| Bottom | Home | Article | Bookshelf | Keyword | Author | Oxymoron |

THE CONTROL REVOLUTION

Cat: ICT
Pub: 2005
#: 0207b

ANDREW L. SHAPIRO

Up 0631

Title

THE CONTROL REVOLUTION

コントロール革命

Sub
Title

How the Internet is putting individuals in charge and changing the world we know

インターネットがもたらす自己管理および世界の変化について
Author

Andrew L. Shapiro

アンドリュー・L・シャピロ
Published

1999

1999年
Index
Tag
Modern nation-state; Hierarchy is coming undone; Culture of individualism; Era of personal sovereignty; Remote control; Where do you want to go today?;Portal site; Oversteer; Some degree of filteration; Sheds interesting light on; Feedback effect; unspoken compromise; Net empowers us as speakers, it empowers us as listeners even more
Why ?
  • The author argues that new technology allows power to shift from the public to the private sector - and even down to the individual - is provocative and prophetic.
  • It is not just a change in how we computer or communicate. Rather, it is a potentially radical shift in who is in control - of information, experience, and resources.
  • 著者は、新技術によって公共機関から私企業へ、究極的には個人にまでパワーシフトが起こっている点を刺激的かつ予言的に議論している。
  • それは、我々がどのようにコンピュータを使い、通信するかという変化だけではない。むしろ情報、経験、資源を、誰がコントロールするかの急激なシフトの可能性が起こっているのだ。
Summary

> Top

1. REVOLUTION:

  • explains how new technology is allowing individuals to take power form large institutions such as government, corporations, and the media.
  • Gutenberg's 15th century printing press became available, individuals could for the first time begin to exercise real discretion over their information intake and their beliefs.
    • As printing method improved in 17th and 18th centuries, books circulated more widely, and literacy and education blossomed. The scientific advances of Copernicus, Galileo, and Newton became widely known. The Enlightenment philosophies of writers like Locke, Rousseau, and Paine found an audience.
    • In 19th and 20th centuries, the advent of mass media - the rotary press, penny papers, photography, film, radio, television- helped to pull together increasingly large communities and to spur cohesive modern nation-states.
  • What they suggest is a potentially momentous transfer of power from large institutions to individuals. The real change set in motion by the Internet may, in fact, be a control revolution, a vast transformation in who governs information, experience, and resources. Hierarchies are coming undone. Gatekeepers are being bypassed. Power is devolving down to "end users." "Individuals are acquiring more control over their lives, their minds and their bodies, even their genes," says New York Times.
  • Contrary to the common pronouncements that the Internet is "inherently democratic," then, this technology is not automatically a guarantor of liberty or fairness. Indeed, code may be at the heart of various power struggles in the digital age.
    • First, characterized by many-to-many interactivity. It allows individuals to be creators of content rather than just passive recipients.
    • Second, content on the Net is digital, which means flexible in terms of how it can be stored, used, and manipulated.
    • Third, the Net is distributed, packet-based network, rather than a circuit-switched network. This increased the network's efficiency and the ability of users to route around censorship.
    • Fourth, the Net is interoperable, which is open to all comers; its basic protocol of information exchange, TCP/IP is nonproprietary, not owned by anyone.
    • Fifth, the Net should be broadband; a variety of information - text, audio, video - can be transmitted via a single pipe.
    • Sixth, the Net must be universal. Universal access requires that all individuals have some meaningful access to the Net.
  • US Telecom Act of 1996 represented a major step to deregulatory direction; and-off policy for cyberspace, refrain from taxing like a global free-trade zone.
    • The Internet origins were primarily in facilitating research, not in allowing US communication system to survive a Soviet nuclear attack. Soon the researchers began using the network (Arpanet) more to exchange email than to share data and computing power.
    • In mid-1990s, the Internet became more commercial, the federal government began to withdraw from funding and overseeing it.
    • The control revolution represents the merger of the communications revolution and the free-market revolution.
  • The culture of Individualism:
    • From 1960s to 90s Americans' confidence in government has fallen precipitously. 3/4 in 1964 trusted the federal government, now only a quarter say this.
    • European authors now write of "the new era of personal sovereignty" and the age of "the sovereign individual."
  • Taming the Machine:
    • "User^friendly" was the term that evolved to describe this new computer interface.
    • Brilliant TV advertisement introducing Macintosh, only once, in Jan. 1984 during the Super Bowl; a young woman liberated a horde of downtrodden info-age serfs from the gray, sterile tyranny of Big Brother - in this case, not the intrusive state of Orwell's 1984, but Apple powerful and lumbering rival, IBM.
    • Now, with the reach and flexibility of the Internet, we can extend that power outward; from the tidy, inward focus of managing our files and applications to an increasingly externalized control - a remote control - of our interactions with the information and inhabitants of the whole world.

1.革命:

  • これは、いかに新技術によって個人が政府や会社やメディアというような大組織から権力を奪ってきたかを説明する。
  • 15世紀のグーテンベルグの印刷機によって、個人として初めて情報入手や自分の信念について自由に扱い始めた。
    • 17世紀、18世紀と印刷技術が発展すると、書籍が広く普及し、識字や教育が開花した。コペルニクス、ガリレオ、ニュートンという科学者が広く知られるようになり、ロック、ルソー、ペインなど啓蒙思想家が聴衆を集めた。
    • 19世紀、20世紀になるとマスメディアが登場し、輪転機、安価な新聞、写真、フィルム、ラジオ、テレビなどによって共同体の規模が拡大し、近代的な国民国家設立に拍車がかかる。
  • ここで重要なことは、大組織から個人へという権力の移動の可能性が広がったことである。インターネットによって口火を切られた変化とは、コントロール革命である。これは情報、経験、資源を管理する主体が大きく変化することを意味する。階層構造は壊れてきている。門番の機能はバイパスされている。権限はエンドユーザの方に移りつつある。New York Time曰く「個々人は、自分の生命、自分の精神、自分の肉体、自分の遺伝子をますます管理するようになった。」
  • よく宣言されるようにインターネットは「本来、民主的である」に反し、この技術は自動的に自由と公平の守護神という訳ではない。実際に、コードがデジタル時代における様々な権力闘争の中心となっている。
    • 第1に、単なる受け身の受信者でない多対多双方向性の特徴があること。
    • 第2に、中身はデジタルであり、情報の蓄積、利用、編集操作が自由であること。
    • 第3に、分散かつパケット通信ネットワークであり、電話のような回線スイッチ交換ネットワークでないこと。
    • 第4に、どの参入者にも共用でき、情報方式が誰の所有でもないオープンなTCP/IPであること。
    • 第5に、広帯域を指向しており、テキスト、音声、画像情報が同一パイプで伝送できること。
    • 第6に、普遍的なネットワークであり、すべての個人にとって意味のあるアクセスが可能なこと。
  • 米国テレコム法(1996)は、規制緩和の方向への重要なステップであり、自由貿易地域にように無税のサイバースペース政策を指向している。
    • インターネットの起源は主として研究支援であり、ソ連の核攻撃での生き残るネットワークを作るという訳ではなかった。研究者がこのネットワーク(Arpanet)を使用してまもなく、データ共有とかコンピュータ能力の享有よりも電子メールの交換により多く使用されるようになった。
    • 1990年代半ばに、インターネットはますます商用利用されるようになり、連邦政府はインターネットへの出費を控え、見守るだけになった。
    • コントロール革命は、通信革命と自由市場革命の一体化を意味する。
  • 個人主義の文化:
    • 1960年代から90年代にかけて米国連邦政府への信頼は急落した。1964年には支持するのは3/4あったが、今や1/4になっている。
    • 欧州の識者は曰く、「個人主権の新時代」あるいは「主権者個人」の時代と表現している。
  • マシンを飼い慣らす:
    • ユーザ・フレンドリィとは進化した新たなコンピュータインターフェースを意味する用語である。
    • 1984年1月に、Macintoshを導入した際、スーパーボールで放映されたTVコマーシャルは秀逸だった。一人の女性が、情報化時代の圧制下にある大勢の奴隷を無慈悲な独裁者ビッグブラザー、ここではあのG.オーウェルの小説1984ではなく、強敵IBMを意図していたが、それから解放するというストーリ。
    • 今やインターネットの普及とその特質によって我々の能力を外に向かって、つまり内部の書類を管理に集中するのではなく、外に向かって世界中の情報や人々との双方向の情報、いわば遠隔管理というべきことに傾注できる

> Top

2. RESISTANCE:

  • shows how powerful entities are trying to limit our new digitally enabled autonomy.

  • It is not an easy time to be a state. Approval ratings are down. Budget are tight. Competition is global. Computers and the Internet present them with opportunities to enhance their power through activities such as automation and surveillance. Yet these also forcing them to deal with many novel challenges. Not all of these have to do with individual control. The ability of rival nations or terrorist groups to use the Net to launch a crippling attack on a government's information infrastructure.
    • Less apparent and potentially more important is the fact that individuals are acquiring abilities that neither they nor the state fully understand yet. Thus, even when government legitimately seeks to act in the public interest, it may wind up unjustly limiting the individual autonomy that technology allows.
  • Universal Declaration of Human Rights states:
    "Everyone has the right to freedom of opinion and expression; this right includes freedom to hold opinions without interference and to seek, receive and impart information and ideas through any media and regardless of frontiers."
    • Unfortunately, many nations of the world have only contempt for these words and for the larger principle of freedom of expression, association, and thought that they represent.
  • Communication Decency Act (CDA), Feb. 1996:
    CDA made it a felony, punishable by a fine and put to two years in prison, to knowingly transmit "indecent" messages to anyone under 18 years of age....."
    The legal problems with this scheme, as Supreme Court recognized, were numerous. For one, the wording of CDA was so vague and overbroad. Additionally the stature's safe-harbor provision was unworkable. In attempting to protect kids, then, CDA would put a frigid chill on free speech, vastly restricting the materials available to adults.
  • Encryption:
    Human-right workers and Health-care professionals rely on encryption to transmit sensitive information. Also it allows to ensure that information has not been tampered with and to authenticate their identity through digital signature. It further facilitates commerce by permitting credit-card purchases to be made securely online and by allowing vendors worldwide to exchange payments securely.
  • Public key:
    Users make their public keys known and retain their private keys:
    • Alice can therefore encrypt a message with Bob's public key and know that only Bob can unscramble it.
    • And if Alice encrypts the message with her private key, Bob can use her public key to authenticate that the message came from her.
    • The string of numbers in each key has gotten longer; from 40 bits to 128 bits for PGP (Pretty Good Privacy) encryption.
    • This changes the balance of power between individuals and the state. It allows us to keep secrets from government.
  • Copyright:
    Copyright rests on a delicate balance of interests.
    • The goal of this exclusive right is to give creative people a financial incentive to produce art, further science. Copyright establishes a careful equilibrium between the rights of owners and the right of users.
    • The principle of "fair use," allows anyone to quote a few sentences from a copyrighted book in order to critique it. (de minimis use)
    • The Net seems to be a gigantic copying machine.
    • WIPO (World Intellectual Property Organization), where a copyright treaty was being renegotiated, but came up largely empty-handed.
    • In 1998, copyright maximalists succeeded in lengthening the standard term of copyright protection: generally lasts for the life of the author plus 70 years (instead 50 years)
  • Microsoft's campaign (1995): "Where do you want to go today?"
    • Bill Gates shifted Microsoft's focus to this burgeoning new medium and to the promise of networked world. (post-1995 reincarnation)
    • It is perhaps the perfect catchphrase for the control revolution, embodying the new, technologically enabled exaltation of individual will and unfettered choice.
    • Nathan Myrhvold, MS's CTO said, "MS wants to get a cut of every online transaction. (a "vig")
    • Netscape's TV ad:
      "Netscape.com The world according to you."
    • Lotus's ad:
      "I am superman and I can do anything."
    • AT&T ad:
      "Have you ever sent a fax from the bench?""Have you ever installed a phone on your wrist?"
  • MS and free choice:
    • The control revolution, after all, presumes the ability of individuals to make choices for themselves about information, experience, and resources.
    • Operating Software:
      The Justice Department claimed that MS was forcing scheme, which meant that manufacturers would be charged a fee on every computer processor sold, whether or not actually used
      MS's operating system.
    • Internet Explorer (MS's browser):
      Attorney General Janet Reno asserted that MS was unfairly using its dominance in the PC market to obtain a commanding position on the Internet.
      (MS began bundling IE and Windows in 1996. Netscape was purchased in late 1998 by AOL, ant its share of the browser market had fallen from (0% to less than 50%))
  • Java: a platform independent language developed by Sun Microsystems.
  • Network computers by Oracle, etc. - cheap and fairly unsophisticated terminals.
  • Screen bias:
    American and United airlines: designed that their flights would always appear on the top of the first screen. The result was a powerful competitive advantage. (90% chose from the first screen, and 50% were the top one on the screen.)
  • Portal sites:
    Yahoo, Exite, etc. added news, free email service, chat rooms, stock quotes, and games; they are called portal sites rather than search engines. They want users to stay, not go.
  • Push technology:
    Traditionally the web works on a pull model. Push technology make the web less interactive and more like TV. (Pointcast in 1997)
  • WebTV: introduced in 1996 and purchased by MS in 1997. WebTV sales pitch unabashedly invites the user to be a couch potato.

2.抵抗:

  • これは、如何に強力な組織体が我々がデジタル的な自立を達成することを制限しようとしてきたかを示す。

  • 国家にとっては容易な時ではない。その信頼度も下がっている。予算もきつい。競争は世界的になっている。コンピュータとインターネットは自動化や監視等を通じて強力な力を付与した。またさらに多くの新しい挑戦に対応せざるを得なくなった。これらのすべては個人管理に関連している訳ではない。競合国家やテロリストグループはネットを使って政府の情報基盤に攻撃を仕掛けることもできる。
    • あまり認識されていないが、重要なことは一人一人が、個人や国家ですらよく理解できないような能力を得つつあるという事実である。たとえ政府が合法的に公共の利益のために行動を起こそうとすると、技術的に可能なことで個人の自主性を不当に制限することになりかねない。
  • 世界人権宣言(1948) 曰く
    「誰もが思想および表現の自由を有する。この権利には干渉されることなく意見を持ち、いかなるメディアを使っても国境を越えて情報を求め受取りそして伝達する自由を含む。」
    • 不幸にして、世界の多くの国はこの宣言および表現・集会・思想の自由というより広い人権を軽視している。
  • 通信品位法(CDA)1996年2月成立:
    CDAの規定では、18歳未満の人に対して品位のないメッセージを知りながら伝送すると、罰金または最長2年の懲役刑とした。
    この規定の法的な問題点は沢山あり、それは最高裁も認めた。まずCDAの用語があいまいで広いこと。また政府の避難場所に関する規定も機能しない。子供たちを保護を目的とする場合でも、自由な発言を妨げ、大人が得られる情報にも広く制限が及ぶ。
  • 暗号
    人権や医療関連の人は、機密情報を送信する際には暗号をかける。さらにその情報が改竄されたり電子署名によって相手を認証することができる。またオンライン上でクレジットカードでの買い物を行ったり、世界中の業者間での支払交換を安全に行うことが可能になる。
  • 公開鍵
    利用者は公開鍵を他人に渡し、秘密鍵を保持しておく。
    • AさんがBさんの公開鍵を使ってメッセージを暗号化すると、Bさんだけがそのメッセージを解読できる。
    • もしAさんが自分の秘密鍵を使ってメッセージを暗号化すると、BさんはAさんの公開鍵を使って解読することでそのメッセージがAさんから来たことを認証できる。
    • それぞれの鍵の数字列はますます長くなる傾向にある。最初は40ビットだったがPGPの暗号では128ビットとなった。
    • これは個人と国家との力のバランスを変える。我々の秘密を政府からも守れることになる。
  • 著作権
    著作権は、関心事に関する微妙なバランスに乗っている。
    • この独占権の目的は、創造的な人々に金銭的な動機を与え、芸術や科学を推進しようというもの。著作権は権利の所有者とその利用者との微妙な平衡を確立することにある。
    • 公平利用の原則:これは誰にでも著作権のある本から数行を引用して批判する権利がある。(最小規模での利用)
    • ネットは巨大なコピー機に見える。
    • 世界知的所有者機関(1974):
      知的所有権の調整機関。見るべき成果はない。
    • 1998年、著作権拡大論者は著作権の期限延長に成功(著者の死後70年。従来は50年だった。)
  • Microsoft社キャンペーン(1995):
    「あなたは今日どこへ行きたいのか?」
    • Bill GatesはMSをこの進展する新メディアおよびネットワーク化された世界を有望視。(1995年以降の再生)
    • これはコントロール革命にとって完全なキャッチコピーである。新たな技術によって個人の意思を賞賛し、束縛のない選択を体現している。
    • MSのCTOであるN. Myrhvold曰く、「MS社はすべてのオンライン取引からの口銭を欲している。」
    • Netscapeの広告:
      「世界はあなた次第だ。」
    • Lotusの広告:
      「私はスーパーマン。何でも可能」
    • AT&Tの広告:
      「あなたはベンチからファックスを送ったことがあるか。あなたは腕に電話を取り付けたことがあるか。」
  • MSと自由選択
    • コントロール革命は結局、情報、経験、資源を個人が自分で選択できるかどうかということに尽きる。
    • OS
      米国司法省は、MSがメーカに対し、Windowsの実際の使用の如何に関わらずPC販売量当たりのOS料金の一律徴収することを告訴。
    • Internet Explorer
      Janet Reno司法長官は、WindowsとIEとの一体製品がPC市場における支配力を利用した不公平取引であると主張。
      (MSは1996年にIEとWindowsとのバンドルした。Netscapeは、1998年末にAOLに買収され、browser市場シェアは80%から50%以下に下落した。)
  • Java:OSに依らない独立プラットフォーム(Sun Microsystems社が開発)
  • NC:Oracle社他、安価で比較的単純なネットワーク端末。
  • スクリーンバイアス
    AmericanとUnitedの航空会社は、自社の航空便が常に最初の画面のトップに現れるようにした。結果は競争上明白だった。
    (90%が最初の画面から選択し、かつ50%はトップの便を選択した。)
  • ポータルサイト
    YahooやExciteなどはニュース、タダの電子メールサービス、チャット、株式情報、ゲームなど追加。もはや検索エンジンというよりポータルサイト(玄関)と呼ばれるようになった。ともかく利用者を引きつけ、他に行かせないようにしているのだ。
  • プッシュ技術
    Webは伝統的にはプル・モデルだったが、プッシュ技術によってWebはますます双方向的でなくなりTVのようになった。
    (1997年のPointcast)
  • WebTV
    1996年に導入され、97年にMSが買収。
    WebTVは臆面なくユーザをカウチポテト族にしようする作戦。

> Top

3. OVERSTEER:

  • "Oversteer": the tendency of an automobile to steer into a sharper turn than the driver intends sometimes with a thrusting of the rear to the outside.
  • warns that individual control can be pushed too far. Enthralled with the idea of taking power from politicians, media giants, and price-inflating middlemen, we may lose sight of the benefits of representative democracy and of the need for intermediaries who bring us reliable news and high-quality products and services.

  • Personalization:
    This is one of the major components of the control revolution. Faced with a deluge of sensory stimuli, we must filter and select just so we can deal with what would otherwise be an overwhelming tidal wave of data.
    • Ignorance and narrow-mindedness are hidden dangers of the control revolution.
    • Human consciousness has always been characterized by some degree of filtration. From an evolutionary perspective, this is an advantageous trait.
    • Each person could see those things that he wanted to see.
    • Total filtering:
      the ability to exercise nearly absolute personal control over experience by digital technology.
      • Chat rooms have 'ignore' commands
      • email program automatically delete messages from certain people.
      • PICS (Platform for Internet Content Selection) established uniform rules for labeling. If PICS is used by governments, employers, and ISPs....
  • Selective Avoidance:
    • sheds interesting light on how we choose what we see and hear, and with whom we interact.
    • Leon Festinger, psychologist:
      We all have a desire to produce consistency in our lives. As our minds process different thoughts and stimuli, we want to experience these competing messages in a way that promotes consonance and harmony rather than dissonance.
      • Because of fear of dissonance, circumspect behavior is observed with regard to new information even when little or no dissonance is present to start with.
      • Our decisionmaking may be shaped by our unconscious desire to resolve contradictions and reduce psychological discomfort.
        • Information is selectively forgotten or displaced in order to avoid painful associations.
        • We seek out that we already know about. We are inclined to track the ideas, information to which we have already committed.
    • Customizing our lives to the hilt would dull our senses and our imagination.
  • Displacement Factor:
    • "Pervasive" or "ubiquitous" computing will increasingly be a lens through which we experience the world.
  • Feedback Effect:
    • The more I learned about those subjects, the more interested in them I became. The interactivity of the Net speeds up and streamline the feedback process.
    • If personalization is pushed too fat, our communal conversation will be cut up into an endless number of isolated exchanges. We would lose our "agora in the media." It would be difficult, maybe even impossible, for citizens to establish common ground, solve problems, and discover compassion for one another.
  • Confronting the problem:
    • Freedom of expression includes a kind of unspoken compromise between the unpopular speaker and the reluctant listener.
    • The opportunity for one citizen to confront another is important not just for the sake of the speaker. It is fundamental to the idea that in a democracy "debate on public issues should be uninhibited, robust, and wide-open."
    • In the digital context, things are different. Though the Net empowers us as speakers, it empowers us as listeners even more. We need never be "captives" subject to speech we don't want to hear.
    • We cannot make informed decisions about social and political issues unless we are exposed to a wide range of views. This includes some speech that we might not initially want to know about.
  • No Need to Check:
    • Extreme disintermediation of our information environment means that responsibility for determining truth rest as much with those who consume information as with those who produce it. It represents a clear transfer in power over one of our most important social functions; who distinguishes fact from fiction and ultimately determines what is true. Increasingly, we bear that burden.
  • No Time to Check:
    • The split-second speed at which digital material can be distributed anywhere allows these half-truths and lies to spread instantly and with little time for verification. This increases the pressure on all content providers to cut corners and lower standards in order to get the story first. ("Publish now, edit later")
  • No Way to Check:
    • Another danger is that due to the novelty of the Net we may not yet have developed a sophisticated eye for judging the veracity of online information.
  • Cybernetic Wal-Mart Effect:
    • Middlemen make up a huge sector of our economy and a good percentage of the modern workforce. The move toward electronic commerce could substantially disrupt conditions of labor and productivity
  • Limits of DIY:
    • A state securities regulator calls day trading"sophisticated slot machine." Outside the financial markets, the risks to individuals of bypassing middlemen may seem smaller, but again consumers have to be careful about how much disintermediation is too much.
    • Even if absolute prices were lower than those found offline, higher search and transaction costs would offset that advantage. At a certain point, disintermediation would be more of a hassle than it was worth.
  • Push-button Politics:
    The low voter turnout that has characterized American politics in recent decades suggests that our republic is a democracy in name only. Presidents are often elected and congressional majorities are routinely determined by the votes of a quarter or less of all eligible voters. Democracy would, therefore, be well served by individuals using the Net to increase their participation in political life.
    • Water Lippmann, journalist, pithily summarized the conundrum of representative democracy. "A mass cannot govern." But now we seem poised to test that maxim.
    • Traditionally, we have relied on them to act as our agents, using their training, experience, time, and judgment to determine social needs and to allocate resources.
    • We could become not just citizens, but citizen-governors - each of us playing a role in governing the distribution of resources, the wielding of state power, and the protection of rights.
    • The advocates of direct democracy may be succeeding in gradually chipping away at representative democracy. This rise of push-button politics - a kind of quasi-direct democracy where citizens manipulate their representatives like puppets on a string
  • Privacy for Sale:
    • The growth of networked computing has allowed data compilers, direct marketers, and list-sellers to gather and sell personal information about practically everyone.
    • A report (Apr. 1997) by a presidential advisory panel mentioned "the intriguing possibility that privacy could emerge as a market commodity in the Information Age."
    • Digital civil liberties organization: support protocols like P3P (Platform for Privacy Preferences Project) (Ex.: Level 1-5)
      The goal of these endeavors is to give individuals more control over personal information, rather than having control be entrusted to government regulation or even industry self-regulation.
    • Like most legal privileges, privacy is not an absolute. It must occasionally yield to other individual right such as free speech and public accountability.
    • Privacy protection is a higher priority in EU than in US. In Oct.1998, EU implemented a strict directive limiting the collection and distribution of personal data. EU is urging US government and business to beef up their lax privacy standards.

3.オーバーステア(過剰反応):

  • オーバー・ステアとは、自動車の操縦特性で、カーブを走行中に後輪が外側へスライドすることでハンドルの角度以上に内側へ回りこむ現象のこと。
  • 個人的なコントロールのやりすぎについて警告する。政治家や巨大メディア、価格を付加する仲介業者から権力を奪う魅力に取り憑かれてしまい、我々は代議制民主主義や信用できるニュースをもたらすメディアや高品質の製品やサービスの必要性のメリットを見失いがちである。

  • 個人化:
    これはコントロール革命の主な要素の一つである。
    • 無視や狭量はコントロール革命の隠れた危険要因である。
    • 人間の意識はいつもある程度のフィルター化されている特徴がある。進化の過程でこれは有利な形質だった。
    • 誰も自分が見たいものを見る。
    • 全面的フィルタリング:
      これはデジタル技術によってほぼ完全に体験を制御できる能力のこと。
      • チャットでは「無視」コマンドがある。
      • 電子メールではある人々からの通信を自動的に消去できる。
      • インターネット情報を制限するPICS。もしこのPICSが政府や雇用主やISPに使用されたら....
  • 選択的忌避:
    • 我々が見たり聞いたり反応したりする対象を選ぶ場合に、我々はそれに興味光線を照射する。
    • L. Festinger心理学者曰く、
      我々は皆、我々の生活で一貫したものを作りたいと願望している。我々の心が異なる思想や刺激を処理しようとする場合、我々は不一致よりは一致や調和を推進するような方法で競合する情報を捉えようとしたくなる。
      • 不一致の恐れから、新しい情報に関しては慎重な対応が観察される。まだ不一致が始まったいないにも拘わらずにである。
      • 我々の意思決定はおそらく我々の矛盾を解決したりや心理的不安を取り除きたいという無意識願望によって形作られるものと思われる。
        • 情報は、困難な関連を避けるために選択的に忘れたり置き換えられたりする。
        • 我々はすでに既知のものを追求する。我々はすでに決めたことに関するアイディア、情報を収集する傾向がある。
    • 我々の生活の完璧な個別化は我々の感覚や想像力を鈍化させるだろう。
  • 排除要因:
    • どこにでもあるコンピュータは我々が世界を体験する時に通してみるレンズにますますなりつつある。
  • フィードバック効果:
    • あるテーマについて学べば学ぶほど、それにますます興味を抱く。ネットの双方向性はそのフィードバック効果を増長させる。
    • もし個人化が極端に進むと、コミュニティでの会話は限りなく細分化された情報交換でしかなくなる。そこにはメディアの広場はなくなる。市民が共通に基盤で問題を解決し、互いに同情することを見出すことも困難、いや不可能にすらなるであろう。
  • 問題の対決:
    • 表現の自由には、不人気な話し手と不承不承の聞き手との間の暗黙の妥協を含む。
    • 一市民が他人を対決する機会は話し手のためというだけでなく重要なことです。民主主義においては、公共の問題についての議論は抑制されてはならず、旺盛でしかも広く開かれているべきである。
    • デジタル社会では、事情が異なってくる。ネットは話し手を強力にしたが、聞き手もさらに強力にした。我々は演説で聴きたくなくても聴かされるような囚われの身になることなどあり得ないからだ。
    • 我々は広範囲の意見にさらされなければ、社会や政治問題について詳しい情報に基づく決定はできない。これは我々が最初は知りたくないと思っていた発言も含まれている。
  • チェック不要:
    • 情報環境における仲介者が極端にいなくなることは真実の判定責任が、情報発信者と受信者とが同じように負わなければならないことを意味する。それは社会機能として重要な権力の移行を表している。誰が虚構と真実とを区別し、究極的な真実を決めるのか。我々にますますその責任がかかってきた。
  • チェックの時間なし:
    • デジタル素材における秒を争うスピードは至るところに真偽半々の情報を拡散させ、検証する時間がほとんどない状態を作り出す。これはすべてのコンテンツプロバイダに対し、まず情報を得るために手抜きをしたり基準を低めるような圧力となってきている。(まず発表。編集は後。)
  • チェックする方法なし:
    • もう一つの危険は、ネットの目新しさもあり我々はまだオンライン情報の真偽を判定する洞察眼をできていないことである。
  • サイバー・ウォルマート効果:
    • 中間業者は経済の中で大きな部分を占め労働力としてもかなりの比率となっている。電子商取引への移行にともない労働力や生産性の条件を実質的に混乱させることになろう。
  • DIYの限界:
    • 証券規制当局者はデイトレーディングを「巧妙なスロットマシン」と呼んでいる。金融市場以外では、仲介者を介さない個人のリスクはより小さいが、それでも消費者は仲介行為がどれほど多すぎるかどうかよく考えるべきだ。
    • たとえオンライン取引がオフラインに比べて安価となろうと、検索や取引にかかるコストでオンラインの有利性は帳消しになる。ある場合には中抜きは良い面の反面で別の悩みを生じる。
  • プッシュボタン政治:
    低い投票率は、米国のここ数十年の政治の傾向となっており、民主主義は名目だけになった。大統領も議員の多数もしばしば選挙民の1/4またはそれ以下の投票で決められている。それ故、民主主義はネットを使うことによるさらなる政治への参加によってうまく運営できるのではないか。
    • ジャーナリストのW. Lippmannは代議政治を表現して大衆は統治不能と結論づけた。我々は今やこの格言を試すかどうか迷っている。
    • 伝統的に、代議員を、彼らの訓練、経験、時間、社会ニーズや資源配分での判断などで我々の代理人として頼ってきた。
    • 我々は単なる市民ではなく、市民当事者統治者、即ち個々人が、資源配分や国家権力の行使は権利保護で役割を演じるのである。
    • 直接民主主義の信奉者は、代議民主主義を少しづつ蚕食することに成功しているようだ。そうしてプッシュボタン政治=ある種の疑似直接民主主義となり、市民は代議士をあやつり人形のように操作する。
  • プラバシィ販売:
    • ネットワークコンピュータの発達によって、データ収集業者、直接販売業者、リスト販売業者によってほとんどすべての人の個人情報が収集され販売されている。
    • 大統領諮問委員会の報告(1997/4)曰く「興味深い可能性として、インターネット時代には、プラバシィが市場商品として登場し得ることである。」
    • デジタル市民自由組織は、P3P (Platform for Privacy Preferences Project) のプロトコルを支持している。この運動の目標は個人が自分の情報をもっと管理せよというもので、政府の規制や業界の自主規制に委ねたりはしないというもの。
    • 他の法的な権利と同様にプラバシィも絶対ではない。それはしばしば表現の自由とか説明責任のような他の個人の権利に優先される。
    • プラバシィ保護についてはEUの方が米国より優先度が高い。EUは個人情報を収集と配布について厳格な制限を設けた。EUは米国政府や業界が甘くなっているプラバシィ保護を強化するように求めている。

> Top

4. BALANCE:

  • charts a path between this Scylla and Charybdis. It describes how we can reap the benefits of the new control without succumbing either to resistance or to excess.
  • At the most fundamental level, a winning strategy must harmonize three goals:
    • First, allow individuals to take advantage of the empowerment, choice, and control that emerging technologies like the Net make possible
    • Second, identify unwarranted institutional resistance to that new individual power
    • Third, prevent oversteer.
  • Mapping Principles (Rules and Contexts):
    • We should borrow from time-tested arrangements to achieve efficient and just results in a different set of circumstances. This generally means taking the principles that underlie existing laws and rules and mapping them to fit a new context. Some modification may be necessary. But generally, this approach will be more effective than either rigidly applying old rules or coming up with entirely new ones.
  • Kids and Sexual Content:
    • In US, the constitutional principle is fairly clear: Materials that a community deems inappropriate for minors may lawfully be kept from children so long as the free speech rights of adults are restricted as little as possible and parents retain the right to override the community's judgment with regard to their own kids.
    • White lists: (as opposed to black lists of inappropriate books)
      Public libraries routinely help parents to choose suitable materials by publishing lists of suggested books for different age groups.
  • Creative Breathing Room:
    • The principle at stake is also one of constitutional dimensions; How do we encourage and reward the creation of original works while at the same time allowing the public to benefit from those creations?
    • New rules of information protection:
      The remedy to this situation lies in modifying the new rules of information protection to allow for some of the breathing room that has always been a part of copyright law; to preserve the ability of individuals to copy and otherwise use a work for a few socially beneficial purposes - parody, commentary, personal use.
  • Choosing Choice:
    • Open-source software, also known as freeware, is generally developed voluntarily by programmers and distributed for free. It's called open source because the underlying source code, which usually is proprietary, is made freely available.
      Open source is a perfect software paradigm for the control revolution. (MS, not surprisingly, sees it as a threat.)
    • We may have what psychologists call "outcome control" but not "agenda control." That is, we may possess control over specific short-term outcomes - should I click x or y? - but no control over the broader agenda of what the Net is about; whether it is diverse or monochromatic, dominated by a few companies or open to robust competition, trivial or enlightening.
  • In Defense of Middlemen (Power and Delegation)
    Delegating power to trusted intermediaries will make us more free.
    • Political representatives, news professionals, and commercial middlemen can make awful decisions on our behalf - but we're generally better off with them than without them.
    • The more that people are empowered by technology, the more effectively they should be able to parcel out duties, since they will have a broader range of candidates to choose from. We should not, however, delegate and then micromanage our appointees. Rather, we should select them with great care and then regularly review their performance, while otherwise allowing them to exercise their own judgment.
    • Appealing as the unmediated interactions of"friction-free capitalism" may be in theory.
  • In Defense of Accidents (Order and Chaos):
    • Randomness, serendipity, and surprise can account for some of the most pleasing aspects of life.
    • The control revolution reflects and reinforces this. We are becoming so accustomed to plotting our experience - what information we'll receive and what we'll filter out. With thousands of channels to choose from, "surfing" aimlessly will probably be less and less common. Rather, we will use sophisticated search-engine and agent technology to find just the content we want.
    • Personalization can help us in a variety of ways - to gain specialized knowledge, to explore our idiosyncratic desires, or just to clear a path through the data smog.
  • Education and Encountering Difference:
    • Schools and universities have a special role to play in seeing to it that citizens in the digital age do not fall into the trap of using individual control to indulge only their own interests.. Open mind is the foundation of a liberal education.
    • "This university has been committed to offering an encounter with difference as part of its educational mission", says Levin of Yale Univ.
    • Home-based "distant learning" online could become a popular alternative to traditional schooling for reasons of cost and convenience. Because an online curriculum can easily be customized to the desires of parents and their kids. Indeed, it is likely that those groups that oppose encounters with different most would be the first ones to choose distance learning over traditional schools.
  • Surf Globally, Network Locally:
    • We must recognize, for selfish and societal reasons alike, the importance of focusing on the local. For most of us, this is where we will find a true sense of belonging; shared experience, even if not ideal, creates a sense of commitment. For all of us, this is where democracy and social justice must first be achieved.
    • Community Networks:
      Opportunities for face-to-face interaction seem, in fact, to be another essential component of successful online communities.
  • Tools of Democracy:
    • Liberty and progress would be best secured if government did not regulate communications technology; new media would foster freedom, as books had for centuries, if the state just left them alone.
  • Epilogue: From revolution to Resolution:
    • For the sake of democracy, we need to forge a new social compact - not a starry-eyed declaration of cyber-independence, but a realistic compromise between personal liberty and communal obligation.
      Government has a role to play, but increasingly individuals will have to balance their new power with new responsibilities to society at large. We must resist the urge to use technology to disengage from reality and its problems, using it instead to strengthen local communities and public discourse.
      Democracy may flourish in the era of individual control, but only if each of us makes the requisite sacrifices.

4.バランス:

  • ギリシャ神話にいうスキュラの巨岩とカリブディスの渦潮という難所の間に海図を示す。これはいかにして、ある時は抵抗あるいは過剰によって打ち負かされることなく新たなコントロールによって利益を刈り取るのかを記述する。
  • 最も基礎的なレベルでの、勝つ戦略としては以下の3つ。
    • 第1には、ネットが可能にする新しい技術に関する各個人の権限、選択、管理を利用すること。
    • 第2には、新たな個人の力に対する組織からの不当な抵抗を指摘すること。
    • 第3には、オーバーステア(過剰のハンドル操作)になることを防ぐこと。
  • マッピングの原則(規則と状況):
    • 我々は長い間実績のある効率的な取り決め手法を借りて、異なる状況に適用させるべきである。これは一般的に既存の法律や規則の底流にある原則を新しい状況に合わせてマッピングすることを意味する。若干の修正は必要となろう。しかし、このやり方は古い規則を厳格に適用したり、あるいは全く新しい規則を作ることのいずれの場合よりもより効果的である。
  • 子供と性的コンテンツ:
    • 米国では憲法の原則はかなり明確である。社会が未成年者に対し不適当とみなすものは、成人の表現の自由をできる限り最小の制限によって、法的に子供たちから遠ざけられる。また両親は自分の子供に対して社会の判断を無視できる。
    • ホワイトリスト:(不適切な本のブラックリストの逆)
      公共図書館は、それぞれの年齢にふさわしい本のリストを公表することで、両親が日常的に適切な本を選ぶことを支援する。
  • 著作権の創造的利用のための猶予:
    • 著作権もまた憲法上の原則でもある。いかに創造物の著作者を鼓舞し報い、同時に大衆にその創造物からの便益を許すかという課題である。
    • 情報保護の新たなルール
      この状況を救済する方法として、情報保護の新ルールを設け、ある種の息つぎ部屋を著作権法の一部として認めるのである。それは個人がコピーする場合、またはパロディ、批評、個人利用などある社会的便益を有する場合に適用するのである。
  • 選択肢:
    • オープンソース・ソフトウェア、またはフリーウェアともいわれるが自由意思のプログラマによって開発されタダで配布されている。オープンソースと呼ばれる所以は、通常専有になっているソースコードを自由に公開したことにある。
      オープンソースはコントロール革命にとって画期的なソフトウェア・パラダイムである。(MSがこれを驚異と見なしているのは驚くに当たらない。)
    • 我々は心理学者が言うところの結果コントロールはできるが、予定コントロールはできない。即ち、短期の結果に関するコントロール(XをクリックすべきかYをクリックすべきか)はできるがネットが今後どうなるべきか、多様か単一か、少数会社による支配かオープンの激しい競争か、平凡か啓発かというような長期的な視点での予定はコントロールできない。
  • ミドルマン擁護(権限と委任):
    信頼できる仲介者に権限を委任することは我々をもっと自由にする。
    • 代議士、ジャーナリスト、商社などは我々の代わりに実に多くの決定をしてくれる。我々はそれによって彼らがいる場合の方が、いない場合よりも一般的には安泰である。
    • 人々が技術で強化されるにつれて、ますます効率的にやらねばならないことを分配することが可能になる。すると人々は誰かを選んで委任する範囲が広がる。その場合、委任した後で細かく管理しようとすべきではない。むしろ最大限留意して選び、定期的にその遂行を評価し、それ以外は彼らの判断で実行することを了解すべきである。
    • 仲介者のいない摩擦ゼロ資本主義が言われているがそれは理論上のことであろう。
  • 偶然性の擁護(秩序と混沌):
    • ランダム、幸運、驚きにって、人生を楽しくする局面のいくつかを説明できる。
    • コントロール革命はこのことを表現して強化する。我々は自分の体験をプロットすることに慣れている。どの情報を入手してどうフィルターかけるべきかと。何千というチャネルの中から、目的なくサーフィングするのはますます一般的でなくなる。むしろ精巧な検索エンジンや代理技術を使って我々が欲しい内容を探し出すようになる。
  • 教育そして相違との遭遇:
    • 学校および大学はデジタル社会の市民が各々の興味だけにふけるような自己コントロールに陥らないように導く特別な役割があり。オープンマインドはリベラルな教育の基礎である。
    • Yale大学のLevin曰く、「この大学は教育の使命として相違との遭遇をすることになっている。」
    • 家庭での遠隔オンライン教育は、費用や利便性の点で、伝統的な学校の代替として人気が高い。それはオンラインカリキュラムが両親や子供の希望にそってカスタマイズが容易にできるからである。実際に、異なるものとの遭遇に反対するグループは伝統的な学校の代わりに、まず遠隔教育を選ぶ傾向にある。
  • グローバルにサーフし、ローカルにネットワークする。:
    • 我々は個人的理由でも、社会的理由でも、ローカルに着目することの重要性を認識すべきだ。多くの人にとって、ローカルこそが帰属の感覚、共通の経験、理想的でないにせよ参加する感覚を見出す場所である。そして民主主義や社会正義がまず実現される場所でもあるからだ。
    • コミュニティーネットワーク
      対面での双方向コニュニケーションの機会は、実はオンラインコミュニティを成功させるもう一つの要素である。
  • 民主主義の道具:
    • 自由と進歩にとっては、政府が通信技術を規制しなければ一番いい。書籍が何世紀の間そうだったように、政府の放任によって、ニューメディアは自由にはぐくまれる。
  • エピローグ:革命から決断へ
    • 民主主義のために、我々は新たな社会的盟約を提言しよう。それは理想的なサイバー独立宣言というのではなく、個人の自由と共同体の義務から成るもっと現実的な妥協である。
      政府が発揮すべき役割はある。しかし個人のもつ新たな力を社会全般への責任と一層バランスさせなければならない。我々は、技術をもって現実や現実の問題から遊離して使うことに抵抗し、むしろそれを地域社会や公的議論を強めるように使うべきである。
      民主主義は個人のコントロールの時代になって花咲くだろうが、そのためには、我々一人一人が必要な犠牲を払う限りにおいてだ。
Comment
  • I recognized the appearance of the cover of this book is that of Macintosh, with pulldown menu describing "How Internet is putting individuals in charge and changing the world we know."
  • This book is recommended by Prof. Kumon of Glocom to understand latest Internet Age from the viewpoint of a netizen.
  • この本の表紙の見栄えがマッキントシュのそれであることに気づいた。そしてプルダウンメニューには「インターネットがいかに個人を充電し、我々の世界を変革するか」が書かれている。
  • この本は国際大学GLOCOMの公文教授からの、ネチズンの立場から最近のインターネット時代を理解する上での推薦図書である。

| Top | Home | Article | Bookshelf | Keyword | Author | Oxymoron |