold exchange and Breton Woods regime. Around the same time Nixon visited China, then gradually the cold war regime had collapse spending two decades from melting snow between US and USSR and finally termination of the cold war by Regan.
  • Nixon who maneuvered self-destruction of US based on multipolarism was enforced to resign in 1974 by the Watergate scandal. During the process of this affair, it was supposed that UK manipulated the mass media in US. US media was described as a hero who fought for justice expelling the evil; many younger generations worldwide hoped to become journalists. But it was a kind of conspiracy of UK, just like the same description of Hitler, Tojo, and Saddam Hussein used by mass media manipulated by UK.
  • After Nixon, US continued to end the cold war, while UK instigated Israel to penetrate US government. Foundation of Israel was promoted and approved by UK as a tool to govern Middle East as a shepherd dividing and controlling Arabic countries. But Israel became under threat when the ladder was pulled away in 1967 and when UK withdrew from Middle East.
  • The peculiar people of Israel considered themselves as a guide to direct delayed sheep to the right direction; but the actual Israel functioned as a shepherd not for God but UK.
  • In 1967, Israel caused the third Middle East War, expelling Egypt, Jordan and Syria, occupying Gaza, West Bank of Jordan river, Golan Heights. Concurrently, penetrating US political community changing US's Middle East strategy favorable to Israel. Israel bit US as a capable shepherd of UK, labeling opposition as 'Discrimination against Jewish'.

5. ニクソン以後に暗闘再燃:

  • 英国が、米国を引っ張り込み、日独を潰して傘下に入れ、中ソを永久の敵にして、米英同盟が世界を支配する体制を1950年に完成させた時点で、1910年代からの資本と帝国の暗闘・葛藤は、一旦は帝国の勝利で確定した。
  • 英国が召集して米国で開いた1944年のブレトンウッズ会議で、ドルは基軸通貨となり、米国は造幣輪転機を回すだけで富を生み出せるようになった(建前は金本位制だったが、米政府はかまわずドルを増発した)。西欧や日本に対する戦後復興投資も米企業の儲けとなり、資本家は1960年代までの20年間は、儲かるので米英中心の世界体制に文句を言わなかった。
  • ところが1960年代に米経済の成長や欧日の復興が一段落した後、資本家は再び満足しなくなり、1970年代にかけて政府にドルを全力で増発させ、1971年に金ドル交換停止を引き起こし、ブレトンウッズ体制を潰すという覇権の自滅をやり出した。同時期にニクソン訪中があり、その後は米ソ雪解け、レーガンによる冷戦終結まで、米国は20年かけて断続的に冷戦体制を壊していった。
  • 多極主義に基づいて米国の自滅を画策したニクソンは1974年のウォーターゲート事件で辞めさせられた。この事件の騒動からは、米国のマスコミを操っているのは英国の側であり、資本家の側ではないことが感じられる。ニクソンを辞任に追い込んだ米マスコミは「悪を退治した正義の味方」として描かれ、その後、世界中の多くの若者が英雄談にひかれ、ジャーナリスト志望になった。だが、これは実は英国系の謀略であり、ヒットラーや東条やサダムフセインを極悪に描いたのと同じ、英国お得意のマスコミを使った善悪操作の戦略だった。
  • ニクソン以後、米国側が冷戦終結に向けて動いたのに対抗し、英国は、イスラエルをけしかけて米政界に食い込ませた。イスラエルはもともと、英国の中東支配の道具として、アラブにかみついて分断・従属させる番犬(羊の群に対するシェパード犬)として建国を容認された国だった。だが、英国が国力低下の末に1967年、中東(スエズ以東) からの撤退を決めたため、梯子を外されてイスラエルは危機に陥った。
  • (選民思想のユダヤ人は、羊の群れを飼い主の代わりに一定方向に進ませる牧羊犬シェパードのように、遅れた他の民族を誘導する、神様のためのシェパードを自称している。だが現実のイスラエルは、神様ではなく英国の番犬だった)
  • 危機を乗り越えるため、イスラエルはまず1967年に第3次中東戦争を起こしてパレスチナからアラブ諸国(エジプト、ヨルダン、シリア)を追い出してガザ、西岸、ゴラン高原を占領した。同時に米政界に食い込み、米国の中東戦略をイスラエル好みのものに変えることで国家存続をはかる戦略を開始した。イスラエルは、英国の有能なシェパードとして米国に食いつき、抵抗勢力に「ユダヤ人差別」のレッテルを貼って噛みついた。

>Top 6. A veiled enmity with Israel:

  • Israel learned from UK how to press statesmen, to collude with military industry, to manipulate mass media, etc. totally taking control of US government in several years; particularly, Israel-influenced group (later called Neocon, or neoconservative faction) entered into Regan administration started 1980 as major policy makers.
  • The enmity of capitalists and UK regarding to US's World strategy became that of capitalists and Israel. There had been an enmity between Jewish capitalists like Rothchild and Jewish activists like Zionists; the enmity reappeared in US after several decades.
  • Capitalists's side made a scenario to send excessively radical Zionists to new settlement in Israel in latter half of 1970s, implanting uncompromising attitude with any deals with Islam, which may cause self-destruction of Israel.
  • Double agent-like function sent by US capitalists were not only immigrant settlers in Israel (right faction of Likud), but also Neocon in US government. Regan administration penetrated by Neocon colluded with Gorbachev of USSR to terminate the cold war and reunite Germany, which is different direction from UK's world strategy.
  • In 1988 the last year of the second term, Regan recalled Arafat from exiled Tunisia to Palestine and opened the door of construction of Palestine nation. (The last year of the administration could avoid interference from Israel) This movement leads to the Oslo Agreement in 1993, which is regarded as a strategy to solve both Palestine problem and to stabilized Israel. But actually, Israel may be attached by guerrilla attacks from nearby Palestine nation.
  • Israel worried about such insecure situation, and annulled the Oslo peace accord. The right faction of Licud in the settlement once gained political powers, but who are also sent as a spy by US capitalists as mentioned.

6. イスラエルとの暗闘:

  • イスラエルは英国から、議員への圧力のかけ方、軍事産業との結託の仕方、マスコミの操作術など、米国を牛耳るノウハウを提供され、数年で米政界に食い込み、1980年に当選したレーガン政権に政策立案者としてイスラエル系の勢力(のちのネオコン)が数多く入り込んだ。
  • 米国の世界戦略をめぐる資本家と英国の暗闘は、資本家とイスラエルの暗闘に変質した。以前の記事に書いたように、もともとイスラエルの建国をめぐっては、ロスチャイルドなど資本家ユダヤ勢力と、活動家ユダヤ勢力(シオニスト)との間に暗闘があったが、その暗闘は数十年後に米国で再発した。
  • 資本家の側は、必要以上に過激なシオニスト右派勢力を米国で構成して1970年代後半以降イスラエルの入植地に送り込み、イスラム側とのいかなる和平も許さない過度な強硬姿勢をイスラエルに植え付け、イスラエルが好戦的にやりすぎて自滅していく方向に誘導した。(関連記事)
  • イスラエルの代理をつとめるふりをして実は資本家の代理というスパイ的な勢力は、イスラエル側の入植者(リクード右派)だけでなく、米側のネオコンも同様だった。ネオコンが入り込んだレーガン政権は、ソ連のゴルバチョフと談合して冷戦を終わらせ、ドイツを統合するという、英国の世界戦略を潰す大事業を挙行した。
  • また、レーガンは2期目の最後の1988年、アラファトを亡命先のチュニジアからパレスチナに呼び戻し、パレスチナ国家の建設に道を開いた(任期最後の年にやることでイスラエルの妨害を避けた)。1993年のオスロ合意につながるこの動きは表向き、パレスチナ問題を解決してイスラエルの安定に貢献する戦略とされたが、実際には、パレスチナ国家の創設後、ゲリラが出てきて以前より有利な位置からイスラエルを砲撃する可能性があった。
  • イスラエルは米国に引っかけられて潰される懸念があると気づき、いったんオスロ合意で結んだ和平を、その後破棄した。和平を破棄したことで、イスラエルでは右派(入植者)の政治力が強まったが、右派もイスラエルを潰そうとする米資本家が送り込んだスパイだったことは、すでに述べたとおりだ。

>Top 7. UK-Israel roll back in War against terrorism.

  • The end of the cold war was a victory for capitalists, and concurrently the second globalization occurred reinforcing NY and London function as the global financial centers. But the Asian financial crisis happened in 1997 made us feel the Anglo-American financial hegemony might not be sustainable.
  • It looks like a kind of maneuver of hidden multipolarism when IMP kept severe lending position to South-East Asian countries and Latin American countries in the said financial crisis, causing anti-US sentiment.
  • Later on UK schemed the so-called permanent war against terrorism with Islamic radicals as the second cold war together with Israel battling with Islam and US military-industrial complex pursuing more military budget. In US since around 1999, 'there might be a terrorists' attack to US in the near future; which became a reality on Sept. 11, 2001. Since then British maneuver started to describe quite badly Islamic countries using mass media.
  • Bush administration adopted a strategy to act according to the intention of English-Israel, but to do it too much resulting their intention to collapse, because mass media is controlled by English-Israel and anti-Israel speech and behavior could not be allowed at the congress. This strategy had already adopted by Regan and Nixon and not a newly invented idea by Bush administration.
  • The hidden multipolarism of Bush administration approaches the eve of success, because they need not prepare for re-election and can take any actions without consideration for Israel. Israel might prepare to enter into the last self-destruction war with Islam. The attach to Gaza may become the beginning of the great war.
  • In financial world, Greenspan the former chairman of FRB recommended GCC to break off dollar pegged currency regime. Barnanke chairman of FRB repeated warning 'US economy may deteriorate further.' These statements aim multipolarism to cut down the main pillar which sustains the hegemony of finance and US dollar. US FRB was formerly influenced by UK as a war promoting organization, but is now changed into an agent for capitalists.

7. テロ戦争で巻き返そうとした英・イスラエル:

  • 冷戦終結は資本家の勝利だったが、その後、英国が反乱してこないよう、冷戦終結と並行して起きた第2次グローバリゼーションで、米国だけでなく英国も大儲けできる金融システムが採用され、ロンドンはニューヨークと並ぶ世界金融の中心となった。だが1997年のアジア発の国際通貨危機は、米英中心の金融覇権が永続しないことを感じさせた。
  • (通貨危機の際、IMFが東南アジアや中南米諸国に過度に厳しい借金取り戦略を採り、反米感情を煽った行為には、隠れ多極主義の臭いがする)
  • その後英国は、イスラム側と戦うイスラエルや、軍事予算増を求める米の軍産複合体ともに「第2冷戦」的なイスラム過激派との永続的テロ戦争を画策した。米国では1999年ごろから「近いうちにイスラム教徒によるテロがある」と喧伝され、2001年の9.11でそれが現実化した。この前後、マスコミを使ってイスラム側を極悪に描く、英国お得意の善悪操作術が展開された。
  • マスコミ制御を英イスラエル側に取られ、議会では反イスラエルの言動も許されないがんじがらめの状況下で、現ブッシュ政権が採った戦略は「英イスラエルの意のままに動きつつ、それを過激にやりすぎることで、英イスラエルの戦略を潰す」という、隠れ多極主義だった(レーガンやニクソンも似た戦略を採っており、ブッシュ政権の発明ではないが)。
  • ブッシュ政権の隠れ多極主義は今、成功の直前まできている。ブッシュは今年、任期末なので再選努力をする必要もなく、イスラエルに気兼ねせず好き放題ができる。イスラエルは、イスラム側との自滅的な最終戦争にいつ突入してもおかしくない。イスラエル軍が予定しているガザ大侵攻が、大戦争の幕を落としそうだ。
  • 金融界では、連銀のグリーンスパン前議長が先日、アラブ産油国(GCC) にドルペッグ破棄を勧めた。連銀のバーナンキ現議長は「米国の不況はひどくなる」と景気に冷水を浴びせる発言を何度も繰り返している。いずれも、金融とドルの覇権の大舞台を支える大黒柱を斧で切り倒そうとする、多極化誘発の言動である。かつて英国好みの戦争機関の一部だった米連銀は、今では隠れ多極主義の資本家の手先に成り変わっている。

>Top 8. Confinement of UK within EU:

  • If the financial regime of US collapsed, that of UK follows the same chain reaction, because they are on the same boat. UK is believed to occur financial crisis this year. Scotland is estimated to proceed more separatism movement. It is recently reported that 77-year-old Sean Connery, a separatist, saying that Scotland might be independent before he dies.
  • Such events as collapse of US-UK alliance, financial crisis and shrinkage of national land would make UK difficult to maneuver US and control the world through US, causing UK to become full member of EU. EU is in progress of political integration by Lisbon treaty, etc. Germany and France already agreed military and diplomatic integration; and if UK become a fully agreed member of EU, which means military and diplomatic authority also shift to EU headquarters.
  • This makes UK permanently impossible to manipulate US using UK's diplomatic power. This trend viewed from US capitalists who hate UK maneuver seems a kind of eternal confinement of UK within the domain of EU.
  • But UK might to continue its hegemony by controlling all other EU members, but at least Germany who had been suffered penalty of East-West separation over half a century could not be deceived. Sarkozy of France pretends to be pro-UK attitude, but actually support multipolarism. Both Germany and France should be released from historically long UK's manipulation.
  • US tends to return traditional noninterference policy also released from UK and Israel, and Russia, China, Middle East countries (GCC + Iran + Turkey) try to drop out from US-UK hegemony aiming their own regional hegemonic actions. This means that even if UK succeeded to govern EU, there might be no room for manipulation, and world should shift to more multipolarism. The world is expected to be more stable than now, with disablement of UK and Israel's influences making US be more warlike stance.

8. 英国をEUに幽閉する:

  • 米国が金融崩壊していくと、同じ金融システムに乗っている英国も連鎖的に崩壊する。以前の記事に書いたように、英国は今年、金融財政の危機になると予測されている。スコットランドでは、英国から分離独立を目指す動きも続いており、独立支持の元俳優ショーン・コネリーは最近、77歳の自分が死ぬ前にスコットランドは独立すると発言している。
  • 米英同盟の崩壊、金融財政危機と国土縮小の末、英国は米国を操作して世界を間接支配することができなくなり、EUに本格加盟せざるを得なくなるだろうが、EUでは今、リスボン条約などによって、政治統合が着々と進んでいる。独仏はすでに軍事外交の統合で合意しており、英国もEUに本格加盟するなら、軍事外交の権限をEU本部に明け渡さねばならない。
  • これは、英国が外交力を駆使して米国を牛耳ることを永久に不可能にする。米国の資本家から見れば、いまいましい英国をEUに永久に幽閉することができる。
  • 英国は、EUを牛耳って覇権の謀略を続けようとするかもしれないが、かつて二度も英国に引っかけられて潰された上、50年の東西分割の刑に処されたドイツは、もう騙されないだろう。サルコジのフランスも、親英的なふりをしつつ実際には多極化の方に乗る狡猾な戦略を展開している。独仏とも、英国の長年の謀略から解放されたいはずである。
  • 米国は、英国とイスラエルから解放されて国際不干渉主義に戻っていくだろうし、ロシアや中国や中東(GCC+イラン+トルコ)も、米英覇権から抜け、独自の地域覇権の勢力になっていくだろうから、たとえ英国がEUを牛耳れたとしても大したことはできず、世界は多極化していくだろう。米国を好戦的にしていた英国とイスラエルが無力化されることで、世界は今より安定した状態になることが期待できる。
Comment
  • It is quite unique and persuasive the author's opinion such as 'hidden multipolarism' or 'excessive actions to self-destruction' in analyzing global political power games.
  • 国際政治パワーゲームの分析における’隠れ多極主義’や’自滅のための過剰な行動’という見解は、ユニークで説得力がある。

| Top | Home | Article | Bookshelf | Keyword | Author | Oxymoron |