| Bottom | Home | Article | Bookshelf | Keyword | Author | Oxymoron |

 

Telecommunications Convergence

How to bridge the gap between technologies and services

Cat: ICT
Pub: 2002
#: 0314b

Steven Shepard

 

Title

Telecommunications Convergence

テレコムの収斂

Subtitle
How to bridge the gap between technologies and services いかに技術とサービスの溝を埋めるか
Author
Steven Shepard スティーブン・シェパード
Published

2002

2002年
Index
Why?
  • The long-time players in the industry had to change if the companies were to survive in the evolving knowledge-driven economy. The technologies they sold tends to commoditize rapidly.
  • Convergence phenomenon is real, necessary, and comprised of three pieces: 1) technology convergence, 2) company convergence and 3) service convergence.
    • "Converge" = 1) To tend toward or approach an intersecting point, 2) To come together from different directions; meet, 3) To tend toward or achieve union or a common conclusion or result.
      < Latin. convergere, to incline together
  • Telecom industry: Of the 170-odd corporations, more than 30 have disappeared, 20 have been acquired, and all have suffered the whiplash of the current economic downturn.
  • This book includes predictions, prognostications, and observations. The author says, "These are only my opinion - I could be wrong."
  • 業界の長期プレーヤは、進化する知識先導の経済の中で存続しようとすれば変革しなければならない。彼らが売る技術は急速にコモディティ化するからである。
  • 集中・収斂の現象は、現実であり、必要である。それは3つの収斂から成る。1) 技術の収斂、2) 会社の収斂、そして3) サービスの収斂である。
    • "Converge" (収斂)=1) 集中、収束する、2) 異なる方向から一緒になる、出会う、3) 一緒になって連合、共通の結論、結果を得る
      < ラテン語 convergere 近寄る
  • テレコム産業。その170社の内の30社以上が消滅し、20社が買収され、そのすべてが現在の経済不況の中で鞭打たれている。
  • この本には、予測、予知、観察を含む。著者曰く、「これらは私の意見に過ぎず、それは間違っているかも知れない」と。
Summary
要約

8

Curiosity& the need to understand the surrounding world
7
Self-fulfillment
6
Esteem
5
Prestige
4
Competence
3
Love and feelings of belonging
2
Security & safety concerns
1
Physiological demands

>Top

0. Epilogue:

  • In the early 1960s, psychologist Abraham Maslow proposed his five-layer hierarchy of basic human needs.
    Maslow concluded that the basic requirements had to be fulfilled before the higher level, more cognitive demands could be fulfilled.
  • Interestingly, there is a similar hierarchy of needs in the domain of telecom.
  • The traditional service providers - ILECs (Incumbent local exchange carriers) and IXCs (interexchange carriers) - are scrambling to establish a toehold that will enable them to climb the stack. On the other hand, they have precious little knowledge about the upper layers.
  • The content providers and ASPs have the opposite problem; their knowledge of upper layer services is quite rich and well developed, but they have little if any network capability.
  • There is far greater market opportunity surface area at the edge of the cloud than there is within, and although the core marketplace continues to be important, the opportunities, the growth, the money, lie at the edge.
  • The value derives from stable, reliable hardware and software, functional applications, and a clear focus on the customer's value chain.

8

好奇心、環境世界への関心
7
自己実現
6
尊敬
5
名声・信望
4
権限・資産
3
愛情・親密
2
安全・安心
1
生理的欲求

0.はじめに:

  • 1960年代初頭に、心理学者A.マズローは人間の欲求の5段階の階層を提唱した。
    マズローによれば、まず基本的な欲求が充実された後に、より上位レベルのより認知的な欲求を達成することができると結論した。おもしろいことに、テレコム分野でも同様の階層がある。
  • 伝統的なサービスプロバイダである既存電話会社やインターネット接続事業者などはこの階層をよじ登ることができるように競って足掛かりを掴もうとしている。一方で、彼らは上位層についての知識はほとんどないと言える。
  • コンテンツプロバイダやASP業者は反対の問題を抱えている。彼らは上位層の知識は経験豊富だが、ネットワーク機能に関する知識は少ない。
  • 内部よりは、雲の周縁で表面にずっと大きな市場可能性がある。中心部の市場は引き続き重要ではあるものの、ビジネス機会、成長、資金は周縁に存在しているのである。
  • 安定的かつ信頼性のあるハードウェアとソフトウェア、機能的なアプリケーション、そして顧客のバリューチェインに注目することから価値が生まれるのである。
7
Value: worth in usefulness or importance to the possessor.
6
Solutions: the method or process of solving a problem
5
Services: an act of assistance or benefit to others.
4
Applications: the act of putting something to a special use or purpose.
3
Benefits: something that promotes or enhances well-beings; an advantage
2
Functions: the action for which something is fitted or employed.
1
Features: a prominent aspect, quality, or characteristic
    7
    価値:所有者にとって有用・重要な価値
    6
    ソリューション:問題解決の方法・過程
    5
    サービス:他を支援・利便する行為
    4
    応用: 特定の利用・目的のために適用れる行為
    3
    便益: 状態を向上・進展させること
    2
    機能: 何かが適合・作用される行為
    1
    特徴:著しい特色、品質、主要点
>Top

1. History of Telecom:

  • BOCs:
    On Dec.31, 1983, there were 22 Bell operating companies (BOCs), 2 long distance providers, one significant hardware manufacturer, and about 1,500 independent telephone companies throughout US.
  • RBOCs:
    On Jan.1, 1984, 22 BOCs coalesced into 7 Regional Bell Operating Companies (RBOCs)
  • Bypasser:
    In 1986, Sprint added its name to the list of nationwide long distance providers. Teleport Communications Group (TCG) and Metropolitan Fiber Systems (MFS), the first pejoratively-named bypassers soon relabels alternative access providers. They flourished because they had the luxury to cherry-pick their markets.
  • ILECs/CLECs:
    Over time, these local loop competitors became known as competitive local exchange carriers (CLECs), while the RBOCs became known as incumbent local exchange carriers (ILECs).
  • ISPs:
    In 1993, Internet service providers (ISPs) grew like mushrooms on a summer lawn - more than 5,000 in US.
  • IWPs:
    Independent wireless providers like Winstar and Teligent sprouted in cities.
  • DLECs:
    A new segment, called data local exchange carriers (DLECs) also emerged.
  • Bandwidth Barons:
    Pure bandwidth providers like Qwest, Global Crossing, and 360Networks offered low prices riding on massive installed bases of optical fiber.
  • Cable Companies:
    began to offer two-way interactive services, including Internet access.
  • Aftermath:
    • CLECs and DLECs are a dying breed.
    • Pure ISPs, such as PSINet, has been dramatically culled.
    • Pure wireless technology providers (Teligent, Winstar, and Metricom) have failed.
    • ILECs (Bellsouth, Verizon, SBC, USWest/Qwest) are wallowing in cash and planning their capital expense budgets for the coming year.
    • AOL-Time Warner grows apace, and Microsoft, with its .Net initiative, positions itself for the biggest gamble in its 23-year history.
  • Technology Convergence:
    1. Internet's influence
    2. Broadband access
    3. Software industry
    4. Optical Technology
    5. Semiconductor will become more application specific.
    6. In spite of the hype, 3G doesn't cut it. Wireless is a cortical component of broadband success.
    7. Mobile appliances
    8. Functional migration from the core of the network to the edge is underway.
    9. Metro environment will become a central marketplace.
    10. Network management.
  • Company Convergence:
    1. Companies will continue to form new and often strange alliances, and the number of players in the herd will continue to shrink.
    2. A new regulatory environment is needed and will be created.
  • Service Convergence:
    1. Content was, is, and will be king. Period.
    2. SANs will become centrally important.
    3. Electronic gaming industry will serve as a major technological bellwether.

1.テレコム小史:

  • BOC会社:
    1983年12月31日には、BOC会社が22社、長距離事業社2社、ハードウェアメーカは1社、そして全米の独立電話会社は1500社もあった。
  • RBOC会社:
    1984年1月31日には、BOC会社22社が合併して、7社の地域ベル会社(RBOCs)に再編された。
  • バイパス業者:
    1986年にSprintが全米長距離事業者として参入した。TCG (Teleport Communications Group)とMFS (Metropolitan Fiber Systems) は当初はバイバス業者と揶揄されたがその後代替アクセス業者と言われるようになった。彼らはおいしい市場だけのつまみ食いによって繁栄した。
  • 既存地域通信業者(ILECs)/競争的地域通信業者(CLECs):
    やがてRBOC会社は既存地域通信業者と、また新規参入業者は競争的地域通信業者と呼ばれるようになった。
  • ISP事業者:
    1993年には、インターネット・サービス・プロバイダが雨後の筍のように全米も5,000社以上に増加した。
  • IWP事業者:
    WinstarやTeligentなどの独立の無線業者は都市部で急増した。
  • 地域データ通信業者(DLECs):
    新たに地域でデータ通信を取り扱うサービス業者が登場した。
  • 広帯域事業者:
    膨大な光ケーブル敷設に乗って、Qwest、Global Crossing、360Networksなどの広帯域事業者が低価格でのサービスを提供した。
  • CATV会社:
    インターネットアクセスを含む双方向のサービスを開始した。
  • その後:
    • CLECとDLECは瀕死の状態。
    • PSINetのようなISP専業者は、極端に選別されてきた。
    • ILECs (Bellsouth, Verizon, SBC, USWest/Qwest) は資金がうなっており、次年度への投資を計画している。
    • AOL-Time Warnerは急成長中で、Microsoftも.Net戦略で起業以来23年間での最大の賭と位置づけている。
  • 技術の収斂:
    1. インターネットの影響
    2. ブロードバンドアクセス
    3. ソフトウェア
    4. 光技術
    5. 半導体はますますASICへ
    6. 誇大宣伝にもかかわらず3Gは疾走しない。ブロードバンドの成否は無線LANに
    7. モバイル・アプライアンス
    8. 機能はネットワークの中心から周縁へ
    9. 都市環境が中心的市場に
    10. ネットワーク管理
  • 会社の収斂:
    1. 会社は引き続き新設され、また奇妙な連携が生じる。競合社数は減少傾向
    2. 新たな規制環境が必要となり創設される。
  • サービスの収斂:
    1. コンテンツは過去・現在・未来において王様である。以上。
    2. SAN (Storage Area Network)は中央で重要
    3. 電子ゲーム業界は主たる技術先導役
>Top

2. Technology Convergence:

  • The market situation:
    The Internet - the greatest agent of change in business:
    Linear business processes that have characterized corporate practices for a long time are giving way to faster, sleeker models, driven by a demanding customer base.
    • B2B spending: $8.5 trillion by 2005
    • Internet subscribers: 550 million by 2003.
    • Broadband subscribers (cable modem, DSL, wireless): 52 million in 2003.
    • US backbone traffic: 5.9 exabytes in 2003.
  • 92% of all business customers want to work with an account team when purchasing services.
    • 82% of those same customers buy their services from the local provider
    • 53% would continue to use them if given the choice.
  • Internet Influence:
    1. IP (Internet Protocol) transport represents the architecture of the future multimedia network.
    2. IP, ATM (Asynchronous Transfer Mode), MPLS (Multiprotocol Label Switching) will offer variable QoS (Quality of Service).
    3. 80% of the traffic is corporate.
    4. e-Commerce, and digital cash:
      Intelligence in online commerce will take over the onerous tasks of product search, price/feature comparison, purchasing, and delivery logistics, all consumer driven.
    5. ISPs (Internet Service Providers), CSPs (Commercial Service Providers), BSPs (Business Service Providers):
    6. XML (eXtensible Markup Language), XSL (extensible Style Language) will replace HTML because they can separate the contents from the delivery mechanism.
  • Bandwidth:
    In computers, the resource to be wasted is transistors. In networks, the resource to be wasted is bandwidth because this enables everyone to have a dedicated, always-on connection.
    • DSL, Cable, WLL (Wireless local loop) access:
      Only 10 million US subscribers have broadband access today (2002)
    • Various flavors of 802.11, HomePNA (Home Phoneline Netwrorking Alliance), WAP (Wireless Applications Protocol) and Bluetooth will contribute to the success of broadband access.
  • Software - more critical role:
    Larry Ellison's vision of the network becoming the host for software applications approaches reality.
    • B2B, B2C, P2P, ASP, Security packages, and more.
  • Optical technology:
    • The core is now overprovisioned, as evidenced by the focus on the glut of dark fiber. Unfortunately, the edge is massively underprovisioned, resulting in a very uncomfortable transport disparity.
    • Optical switching, routing, and multiplexing are realities today; unfortunately, they encounter a wall when they head for the edge.
  • Functional Migragration from Core to Edge:
    • The migration of intelligence from the core to the edge is necessary; IP, MPLS, MGCP (Media Gateway Control Protocol), SS7 (Signaling System Seven) suddenly become peer protocols as they struggle with the demand for QoS-aware capabilities.
    • It is interesting to note that network convergence requires network divergence: as the migration of intelligence from the central office to the neiborhood of DSLAM (Digital Subscriber Line Access Multiplexer), PBXs, Remote switch modules.
  • 3G Wireless:
    • 3G is a technology that is poorly positioned - a technology in search of a problem to solve.
    • Spectrum availability:
      TV has always been a sacred cow in US and Canada.
    • The enormous fees paid for 3G licenses have turned out to be albatrosses around their neck.
  • Metro Environment:
    • Today environment is evolving such that multiple corporate locations within a metro area; close to major customer clusters. Overall connectivity architecture for metro will be mesh-based; ring will be used primarily in long-haul networks.
  • Semiconductor industry:
    • FPGA (Field Programmable Gate Array), enabling designers to reduce the requirement for the scarcest resource available (system designer time). The goal is to convert processors, peripherals, and other devices to custom design files known as intellectual property (IP).
    • SoC (System-on-a-Chip); a move away from wholesale chipset manufacturing to more customer-specific chipset designs.
    • Semiconductor industry: the first segment to recover economically because it represents plankton of the food chain.
  • NM (Network Management):
    • Because of vendor's proprietary nature, many companies do not readily integrate into higher-level management systems designed to surveil the entirety of the deployed network.

2.技術の収斂:

  • 市場動向:
    インターネットはビジネスでの変化の最大の代理人:
    長い間企業の取引慣行を特徴づけていた直線的なビジネス・プロセスは、顧客要求によるより迅速でスムーズなモデルに取って代わられつつある。
    • B2B支払額:$8.5兆/2005年
    • インターネットユーザ数:5.5億/2003
    • ブロードバンドユーザ数(CATV, DSL, 無線LAN):52百万/2003
    • 米国バックボーン・トラフィック:5.9 exabyte/2003
      • exa = 10^18
  • すべての企業顧客の92%は、サービスを受けるときは出入りのアカウントチームと一体推進を希望。
    • また同じ顧客の82%は地元のプロバイダからのサービスを受けることを希望。
    • 53%は、他の選択肢があっても同じサービスを継続する予定。
  • インターネットの影響:
    1. IPトランスポートは将来のマルチメディアネットワークの基盤となる。
    2. IP, ATM, MPLS (Multiprotocol Label Switching) が異なるQoSを提供する。
    3. トラフィックの80%は企業である。
    4. e-Commerceとデジタルキャッシュ:
      オンラインコマースにおけるインテリジェンスが煩わしい商品検索、価格・特徴比較、購入、輸送ロジスティックスなどを顧客主導に変える。
    5. ISP、CSP (Commercial Service Provider)、BSP (Business Service Providers)
    6. XML, XSL (eXtensible Style Language) がHTMLに置き換わることで、コンテンツとデリバリー・メカニズムが分離されるようになった。
  • 帯域:
    コンピュータにおいて浪費される資源はトランジスタであるが、ネットワークにおいて浪費されるのは帯域である。それは帯域によって各ユーザは専用の常時接続環境を入手できるからである。
    • DSL, CATV, 固定無線(FWA):
      米国でのブロードバンドの普及はまだ10百万ユーザ (2002年)
    • 802.11の各標準、HomePNA, WAP, Bluetooh などがブロードバンドアクセスの成功に寄与。
  • ソフトウェア-更なるクリティカルな役割:
    Larry Ellisonのビジョンでは、ネットワークは現実に近づくソフトウェア・アプリケーションのホストになりつつある。
    • B2B, B2C, P2P, ASP, セキュリティパッケージなど
  • 光技術:
    • 基幹網ではダークファイバの余剰に見られるように供給過剰状態。但し、周縁ではひどく曲級不足になっており、伝送路として不均衡が生じている。
    • 光スイッチ、光ルータ、光多重交換機は今日では現実のものになっているが、周縁に向かおうとすると壁に遭遇する。
  • 中央から周縁への機能移動:
    • インテリジェンスの中央から周縁への移動は必要である。IP, MPLS, MGCP, SS7などのプロトコルはQoSの意識して検討した結果、突然ピア・プロトコルになった。
    • ネットワークの収斂はネットワークの分散を必要とするというのは興味深い。DSLAMやPBX、リモートスイッチモジュールなどは中央局でのインテリジェンスは近所に移動してきている。
  • 3G携帯電話:
    • 3G技術はまだ未成熟であり解決すべき課題も多い。
    • 帯域確保:
      TVは米国カナダでは常に「聖牛」扱いだった。
    • 3G周波数ライセンスのための支払いは永劫続く罰になった。
  • 都市部の環境:
    • 今日、顧客の集合に近接した都市部では複数の企業事務所という環境が増えている。都市部の全般的な接続性はメッシュ・ベースであり、また長距離ネットワークは主としてリング状になると思われる。
  • 半導体産業:
    • FPGA (Field Programmable Gate Array)
      デザイナーは最も過少な資源であるシステムエンジニアの時間を減らせる。この目標はプロセッサ、周辺機器、その他デバイスを知的財産権としてのIPとしてカスタムデザインファイルに変換することである。
    • SoC (System-on-a-Chip);
      半導体は卸売りのチップセットではなく、もっと個別顧客対応のチップデザインとなる。
    • 半導体産業はまず最初に経済的に復活する分野である。それは食物連鎖のプランクトンであるからだ。
  • NM (Network Management):
    • ベンダーの独自技術があるので、多くの会社は分散配置したネットワークの全体を管理するように設計されたハイレベルでの管理システムに容易に統合はできないのが実情である。
>Top

3. Company Convergence:

  • <Company classifications>:
  • In reality most corporations exhibit characteristics of all four:
  • Flea Market Model:
    Flee market businesses offer little in the way of enhanced services beyond their basic products and exhibit very little coordinated management of business processes.
    • The role of buyer and seller is purely serendipitous.
    • Very little control exists
    • Very little organizational trust
    • Caveat emptor
  • Arbitrator Model:
    In the arbitrator model, we find businesses that have found a market niche by placing themselves between buyers and sellers, and by serving as an intermediary between them. In many cases, arbitrators are very large and command significant power in the marketplace. Arbitrators often develop and rely on widely known brand loyalty.
    • Arbitrators in the telecom market:
      AOL, E*Trade, Prodigy:
  • Process Improver Model:
    Process improver optimize the value chain to create greater value in the service.
    • Process improvers in the telecom market:
      Amazon.com, Dell, and Cisco are examples of process improvers. Amazon.com not only sells books, but it also gathers customer preferences, and then upsells its customers according to those preferences, by sending them discount coupons and notifications of other books that the customer might like. Consequently, they are far more likely to satisfy the customer with their first-time purchase and keep them as a long-term customer.
  • Virtual Corporation Model:
    Virtual corporation model exhibits the characteristics of a virtual corporation add a great deal of value to the basic products and services that they sell. They tend to be peer-to-peer management entities, relying on the abilities of individual work groups to perform necessary tasks according to some overarching corporate vision. These work groups may form unpredictably and typically do not exist for long period of time. They remain together long enough to accomplish a task, and then dissolve and go on to other mandates. They tend to cross organizational boundaries, pulling in members from the ranks of other corporate organizations, other companies, and even from customers to ensure that they have the appropriate ability at hand to accomplish the task.
    • Virtual Corporations in the telecom market:
      JEPI (Joint Electronic Payment Initiative), SET (Secure electronic Transaction Set, Java Alliance composed of Sun, IBM, Oracle, and Netscape; Microsoft and Intel's Wintel Alliance.

3.会社の収斂:

  • <会社の分類>:
  • 蚤の市
    バーチャル・
    コーポレション
    仲介人
    プロセス改良者
    Y軸>: 階層的か自律的か管理の程度
  • <X軸>: 価値統合の度合いが低いか高いか
    • 実際には、多くの企業がこれら4要素の特徴を示している。
  • 蚤の市モデル:
    蚤の市のビジネスでは基本的な製品以上の高度サービスは提供されないし、またビジネスプロセスにおいても調整されたビジネス管理も行われない。
    • 買い手と売り手は純粋に運次第
    • 管理はほとんどなし
    • 組織的な信用もほとんどなし
  • 仲介人モデル:
    仲介人モデルでは、売り手と買い手に介在し、両者のを仲介することでニッチ市場を発見するビジネスがある。多くの場合、仲介者は規模が大きく、市場での影響力も大きい。仲介者はしばしばブランドロイヤリティを作り上げそれに依存することが多い。
    • テレコム市場の仲介者の例:
      AOL、E*Trade、Prodigy:
  • プロセス改良者モデル:
    プロセス改良者は、サービスにおいてより大きな価値を創造するためにバリューチェインを最適化する。
    • テレコム市場のプロセス改良者の例:
      Amazon.com、Dell、Cisco社はプロセス改良者の例である。Amazon.comは単に本を販売するだけでなく、顧客の嗜好を集め、その傾向に基づいて割引クーポンや顧客が好むような他の本を呈示することで追加購入させようとする。結果として、彼らは顧客に最初の購入によって得られる満足以上のものを与えることで長いつきあいの顧客にしていく。
  • バーチャル・コーポレションモデル:
    バーチャル・コーポレーションモデルは、基本的な製品・サービスに非常の大きな価値を付加するというバーチャルコーポレーションの特徴を有する。それはより包含的な全社のビジョンに基づき、個々のワークグループの能力を活かして必要な仕事を遂行する。これらのワークグループは突然作成され、通常は長期間は存在しない。彼らは仕事に必要な期間だけ一緒にいて、その後は解散し他の任務に就く。 彼らは組織横断的であることが多く、担当者を社内の他組織から、他社から、あるいは顧客からさえも集めて仕事をすぐ遂行できる最適チームを作る。
    • テレコム市場のバーチャルコーポレーションの例:
      JEPI, SET, Java Alliance (Sun, IBM, Oracle, Netscapeから成る)、Wintel Allianceなど

>Top

4. Service Convergence:

  • Putt's Law: Technology is dominated by two types of people: those who understand what they do not manage, and those who manage what they do no understand.
  • Service providers:
    They do not typically have all the needed technology and know-how, they acquire it through mergers, acquisitions, or strategic corporate alliances. Thorough those activities, they form virtual corporations that, if built correctly, have the ability to not only deliver, but to anticipate future customer service requirements.
  • SANS (Storage Area Networks)
    In concert with the core-to-edge migration of intelligence and bandwidth, SANs will take on an increasingly important role as the network's role itself changes.
  • Viewing the network:
    There are two ways to view the network: from the perspective of the service provider or from the customer. The network is comprised of two distinct areas or responsibility; the edge and the core.
    • The edge of the network is responsible for aggregating traffic, prioritizing it, and packaging it.
    • The core is responsible for maintaining the QoS requested by the customers: bandwidth, delay, jitter, information loss, scalability, interworking, network management, security, and reliability.
  • Service & Protocol Interoperability:
    • Network-to-network interworking:
      Although this capability is well defined in PSTN, it is not yet well defined in the IP realm.
    • Device-to-device communications (peer-to-peer communications):
      Gateway, gatekeeper
    • System-to-system messaging:
      Addresses billing, directory interoperability, provisioning, and interplatform messaging.
    • Client-to-system messaging:
      Directory access, access to messaging applications, and client access to certain network features.
    • A number of protocols for interoprability:
      LDAP (Lightweight Directory Access Protocol), IMAP (Internet Message Access Protocol), XML (Extensible Markup Language), WAP (Wireless Access Protocol)
    • Device management:
      Call control, channel specification, and CODEC (coder/decoder) configuration. (H.323, SIP=Session Initiation Protocol, MGCP=Media Gateway Control Protocol)
  • QoS in LANs:
    • VLAN (Virtual LAN):
      overcomes the disparity between LAN and WAN. The arrival of Fast and Gigabit Ethernet is widening the discrepancy.
    • IEEE 802.1Q:
      simplifies the automation, configuration, and management of VLANs, regardless of vendors.
    • IEEE 802.1p:
      enables three QoS bits in the 802.1Q VLAN header to specify QoS requirements, used by layer 2 bridges to filter.

  • DiffServ & MIPLS:
    • DiffServ (Differential Service):
      prioritizes packets using IP header as DSCP (Differential Services Code Point), designed to minimize delay and jitter. DiffServ is not an end-to-end protocol.
    • MIPLs (Multiple Label Switching):
      classifies and labels the packets at edge routers, which can establish LSPs (Label Switched Paths) with explicit QoS capabilities and route packets to those LSPs as required, guaranteeing the delay that a particular flow will encounter end-to-end.
  • Telephony Services:
    • Telephony, whether circuit-switched or IP-based, requires both basic and supplementary (or enhanced) services.
      • The basic services:
        call management, call authentication, caller identification, security, billing, network management, and bandwidth assignment capacities.
      • Supplementary services:
        unified messaging, integrated voice responses, 911 service, 800-number service, conference calling, online directory service, etc.
    • PSTN, SS7 enables the signaling information and the actual content to be transported across separate network. In VoIP the two shares the same network.
  • H.323:
    H.323 started as H.320 in 1996 by ITU-T standard for the transmission of multimedia over ISDN. Its original goal was to connect LAN-based multimedia system to network-based multimedia systems. It defined gatekeepers, which performed zone management and address conversion (bridge between multimedia type).
    • H.323 is an umbrella standard that includes H.225 for call handling, H.245 for call control, G.711 and G.721 for CODEC definitions, and T.120 for data conferencing Later, Gatekeeper Routed Model was added, which enabled the gatekeeper to play an active role in the actual call setup process. This meant that H.323 had migrated from being purely a P2P protocol to having a hierarchical design.
    • Phase-1: call setup process
    • Phase-2: enables the use of RTP (Realtime Transport Protocol) over ATM
    • Phase-3: enabled to transmit real-time fax
    • Phase-4: added call connection over UDP (User Datagram Protocol)
  • SIP (Session Initialization Protocol):
    H.323 is far too complex and rigid to serve as a standard for basic telephony setup requirements; SIP is architecturally simpler and imminently extensible.
    • SIP is designed based on IETF protocols to establish P2P sessions between Internet routers. The protocol defines feature servers, registration servers, and redirect servers.
    • Similar to H.323, SIP does not yet offer a network-to-network interface.
    • Like TCP/IP, SIP provides an open architecture that can be used by any vendor to develop products, thus ensuring mutivendor interoperability. SIP has been adopted by such powerhouses as Lucent, Nortel, Cisco, Ericsson, and 3Com, etc; its success is reasonably assured.
  • MGCP (Media Gateway Control Protocol):
    Development of VoIP efforts today stem from work performed early on by Level3 and Telcordia.
    • MGCP enables a network device responsible for establishing calls to control the devices that actually perform IP voice streaming. It permits software call agents and media gateway controllers to control streaming media gateways at the edge of the network.
  • Migration Path:
    Corporations should be sensitive to QoS, billing, network management, and security, as well as, efficacy of issues such as short and long-term costs, scalability, standard compliance, and interoperability.
  • IP convergence:
    It would appear that IP convergence will manifest itself in six significant ways:
    1. Carrier-class IP voice
    2. growth of ITSPs
    3. expanded use of private corporate gateways
    4. Voice-enabled web sites
    5. IP-enabled call centers
    6. ASPs
  • The SWOT Model:
  • Strategic planners often talk about the Strength, Weaknesses, Opportunities, Threats (SWOT) model. They typically begin by examining their own strengths, and usually come up with a substantial list of capabilities that make the company strong. Feeling good about themselves, they often stop the analysis at this point or only give cursory coverage to the other three areas. Failure to analyze functional weaknesses, marketplace opportunities, or competitive threats can lead to exposure.
  • Efficiency vs. Effectiveness:
    Efficiency is a measure of doing things right. Effectiveness, on the other hand, is a measure of doing the right things.
  • Consider each of the four quadrants of the graph; a company that is both effective and efficient is thriving. A company that is effective but not particularly efficient is surviving. A company that is efficient but not particularly effective are most likely dying.

4. サービスの収斂:

  • Puttの法則:
    技術は二種類の人々によって支配されている。それをマネッジはしないが理解している人と、理解はしないがマネッジする人によってである。
  • サービスプロバイダ:
    彼らはすべての必要が技術を有している訳ではない。彼らは合併、買収、戦略提携によってそれを獲得している。これらの活動を通じて、バーチャルコーポレションがうまく実現できれば、サービス提供だけでなく顧客の将来のサービス要求を予測できるようになる。
  • SAN:
    インテリジェンスと帯域が中心から周縁へという流れの中で、ネットワーク事態の役割の変化に応じて、SAN (Storage Area Network) はますます重要になっていく。
  • ネットワークを見る視点:
    ネットワークを見る視点は2つある。サービス・プロバイダからの視点と顧客からの視点である。ネットワークには2つの責任領域がある。周縁と中心である。
    • ネットワークの周縁はトラフィックを集めて、優先度をつけ、パッケージ化する。
    • ネットワークの中心では、顧客の要求に基づくQoSを維持する。それは帯域、遅延、波形の揺らぎ(ジター)、情報ロス、拡張性、相互接続、ネットワーク管理、セキュリティ、信頼性等
  • サービスとプロトコル相互運用:
    • ネットワーク間接続:
      電話網ではきちんと定義されているが、IPの世界ではいい加減
    • デバイス間接続 (P2P通信):
      Gatewayやgatekeeper
    • システム間メッセージング:
      課金、ディレクトリ相互運用、規定、プラットフォーム間メッセージング
    • 端末/システム間メッセージング:
      ダイレクトアクセス、メッセージングアプリケーションへのアクセス、端末からの特定のネットワーク機能へのアクセス
    • 相互接続のための各プロトコル:
      LDAP, IMAP, XML, WAP
    • デバイス管理:
      呼管理、チャネルスペック、CODEC環境設定
      (H.323, SIP, MGCP)
  • LANにおけるQoS:
    • VLANがLANとWANとの不均衡を吸収。Fast/Gigabit Ethernetの登場により不均衡は拡大傾向。
    • IEEE 802.1Q:
      異機種ベンダー間での接続の自動化、環境設定、およびVLAN管理、
    • IEEE 802.1p:
      802.1Q VLANヘッダーに3ビットのQoSビットを付加しlayer2ブリッジでのフィルタを行う。

  • DiffServ & MIPLS:
    • DiffServ (Differential Service):
      これは、DSCPというIPヘッダを利用することでパケットを優先させ、遅延や音の揺らぎを裁縫にする。DiffServはエンド-エンドのプロトコルではない。
    • MIPLs (Multiple Label Switching):
      これは周縁のルータでのパケットを分類しラベルをつけることで明示的なQoSをもったLSPs (Label Switched Paths) を確立し、LSPの要求に基づきパケットのルーティングを行う。これによって特定のフローがエンドツーエンドで衝突するのを遅らせることになる。
  • Telephony Services:
    • Telephonyは、PSTNでありIPベースであれ、基本サービスと追加サービス(付加価値サービス)とがある。
      • 基本サービス:
        呼管理、呼認証、呼アイデンティフィケーション、セキュリティ、課金、網管理、帯域割当能力
      • 追加サービス:
        ユニファイド・メッセージング、統合音声反応、911サービス(緊急電話)、800番サービス(着信者課金)、会議電話、番号案内サービス等
    • PSTNやSS7は、信号情報と中身の音声とは別々のネットワークで伝送するが、VoIPの場合はこの両方が同じネットワークを共用して伝送する。
  • H.323:
    H.323は、1996年にITU-Tによってmultimedia over ISDNの伝送としてH.320として標準化された。その当初の目的はLANベースのマルチメディアシステムをネットワークマルチメディアシステムと接続するプロトコルだった。これはゾーン管理、アドレス変換などマルチメディアタイプ間のブリッジとしてのゲートキーパーを定義している。
    • H.323は各標準を包含する標準である。即ち、呼処理(H.225)、呼管理(H.245)、CODEC定義(G.711とG.721)、データ会議(T.120)
      後でGatekeeper Routed Modelが追加され実際の呼セットアップでは積極的な役割ができるようになった。これはH.323プロトコルが純粋なP2Pプロトコルから階層的プロトコルへ移植したことを意味した。
    • 第一段階:コール・セットアップ・プロセス
    • 第二段階:RTP over ATMの利用を可能に
    • 第三段階:リアルタイムFAXの利用を可能に
    • 第四段階:UDP上での呼接続を可能に
  • SIP (Session Initialization Protocol):
    H.323は基本的な電話の呼要求の標準としてはあまりにも複雑かつ厳格すぎる。SIPは構造的に単純で即拡張可能。
    • SIPはIETFプロトコルに基づいて、インターネット・ルータ間のP2Pセッションを確立するすべく設計された。そのプロトコルはフィーチャー・サーバ、レジスタレーション・サーバ、リダイレクト・サーバ
    • H.323と同様に、SIPはネットワーク間インターフェースを定義していない。
    • TCP/IPのように、SIPはどのベンダーにもオープンアーキテクチャを宛異境するので、異機種間相互接続が保証される。SIPはLucent, Nortel, Cisco, Ericsson, 3Comなど大手に採用されているので、その成功は確実視されている。
  • MGCP (Media Gateway Control Protocol):
    VoIPの今日の発展はLevel3とTelcordiaによる初期の努力に依存している。
    • MGCPは、実際にIP音声ストリーミングを実行するデバイスを制御するための呼を確立するネットワークデバイス機能を提供する。これはネットワーク周縁でのメディアゲートウェアへのストリームを制御すべくソフトウェアコールエージェントとメディアゲートウェイコントローラーを指示する。
  • 移動プロセス:
    会社はQoS、課金、網管理、セキュリティに関心がある。同様に短期長期のコスト効率性、拡張性、標準準拠、相互運用にも関心が高い。
  • IP収斂:
    IP収斂による将来の方向性は以下6分野に出現。
    1. キャリアレベルでのVoIP
    2. インターネット・プロバイダでのVoIP
    3. 個別企業のゲートウェイのVoIP拡張
    4. WebサイトへのVoIP導入
    5. コールセンタへのVoIP導入
    6. ASPサービスへのVoIP導入
  • <左図> SWOTモデル:
  • 戦略企画者は、しばしば強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunities)、脅威(Threat) のSWOTを指摘する。まず会社の強みの分析から始める。通常はその会社を強みのリストを作成する。そしてその結果に満足して、会社はしばしばその時点で分析をやめておざなりとなり、次の3つの段階に移ることになる。構造的な弱点や市場機会を分析できなければ、競合的な脅威が顕在化することになる。
  • <左図> 効率と効果:
    「効率」は物事をどれだけうまくやるかを測定する。一方「効果」はうまい仕事をどれだけやるかを測定する。
  • 左図の4区分を見て欲しい。効率的で効果的な会社は繁栄する。効果的ではあるが必ずしも効率的でない会社は生き残る。効率的ではなくが必ずしも効果的でない会社は絶えていく、というものである。
Comment
  • Quadrants of the future of telecom industry:
  • What strategy a telecos should take?: it is not only a competition with entrants, but also with the emerging technology and changing environment, betting their survivals.
  • "No snakes could not survive without ecdysis"
  • <左図>
    テレコム産業の将来図:
    テレコム会社は如何なる戦略をとるべきか。それは新規参入者との競争だけでなく、新たな技術や変化する環境との生存を賭けた競争でもある。
  • 「脱皮しない蛇は生き延びることはできない。」

| Top | Home | Article | Bookshelf | Keyword | Author | Oxymoron |