| Bottom | Home | Article | Bookshelf | Keyword | Author | Oxymoron |

IIITM

Fostering Indian ICT to Global Reach

Cat: ICT
Pub : 2007
#:0708
Om Vikas
up 07310

Index
Why?
  • Prof. Om VIkas, Diretor of ABV-IIITM, Gwalior of India made a lecture about the latest Indian IT Industry at Glocom, Int'l Univ. of Japan on Mar 6, 2007.
  • I also made a supplemental presentation about Japanese Software Industry aiming to arouse active Q&A with the Prof. Om Vikas.
  • Here is the outline of the presentation made by Prof. Om Vikas.
  • 2007.3.6.に国際大学Glocomにおいて、インドのIT産業の現状について、インド情報技術経営大学のディレクタであるOm Vikas教授による講演が行われた。
  • 小生は日本のソフトウェア産業について補足的なプレゼンを行い、Om Vikas教授との活発なQ&Aを引き出すようにした。
  • 以下、Om Vikas教授のプレゼンの骨子である。  
Key Word
キーワード
>Top

0. Introduction:

  • ABV-IIITM, GWALIOR is an apex autonomous institute with the status of a deemed university established by the Government of India.
    • Academic Programme;
      • Integrated PostGraduate (IPG) Programmes - 5 years: There are two 5-year integrated post graduate program of B.Tech + M. Tech or B.Tech + MBA
      • Master of Business }administration (MBA) - 2 years
  • <Comment>
    • 30% Annual Growth of Indian IT Industry is phenomenal; which means getting double within 3 years.
    • We must realize such growth of Indian IT industry shows not only the volume of production, but also the quality, variety of services, and relations with foreign countries, etc.
    • Ancient Indian culture invented and proliferated the concept of 'zero' , now in 21C they are again zeroing in on development of IT software industry.

0. 紹介:

  • ABV-IIITM, GWALIR大学はインド政府が設立した準大学 (教育と研究機関の併設) に属する自律的な研究機関である。
    • 研究プロジェクト:
      • 大学博士コース(5年間):
        技術2年+技術3年コースと
        技術2年+MBAのコースとがある。
      • 大学院修士コース (2年間):
        MBA2年
  • <コメント>
    • インドの産業の年率30%の伸びは驚異的である。それは3年以内に2倍になることを意味する。
    • インドのIT産業の伸びは単に生産量だけの問題ではない。その品質も、サービスの種類も、海外との関係などもまた伸びていると見なければならない。
    • 古代インドはゼロのい概念を発見し普及した。21世紀の今日、インドは再びITソフトウェア産業に集中している(zero in on) のである。
>Top

1. India: Strong Purchasing Power:

  • Purchases in a day in India
    • Cars: 2,416
    • Two wheelers: 35,264
    • PCs: 12,643
    • Laptops: 1,183
    • Gold: 1,918 kg
    • Washing machines: 4,274
    • TVs: 33,500
    • Fridges: 9,589
    • Air tickets; 95,890 (Domestic) & 24,657 (International)

  • Landmarks of Indian IT Industry:
    • Manpower employed: (Mar. 2006)
      • Hardware: 420K direct & 800K indirect employment
      • Software & Services: 1,300K of which ITES (IT-enabled services) 365K
      • Share of GDP: 4.8% in 2005-06
      • Share of Total Indian Exports: 20% in 2005-06
      • Favorable demographic profile
      • High annual graduate turnout
      • Attractive employment prospects - beyond monetary compensation
Category
2005-06
Amount (%B)
Export ratio %
Growth %
(05-06)
CAGR %
(5yr)
Production:        
  IT & Electronics 41.25   21.8 22
  HW 12.5   10.9 12.5
  SW & Services 28.8   27.2 28
Export:        
  IT & Electronics 25.3 61 27 28
  HW 1.9 15 6 12
  SW & Services 23.4 81 29 30
  of which ITES 6.3   37  

1. インド - 強力な購買力:

  • 1日当たりの購買力:
    • 自動車: 2,416
    • 二輪車: 35,264
    • PC: 12,643
    • ラップトップ: 1,183
    • ゴールド: 1,918 kg
    • 洗濯機: 4,274
    • テレビ: 33,500
    • 冷蔵庫: 9,589
    • 航空券; 95,890 (国内) & 24,657 (国際)

  • インドIT産業の特徴::
    採用人材: ( 2006.3)
    • ハードウェア関連: 420K (直接) 800K (間接)
    • ソフトウェア・サービス関連: 1,300K 内、 ITES (IT-enabled services) 365K
    • GDP比: 4.8%
      ( 2005-06)
    • 輸出比率: 20%  (2005-06)
    • 有利な人口構成
    • 大学卒業者数増加
    • 魅力のある就業環境
      (賃金以外)
>Top

2. Calling the shot:

  • 1994: Private sector allowed to enter telecom
  • 1995: Govt grants two mobile licenses per circle
  • 1997: Regulator (TRAI = Telecommunications Regulatory Authority of India) created by Act of Parliament
  • 2002: Third and fourth GSM operators enter fray
  • 2003: CDMA operators launch service
  • 2003: Incoming calls made free on mobile (CPP=Calling Party Pays)
  • 2004.10: Number of mobile connections crosses number of fixed connections
  • 2007.2: 200M phones mark reached.
  • Tel Market Share: Total 196.8M
    • GSM: 110.5
    • CDMA: 45.87
    • Fixed Line: 40.43
  • Internet/Broadband Targets:
    • 2005: Internet subscribers 6M; BB 3M
    • 2007: Internet subscribers 18M; BB 9M
    • 2010: Internet subscribers 40M; BB 20M

2. IT関連特記事項:

  • 1994: 通信事業の民間への開放
  • 1995: 移動通信2社へ許可発行
  • 1997: 当局 (TRAI = Telecommunications Regulatory Authority of India) による法整備
  • 2002: 第3、第4の GSM オペレータ競合
  • 2003: CDMA オペレータ開始
  • 2003: 携帯電話の受信は無料へ(CPP=Calling Party Pays)
  • 2004.10: 携帯・固定電話番号相互認識
  • 2007.2: 電話加入: 2億台に到達
  • 電話の市場シェア: 計 196.8百万
    • GSM: 110.5百万
    • CDMA: 45.87百万
    • Fixed Line: 40.43百万
  • インターネット/ブロードバンド目標:
    • 2005: インターネット加入者 6M、
      ブロードバンド 3M
    • 2007: インターネット加入者 18M、
      ブロードバンド 9M
    • 2010:インターネット加入者 40M、
      ブロードバンド 20M
>Top

3. Reasons for Developing Economy:

  • Reasons for developing economy:
    • Demography, Diversity and Democracy
      • Making Indian economy stronger
    • Ability to adapt to the new economy
      • Knowledge Economy
    • Traditional system of education wi9th focus on mathematics and reasoning skills
      • Apt for IT Software and Services
    • Missing the 'Hardware Bus' in 80's created a zeal for some new achievements.
  • Positive outlook for Indian ICT industry:
    • Still a preferred destination for outsourcing
    • New emerging areas:
      • Financial analysis, HR, Engineering Designs, R&D, etc.
    • IT Software & Services would cross US $60B by 2010
    • As per NASSCOM-McKenzie Report 2005, the IT Software & Services Market is US$300B and only 10% is being tapped.
      • NASSCOM=National Association of Software and Service Companies
    • DIT is collaboration with developed Nations to learn emerging technologies and developing countries to share its experience with them in ICT4D
      • DIT=Department of Information Technology (Gov. of India)
      • ICT4D=ICT for Development
    • Don't Forget the Domestic Market:
      • US$12+B in FY2006 (HW+SW) growing at 20%+ rate
      • Demand led by BFSI, Telecom, Government & Manufacturing sectors
        • BFSI=Banking, Financial Services & Insurance
      • More systems integration type deals
      • large managed services deals from corporate
      • Innovative Business Models (Public Private Partnership)
      • ITES-BPO demand at a nascent stage

3. 経済発展の理由:

  • 経済発展の理由
    • 人口分布、多様化、民主主義
      • これらがインド経済を強くした。
    • ニューエコノミーに対する適応力
      • ナレッジ・エコノミー
    • 数学や論理スキル重視の伝統的な教育システム
      • ITソフトウェアやサービスに適応
    • 1980年代のハードウェアのバスを逃したことの反省
  • インドのIT産業に対する前向きの展望:
    • アウトソースに対する優先度健在
    • 新興分野
      • 金融分析、人材、エンジニアリング・背計、研究開発など
    • ITソフトウェア・サービスは2010までに600億ドルを超える見込み
    • 2005年の報告では、ITソフトウェア・サービスの規模は3000億ドルだが、この内10%しか取り込んでいない。
      • NASSCOM=インドソフトウェア・サービス産業協会
    • DITは先進国から新興技術を学び、途上国とは開発のためのITを共有するための協力している。
      • DIT=インド情報技術賞
      • ICT4D=開発のためのIT
    • 国内市場も健在:
      • FY2006のハード+ソフトは120億ドル強で、成長率は20%強。
      • 銀行・金融サービス・保険、テレコム、政府、製造分野が需要を牽引。
      • SIタイプの取引増加
      • 企業向け統合システム
      • 革新的なビジネスモデル (産官連携)
      • 初期段階におけるBPO需要
>Top

4. Global IT & ITES Industry:

  • Global IT & ITES Industry: (US$B)
    IT Services pie expanding at 5-6%, BPO at 10-11%
    Offshoring of IT services expanding faster.
    • Source: IDG Research

    Indian IT Industry
  • Indian IT & ITES Industry: (US$B) Source: NASSCOM
    • CAGR (Compound Annual Growth Rate) achieved during 2000-06: 31.0%
    • CAGR needed during 2006-10: 25.7%
    • Estimates for Software & Services only; does not include for hardware.
  • Quality Practices:
    • Emphasis on software engineering
    • Alignment of Quality Management
    • Acquisition of CMM certifications at progressive levels of maturity
    • India has far more SEI CMM Level 5 companies than any other country in the world.
      • SEI CMM = Software Engineering Institute Capacity maturity Model

  • Service Areas:
    • IT Services:
      • Application development , Maintenance reengineering, Testing
    • Asset Based Solutions:
      • IT Products, Product based services
    • Global consulting:
      • IT consulting, Business consulting, Quality consulting
    • Engineering & Industrial Services:
      • Product & process engineering, Embedded systems, Plant automation services, Enterprise asset management
    • IT Infrastructure:
      • IT outsourcing, Network consulting & integration, Infrastructure management
    • BPO:
      • Inbound call centers, Back office support, Engineering services, Database services

  • Dealing with Key Challenges:
    • Growth with Quality:
      • Digitization, Automation, Training, Process mindset
    • Security, Data Privacy, Business Continuity:
      • Dedicated ODC, BS7799, SAS70 compliance, Background check
        • ODC = Offshore Development Center
        • SAS 70 = Statement on Auditing Standards No. 70
    • Talent Pool Generation & Retention:
      • Industry and Educational Institute Collaboration
      • Innovative training methodology
      • Innovative89. HR practices
      • Continuous learning and growth opportunities

4. グローバル IT・ITサービス産業:

  • グローバルIT産業規模: (US$B)
    ITサービス産業の規模は5-6%伸び、BPOは10-11%の伸び。オフショアは更に急激に伸びている。
    (IDGリサーチ)
  • インドのIT産業規模:
    左図 (US$B)
    • 2000-06 年平均伸び率31%
    • 2006-10:25.7%の伸び見込み
    • これらはソフトウェアのみ(ハード含まず)

  • 品質管理基準:
    • ソフトウェア・エンジニアリングに注力
    • 品質管理の照準
    • 成熟度レベルに応じてCMM認証取得
    • インドではSEI CMMレベル5取得企業は世界一
  • サービス領域:
    • ITサービス:
      • アプリ開発、メンテナンス、テスト
    • 資産ベースソリューション:
      • IT製品、IT製品サービス
    • グローバル・コンサルティング:
      • ITコンサル、ビジネスコンサル、品質コンサル
    • エンジニアリング・サービス:
      • プロダクト・プロセスエンジニアリング、組込システム、プラント自動化サービス、企業資産管理
    • ITインフラ:
      • ITアウトソース、NWコンサル、インフラ構築
    • BPO:
      • インバウンド・コールセンタ、バックオフィスサポート、エンジニアリングサービス、DBサービス
  • 主要課題への取り組み:
      • 品質の向上:
        デジタル化、自動化、育成、プロセス・マインドセット
    • セキュリティ、データ保護、BC:
      • ODC、BS7799、SA70コンプライアンス
    • タレントの蓄積保持:
      • 産学連携
      • 創造教育方法論
      • イノベーション89、人材開発
      • 継続的な育成・成長機会

 

Comment
  • It is widely said that IC in Silicon Valley stands for Indian & Chinese. We cannot neglect the trend of emerging IT industry in both IC countries.
  • There is a 'Yoga & Meditation Club' in this high-tech university, which describes in their HP, saying "The objective is to integrate the entire consciousness through control over the entire mind and the thought process. Only a relaxed and emotionally stable person is able to realize ones true potential and handle the most perplexing modern day problems."
  • India seems to develop a new type of 'Digital Mindset' applicable to the new millennium.
  • シリコンバレーのICとはIndianとChineseとよく言われる。この両国で勃興しつつあるIT産業のトレンドは無視できない。
  • このハイテク大学にはヨガ・瞑想クラブがあって、そのHPには、「この目的は全意識をすべてのマインドセットと思考プロセスに亘ってコントロールすることである。リラックスしかつ感情的に安定的な人だけが真に能力を発揮し、現代の複雑な課題に取り組むことができる。」
  • インドは、新千年紀に適応する新たなタイプのデジタル・マインドセットを開発しているかのようだ。

| Top | Home | Article | Bookshelf | Keyword | Author | Oxymoron |