| Bottom | Home | Article | Bookshelf | Keyword | Author | Oxymoron |

The clash of civilizations
and the remaking of the world order

Cat: HIS
Pub: 1996
#: 0210b

Samuel P. Huntington


Title

The clash of civilizations and the remaking of the world order

諸文明の衝突と世界秩序の再編

Author

Samuel P. Huntington

サミュエル. P. ハンチントン

Published

1996

1996年

Index
Why ?
  • My first impression was that this book is one of the exaggerated theories about world politics after the end of the Cold War.
  • But after the shocking news on Sept. 11, 2001 of multi attacks to the World Trade Center and the Pentagon by hijacked airplanes, the description of this book seemed more plausible scenario; "the clash of civilizations" as of the title of this book.
  • 最初の印象は、この本は冷戦終結後の世界政治に関する誇張した理論の一つであると思われた。
  • しかし、2001年9月11日にハイジャックされた飛行機によるワールドトレードセンタとペンタゴンへの同時攻撃の後となると、本書の記述が一層あり得るシナリオに見えてきた。即ち、本性の題名である「諸文明の衝突」である。
Summary
要約

>Top

1. A World of Civilization:

In 1970s and 80s, Japan became recognized as the world's most competitive nation. Study of its success explains:

  • The years after the Cold War witness the beginning of dramatic changes in peoples' identities and the symbols of those identities.
    • "There can be no true friends without true enemies. Unless we hate what we are not, we cannot love what we are." By Michael Dibdin's novel 'Dead Lagoon.'
    • For people seeking identity and reinventing ethnicity, enemies are essential, and the potentially most dangerous enmities occur across the fault lines between the world's major civilizations.
  • Multipolar, multicivilizational world:
    • For over 400 years, the nation states of the West constituted a multipolar international system within Western civilizations and interacted, and fought wars with each other.
    • Western nations also expanded and colonized every other civilization.
    • During the Cold War global politics became bipolar: Wealthy democratic societies, and poorer communist societies. Much of conflict occurred in the Third World outside these two camps.
    • In the post-Cold War world, the most important distinctions among people are not ideological, political, or economic. They are cultural.
    • People use politics not just to advance their interests but also to define their identity. We know who we are only when we know who we are not and after only when we know whom we are against.
  • The World of Civilizations: Post-1990:
    (Simplified paradigms or maps are indispensable for human thought and action.)

    • Western:
      • Westerncivilization is dated as emerging about 700-800 AD. The effect of Reformation; combined Catholic and Protestant cultures.
        North Atlantic civilization; Europe, North America, plus settlers countries like Australia and New Zealand.
    • Latin American:
      • Evolved along different path from Europe and North America. Only Catholic.
    • Orthodox:
      • Centered in Russia, separated from Western
        Christendom as a result of Byzantine parentage.
    • Islamic:
      • Originating in Arabian peninsula in 7th century AD., Islam rapidly spread; many distinct culture exist within Islam, including Arab, Turkic, Persian, North Africa, Central Asia, Malay, and Indonesia, etc.
    • African:
      • Throughout Africa tribal identities are pervasive and intense. But Sub-Saharan Africa could cohere into a distinct civilization, with South Africa being its core state.
    • Hindu:
      • Hinduism central to the culture of the Subcontinent since 2,000 BC. and is more than a religion or a social system; it is the core of Indian civilization.
    • Sinic:
      • Confucianism is a major component of Chinese civilization. Common culture of Chinese communities including Southeast Asia as well as the related cultures of Vietnam and Korea.
    • Buddhist:
      • Buddhism early separated into two main subdivisions, and it did not survive in the land of its birth. Buddhist civilization exist in Sri Lanka, Burma, Thailand, Laos, and Cambodia. But in China and Japan, Buddhism has not been the basis of a major civilization.
    • Japanese:
      • A distinct civilization which was the offspring of Chinese civilization during 100-400 AD.

1.文明の世界:

1970年代、80年代に、日本は世界で最も競争力のある国として認められた。その成功の理由として以下挙げられる。

  • 冷戦以後は人々の帰属意識を主張する変化が起こった。その象徴としては
    • 「真の敵がなければ真の友もありえない。我々は否定するものを憎むことなくして、我々が肯定するものを愛することはできない。」M.ディブヂンの小説「Dead Lagoon
    • 帰属意識を求め、民族意識を再認識する人々にとって、敵の存在は必須である。最も危険な敵意の線は、世界の主な文明の間の断層線となって生じている。
  • 多極、多文明世界:
    • 400年以上も、西側国民国家は西欧文明の中に多極国際システムを作り、相互に影響し合い、戦ってきた。
    • 西側諸国は拡張し、他の文明を植民地化した。
    • 冷戦時代を通じて、世界政治は二極化していた。豊かな民主主義社会と、貧しい共産主義社会である。第三世界に起こった多くの紛争はこれら二極の外側で発生した。
    • 冷戦終了後の世界では、人々の最も重要な特徴は、イデオロギーでも、政治でも、経済でもない。それは文化である。
    • 人々は政治を単に彼等の関心事を進めるために使うのではなく、彼等の帰属意識を明確にするために利用する。我々は否定すべき相手そして闘うべき相手は何なのかを認識したときのみ、我々は自己の存在を認識する。
  • <左図>世界の文明(1990年以降):
    なお、簡潔な図式や地図は、人間の思考と行動にとって必要なものである。
    • 西欧文明:
      • 西欧文明は、700-800年頃.成立する。宗教改革の結果、カトリックとプロテスタントの文化が混合。北大西洋文明、即ち、欧州、北米および豪州、ニュージーランドのよな移民国家を含む。
    • ラテンアメリカ文明:
      • 欧州および北米から分派して進化。カトリック教徒のみ。
    • ロシア正教文明:
      • ロシア中央部で、ビザンチン帝国以来、西欧キリスト世界から分離。
    • イスラム文明:
      • 7世紀頃、アラビア半島起源でイスラム教は急速に拡大。イスラムの中には、アラブ、トルコ、ペルシャ、北アフリカ、中央アジアおよびインドネシアなど多様な文明を包含する
    • アフリカ文明:
      • アフリカでは、部族の帰属意識は強固である。サハラ以南のアフリカは明確な文明を構成し、南アフリカのその中心になりつつある。
    • ヒンズー文明:
      • ヒンズー教は、紀元前2,000年以来、インド亜大陸文化の中心であり、それは宗教を超えた社会システムであり、インド文明の核である。
    • 中華文明:
      • 儒教は、中華文明の主要な要素である。中国社会の共通文化には、東南アジア、ベトナム、朝鮮半島が含まれる。
    • 仏教文明:
      • 仏教は、早い段階で二つの潮流に分離し、その誕生の場所ではもはや生き残っていない。仏教文明はスリランカ、ビルマ、タイ、ラオス、カンボジアに存在している。しかし、中国や日本では、もはや仏教は文明の主要な基盤とはなっていない。
    • 日本文明:
      • 中華文明の100-400年頃に分派として独特の文明を築いた
  • >Top
  • The most important groupings of states are no longer the three blocs of the Cold War but rather the world' 9 major civilizations. Henry Kissinger noted that 21st century will contain six major powers; US, Europe, China, Japan, Russia, and India. But in addition there are important Islamic states whose strategic locations, large populations, and oil resources make them influential in world affairs.
  • In the post-Cold War world, culture is both a divisive and a unifying force. (2 Germanys, 2 Koreas and several Chinas are beginning to unite.
    • Societies united by ideology come apart, as did Soviet Union, Yugoslavia, and Bosnia.
    • Countries with cultural affinities cooperate economically and politically, such as European Union.
  • The West will remain for years to come the most powerful civilization. Yet its power relative to that of other civilizations is declining. (Multipolar and multicivilizational)
    • Non-Western societies confront a choice. Some attempt to emulate the West and join to "bandwagon" with the West.
    • Other Confucian and Islamic societies attempt to expand their own economic and military power to resist and to balance against the West.
    • Central axis of post-Cold War world; interaction of Western power and culture with those of nonwestern civilizations.
  • One World: Euphoria and Harmony.
    One widely articulated paradigm was the "end of history" thesis.
    • The moment of euphoria at the end of the Cold War generated an illusion of harmony.
    • Francis Fukuyama's "end of history":
      "The end of the Cold War meant the end of significant conflict in global politics and the emergence of one relatively harmonious world.....the universalization of Western liberal democracy as the final form of human government."
    • People are always tempted to divide people into us and them, the in-group and the other, our civilization and those barbarians, the familiar and the strange.
      • Muslims have traditionally divided the world into Dar al-Islam and Dar al-Harb, the abode of peace and the abode of war.
      • At the end of Cold War, American scholars divided the world into "zones of peace" and "zones of turmoil." (The former included the West & Japan with 15% population, the latter everyone else.)
      • Cultural bifurcation is less useful. The West is an entity. However Nonwestern societies have in common other than the fact they are nonwestern.

 

  • 国家の分類で重要なことは、冷戦時代の3つではなく、世界には9つの主要な文明があるということである。H.キンシンジャーは、21世紀には6つの主要な勢力、即ち、米国、欧州、中国、日本、ロシア、インドがあると指摘した。それにイスラム国家群を忘れてはならない。その戦略敵ない位置、大きな人口、石油資源において世界の問題に影響を与えるからである。
  • 冷戦後の世界は、文化は分断されているが統一の力でもある。2つのドイツ、2つの朝鮮、いくつかの中国は統一し始めた。
    • イデオロギーで統一された社会は分離している。ソ連、ユーゴスラビア、ボスニアである。
    • 文化的な同一性をもつ国は経済的・政治的に協調する。欧州連合のように。
  • 西欧文明はこれから何年も最も強力な文明であり続ける。しかしその力は他の文明と比較すると下降傾向にある。(多極化、多文明化)
    • 非西欧社会は選択を迫られる。ある国は西欧を真似し、西欧に便乗する。
    • 他の儒教、イスラム国は抵抗し、西欧諸国と拮抗しようとする。
    • 冷戦後の世界の中心軸は、西欧の力と文化とが非西欧文明のそれらと相互作用することである。
  • 一つの世界:幸福と調和の世界
    広く語られた世界観は「歴史の終わり」理論であった。
    • 冷戦の終了に伴い、幸福感が調和の幻想を生じさせた。
    • F.フクヤマの「歴史の終わり」論によれば、「冷戦の終了は世界政治において主な衝突が終了し、一つの調和的な世界が生まれたことを意味する。西欧の自由な民主主義が人類の政治の最終形態として普遍的となる。」
    • 人々は常に我々と彼等とに分割したがる。グループの内部と外側、我々の文明と彼等の野蛮、親しいものと奇妙なもの。
      • イスラムは伝統的にイスラムと非非スラム、平和の場と闘いの場とに分ける。
      • 冷戦終了は、米国の学者は世界を、「平和地域」と「混乱地域」とに分けた。前者には西欧と日本が含まれ、世界の人口の15%を占める、後者はそれ以外の地域である。
      • 文化を分けることは有益ではない。西欧はひとつの存在である。非西欧社会は、それらが西欧でないということ以外に共通点を持たない
  • Top
  • Sheer Chaos:
    The weakening of states and the appearance of "failed states" contribute to a fourth image of a world in anarchy. This paradigm stresses;
    • The breakdown of governmental authority;
    • the breakup of states;
    • the intensification of tribal, ethnic, and religious conflict;
    • the emergence of international criminal mafias;
    • refugees multiplying into the tens of millions;
    • the proliferation of nuclear and other weapons of mass destruction;
    • the spread of terrorism;
    • the prevalence of massacres and ethnic cleaning.
  • Civilization and culture:
    • Civilization and race are not identical.:
      The crucial distinctions among human groups concern their values, beliefs, institutions, and social structure, not their physical size, head shapes, and skin colors.
    • Civilization is the broadest cultural entity. It is defined both by common objective elements, such as language, history, religion, customs, institutions, and by the subjective self-identification of people.
      • Civilizations are the biggest "we" within which we feel culturally at home as distinguished from all the other "them" out there.
      • Civilizations have no clear-cut boundaries and no precise beginnings and endings.
      • Empires rise and fall, governments come and go, civilizations remain and survive political, social, economic, even ideological upheavals.
  • 厳しい混沌状態:
    国家が弱体化し、崩壊した状態となると無政府状態イメージの世界となる。この状態とは
    • 政府の権威の失墜
    • 国家の分裂
    • 民族、部族、宗教の衝突激化
    • 国際犯罪組織の活発化
    • 何千万という難民
    • 核兵器は大量破壊兵器の拡散
    • テロリズムの横行
    • 大量虐殺、民族浄化の頻発
  • 文明と文化:
    • 文明と民族とは同一でない。
      人々のグループで決定な相違は、価値観、信仰、制度、社会組織であって、人々の体型、頭の形、肌の色ではない。文明とは最も広い文化の同一性である。それは共通の客観的な要素、即ち、言語、歴史、宗教、習慣、制度などと、人々の自己同一性という主観的な要素の両方で定義される。
      • 文明は最も大きな「我々」であって、文化的にアットホームを感じるものであって、その外の「彼等」とは区別されるものである。
      • 文明には明確な境界は正確な始まりも終わりもない。
      • 帝国には興亡、政権にも交代があるが、文明は永続し、政治、社会、経済やイデオロギー的な変動があっても生き残る
  • Top
  • Relations among civilizations:

(Source: Carroll Quigley, The evolution of Civilizations, 1979)

    • Encounters; Civilization before AD 1500 were separated by time and space.
      • Early civilizations in Nile, Tigris-Euphrates, Indus, and Yellow rivers did not interact.
      • Ideas and technology moved from civilization to civilization, but it after took centuries.
      • Spread of Buddhism to China; 600 years after its origin.
      • Printing invented in China in 8C., movable type in 11C, but reached Europe in 15C.
      • Paper introduced into China in 2C, came to Japan in 7C. and was diffused to central Asia in 8C., Spain in 12C, and northern Europe in 13C.
      • Gunpowder invented in China in 9c, to Arabs 11-12C, and reached Europe in 14C.
    • Impact:
      • Rise of the West: European Christendom in 8-9C.
      • In 11-13C, European culture began to develop, facilitated by the "eager and systematic appropriation of suitable element from the higher civilizations of Islam and Byzantium.
      • By 1500, the renaissance of European culture was well under way and social pluralism, expanding commerce and technology provided the basis of a new era in global politics.
      • Military revolution; Western global empires' success between 1500-1750 depended upon those improvements in the ability to wage war.
      • French Revolution: The wars of kings were over, the wars of people had begun.
      • Russian Revolution: supplemented by the conflict of ideologies, first among fascism, communism, and liberal democracy and then between the latter two.
    • Interactions: A multicivilizational system:
      • The expansion of the West ended and the revolt against the West began.
      • The great political ideologies of 20C include liberalism, socialism, anarchism, corporatism, communism, social democracy, conservatism, nationalism, fascism and Christian democracy; they are products of Western civilization.
      • The great religions of the world are all products of nonwestern civilizations and antedate Western civilizations.
      • Global political geography moved from the one world of 1920 to the three worlds of 1960s to the more than half-dozen worlds of 1990s.
      • Each civilization sees itself as the center of the world; Such monocivilizational viewpoints, however, have decreasing relevance in a muticivilizational world.

  • Universal Civilization:
    This might be called the "Davos Culture." Each year about 1000 businessmen, government officials, and intellectuals met in the World Economic Forum in Davos, Switzerland. They share beliefs in individualism, market economies, and political democracy, which are also common in Western civilization. This common intellectual culture exists only at the elite level; its roots are shallow in many societies.
    • Global communications:
      one of the most important contemporary manifestations.
      • 88% films most attended throughout the world in 1993 were American.; Human interest in love, sex, violence, mystery, heroism, and wealth.
      • 2 American, 2 European organizations dominated the collection and dissemination of news on a global basis.; People interpret communications in terms of their own preexisting values and perspectives.
      • CNN International estimated 55M potential viewers, and its English broadcasts might appeal to 2-4% of the market.
  • <左図> 文明間の関係
    • 遭遇:1500年以前の文明は時間的にも空間的にも分かれていた。
      • 初期文明はナイル河、チグリス・ユーフラテス河、インダス河、黄河流域の初期文明は相互に影響しなかった。
      • 思想と技術は文明から文明に伝搬するが、それには何世紀もかかった。
      • 仏教が中国に伝来したのは誕生後600年後
      • 8世紀に中国で発明された印刷術は、11世紀に可動タイプとなり、15世紀に欧州に到達
      • 2世紀に中国で発明した紙は、日本には7世紀に、中央アジアへの8世紀に、スペインには12世紀に、そして北ヨーロッパには13世紀に到達
      • 9世紀に中国で発明した火薬は、アラブへの11-12世紀に、そしてヨーロッパへは14世紀に到達
    • 影響:
      • 西欧の興隆:8-9世紀にヨーロッパのキリスト教国
      • 11-13世紀に、ヨーロッパ文化は、より進んだイスラムやビザンチンの文明の要素を熱心かつ体系的に取り入れ、発展開始
      • 1500年までに、ヨーロッパのルネッサンスが起こり、商業と技術の拡張など社会の多様性が進行し、世界政治の新時代の基礎を築く。
      • 軍事革命:1500-1750年のおける西欧の世界帝国の成功は、戦争継続の能力の改良の結果である。
      • フランス革命:王達による生成は終わり、国民の戦争が開始
      • ロシア革命:イデオロギーの衝突で加速した。最初はファシズム、コミュニズム、リベラル・デモクラシー間で、後に後二者の間で。
    • 相互関係:多文明システム
      • 西欧の拡張の終わりと西欧に対する反乱の始まり
      • 20世紀の政治的イデオロギーには、自由主義、社会主義、無政府主義、会社主義、共産主義、社会民主主義、保守主義、国家主義、ファシズム、キリスト教民主主義。これは西欧文明の産物である。
      • 世界の多くの地域は非西欧文明の産物であり、かつ西欧文明より古い。
      • 世界の政治的な地政学は、1920年には一つの世界から1960年代は3つの世界へ、1990年代は6つ以上の世界へ移動した。
      • 各文明はそれぞれ世界の中心にいると見ている。このような単一文明の視点では、多文明世界における関連性を減らすことになる。
  • 普遍的文明:
    これは「ダボス文化」と呼ばれるべきかも知れない。毎年、千人以上のビジネスマン、官僚、学者がスイスのダボスで世界経済フォーラムに集合している。彼等は、個人主義、市場経済、政治的民主主義を信奉している。これらは西欧文明に共通する。この共通の知的文化はエリート層でのみ共有している。その根は多くの社会ではまだ浅い。
    • グローバル・コミュニケーション:
      今日の最も重要なひとつの兆候。
      • 世界中で鑑賞される映画の88%が米国映画(1993年):そのテーマは、恋愛、セックス、暴力、ミステリィ、英雄、富
      • 世界中にニュースを収集・配信しているのは米国2社、欧州2社。人々は彼等の先入観に基づく価値や見方を通した情報に接する。
      • CNN Internationalの視聴者は55百万人。その英語の放送は市場の2-4%に到達する。
  • >Top
  • Language:
  • Central elements of any culture or civilization are language and religion.
    • The world's language is English?
      The available data covering 1958-92 suggest that the overall pattern of language use did not change dramatically.
    • Speakers of major languages (%):
    Language
    1958
    1992
    Mandarin
    15.6
    15.2
    English
    9.8
    7.6
    Hindi
    5.2
    6.4
    Spanish
    5.0
    6.1
    Russian
    5.5
    4.9
    Arabic
    2.7
    3.5
    Bengali
    2.7
    3.2
    • Share of major Western languages (E, F, G, P, S) declined from 23.1%/1958 to 20.8%/1992.
    • Throughout history the distribution of languages in the world has reflected the distribution of power in the world.
    • In nonwestern societies two opposing trends;
      • English is increasingly used to function effectively in the global competition.
      • More general use of indigenous language; Arabic displacing French in North Africa, Urdu supplanting English in Pakistan.
      • Azerbaijan, Kyrgyzstan, Turkmenistan, and Uzbekistan have shifted from Cyrillic script to Turkish kinsmen, while Tajikistan has adopted Arabic script.
      • Serbian shifted from Western script to Cyrillic script.
  • Religion:
  • The late 20C has seen a global resurgence of religions around the world.
    • World population adhering to major religions:
Religion
1900
2000
Western Christian
26.9
29.9

Muslim

12.4
19.2
Non-religions
0.2
17.1
Hindu
12.5
13.7
Buddhist
7.8
5.7
Atheist
0.0
4.2
Chinese folk
23.5
2.5
Orthodox Christian
7.5
2.4

(Source; World Christian Encyclopedia)

    • The largest change:
      • increase of "nonreligious" and "atheist."
      • China's population was reclassified from folk-religionist to non-believing.
      • Increase in world population; Western Christian from 26.9%/1900 to 30%/1980 and estimated about 25%/2025, while Muslims from 12.4%/1900 to 18%/1980 and estimated 30%/2025.
      • In the long run, Mohammed wins out. Christianity spreads primarily by conversion, Islam by conversion and reproduction.
    • Sources:
      • In Social psychology, distinctiveness theory holds that people define themselves by what makes them different from others in a particular context. People define their identity by what they are not. (Cf: a woman psychologist in a dozen women, or a dozen male.)
      • In an increasingly globalized world, there is an exacerbation of civilizational, societal and ethnic self-consciousness.
  • 言語:
  • どの文化も文明も中心的な要素は言語と宗教である。
    • 世界言語は英語か?
      1958-92年のデータに依れば、全体として言語の使用状況はあまり変化していない。
    • 主な言語(%):(左図参照)
    • 主な西欧の言語(英語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語、スペイン語)は 23.1%/1958 から20.8%/92へと減少
    • 歴史を通じて世界の言語の分布は世界の権力分布を反映
    • 非西欧社会での2つの相反する傾向:
      • 英語の使用は世界競争において有効に機能するために増加中。
      • その地域固有の言語の使用も増えている。北アフリカにおいてはフランス語に代わってアラビア語、パキスタンでは英語に代わってウルドゥ語
      • アゼルバイジャン語、キルギスタン語、トルクメニスタン語、ウズベキスタン語はキリル文字からトルコ語的表記へ、一方タジキスタン語はアラビア表記に変更
      • セルビア語は西欧の表記からキリル文字表記に変更
  • 宗教:
  • 20世紀末は、世界中で世界宗教の復活が起こる。
    • <左図>世界の主な宗教信者数の分布
    • 大きな変化:
      • 「非宗教」「無神論」の増加
      • 中国の人口は民間宗教から非宗教に区分
      • 世界の人口増加。西欧のキリスト教徒は26.9%/1900 から30%/1980へ、さらに25%/2025へと減るとの予測。
        一方、イスラム教徒は12.4%/1900 から18%/1980 さらに30%/2025へと増えるとの予測
        • 長期的にはイスラム教が勝利する。キリスト教は主として改宗により広がるが、イスラム教は改宗と人口増加に依る。
    • その原因:
      • 社会心理学的には、人々は他人と異なる点によって他人と区別することで自らを定義するという区別の理論がある。人々は自分たちはこれこれでないこということで同一性を確認する。(女性の心理学者は、大勢の女性の中では心理学者であり、大勢の男性の中では女性である。)
      • ますますグローバル化する世界にあって、文明的、社会的、倫理的な自意識の悪化が見られる。
  • Top
  • Responses to the impact of the West:
  • Modernization does not necessarily mean Westernization.
    Nonwestern societies can modernize and have modernized without abandoning their own cultures and adopting wholesale Western values, institutions, and practices.
    • The rejectionist would remain at Point A;
    • The Kemalist (Mustafa Kemal Ataturk) would move along the diagonal to Point B;
    • The reformer would move horizontally toward Point C
    • Egypt and Africa have moved toward Point D through a painful process of cultural Westernization without technical modernization.
    • In the early phases, Westernization promoted modernization. But in the later phases modernization promotes de-Westernization and the resurgence of indigenous culture. (Point E) Modernization enhances the economic, military, and political power as a whole and encourages the people to have confidence in their culture.
    • Chinese adapted Buddhism or imported Christianity, , but Chinese culture remained Chinese.
    • Muslim Arabs received Hellenic inheritance, but disregarded all elements in the Greek that would conflict with Koranic norms.
    • Japan imported Chinese culture in 7C, but assimilated useful ones.
  • 西欧の影響に対する反応:
  • 近代化は必ずしも西欧化を意味しない。非西欧社会も、自分の文化を捨てて、成功の価値観、制度ややり方を採用することなく近代化できるし、実際そうしてきた。
    (左図参照)
    • 西欧化の拒絶はA点に留まる。
    • トルコのケマル・アタチュルクは、対角線に移動し点に至る。
    • 改革者は水平に移動し点に至る。
    • エジプトとアフリカは点に移動する。これは文化的には西欧化の苦しみを味わうものの技術的な近代化は達成されない。
    • 初期においては、西欧化は近代化を促進する。しかし後期になると近代化はむしろ脱西欧化を促し独自の文化の復興をもたらす(点)近代化は全体として経済的、軍事的、政治的権力を増加させ、人々がますます自分の文化に対する革新を持つようになる。
    • 中国は仏教を取り入れ、キリスト教を輸入したが、中華文化は中華のままである。
    • イスラム教のアラブはヘレニズム文化を受け取ったがコーランの規律と矛盾しそうなギリシャ的要素は無視した。
    • 日本は7世紀に中華文化を輸入したが、自らの文化と同化させた。

>Top

2. Shifting Balance of Civilization:

  • Western Power: Dominance & Decline:
    The West's victory in the Cold War has produced not triumph but exhaustion. The West is increasingly concerned with its internal problems: slow economic grow, stagnating populations, unemployment, huge government deficits, a declining work ethic, low savings rates, social disintegration: drugs and crime.
  • The decline of the West has three major characteristics.
    • First, it is a slow process. The rise of Western power took 400 years. Its recession could take as long.
      • Economic growth and other increases often proceed along an S curve: a slow start then rapid acceleration followed by reduced rates of expansion and leveling off. The decline of countries may also occur along a reverse S curve. The decline of the West is still in the slow first phase, but at some point it might speed up dramatically.
    • Second, decline does not proceed in a straight line. 1910-1945 Europe was divided against itself. In 1945 US briefly dominated the world.
    • Third, power of a state is estimated by measuring the resources it has against those of the other states. The West's share of most, but not all, of the important power resources peaked early in 20c and then began to decline relative to those of other civilization.
  •  
    Western
    Islamic
    Sinic
    Hindu
    Ortho
    Territory (sq.km) 1993
    33M
    29M
    10M
    3M
    19M
    %
    24
    21
    8
    2
    14
    Population
    (M) 1993
    805
    928
    1,341
    916
    261
    (%) 1971
    14
    13
    23
    15
    10
    (%) 2025
    10
    19
    21
    17
    5
    Economics
    (%) 1950
    64
    3
    3
    4
    16
    (%) 1992
    49
    11
    10
    4
    6
    Soldiers
    (%) 1970
    27
    10
    25
    7
    25
    (%) 1991
    21
    20
    26
    5
    14
    In 1919 (the Treaty of Versailles) Woodrow Wilson, Lloyd George, and Georges Clemenceau together virtually controlled the world. Sitting in Paris, they determined what countries would exist and which would not, and the Middle East and other parts of the world would be divided up.
    • 100 years later, no small group of statesmen will be able to exercise comparable power.
  • A distinction exists, Joseph Nye has argued, between "hard power," and "soft power."
    • Hard power; to command resting on economic and military strength.
    • Soft power; the ability of a state to get "other countries to want what is wants.
  • As Western power declines, the ability of the West to impose Western concepts of human rights, liberalism, and democracy on other civilizations also declines.
    • The link between power and culture is almost universally ignored by those who argue that a universal civilization.
  • Indigenization has been the order of the day throughout the nonwestern world in 1980s and 90s.
    • The resurgence of Islam and "re-Islamization" are the central themes in Muslim societies.
    • In India the prevailing trend is the rejection of Western forms and values and the "Hisduization" of politics and society.
    • In East Asia, governments are promoting Confucianism, and "Asianization" of their countries.
    • Russia again became a "torn" country with the reemergence of the classic struggle between Westernizers and Slavophiles.

2.文明の均衡移動:

  • 西欧の力:その支配と衰退:
    冷戦における西欧の勝利は、勝利の凱旋ではなく、消耗をもたらした。西欧はますますその内部問題に関わるようになった。即ち、経済の低成長、人口の停滞、失業、巨大な財政赤字、労働倫理の低下、低貯蓄率、社会的分解、麻薬や犯罪。
  • 西欧の衰退の3つの主要な特徴:
    • 第一は、緩慢な変化。西欧の興隆には400年を要した。その退潮も同じような時間を要するかもしれない。
      • 経済成長やその他の増加はしばしばS字曲線を描く。最初は緩慢、その後急激な加速を生じ、やがて成長率が鈍化し、頂点で安定する。国家の衰退も同じように逆S字曲線に沿って変化すると思われる。西欧の衰退は、まだ最初の緩慢な変化に過ぎないが、ある時点から劇的な変化が起こり得る。
    • 第二に、衰退は直線的には起こらない。1910-1945年は欧州は内部分裂していた。1945年に米国は一時的に世界を制覇した。
    • 第三に、国家の力は、他の国々に対応する資源量によって測られる。西欧のシェアは、そのほとんどが20世紀初頭に頂点を迎え、その後他の文明に比べて相対的に衰退し始めた。
      (左表参照)
  • 1919年(ベルサイユ条約)ではW.ウイルソン、L.ジョージ、G.クレメンソーは実質的に世界を管理した。パリにおいて彼等はどの国が存在して、どの国が消滅するか、そして中東など世界の他の地域はどのように分割されるか決定した。
    • 100年後には、どんな政治家も少数で同じような権力を行使できない。
  • J.ナイによれば、ハードな力ソフトな力とに明確に区別できるという。
    • ハードな力:経済・軍事力による強制
    • ソフトな力:他の国々が欲しているものを与えられる力。
  • 西欧の力の衰退にともなって、他の文明における人権、自由主義、民主主義など西欧の概念を押しつける能力もまた衰退する。
    • 権力と文化との結びつきについては、普遍的文明論を論じる人達にはほとんど無視されている。
  • 土着化は、1980年代、90年代を通して非西欧世界の風潮であった。
    • イスラムの復活、あるいは「再イスラム化」はイスラム社会における中心的なテーマである。
    • インドでは、西欧の様式や価値観を拒否し、政治や社会の「ヒンズー化」が主要な傾向である。
    • 東アジアの国々では、政府は儒教化、および「アジア化」を進めている。
    • ロシアは再び分裂的な国家となり、西欧化かスラブ化かという古典的な闘争が再来した。
  • Top
  • La revanche de Dieu:
  • The second half of 20C proved; economic and social modernization became global in scope, and at the same time a global revival of religion occurred. This revival, la revanche de Dieu, Gilles Kepel termed it, has pervaded every continent, every civilization, and virtually every country.
    • The religious resurgence involved people returning to, reinvigorating, and giving new meaning to the traditional religion of their communities.
    • The ubiquity and relevance of religion has been dramatically evident in former communist states. Filling the vacuum left by the collapse of ideology, religious revivals have swept through these countries from Albania to Vietnam.
    • How can this global religious resurgence be explained?
      • People move form the countryside into the city, become separated from their roots, and take new jobs or no job. They interact with large numbers of strangers and are exposed to new sets of relationships. They need new sources of identity, new forms of stable community, and new sets of moral precepts to provide them with a sense of meaning and purpose. Religion, both mainstream and fundamentalist, meets these needs.
      • In times of rapid social change established identities dissolve, the self must be redefined, and new identities created. Who am I? Where do I belong? Religion provides compelling answers, and religious groups provide small social communities to replace those lost through urbanization.
      • By and large they do not reject urbanization, industrialization, development, capitalism, science, and technology. In this sense they are not antimodern. But they are unreceptive to the idea that they be Westernized. Religion is the motor of development, and a purified Islam will play a role in the contemporary era comparable to that of the Protestant ethic in the history of the West.
      • Islamic fundamentalist movements have been strong in the more advanced and seemingly more secular Muslim societies, such as Algeria, Iran, Egypt, Lebanon, and Tunisia. The activists in Islamic fundamentalist groups are not, as Kepel points out, aging conservatives or illiterate peasants.
      • "We will be modern but we won't be you."
        Reaffirmation of Islam means the repudiation of European and American influence upon local society, politics, and morals. In this sense, the revival of nonwestern religions is the most powerful manifestation of anti-Westernism in nonwestern societies. (termed as "Westoxification"
  • 神の報復:
  • 20世紀の後半は、経済および社会の近代化はグローバルな広がりを持ち、同時に宗教もグローバルな復活が起こった。この復活は、G.ケペルに言葉によれば、「神の報復」があらゆる大陸、あらゆる文明、あらゆる国で広がっている。
    • 宗教的な復活は、人々を再び鼓舞し、彼等の伝統的な地域に新しい意味を与える。
    • 以前の共産圏諸国では宗教の普遍性と関連性が劇的である。イデオロギーの崩壊に伴う真空を埋めて、アルバニアからベトナムに至る国々では宗教の復活が起こった。
    • ではこの世界的な宗教復活はどのように説明できるのか?
      • 人々は地方から都市へと流入し、自らのルーツから離され仕事か、あるいは仕事そのもののない者もいる。彼等は、大勢の見知らぬ人々と関わり、新たな関係に晒される。彼等はアイデンティティの新たな源泉、安定したコミュニティ、そして意味や目的を与えてくれる新たな倫理基準を求める。宗教は、主流派も原理主義者もこれらの需要を満たす。
      • 社会が急激に変化するとき、既存のアイデンティティは崩壊し、自分自身を再定義し、新たなアイデンティティを作らなければならなくなる。自分は何者なのか?どこに属するのか?宗教はこれらへの思わず引き込まれる回答を用意し、宗教グループは都市化に伴って失った小さなコミュニティを提供する。
      • 大体において、彼等は都市化、工業化、開発、資本主義、科学技術を拒絶するものではない。従って、反近代化という訳でもない。しかし西欧化されるべきであるという考えは受け入れない。宗教は発展の原動力であり、純粋なイスラムは、西欧の歴史におけるプロテスタントの現代版に相当する。
      • イスラム教の原理主義運動はイスラム社会でも特に発展した地域に特有である。アルジェリア、イラン、エジプト、レバノンそいてチュニジアである。イスラム原理主義者グループの活動はケッペルによれば、保守的な高齢者や文盲の農民などには起こっていない。
      • 近代化は求めるが、あなたと同じやり方ではない。イスラムの度重なる主張は地元の社会、政治、倫理における欧米の影響を拒絶することを意味する。この意味で非西欧的な宗教の復活は、非西欧社会における非西欧主義の強烈な宣言である。(西欧禍論
  • >Top
  • The Islamic Resurgence:
  • While Asians became increasingly assertive as a result of economic development, Muslims in massive numbers were simultaneously turning toward Islam as a source of identity, meaning, stability, legitimacy, development, power, and hope epitomized in the slogan "Islam is the solution."
    • Saudi officials; foreign imports are nice as shiny or high-tech things, but intangible social and political institutions imported from elsewhere can be deadly...Islam is not just a religion but a way of life.
    • In its political manifestations, the Islamic Resurgence bears some resemblance to Marxism, with scriptural texts, a vision of the perfect society, commitment to fundamental change, rejection of the powers.
    • A more analogy is the Protestant Reformation. Both are reactions to the stagnation and corruption of existing institutions; advocate a return to a purer and more demanding form of their religion. Both are also complex movements, with diverse strands, but two major ones, Lutheranism and Calvinism, Shi'ite and Sunni fundamentalism, and even parallels between John Calvin and Ayatollah Khomeini.
    • To ignore the impact of the Islamic resurgence on Eastern Hemisphere politics in the late 20C is equivalent to ignoring the impact of the Protestant Reformation on European politics in the late 16C.
    • A central element of Islamization was the development of Islamic social organizations; "religious-welfare-state-within-the-secular-state", cradle-to-grave services for the entire country through an elaborate network of schools, clinics, hospitals, and university-level institutions.
    • In most countries fundamentalists winning control of student unions was the first phase in the process of political Islamization, in 1970s in Egypt, Pakistan, and Afghanistan, and then moving on to other Muslim countries.
    • Urban middle-class people; merchants, traders, bazaaris, played a crucial role in the Iranian revolution and provided significant support to fundamentalist movements in Algeria, Turkey, and Indonesia. Islamist activists probably include a disproportionately large number of the best-educated young people, including doctors, lawyers, engineers, scientists, teachers, civil servants.
    • With only occasional exceptions, liberal democrats were unable to achieve sustained popular support in Muslim societies, and even Islamic liberalism failed to establish roots. This failure has its source at least in part in the inhospitable nature of Islamic culture and society to Western liberal concepts.
    • Governments expanded religious education in state-controlled schools, which often came to be dominated by Islamist teachers and idears, and expanded their support for religion and religious educational institutions.

  • The proportion of youth (15-24 years) in major Muslim countries rose significantly and began to exceed 20% of the total population. The youth bulge peaked in 1970s and 1980s.
    • Population %
      Age 15-24
      1970 1980 1990
      2000
      2010
      2020

      Muslim countries

      18
      20
      20
      20
      19
      18
      USA
      18
      19
      15
      13
      14
      12
      Russia
      17
      18
      13
      15
      13
      12
      Europe
      15
      16
      15
      12
      12
      10
      Iranian revolution occurred in 1979.
    • In 1970s Soviet Union; Muslim increasing by 24% while Russians by 6.5%
    • Rapid expansion of literacy in Arab societies also creates a gap between a literate younger generation and a largely illiterate older generation.
  • イスラムの復活:
  • アジアが経済発展の結果ますます肯定的になっているのと対照的に、イスラム圏のますます多くの国はイスラム教をアイデンティティ、意味、安定、正当性、発展、権力および希望の源泉として「イスラムこそが解決する」といるスローガンになった表れている。
    • サウジの官僚曰く、外国からの輸入はぴかぴかでハイテクの物資はいいが、見えない社会や政治制度を外国から輸入することなど全く考えられない。イスラムは単なる宗教ではなく生活のやり方である。
    • 政治宣言においては、イスラムの復活はマルクス主義とある面では似ている。その書かれた文章、完全な社会への展望、徹底した変化への約束、権力の拒絶などである。
    • もっと似ているのはプロテスタント改革である。両方とも既存の制度の停滞や崩壊に対する反動であった。彼等の宗教に対するもっと純粋で原理的な形式への復古である。両方とも複雑な運動、多様な分派を生んだが、その主な流れはルーター派とカルビン派であり、シーア派とスンニー派の原理主義である。それらはそれぞれジョン・カルビンとアヤトラ・ホメイニに連なる。
      • 20世紀末の東半球におけるイスラムの復活のインパクトを無視することは、16世紀末における欧州の政治におけるプロテスタント改革を無視することに通じる。
      • イスラム化の中心課題は、イスラム教の社会組織を発展させることである。それは「現世国家における宗教的福祉国家」であり、全国規模での学校、病院、大学レベルの研究機関の精緻なネットワークを通じた「ゆりかごから墓場」である。
      • 多くの国では、学生自治会をコントロールしている原理主義者は政治的なイスラム化の第一段階である。1970年代にはエジプト、パキスタン、アフガニスタンに始まり、他のイスラム国に伝搬した。
      • 都市の中産階級、商人、貿易商、バザール商店主達がイスラム革命では重要な役割を果たし、アルジェリア、トルコ、インドネシアでの原理主義者の活動を支援した。イスラムの活動家はその多くのメンバーを高学歴の若者、医者、法律家、技術者、科学者、教師、役人などに偏っている。
      • 時折の例外を除いて、社会民主主義者はイスラム社会では民衆の支持を得ることはできていない。イスラムの自由主義者もその基盤を確立できていない。これらの失敗はある部分イスラムの文化や社会が西欧の自由主義的な概念と相容れない点に起因している。
      • 政府は国立の学校における宗教教育を拡充した。それはしばしばイスラムの教師や理想家が主導権を握り、宗教や宗教的な教育機関への支援を拡大した。
  • <左表>主なイスラム諸国の若者の年齢構成(12-24歳)が高く、全人口の20%を超えている。若者人口の膨張は1970年代と80年代に頂点に達した。
      • イラン革命は1979年。
      • 1970年代を通じて、ソ連では、イスラム教徒が24%増加したのに対し、ロシア人は6.5%の増加であった。
      • アラブ社会における識字率の急激な拡大は、識字能力のある若い世代と文盲率の高い年寄り世代との差を作り出した。(左図参照)

>Top

3. Emerging Order of Civilizations:

  • Grouping for Groupings:
    Peoples and countries with different cultures are coming apart. Alignment defined by ideology and superpower relations are give way to alignments defined by culture and civilization.
    • In Europe, Austria, Finland, and Sweden, culturally part of the West, had to be divorced from the West and neutral during the Cold War; they are now able to join their cultural kin in EU.
    • Catholic and Protestant countries in the former Warsaw Pact, Poland, Hungary, Czech, and Slovakia are moving toward in EU and in NATO, and the Baltic states are in line behind them.
    • In the Balkans, Greece and Turkey were in NATO, Bulgaria and Romania were in the Warsaw Pact, Yugoslavia was nonaligned, and Albania isolated. Now these alignments are giving way to civilizational ones rooted in Islam and Orthodoxy.
    • In the former Yugoslavia, Russia backs Orthodox Serbia, Germany promotes Catholic Croatia, Muslim countries rally to the support of Bosnian Muslims and Albanian Muslims.
    • In the former Soviet Union, Orthodox Belarus, Moldova, and Ukraine gravitate toward Russia. Muslim former soviet republics work to develop various forms of economic and political association and expand their ties with their Muslim neighbors.
    • In the Subcontinent, India and Pakistan remain at loggerheads over Kashmir.
    • In Southeast Asia, the three lesser Chinas; Taiwan, Hong Kong, and Singapore and overseas Chinese communities become increasingly oriented and dependent on the mainland. The two Koreas move hesitatingly toward unification.
    • In Latin America, economic associations - Mercosur, Andean Pact, Tripartite Pact, Central American Common Market - economic integration proceeds faster and further when it is based on cultural commonality.
  • Why should cultural commonality facilitate cooperation and cohesion?
    The civilizational "us" and the extracivilizational "them" is a constant in human history.
    1. feelings of superiority (or inferiority) toward people who are perceived as being very different.
    2. fear of and lack of trust in such people
    3. difficulty of communication; difference in language
    4. lack of familiarity with assumptions, motivations, social relationships.
  • Culture & Economic Cooperation
    The relation of culture to regionalism is clearly evident with respect to economic integration. From least to most integrated, the four recognized levels of economic association among countries are:
    1. free trade area
    2. customs union
    3. common market
    4. economic union
  • ASEAN (Association of South-East Asian Nations, 1967) is often cited as an example of an effective multicultural organization. It is, however, an example of the limits of such organizations. ASEAN was from the beginning designed to achieve "economic cooperation rather than economic integration." This was a place of collective talk not collective action.
  • EAEC (East Asian Economic Caucus); promoted by Mahathir Mohammad of Malaysia. Mahathir argues that the EAEC is rooted in a common culture, not just as a geographical group. Japan, however, was reluctant to enlist in the EAEC, in part for fear of offending US and in part because whether it should identify itself with Asia.
    • Japan as a culturally lone country could have an economically lonely future....
      No other country shares its distinct culture, and Japanese migrants are either not numerically significant in other countries or have assimilated to the cultures of those countries.

3.文明秩序の興隆:

  • グループのためのグループ:
    異なる文化をもつ人々や国は離れる。イデオロギーや超大国との関連での連携は文化や文明による連携に取って替わる。
    • 欧州では、オーストリア、フィンランド、スウェーデンは文化的には西欧の一部だったが、冷戦の間は西欧から離れ中立を維持していた。今や文化的に近いEUに加盟した。
    • 以前のワルシャワ条約国のカトリックとプロテスタント教国のポーランド、ハンガリー、チェコ、スロバキアはEUやNATOに傾斜し、バルト3国もそれに続いている。
    • バルカン諸国では、ギリシャ、トルコはNATO加盟国で、ブルガリアとルーマニアはワルシャワ条約国で、ユーゴスラビアは非同盟、アルバニアは孤立であった。これらの提携はイスラムはロシア正教起源の文明に取って替わられた。
    • 以前のユーゴスラビアは、ロシアが支援するロシア正教のセルビア、ドイツが支援するカトリックのクロアチア、イスラム諸国が支援するボスニアやアルバニアのイスラム教徒に分かれた。
    • 以前のソ連は、ロシア正教のベラルーシ、モルドバ、ウクライナはロシアに引かれ、イスラム教の共和国は周辺のイスラム諸国との様々な政治経済的連携を広げている。
    • インド亜大陸では、インドとパキスタンはカシミールを巡って紛争中
    • 東南アジアでは、中国系の台湾、香港、シンガポールや華僑コミュニティはますます大陸に依存しつつある。2つの朝鮮もためらいながらも統一に向けて動き出した。
    • ラテンアメリカでは、メルコスル、アンデス条約、三国条約、中米経済統合条約などの経済統合は文化の共通性をベースに推進
  • なぜ文化の共通性が協力や統合を推進するのか?
    文明化した"我々"と、文明外の"彼ら"とは、歴史の常道であった。
    1. 非常に異なると見なされる人々に対する優越感(あるいは劣等感)の意識
    2. これらの人々の間の信頼の欠如
    3. コニュニケーションの困難性、言語の違い
    4. 主張、動機、社会関係における親密性の欠如
  • 文化および経済協力:
    文化の地域主義への関係は経済統合に関して明快である。統合の程度は、薄い関係から濃い関係まで以下の4形態:
    • 自由貿易地域
    • 関税統合
    • 共通市場
    • 経済統合
  • ASEANは、多文化の組織の例として有名。しかしその限界の例でもある。ASEANは最初から経済統合よりも経済協力の実現を目指した。これは「集団的な行動」というより「集団的な協議」の場である。
  • EAEC(東アジア経済協議体):マレーシアのM.マハティール首相が推進。EAECは地域のグループというより共通の文化を基礎としている。しかし日本はEAECの一員と見なされることに躊躇。それは米国への気兼ねと日本自身がアジアの一員たり得るのかという理由による。
    • 日本は文化的に孤立していることが、将来経済的孤立もあり得る。他のどの国とも明らかな文化的共通性がなく、日本人移民もそれほど多くなく、かつ現地の文化に同化してしまっている。

ISLAM: Consciousness without cohesion:

  • Western loyalties tend to peak in the middle, the loyalty intensity curve forming in some measure an inverse U. In the Islamic world, the structure of loyalty has been almost exactly the reverse. Islam has had a hollow middle in its hierarchy of loyalties. The two fundamental structures have been the family, the clan, and the tribe on the one hand, and the unities of culture, religion, and empire on an ever-larger scale on the other.
  • The founder of Saudi Arabia succeeded in creating a tribal coalition through marriage and other means; a largely tribal politics pitting Sudairis against Shammars and others.
  • In Central Asia, the loyalty was to the tribe, clan, and extended family, not to the state. People did have language, religion, culture, and life styles in common, and Islam was the strongest uniting force among people.
  • As a revolutionary movement, Islamist fundamentalism rejects the nation state (product of European imperialism) in favor of the unity of Islam.
  • Modern communications have strengthened and elaborated the ties among Muslim peoples. There has been a steep growth in the numbers who make the pilgrimage to Mecca, creating a more intense sense of common identity among Muslim.
  • Muslim unity:
    • Arab League, 1945: at the time was dominated by Nasser
    • OIC (Organization of the Islamic Conference, 1971); established with a headquarters in Jiddah.
    • PAIC (Popular Arab and Islamic Conference, 1991): in Khartoum, created by Sudanese leader Hassan al-Turabi
    • World Muslim Congress; a Pakistani creation
    • Muslim World League: a Saudi creation

イスラム:統一なき自覚

  • 西欧的忠誠心は中央部分に頂上があり、忠誠度の曲線は逆の字を描く。イスラム世界では、忠誠度の構造はまったくその反対である。イスラムでは、忠誠度の中央部分がへこんでいる。二つの基本的な構造とは、まず家族、一族、部族が一方にあり、文化、宗教、帝国の統合がもう一方にある。
  • サウジアラビアの創始者は結婚などの手段を通じて部族連合を作ることに成功した。スデイリ族をシャマール族等に対抗させる部族政治をおこなった。
  • 中央アジアでは、忠誠は部族、一族や拡張家族であって国家に対してではない。人々は共通の言語、宗教、文化、生活スタイルを持ち、イスラム教は人々を結合する最も強い力である。
  • 革命運動としてのイスラム原理主義は欧州帝国主義の生産物である国民国家を否定し、イスラムの統一を目指す。
  • 近代的なコニュニケーションはイスラムの人々の結びつきを強めた。メッカ巡礼者の数は急増し、イスラム教の間同一意識がより強められる結果となった。
  • イスラムの連帯:
    • アラブ連盟:1945年。当時のナセル大統領が支配。
    • イスラム諸国会議機構:OIC,1971年
      ジェッダに本部を置く。
    • アラブ・イスラム国民会議(PAIC):スーダンのハッサン・アルツラビがハルツームに創設
    • 世界ムスリム会議:パキスタンが創設
    • ムスリム世界連盟:サウジが創設
  • Top
  • Religous-political leadership:
  • the "caliphate" and the "sultanate":
    • Rapid 7C Arab conquest of North Africa and Middle East, culminated in the Umayyad caliphate with its capital in Damascus.
    • 8C Baghdad-based, Persian-influence Abbasid caliphate, with secondary caliphates emerging in Cairo and Cordoba in 10C.
    • Ottoman Turks swept across the Middle East, capturing Constantinople in 1453 and establishing a new caliphate in 1517. Turkic people invaded India and founded the Mogul empire.
    • The rise of the West undermined both the Ottoman and Mogul empires, and left Islam without a core state. Its territories were divided among Western powers. The absence of an Islamic core state is a major contributor to the pervasive internal and external conflicts.
      • Indonesia; the largest Muslim country, growing rapidly economically, but located on the periphery of Islam.
      • Egypt; a large population, strategically important location, and the leading institution of Islamic learning, Al-Azhar University, but poor and dependent on US.
      • Iran; size, central location, historical traditions, oil resources, and middle level of economic development. But 90% of Muslims are Sunni and Iran is Shi'ite. Persian is a distant second to Arabic as the language of Islam.
      • Pakistan; size, population, and military powers, but poor and suffers serious internal ethnic and regional divisions, a record of political instability.
      • Saudi Arabia; the original home of Islam, its language is Islam's language; it has the largest oil reserves and resulting financial influence. On the other hand, its relatively small population, dependent on the West for its security.
      • Turkey; has the history, population, middle level of economic development and military tradition. So long as Turkey continues to define itself as a secular state, leadership of Islam is denied it.
  • 宗教的政治のリーダシップ:
  • カリフ統治とスルタン統治
    • 7世紀のアラブによる北アフリカ、中東の急激な征服。ウマイヤ朝カリフ統治の全盛時代。首都ダマスカス。
    • 8世紀バグダッド中心にペルシャの影響のアッバース朝カリフ統治。10世紀には、その派生のカリフ統治がカイロとコルドバに出現。
    • オスマントルコが中東を席巻し、1453年にコンスタンチノープルを攻略し、1517年に新しいカリフ統治を確立。トルコ民族はインドを侵略し、ムガール帝国を設立。
    • 西欧の興隆によってオスマン帝国とムガール帝国が衰退し、イスラムでは中核国家がなくなった。その領土は西欧によって分割された。イスラムの中核国がないことが内部や外部との絶えざる抗争の原因である。
      • インドネシア:最大のイスラム国で、経済も急成長しているが、イスラムの周辺に位置する。
      • エジプト:人口多く、戦略的にも重要な位置、またアル・アジャール大学などイスラム教育の中心であるが、貧困で米国に依存。
      • イラン:国土の規模、中央の位置、歴史的伝統、石油資源、中程度の経済発展である。イスラムの90%はスンニ派であるが、イランはシーア派である。ペルシャ語はイスラムの言語としてはアラビア語に遠く及ばない。
      • パキスタン:国土の規模、人口、軍事力はあるが、貧困で内部に民族・地域分割問題を抱え、慢性的に政治不安あり。
      • サウジアラビア:イスラムの故郷、そこの言語がイスラムの言語。最大の石油資源とそれによる財政力がある。他方、人口が少なく、防衛を西欧に依存
      • トルコ:歴史、人口、中程度の経済発展、軍事的伝統あり。トルコが俗世の国家と自認する限りはイスラムのリーダシップは取れない。

>Top

4. Clashes of Civilizations:

  • Western Universalism:
    At the macro level, the dominant division is between "the West and the rest."
    What is universalism to the West is imperialism to the rest. The west is attempting to integrate the economies of non-Western societies into a global economic system which it dominates.
    Non-Westerners point to the gaps between Western principle and Western action. Hypocrisy, double standards, and "but nots" are the price of universalist pretensions. Double standards in practice are the unavoidable price of universal standards of principle.
    • Democracy is promoted but not if it brings Islamic fundamentalist to power;
    • Nonproliferation is preached for Iran and Iraq but not for Israel;
    • Free trade is the elixir of economic growth but not for agriculture;
    • Human rights are an issue with China but not with Saudi Arabia;
    • Aggression against oil-owning Kuwait is massive repulsed but not againt non-oil-owning Bosnians.
    • With the challenger civilization, Islam and China, the West is likely to have consistently strained and often highly antagonistic relations. Its relations with Latin America and Africa will involve much lower levels of conflict. The relations of Russia, Japan, and India to the West are likely to fall between those of the other two groups.
  • Weapons proliferation is where the Confucian-Islamic connection has been most extensive and most concrete, with China playing the central role in the transfer of both conventional and nonconventional weapons to many Muslim states; Pakistan, Iran, and Iraq.
    • Nuclear Nonproliferation Treaty:
    • Human rights and Democracy:
      Almost all non-Western civilizations were resistant to this pressure from the West. These included Hindu, Orthodox, African, and in some measure even Latin American countries. The greatest resistance came from Islam and Asia.
    • Immigration:
      The influx of migrants to Western societies has approached in absolute numbers 19C Western emigration. In 1990 20M immigrants were in US, 15.5M in Europe, 8M in Australia and Canada. The new immigrants came overwhelmingly from non-western societies. As a result, Westerners increasingly fear that they are now being invaded not by armies and tanks but by migrants who speak other languages, worship other gods, belong to other cultures. By the early 1990s 2/3 of migrants in Europe were Muslim. In France, the word "immigre" is virtually synonymous with Islam. Immigration is a major issue in the parliamentary elections.
      • The treat to Europe of "Islamization" will be succeeded by that of "Africanization."
      • While Muslims pose the immediate problem to Europe, Mexicans pose the problem for the US. Assuming continuation of current trends and policies, the American population will change dramatically in 2025, becoming almost 50% white and 25% Hispanic. As in Europe, changes in immigration policy could change these projections
  • Fault Line conflicts:
    The clash of civilizations is tribal conflict on a global scale.
    • "Cold peace", Boris Yeltsin warned, could be the future of relations between Russia and the West. Other intercivilizational relations could approximate a condition of "cold war." The term la guerre fria was coined by 13C Spaniards to describe their "uneasy coexistence" with Muslims in the Mediterranean, and in 1990s many saw a "civilizational cold war" again developing between Islam and the West.
    • Cold peace, cold war, trade war, quasi war, uneasy peace, troubled relations, intense rivalry, competitive coexistence, arms races; the most probable descriptions of relations between different civilizations. Trust and friendship will be rare.

4.文明の衝突:

  • 西欧の普遍性:
    マクロレベルでは、主たる分裂は「西欧とそれ以外」というものである。
    西欧にとって普遍主義は、それ以外にとっては帝国主義である。西欧は、非西欧社会の経済を西欧が支配するグローバル経済体制に組み込もうとしている。
    非西欧社会は西欧の原則とその行動との乖離を指摘する。即ち、偽善、ダブルスタンダード、例外は普遍主義を唱える場合の代償である。実践におけるダブルスタンダードは普遍的な原則を行う場合に避けられない代償である。即ち、
    • 民主主義は推進すべきだが、イスラム原理主義が権力を握るのは困る。
    • イラン、イラクへ核拡散するのは困るがイスラエルは別だ。
    • 自由貿易は経済成長にとって欠かせないが農業は別だ。
    • 人権問題は中国に関しては問題だが、サウジアラビアに対しては別だ。
    • 石油のあるクウェートへの侵略には大撃退するが、石油の出ないボスニアに対してはそれほどでもない。
    • 文明への挑戦者としてイスラムと中国に対して西欧は常に緊張し、しばしば極度に対立関係となるが、これがラテンアメリカやアフリカとなるとそれほどの対立とはならない。またロシア、日本、インドに対しては、西欧としてはこれらの2グループの中間の扱いとなる。
  • 武器拡散に関しては、儒教国とイスラム国の連携が最も広範かつ具体的に行われてきた。即ち、特に中国はパキスタン、イラン、イラクなど多くのイスラム国への通常兵器および非通常兵器の供与で中心的役割を果たしてきた。
    • 核不拡散条約:
    • 人権問題と民主主義:
      ほとんどの非西欧文明は西欧からのこの圧力に抵抗してきた。ヒンズー教、ロシア正教、アフリカや一部のラテンアメリカの国々である。最大の抵抗はイスラムとアジアである。
    • 移民:
      西欧社会への移民の流入は19世紀の西欧への移民の絶対数に匹敵する。1990年には、米国へ2000万人、欧州へ1550万人、豪州・カナダへ800万人となった。新たな移民は圧倒的に非西欧社会からである。結果として西欧としては、軍隊や戦車によってではなく他の言語を話し、他の神々を信仰し、他の文化に属する移民によって侵略されていると恐れるようになった。1990年代までに欧州の2/3の移民はイスラム教徒である。フランスでは「移民」とは実質イスラム教徒と同義語である。移民の流入問題は選挙の最大の争点となっている。
      • 欧州のイスラム化に続くのはアフリカ化である。
      • イスラムが欧州にもたらす問題は、メキシコが米国にもたらす問題に相当する。現在の傾向が続くと、2025年には米国の人口構成は50%の白人と25%にヒスパニック系となる。欧州に置いては、移民政策が変化するのでこのような予測は難しい
  • 断層に沿っての衝突:
    文明の衝突は地球規模での民族紛争である。
    • B.エリツィン曰く、ロシアと西欧との間の将来の関係は「冷たい平和」であると警告。他の文明間の関係は冷たい戦争の状態である。「もろい戦争」とは13世紀のスペインが地中海におけるイスラムとの「不安な共存」を表現した。1990年代には多くの「文明の冷戦」がイスラムと西欧との間で見られるようになった。
    • 冷たい平和、冷たい戦争、貿易戦争、疑似戦争、不安な平和、紛争状態、緊張対立、競争的共存、軍拡競争などは異なる文明の関係をうまく表現している。信頼と友好関係は希有である。
  • Top
    Islam and the West:

    Some Westerners have argued that the West does not have problems with Islam but only with violent Islamist extremists. 400 years of history demonstrate otherwise. The relations between Islam and Christianity, both Orthodox and Western, have often been stormy. The 20C conflict between liberal democracy and Marxist-Leninism is only a fleeting and superficial historical phenomenon compared to the continuing and deeply conflictual relation between Islam and Christianity.
    • The early 7C to the middle 8C established Muslim rule in North Africa, Iberia, Middle East, Persia, and northern India.
    • For 200 years the lines of division between Islam and Christianity stabilized.
    • The late 11C, Christians reasserted control of the western Mediterranean, conquered Sicily, and captured Toledo. In 1095 Christendom launched the Crusades to establish Christian rule in the Holy Land in the Near East.
    • Ottoman Turks appeared on the scene, first weakened Byzantium and then conquered much of the Balkans as well as North Africa, captured Constantinople in 1453, and besieged Vienna in 1529.
    • By 15C, the Christians gradually recovered Iberia; Granada in 1492. Meanwhile European innovations in ocean navigation enable the Portuguese and then others to circumvent the Muslim heartland and penetrate into the Indian Ocean and beyond.
    • Simultaneously the Russians brought to an end 200 year of Tatar rule. The Ottomans subsequently made one last push forward, besieging Vienna again in 1683. Their failure there marked the beginning of a long retreat; Orthodox peoples in Balkans to free themselves from Ottoman rule, the expansion of the Hapsburg Empire, and the dramatic advance of the Russians to the Black Sea and the Caucasus.
    • At the conclusion of World War I, Britain, France, and Italy administered the coup de grace and established their rule throughout the remaining Ottoman lands except for the territory of Turkish Republic.
    • By 1920 only four Muslim countries - Turkey, Saudi Arabia, Iran, and Afghanistan - remained independent of some form of non-Muslim rule.
    • In 1920s and 30s and aftermath of World War II the retreat of Western colonialism.
    • n 1989, the collapse of the Soviet Union brought independence of 6 Muslim countries.
  • The conflict also stemmed, however, from their similarities.
    • Both are monotheistic religions, which, unlike polytheistic ones, cannot easily assimilate additional deities, and which see the world in dualistic, us-and-them terms.
    • Both are universalistic, claiming to be the one true faith to which all humans can adhere.
    • Both are missionary religions believing to convert nonbelievers to that one true faith.
    • The parallel concept of "jihad" and "crusade" not only resemble each other but distinguish these two faiths from other major world religions.
  • The level of violent conflict has been influenced by demographic growth and decline, economic developments, technological change, and intensity of religious commitment.
    • Societal Cold War between the West and Islam:
      Barry Buzan saw that this development is partly to do with
      • secular versus religious values,
      • the historical rivalry betweeen Chirstendom and Islam,
      • jealousy of western power, and resentments over Western domination of the postcolonial political structuring of the Midel East,
      • the bitterness and humiliation of the invidious comparison between the accomplishments of Islamic and Western civilizations in the last two centuries
  • The relations between civilizations and their core states are complicated, often ambivalent, and they do change. Common interests, usually a common enemy from a third civilization, can generate cooperation between countries of different civilizations. Conflics also obviously occure within civilization, particularly Islam. The relatively simple bipolarity of the Cold War is giving way to the much more complex relationships of a multipolar world.

  • Kin countries and Diasporas:
    Diasporas and kin countries have been involved in every fault line war of 1990s: The most active have been the governments of Saudi Arabia, Pakistan, Iran, Turkey, and Libya, who have contributed varying degrees of support to Muslims fighting non-Muslims in Palestine, Lebanon, Bosnia, Chechnya, Transcaucasus, Tajikistan, Kashmir, Sudan, and the Philippines.
    • Barnett Rubin pointed out, the failure of international agencies or the West to provide significant aid to either Tajikistan or Afghanistan made the formaer totally dependent on the Russians and the latter dependent upon their Muslim civilizational kin.
    • Money, men, training, and weapons from Muslim countries: (Support form wealthy states of the ummah, Afgahn mujahedeen, and Jihad)
    • Bosnia and Herzegovina war has become the emotional equivanlent of the fight against fascism in the Spanish Civil War. The Yugoslav wars saw a similar mobilization of outside support by the West, Orthodox, Muslims on behalf of their civilizational kin.
      • The Spanish Civil War was a prelude to World War II. The Bosnian War is one more bloody episode in an ongoing clash of civilizations.
  • イスラムと西欧:
    西欧の一部の意見では、西欧はイスラムとは何ら問題ではない。問題なのは暴力的なイスラム過激派であると。400年の歴史はそうでないことを証明している。イスラム教とキリスト教(ロシア正教および西欧)の関係は激しいものだった。20世紀の自由民主主義とマルクルレーニン主義との闘いは、イスラム教とキリスト教との長く深い闘争関係に比べればつかの間の表面的な歴史の現象でしかなかった。
    • 7世紀始めから8世紀半ばにかけて北アフリカ、イベリア半島、中東、ペルシャ、北インドにおいてイスラムの原理が制覇。
    • 200年もの間、イスラム教とキリスト教との分割線は安定していた。
    • 11世紀末、キリスト教は西地中海を制覇し、シシリー島、トレドを占拠。1095年には十字軍を派遣し、中東の聖地におけるキリスト教支配を確立。
    • オスマントルコが登場し、まずビザンチン敵国を弱体化させ、その後バルカン半島、北アフリカを支配し、1453年にコンスタンチノープルを占領し、1529年にはウイーンを包囲。
    • 15世紀までに、キリスト教徒は徐々にイベリア半島を回復し、1492にはグラナダを奪還した。一方、大航海時代にはポルトガルやそれに続く諸国がイスラムの中心を迂回し、インド洋やさらに遠方に進出。
    • 同時にロシアは200年に亘るタタールの軛から脱却した。オスマントルコは、結果として最後の進出で1683年に再びウイーンを包囲した。そこでの心配が長い後退の始まりとなった。バルカン半島におけるロシア正教徒はオスマントルコから解放された。ハプスブルグ帝国が拡大し、ロシアは黒海とコーカサスに進出。
    • 第一次世界大戦の結果、英国、フランス、イタリーは、オスマントルコに最後の一撃を加え、トルコ共和国を除く全領土に支配を確立。
    • 1920年にはイスラム教国は、トルコ、サウジアラビア、イラン、アフガニスタンの4カ国だけが、非イスラムの支配から独立。
    • 1920年代、30年代および第二次世界大戦後は西欧の植民地は後退。
    • 1989年にソ連が崩壊し、6つのイスラム諸国が独立。
  • 衝突は、同質性からも生じる。
    • 双方とも一神教であって、多神教のように簡単のもう一つの神を同化することはできない。それはまた世界を二元的に、敵味方に分けて判断する。
    • 双方とも普遍的であって全人類が信奉すべき信仰と考える。
    • 双方とも、非信者を正しい信仰に改宗させることが義務と考える。
    • ジハードと十字軍という考えは互いに似ているだけでなく他の世界の宗教と区別される点でもある。
  • 暴力的な衝突のレベルは人口の増減、経済発展、技術の変化、および信仰の強さによって影響される。
    • 西欧とイスラムとの社会的な冷戦
      B.ブザン曰く、この展開は以下と関連している。
      • 世俗的価値と宗教的価値の対立
      • キリスト教とイスラム教の歴史的対立
      • 西欧の力に対するねたみ、植民地支配以降の中東の政治構造に対する西欧支配への反発
      • 過去2世紀に亘るイスラム文明と西欧文明と達成の比較による辛苦と屈辱
  • 文明およびその中心的な国家間の関係は複雑で、しばしば曖昧で変化さえする。それらは共通の利害、通常は第三の文明に対する共通の敵ということで異なる文明間での協力関係を築くことがある。衝突はまた、特にイスラムのように文明内部でも起こり得る。冷戦時代のような比較的単純な二極化から、今はずっと複雑な多極世界の関係が主流となった。(左図参照)
  • 血縁国家と離散民族:
    離散民族と血縁国家は1990年代の断層に沿った全ての戦争に関与している。最も積極的な政府はサウジアラビア、パキスタン、イラン、トルコ、リビアであり、これらはパレスに亜、レバノン、ボスニア、チェチェン、コーカサス、タジキスタン、カシミール、スーダン、フィリピンなどで非イスラムと闘うイスラムを様々な程度で支援してきた。
    • B.ルービン曰く、国際機関あるいは西欧がタジキスタンやアフガニスタンに対して主要な支援を行うことに失敗した結果、前者はロシアに、後者はイスラム文明に依存する結果となった。
    • イスラム諸国からの資金、人員、訓練、武器供与(ウンマ国家からの支援、アフガンのムジャヒデンおよびジハド)
    • ボスニア・ヘルツェゴビナ戦争は感情としては、ファシズムと闘うスペイン内戦に匹敵した。ユーゴスラビアの戦争は、西欧、ロシア正教、イスラムがそれぞれ自分の文明に近いグループを外部から支援を動員した。
      • スペイン内戦は第二次世界大戦の序章であった。ボスニア戦争は文明間の衝突の血生臭い一章となった。

>Top

5. Future of Civilizations:

  • As the civilizations's universal state emerges,its people become blinded by what Toynbee called "the mirage of immortality" and convinced that theirs is the final form of human society. (Roman Empire, Abbasid Caliphate, Mughal Empire, Ottoman Empire,.....)
    • Civilizations grow because they have an "instrument of expansion," that is, a military, religious, political, or economic organization that accumulates surplus and invests it in productive innovations.
    • Civilizations decline when they stop the "application of surplus to new ways of doing things. In modern terms we say that the rate of investment decreases."
    • The central issue for the West is whether it is capable of stopping and reversing the internal processes of decay.
      • The national motto: "e pluribus unum" (one out of many) - Political leaders were fearful of the dangers of racial, sectional, ethinic, economic, nad cultural divesity.
  • UN Security Council:
    The membership has consisted of the victorious major powers of World War II and bears a decreasing relationship to the reality of power in the world.
    • From a civilizational viewpoint, clearly Japan and India should be permanent members, and Africa, Latin America, and the Muslim world should have permanent seats, which could be occupied on a rotatin basis by the leading states of those civilizations.
    • British and french seats into a single EU seat, the rotating occupant of which would be slected by the Union.
    • Seven civilizations would thus each have one permanent seat and the West would have two.
      (US, EU, Russia, China, Japan, India, Muslim, Africa, Latin America)
  • Commonalities of Civilization:
    Multiculturalism at home thereatens US and the West; universalism abroad theatens the West and the world. Both deny the uniqueness of Western culture. The global monoculturalists want to make the world like America. The domestic multiculturalists want to make America like the world. A multiculutral America is impossible because a non-Western America is not American.

5.文明の未来:

  • 文明の普遍性が高じると、そこの人々はトインビーのいう「不滅の幻想」に盲目的となり、彼等の体制が人類にとって最終のものと信ずるようになる。(ローマ帝国、アッバース朝カリフ、ムガール帝国、オスマン帝国然り。)
    • 文明が成長するかどうかは、拡張の道具、即ち、余剰を集積しそれを生産的な発明に投資するような軍事的、宗教的、政治的、経済的な組織があるかどうかに依る。
    • 文明が衰退するときは、余剰を新たなものに応用する、近代的な表現では、投資比率が減少する時に起こる。
    • 西欧にとっての中心的な課題は、崩壊への内部プロセスを止めあるいは反転させられるかということにある。
      • 米国のモット-「多数の統一」:人種、派閥、倫理、経済、文化的多様性を政治家は危惧した
  • 国連安全保障理事会:
    常任理事国は第二次世界大戦の主な戦勝国で構成され、現実の世界の勢力との関連が希薄になってきている。
    • 文明の観点からは、明らかに日本とインドは常任理事国になるべきだし、アフリカ、ラテンアメリカ、イスラム世界から中心的な国家から持ち回りで常任理事国を出すべきである。
    • 英国とフランスの座席は単一のEUの座席とし、その代表もEU内で持ち回りとする。
    • こうして7つの文明は各1議席を有し、西欧は2議席を有することになる。(米国、欧州、ロシア、中国、日本、インド、イスラム、アフリカ、ラテンアメリカ)
  • 文明の共通性:
    自国における多文明主義は米国と西欧を脅かす。海外における普遍主義は西欧と世界の脅威となる。両方とも西欧文化の唯一無二を否定するからである。グローバルなモノカルチャー信奉者は世界を米国のようにしたがる。国内における多様な文化信奉者は米国を世界のようにしたがる。多文化の米国は、非西欧の米国は米国ではあり得ないという意味で不可能である。
Comment
  • It is amazing that the insights and provocative analysis of this book was really written before Sept. 11, 2001.
  • There have occurred the Iraq war and Afganistan war and other wars after the publication of this predictive book.
  • この本の洞察と挑発的な分析が2001年9月11日以前に書かれたことにまず驚嘆する。
  • この予言的な本書の出版以降、イラク戦争、アフガニスタン戦争、その他の戦争が起こっている。

| Top | Home | Article | Bookshelf | Keyword | Author | Oxymoron |